FC2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



2010非核と平和のつどいin福岡
2010年3月22日(祝)

西南学院大学のチャペルで非核と平和のつどいが開催されました。

DCF_0232M01.jpg

昼の部のオープニングを飾る被爆ピアノの演奏披露が行われました。

P3220083m.jpg

続いて、被爆体験を将来に伝える、被爆者と青年のトークセッション

P3220089m.jpg

漫画家の西山進さんも自らが被爆者であり、家族全員が被爆し、親戚が亡くなって居ます。

次にピアノ調律師の矢川光則しが、被爆ピアノ修復のエピソードを紹介。
P3220095m.jpg

尾崎由美子さんとそのお友達がピアノ連弾を披露されました。
P3220098m.jpg

P3220104m.jpg

休憩時間には被爆ピアノの前に人だかりができていました。
DCF_0237m.jpg

ロビーには被爆資料が展示されていて、休憩時間に参加者が見学されていました。
DCF_0235m.jpg

本日の記念講演は、立命館大学国際平和ミュージアム名誉館長の安斎育郎さん
P3220109m.jpg
 自らは多くの肩書きの中で、「国境なき手品師団・名誉会員」(世界に会員は安斎氏を含めて3人だけ!)が一番気に入っているという笑い話から話を切り出されました。

 ユーモアと駄洒落に満ちた解りやすい話に聴衆は引き込まれてゆきました。
1時間45分に亘る豊富な内容はとても紹介できませんが、話の中心テーマは、
「人は如何に騙されやすいか?」
「戦争は国民を騙すことで始まる」
「私(安斎氏)の話も含めて、まるごと信用しないように」
安斎さんは、幾つかの簡単な手品を見せて、手品が人間の潜在意識や見えないところを予想する「補完能力」などの裏をかいて見せていることを解らせてくれます。

 その騙され易さを政治家は利用して戦争を起こし、核軍拡を進め、核抑止力で洗脳してきている様を歴史的流れをとらえながら説明し、本題に切り込んで行きます。

 そして、一つの側面からだけ考えることで手品が成立しているように、オバマ大統領の「プラハ演説」だけを見てオバマ大統領を高く評価するのも如何な物かと問題提起しました。

 予定時刻を超えている事を気にしながらも、最後に言っておきたいこととして、時代劇の「勧善懲悪」ドラマの危うさについて語りました。
 「水戸黄門」や「遠山の金さん」や「暴れん坊将軍」など多くのドラマを例に引き、これらの時代劇はシチュエーションは違うが奇妙な共通点があるとして、その共通点は、悪事を暴いて解決するのは国家権力側であって民衆の側ではないことを解説。
 ご隠居や町人に身をやつしてスパイ活動をして最後は国家権力を嵩に来て(三つ葉葵の印籠など)検挙すると言う手法に国民が喝采をしている状況の危うさを指摘されました。
 彼らの悪事を暴く手法として盗聴(天井裏で潜んで盗み聞き)やスパイ活動が当然のこととして描かれており、「現在の日本にも必要だ」という誘導になり兼ねないので、「騙されないようにしましょう」と冒頭の話に結び付けました。

上にも書いたように安斎氏の話は、ユーモアや洒落や言葉遊びがふんだんに入れ込まれていてとても面白くとっつき易いものです。
 その中に、歴史的事件を順序だてて織り込むので非常に解りやすいのですが、その洒落の一つひとつは他愛の無いもので、入れるタイミングが抜群にうまいことが解りました。


講演後には、NPT再検討会議へのアピールにニューヨークに行く若者から支援を訴えるアピールがありました。
P3220110m.jpg


*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************



関連記事

テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック