観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



長塚京三の演劇 【エンバース~燃え尽きぬものら~】 を観たけれど… 
2009年10月31日(土)

先日、10月28日(水)
福岡市のエルガーラホール(約300人収容)で、
俳優の長塚京三さんが翻訳し、主演する演劇【エンバース】を観ました。

Embers01TopM.jpg


出演者は、3人。
  長塚京三:ヘンリック(75歳)旧オーストリア・ハンガリー帝国の将官
  益岡徹:コンラッド(ヘンリックと同年代)軍人時代の親友
  鷲尾真知子:ニーニ(91歳)ヘンリックの乳母

その中でも女優の鷲尾真知子さんは、最初と最後にちょとだけ出るだけで、
殆どが益岡徹さんとの二人舞台。

Embers03CastM.jpg


さらにセリフは殆どが長塚京三扮する旧オーストリア・ハンガリー帝国の将官ヘンリックのもので、
益岡徹扮する旧軍人コンラッドは、ヘンリックの問いに答えるために語り始めようとするのですが、
その度にヘンリックが発言を遮り自論を展開するという流れで、発言することができません。

益岡徹さんは、セリフがあまり無いうえ、殆ど着席したままの姿勢なので、
表情だけで演技すると言う究極の演技に挑戦しています。

一方では、全くセリフの無い「間」も多いドラマです。
特に、“暗転”から始まる冒頭の5分間?ほどは、全くセリフがないままヘンリックだけが舞台上で、立ち尽くしたり少し歩いたりと言う動きの少ない演技で聴衆をひきつけます。

公演中も休憩中もショパンのピアノ曲(ポロネーズやワルツやノクターン)が流れていました。

***************
長塚京三さんの「おどおどした演技」とセリフは実にうまいのですが・・・
アクションが殆どないセリフ劇なので、本当の演劇通で無いと疲れるか寝てしまうでしょう。
私は演劇が好きなほうですが、やはりうっかり目を閉じてしまいました。
短時間でしたが・・・

 それと、途中でヘンリックがコンラッドから何を聞き出したいのか解るのですが、
そこからのやりとりに同じ事の繰り返しがあって(原作者はあの手この手で聞き出そうとしているというニュアンスを出したかったのかも知れませんが)、「あれ、さっきと同じことを訊いている」という感じで、やや退屈でした。
 楽しめる演劇とはいえなかったと思います。

***************
原作は、英国のシャーンドール・マーライ
元の脚本はクリストファー・ハンプトン
演出は、板垣恭一
美術は、朝倉 摂
***************

Embers04StaffM.jpg

************************************
ランキングの応援をよろしく ⇒ 
************************************

【解説】

 シャーンドール・マーライ作、クリストファー・ハンプトン脚本、長塚京三訳『 エンバース~燃 え 尽 き ぬ も の ら~ 』。この芝居は、光輝溢れるハプスブルグ家が崩壊し、オーストリア・ハンガリー帝国が滅亡して間もない1940年、ハンガリーの片田舎に佇む古城の一室が舞台です。

 館の当主、旧オーストリア・ハンガリー帝国の将官「ヘンリック」が、かつて親交のあったある人物の到着を待ち構えています。幼年学校、士官学校、近衛連隊を通じて、彼の無二の親友だった「コンラッド」です。実に41年振りの再会。でも友好的な邂逅ではありません、復讐にも似た、波乱を含んだ対決です。

 彼らはともに75歳。さらに、この芝居の3人目の人物、ヘンリックの乳母の「ニーニ」は、90歳を超える老婆です。以上3人の老人が、この芝居の登場人物となります。

 75歳の老人ふたりが、もうどうにも取り返しのつかない人生の悔恨を噛みしめながら、はたして自分たちは、ひとりの女性を「本当に愛した」と言えるのかどうか、自問し始める。あまり馴染み深い図柄ではありません。しかしこれ以上に演劇的な構図というものも、そうはありますまい。

 紳士の面目、誇り、あるいは友情の神聖さ。それらはそれ自体、きわめて貴くはありますが、愛する人に捧げる「自己犠牲」の前では決して等価と言えない。人を愛する喜びとは、その人のためになら、いつでも自分を投げ出せるという喜びではなかったのか。

 ヘンリック役には、今回、翻訳も務めた長塚京三。長年、心に温めていた企画だけに、観る者に、『愛することの喜びと感謝』を、伝えてくれることでしょう。 



長塚京三さんと長塚圭史さんに関するスポニチ記事は、ここをクリック


【スポニチ】記事 より

 劇作家で俳優の長塚圭史(34)と女優の常盤貴子(37)が結婚したのに続いて、圭史の父親で俳優の長塚京三(64)も個人事務所の女性マネジャーと再婚したことが21日、分かった。都内の自宅で既に同居しており、スポニチ本紙の取材に女性は「長塚(が出演中)の舞台が終わり次第、説明できるかと思いますので…」とコメント。父子そろっての“ダブルおめでた”だ。
   (中略)
 長塚は前妻と、圭史ら2児をもうけた後、25年以上前に離婚している。その後、独身を貫いてきたが、周囲によると、還暦を迎える前後から、マネジャーの女性が公私を支えるパートナーになっていた。現在の自宅には2年ほど前、女性と一緒に引っ越してきた。

 長塚は28日に福岡エルガーラホール、11月10~16日に東京・俳優座劇場で上演される「エンバース~燃え尽きぬものら~」に全力で打ち込んでいる最中。高齢者の愛の物語で、長塚は第2幕のほとんどを1人でしゃべりまくる。「エンバース」とは日本語訳で“残り火”。息子の結婚にひけをとらないロマンチックな愛が、私生活でも灯(とも)っている。
***************************
 ◆長塚 京三(ながつか・きょうぞう)1945年(昭20)7月6日、東京都出身の64歳。早稲田大学文学部演劇科在学中に劇団砂を結成。大学を中退し、68年にフランスのソルボンヌ大学に留学。74年、仏映画「パリの中国人」に主演し、TBSドラマ「樹氷」で日本でもデビュー。92年に初主演した映画「ザ・中学教師」で毎日映画コンクール男優主演賞を受賞。90年代には、サントリーのCMやTBSドラマ「理想の上司」(97年)でのイメージが定着し、「理想の上司ランキング」の常連となった。
 


常盤貴子と結婚した息子・長塚圭史のブログ記事【長塚圭史の完全素面日記】

関連記事
テーマ:演劇・劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック