FC2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



【Tanz der Vampire】 博多座 公演 を見ました
2009年9月14日(月)

 昨日、博多座で 「博多座オープン10周年記念シリーズ公演」
“Wien Musical” 【Tanz der Vampire】  を見ました。

Tanz der Vampire Hakataza03M

【エリザベート】 や 【モーツァルト!】 【レベッカ】 【MA】
などの “Wien Musical” を創り出した ミヒャエル・クンツェ氏の台本と作詞
作曲は、上記を作曲したジルヴェスター・リーヴァイ氏ではなくて、
ジム・シュタインマンとのこと。

いわゆる何故か今はやりの「吸血鬼もの」
日本のテレビドラマでもやっていましたね。

Tanz der Vampire Hakataza01M

【エリザベート】 の ミヒャエル・クンツェ氏の台本だけあって、
配役の役どころは似ています。
 クロロック伯爵(Vampire) ⇒ トート
 サラ ⇒ エリザベート
 アルフレート ⇒ 皇太子ルドルフ
 ヴァンパイア達 ⇒ 黒天使 (Tod Dancers)

**********************
博多座による 「あらすじ」 と 「みどころ」 と
「キャスト」 「スタッフ」 は、ここをクリック

 
************************
こちらは、本場 Wien でのプレミエ記者発表の様子



Wien では、Ronacher Theater で 来年までロングランの予定とか

************************************
ランキングの応援をよろしく ⇒ 
************************************


         ☆     ☆     ☆     

【あらすじ】
 ヴァンパイアの故郷として知られるトランシルヴァニア地方。老教授アブロンシウス(石川禅)と助手のアルフレート(泉見洋平)はヴァンパイアを研究する旅の途中ではぐれてしまう。大雪に見舞われ気絶した教授をようやく発見したアルフレートは、ある宿屋に転がり込む。そこは部屋中がにんにくで飾られ、集う村人たちはにんにくの首飾りをかけ陽気に騒いでいた。息を吹き返した教授は、その様子を見てヴァンパイアに近づいたことを確信し、この宿屋に滞在することに。だが村人たちにこの土地の城のことを訊ねても、誰も答えようとはしない。
その夜更け、2人は美しい歌声を耳にする。声の主は宿屋夫婦の娘・サラ(大塚ちひろ・知念里奈)だった。アルフレートは入浴中のサラに一目惚れ。一方のサラもまんざらでもない様子。
そして、サラを求めるもう1人の存在がクロロック伯爵(山口祐一郎)。孤独で寂しげなオーラを放ちながらサラに近づき、真夜中の舞踏会へと巧みに誘う。親の束縛から逃れて羽ばたきたいサラは、伯爵の下僕・クコール(駒田一)から渡された赤いブーツをはいて、伯爵のいる城へと向かうのだが…。


【みどころ】
 『ダンス オブ ヴァンパイア』は、ロマン・ポランスキー監督の傑作映画『吸血鬼』(67年)を原作に、『エリザベート』『モーツァルト!』の作者=ミヒャエル・クンツェが脚本・歌詞、ジム・スタインマンが作曲したミュージカルで、97年にウィーンで世界初演された。日本初演は06年。山田和也の軽快な演出と、山口祐一郎を中心とする出演者たちのパワフルな活躍で大好評を博し、この9月、待望の博多座公演の幕が開く。人間の欲望とモラルの対立が、ヴァンパイアのクロロック伯爵とヴァンパイア・ハンターのアブロンシウス教授との“闘い”を通してコミカルに描かれる舞台は、妖しさと楽しさに溢れている。ロックのリズムからドラマティックなバラードまで多彩な音楽も大きな魅力だ。クロロック伯爵の城で開かれる真夜中の舞踏会…欲望が渦を巻き、いつしか観客もその渦の中へ。
歌い踊るヴァンパイアたちと共に劇場中が弾けまくる『ダンス オブ ヴァンパイア』、必見のミュージカルである。

Tanz der Vampire posterM

【キャスト】
  山口祐一郎、大塚ちひろ、石川禅、泉見洋平 他

【スタッフ】

  音楽: ジム・スタインマン
  脚本・歌詞: ミヒャエル・クンツェ
  追補: ジム・スタインマン
  演出: 山田 和也
  原作: 映画「The Fearless Vampire Killers」
  Courtesy of Turner Entertainment Co.,
  オリジナル プロダクション: ウィーン劇場協会
  製作: 東宝株式会社

詳しくは、ここをクリック


関連記事
テーマ:ミュージカル - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック