fc2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私の思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



地下鉄には乗れなかったが地下街は歩いた
上海訪問記-第17回
****************************

017
   写真は人民公園側からみた、宿泊した『金門大酒店』


 上海にも地下鉄が通っている。これは日本企業も入札に参入して、いろいろもめたような記憶がある。
 最終的に日本か欧州か韓国か、どこのシステムが採用されたかは不勉強でわからない。

 時間があれば、ぜひ地下鉄にも乗って多少遠出をしてみたかったのだが、残念ながらそこまで余裕がなく、夕食前に地下鉄に通じる地下街を歩くにとどまった。
 夕方退勤時でもあったため、人の動きは激しく日本と変らぬラッシュアワー。地下街の雰囲気は一昔前の日本の地下街と言う感じで、あまり派手さはなく、照明も蛍光灯中心の店が多いように見えた。

 こういう地下街のお店もあまり格式ばっておらず、顔を出すとさっそく『これいかが』とばかりにまとわり付いてくる様子。そして、電卓をだして『数字』を入れて見せ、こちらの希望を入れるようにいう。本格的な値切り交渉をする前に。
 値切るのが当たり前と言うのも東京より商都大阪に似る?

 とはいえ、私の買ったのは『お土産』入れの折畳み式バッグだけ。折りたたみ式でキャスターのついた空港なんかでよく売店にあるやつ。500円もしなかったな。

 お土産といえば、定番商品がさまざまあるが、その日たまたまホテル『金門大酒店』の前で年配のおじさんと30才前後の女性が『書画』と『書』の掛け軸を売っていた。
 お互い片言の英語で話を進めると、掛け軸の絵画(いわゆる南画風の本来の掛け軸)のほうは、その年配のおじさんが自ら描いたものという。
 そして『書』の方は女性の方が揮毫したものとのこと。そして、彼らは親子で掛け軸を持って出稼ぎに来ている趣き。
 おじさんの掛け軸は一枚280元というから、約4~5千円。彼らの平均収入から言えば「いい値段」であろう。
 娘さんの「書」は一枚50元で約7~8百円。
 そこから、値切り交渉。2枚なら何元云々と次から次に枚数を増やして単価は下げ売上は上げようとする。
 ポリスが来たので早く引き上げなくてはと、ついにはそこにあるもの「全部で幾らで買うか?」といわんばかり。それもにこにこと友好的に言う。したたかである。

 いずれにせよ、おみやげはいるし、巻いて持てばそれほど嵩張らないしと数枚買うことにした。
 自己満足であるが、なかなかいい『絵』と『書』であると思う。プリントでないことは確か。こすってみたら簡単に色が指に付着した。

 はなしはガラリと変ってタクシー事情と車のナンバーについて。
タクシーは初乗り10元(150円位)。ナンバープレートは青地に白文字(一般車も色は同じ)
 バスは黄色地に黒文字。文字は下記のような順番。
「漢字・アルファベット-(ハイフン)アルファベット-数字4桁。」たとえば次のように
「濾D-V-3607」漢字部分で見たのは『濾』(本当は簡体字。さんずいの右側は炉の右側、つまり三ずいへんに「戸」つくり、パソコンの辞書にない!)が圧倒的に多く、他に『末』『辰』『芥』など。
漢字は地域コードかもしれない。

 第2回目でもご紹介の通り、車のマナーの「悪い?」のはタクシーとて同じ、否さらに荒っぽい。
 車に慣れているはずのKさんもレーシングサーキットのような運転の助手席に座った時は悲鳴をあげ、「二度とタクシーの助手席にはのらない」と言ったとか言わないとか。
 あの上海で売り上げようと思ったら尋常な度胸と根性では勤まらないね。

****************************
上海訪問記-第17回
  第16回へ    第18回へ
    このシリーズを最初から読む

************************************
ランキングの応援をよろしく ⇒ 
************************************ 
関連記事

テーマ:中国旅行 - ジャンル:旅行

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック