fc2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私の思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



プロ野球選手会の5年前のストライキ NHK
2009年8月18日(火)

 今晩10時からのNHK番組
「たった一人の反乱」 
 は、古田敦也を中心とするプロ野球選手会による「ストライキ」に至る交渉経過のドキュメントだった。
古田選手会長もコメンテイターとして出演し、当時の団体交渉の経過を証言した。

ドキュメンタリー部分は、俳優が代役となって再構成劇として演じられたが、当時の雰囲気を伝えるのには成功していたと思う。

古田さんんは、コメントの中で、明確に
「労働組合を張っている」 
と述べ、選手会の労働組合としての位置づけを印象付けた。

番組の進行は、労働組合と経営者団体を中立の立場から取り上げるのではなく、
はっきりと選手会側に立って構成されていたので好感が持てた。

ただ一言いえば、この労働組合のストは
「たった一人の反乱」 
では全くなく、プロ野球選手会全員の参加とファンの積極的な支持の中で
実施されたものであり、多くの人々によって成し遂げられたものです。

古田選手会長も最終局面で経営側が急に態度を変更して選手会の要求を
受け入れたのは、ファンの声が突き動かしたに違いない、との趣旨の発言を
されていました。
古田選手会長の人柄を表す発言でした。


************************************
ランキングの応援をよろしく ⇒ 
************************************


   ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  

NHKホームページより

 たったひとりの反乱
 「球団が消える?プロ野球選手会 103日の闘い」
午後10:00~10:48
 2004年6月、日本のプロ野球界に激震が走った。近鉄とオリックスとの合併が突然発表され、球団数の減少と1リーグ化の道をたどるかのように見えた。その動きに対し、日本プロ野球選手会は古田敦也会長を中心に結束。経営側との交渉が始まり、プロ野球のあり方を見つめなおすきっかけともなった。合併発表からストライキ、そして決着までの103日を、再現ドラマや当時の古田選手会長ら当事者の証言を駆使して描いていく。
 

関連記事
テーマ:NHK - ジャンル:テレビ・ラジオ

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック