fc2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私の思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



奈良・興福寺 【 阿修羅展 】 豪雨で 『緊急閉館』
7月14日から九州国立博物館で開催されている奈良・興福寺の至宝を展示する
興福寺創建1300年記念  【阿修羅展】  
に行ってきました。

この日は、朝から一昨日から続く大雨というか豪雨。

開館は9:30なので、これに間に合うつもりでしたが、道路事情も芳しくなく
到着したのは9:40。 しかし、この時点で九国の駐車場は「満車」状態。

この思わしくない天候の中を早々と来ている熱心な方も多いようです。
開館したばかりなので、このまま待っていても 2時間程度は掛かりそう。

案内員の誘導する臨時駐車場(車ではすぐだが歩くと10分くらいとのこと)
に移動すると殆どのスペースが空いていたので、取敢えず停車。
10分のウォーキングは良いのですが折からの豪雨のマッ最中。

しばらく、『天候の様子見』 と社内で待機していると、
「この豪雨で臨時駐車場の管理人が出て来れないので、ここでの駐車は無理
ですから太宰府天満宮の方へ移動してください」 との話。
民間委託しているらしい。

それで、随分と迂回して西鉄大宰府駅近くの1日500円の民間駐車場に停め、
太宰府天満宮の中を通るルートで九国に向かいました。

参道の商店は、この大雨の中でも営業していましたが閑散とした風情。

DCF_0048m.jpg

足元から腰辺りまでずぶ濡れになりながら、ようやく九国へのエントランスに到着。

DCF_0053m.jpg
エスカレーターホールの入り口は足がつかるほど(深さ10cm位)の水の流れ。

中に入るとエスカレーターが動いておらす、長い階段を上がらなければならない様子。

2009Jul26_0054m.jpg

どうも地下部にある機械室が水没したらしい。

2009Jul26_0055m.jpg

照明も非常照明のような薄暗い状況。

しかし、上側のエスカレーターは無事だったらしく動いていました。
照明もここからは通常の明るさに。

エスカレーターと動く歩道が終わる(すなわち九国本館への入り口の)処には、
いつものように大きな案内板。

DCF_0064m.jpg

そこを出ると豪雨の中に博物館の見慣れた威容が目に入ります。

DCF_0062m.jpg

館内のエスカレーターで特別展示質入り口へ

20090726114100


「阿修羅展」 会場に入った頃には、既に11時前になっていました。

20090726114104


会場に入って音声ガイドを聞きながらゆっくり観覧順に従って見ていたところ
午前11:20頃、豪雨にて博物館周辺で山崩れがあったとのことで、安全のため
「緊急閉館」 のアナウンスが流れ、全員退場となってしまいました。

私は、ようやく 「阿修羅像」 の展示エリアに入ったばかりの時でした。

「退場は慌てずにゆっくりと落ち着いて」 というような案内もあったので、
会場の観客の皆さんは、ゆっくり 「阿修羅像」 を見ながら出口に向かっています。

私も、一応 「阿修羅像」 の回りをゆっくり見ながら出口に向かったので、
見るには見たのですが、本来ならこの周りで30分ほどじっくり見るつもりだったところを
1分位のパッと見に終わりました。

「本日の入場券を、もう一度使えるように出口で押印します」 との案内でした。
音声ガイド料金(500円)も、返金してくれました。

この「再入場」処置はありがたいのですが、
我々のように近郊から来ているものには有効とはいえ、
観光バスで遠方から来ている方や、修学旅行生などには、
殆ど活用できないものですので、そういう場合は入場料も返金してあげる
とかできないものでしょうか?

尤も返金されてもじっくり見ることができなかったという思いには叶わないでしょうが。

しかし、観客の皆さんは誰一人文句も言わず、係員の誘導に従って出て行きました。
皆さん礼儀正しい。 唯一の抵抗は、「ゆっくりと落ち着いて」 出て行く位でしょう。



************************************
ランキングの応援をよろしく ⇒ 
************************************
関連記事

テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック