fc2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私の思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



映画【沖縄狂騒曲】を中洲大洋で見る !
2024年2月22日(木)

  きょう中洲大洋で
ドキュメンタりー映画【沖縄狂騒曲】を見ました!

Okinawa_Rhapsodie-Poster.jpg

*******

レビューを書く前に

 戦後すぐからの長い歴史を持つ映画館『中洲大洋劇場』ですが、
内部は度々リニューアルされトイレも最近キレイにしたばかり。
映写機も最新のデジタル配信に対応しています。
 処が、建築筐体そのものが耐震基準に適合せず、お客様の安全に
懸念があるために解体撤去せざるを得ないようです。
 切符売り場で訊くと、今後どうするかは不明とのこと。

福岡市の映画館「中洲大洋」78年の歴史に幕
…3月「恩返し興行」はチャップリン3作品

https://www.yomiuri.co.jp/.../news/20240221-OYTNT50058/
 読売新聞 ― 2024年2月21日(水)


*******

 さて映画【沖縄狂騒曲】ですが、数多くの証言者の言葉によって
事実上、今も植民地支配されている沖縄の状況を伝えています。

 その内容は、あまりにも多岐に渡るので、ここでは書きません。

 映画の方向性としては、『日米安保条約』に関わる「地位協定」の
日本を奴隷的に支配する構造。
 第二次世界大戦の敗戦国であるドイツもイタリアも「地位協定」を
度々改正し主権を回復しているのに日本政府は屈辱的態度を
平然と続け「治外法権」をそのままにしている。

 処が、この映画では「地位協定」の問題に集中し、『日米安保条約』
本体を第10条によって廃棄することには触れていない弱点を見ます。

 その上、沖縄の従属的状況を打破する為に戦い続けた瀬長亀次郎や
沖縄人民党や日本共産党については全く描かいていません。

 にもかかわらず、政党としては唯一『れいわ新選組』と山本太郎が
意図的に強調して取り上げられています。

 沖縄人民の戦前戦中戦後の戦いに加わっていない創立10年に
およばない『れいわ新選組』を押し出すことには違和感があります。
映画内の出番は僅かなのにポスターにも山本太郎の顔が・・・


映画【沖縄狂騒曲】公式サイト
 https://okinawakyosokyoku.com/


Okinawa_Rhapsodie-01.jpg


映画【沖縄狂騒曲】予告編映像
https://youtu.be/IXANjQoMDyE




  映画.comによる作品紹介
   https://eiga.com/movie/100740/

【解説・ストーリー】

沖縄で起こるさまざまな問題にスポットを当て、沖縄と日本の現実に切り込んだドキュメンタリー。

「朝日のあたる家」「ドキュメンタリー沖縄戦 知られざる悲しみの記憶」といった社会派作品を手がけてきた太田隆文監督が、辺野古基地問題、国際大学ヘリコプター墜落事故、オスプレー騒音・墜落問題や、古くはコザ蜂起、由美子ちゃん事件など、沖縄が抱える数々の問題を取材。元大手新聞の論説委員、著名大学教諭、元市長、元県庁幹部ら有識者たちが、大手マスコミが報道できない現実を徹底解説する。

さらに、元沖縄県知事・大田昌秀の挑戦や、元内閣総理大臣・鳩山由紀夫が「最低でも県外」と発言した真意、れいわ新選組の山本太郎による国会質問も紹介する。

***************
 2024年製作/115分
 /G/日本
 配給:渋谷プロダクション
 劇場公開日:2024年2月3日
***************


【スタッフ・キャスト】

監督 : 太田隆文
構成 : 太田隆文
製作 : 鯛中淳
企画 : 岩下秀雄
プロデューサー : 太田隆文
撮影 : 三本木久城
編集 : 三本木久城
インタビュー : 太田隆文 永田よしのり
撮影応援 : 富澤昭文
プロダクションマネージャー : 小林良二
語り : 斉藤とも子 久場寿幸






関連記事
テーマ:ドキュメンタリー映画 - ジャンル:映画