fc2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私の思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

10 | 2023/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



映画【正欲】をユナイテッドシネマ・トリアス久山で見る !
2023年11月11日(土)

  きょうの15時15分~17時47分 ユナイテッドシネマ・トリアス久山で
映画【正欲】を見ました!

20231111_Seiyoku_Movie-Flyer-01.jpg

しんぶん赤旗の映画評や西日本新聞映画評でも掲載していて、
評価も高かったので見に行ったのですが、
私的には、良く解らない映画でした。

Akahata_Seiyoku_Movie-01.jpg
    しんぶん赤旗【映画評】2023年11月7日

Nishinippon_Seiyoku_Movie-01.jpg
    西日本新聞【映画評】2023年11月11日

1つの底流として、HIPHOPダンスに『我を忘れ』ようとする
現在の若者の心模様が有るようです。

表題の【正欲】は『性欲』ではありませんが、
映画の中では「性欲」という用語も度々出てきます。

終盤では、男子小学生への30代男による性加害問題も描かれ、
ジャニーズ問題も意識されているように見えました。
2004年に性加害が最高裁で確定したのに、この映画のような厳しい
取り調べを何故ジャニー喜多川に行わなかったのでしょうか?

観客は十数人。

20231111_Seiyoku_Movie-Flyer-02.jpg



映画【正欲】公式サイト
 https://bitters.co.jp/seiyoku




映画【正欲】予告編映像
 https://youtu.be/qEPtPDCFcJs




  映画.comによる作品紹介
   https://eiga.com/movie/97872/

【解説・ストーリー】
第34回柴田錬三郎賞を受賞した朝井リョウの同名ベストセラー小説を、稲垣吾郎と新垣結衣の共演で映画化。
「あゝ、荒野」の監督・岸善幸と脚本家・港岳彦が再タッグを組み、家庭環境、性的指向、容姿などさまざまな“選べない”背景を持つ人々の人生が、ある事件をきっかけに交差する姿を描く。

横浜に暮らす検事の寺井啓喜は、不登校になった息子の教育方針をめぐり妻と衝突を繰り返している。
広島のショッピングモールで契約社員として働きながら実家で代わり映えのない日々を過ごす桐生夏月は、中学の時に転校していった佐々木佳道が地元に戻ってきたことを知る。
大学のダンスサークルに所属する諸橋大也は準ミスターに選ばれるほどの容姿だが、心を誰にも開かずにいる。
学園祭実行委員としてダイバーシティフェスを企画した神戸八重子は、大也のダンスサークルに出演を依頼する。

啓喜を稲垣、夏月を新垣が演じ、佳道役で磯村勇斗、大也役で佐藤寛太、八重子役で東野絢香が共演。

第36回東京国際映画祭のコンペティション部門に出品され、最優秀監督賞および観客賞を受賞した。

****************
 2023年製作/134分
 /G/日本
 配給:ビターズ・エンド
 劇場公開日:2023年11月10日
****************

【スタッフ・キャスト】

監督 : 岸善幸
原作 : 朝井リョウ
脚本 : 港岳彦
エグゼクティブプロデューサー : 石井紹良 神山健一郎 定井勇二 飯島三智
企画 : 中村優子
プロデュース : 中村優子
プロデューサー : 杉田浩光 富田朋子
スーパーバイザー : 松原宏林
共同プロデューサー : 舩江修
ラインプロデューサー : 塚村悦郎
撮影 : 夏海光造
照明 : 高坂俊秀
DIT : 鈴木裕
録音 : 森英司
音響効果 : 大塚智子
美術 : 井上心平
衣装 : 宮本まさ江
ヘアメイク : 新井はるか 金田順子
装飾 : 中村三五
編集 : 岸善幸
音楽 : 岩代太郎
主題歌 : Vaundy
キャスティング : おおずさわこ
助監督 : 松尾崇

 配 役 : 役 名(役柄)
稲垣吾郎 : 寺井啓喜(検事)
新垣結衣 : 桐生夏月(生き方を諦めかけた女性)
磯村勇斗 : 佐々木佳道(水フェチの男;夏月の中学同窓生)
佐藤寛太 : 諸橋大也
東野絢香 : 神戸八重子(大也の大学同窓生)
山田真歩 : 寺井由美
宇野祥平 : 越川秀己
渡辺大知 : 西山修
徳永えり : 那須沙保里
岩瀬亮 : 矢田部陽平
坂東希 : 高見優芽
山本浩司 : 夏月と佳道の中学時代の担任教師
鈴木康介 : 右近一将


【関連記事】

稲垣吾郎「おめでとうを伝えたかった」
 主演作「正欲」が東京国際映画祭“2冠”に歓喜

 映画.com - 2023年11月11日 13:05
 https://eiga.com/news/20231111/10/

(引用)
第34回柴田錬三郎賞を受賞した朝井リョウの同名ベストセラー小説を映画化した「正欲」の公開記念舞台挨拶が11月11日、東京・TOHOシネマズ六本木で行われ、稲垣吾郎、新垣結衣、磯村勇斗、佐藤寛太、東野絢香、岸善幸監督(「あゝ、荒野」「前科者」)が登壇した。

家庭環境、性的指向、容姿など、さまざまな“選べない”背景を持つ人々の人生が、ある事件をきっかけに交差する。脚本は「あゝ、荒野」の港岳彦。第36回東京国際映画祭のコンペティション部門に出品され、最優秀監督賞および観客賞を受賞した。
(以下略)






関連記事
テーマ:日本映画 - ジャンル:映画