fc2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私の思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



新宿シアターモリエールでの感染クラスター発生は杜撰な運営が主な原因!
2020年7月16日(木)

 先日来、舞台芸術・エンターテインメント業界への大激震となっている
新宿シアターモリエールでの#新型コロナウイルス 感染クラスター発生。

 劇場施設側も、公演主催者側も感染防止の管理が杜撰であったことが
徐々に明らかになっている。

 出演者の中にコロナ類似の体調不良を訴える俳優も居たのに所謂
PCR検査基準には該当しないと判断してそのまま最後まで出演させた
のが最悪の問題である。

 しかし、それ以外にも劇場管理および観客指導上の問題も指摘されつつある。

 その一つが、感染症対策としては絶対にやってはならない
『出待ち』『入待ち』での出演者とファンの接触である。
 それを黙認と云うより率先してやっていたらしい。


20200716_TheaterMoliere_NikkanSports.jpg

公演後「出待ち」ズラリ 主催者黙認?
 予防指針も作成せず 新宿の劇場クラスター

 毎日新聞 - 2020年7月15日(水) 20時28分

 期間中に出演者2人が体調不良を訴えたが、抗体検査(引用者注:PCR検査ではない)が陰性だったり、所属事務所が「持病に起因する可能性が高いと診断された」と説明したりしたため出演していた。
 会場周辺では、業界団体のガイドラインが控えるよう求めていた出演者の「出待ち」が目撃され、作成を要請された感染予防の指針も作っていなかった。



 また、上演劇場の新宿シアターモリエールが協議会の定めた
感染防止のガイドラインを守っていなかったとの情報もある。


新宿「舞台クラスター」、劇場側がガイドライン守らず
 小劇場協議会が発表、濃厚接触者に千葉や愛知から訪れていた人も

 サンスポ - 2020年7月15日(水) 05:03

 東京都内の小劇場でつくる「小劇場協議会」は14日、上演劇場の新宿シアターモリエールが協議会の定めた感染防止のガイドラインを守っていなかったと公式サイトで発表した。
 (中略)
 観客には群馬県、神奈川県の他、少なくとも千葉県や栃木県、愛知県から訪れていた人がいたこともこの日分かった。



日刊スポーツ記事によると、主催のライズコミュニケーションが
別の劇場から感染防止対策の不備を理由に断られたため
シアターモリエールに頼み込んで上演したらしい。


クラスター舞台主催、他劇場断られモリエール選択か
 日刊スポーツ - 2020年7月15日(水)  04:00

主催のライズコミュニケーションも、当初予定した別の小劇場に出した上演案では、ガイドラインに沿ったソーシャルディスタンスなどが保てないと難色を示されたため、急きょシアターモリエールに変更したことも判明。あやうい公演実態だった可能性が浮上した。



新宿・舞台でクラスター「換気してたのに」
 劇場の対策どこまで守られたか

 東京新聞 - 2020年7月16日(木) 06時00分

 主催のイベント会社「ライズコミュニケーション」のウェブサイトによると、全12公演で感染者が発生し、15日までに出演者17人、スタッフ8人、観客34人の計59人の感染が分かった。
 出演した俳優山本裕典さん、原案を担当した映画コメンテーター有村昆さんらも陽性反応が出たことを公表。感染者は東京、神奈川、埼玉、千葉、群馬、栃木、茨城で確認、ほかに愛知、島根、長野でも確認された。
 主催者側は、業界のガイドラインに沿って観客やスタッフのマスク着用などを実施。観劇した女性によると、開演前や休憩中は換気し、席の間隔も1席分ずつ空けて、定員186人の半分程度だった。
 公演中に出演者2人が体調不良を訴えたが、ライズ社によると抗体検査で陰性だったことや検温結果が規定内だったため、出演を続行した。



 さらに、その公演を観賞していた観客が全国に散らばっていることも。

新宿「舞台クラスター」から2次感染
 丸岡いずみもコロナ陽性、夫・有村昆に続き

 サンスポ - 2020年7月16日(木) 05:03

 サンスポなどによれば、川崎市の40代女性看護師は、勤務先の病院で担当した新生児11人が濃厚接触者としてPCR検査の対象に。これまで8人が陰性だった。群馬県の20代女性保育士の感染では65人の園児にPCR検査が行われている。
 今回のクラスターで家庭や職場など市中感染へと広がる実情が浮き彫りになった。
 とのこと。





...read more
関連記事
テーマ:演劇・劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術