fc2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私の思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



舞台でマスクする時代、工夫重ねたその形は:朝日新聞
2020年7月11日

 朝日新聞が『舞台でマスクする時代、工夫重ねたその形は』
と題して#新型コロナウイルス感染 下での新しい舞台演出の
新しい形をレポートしている。

 口元だけを覆う方法の模索が続いているとのこと。

 能舞台でシテは基本的に能面を付けているからフェイスシールドのようなもの
であるが、音曲担当の地方(じかた)の人々は声を出すのが基本なので
大きな違和感の無いようなマスクを試しているとのこと。

20200711_Asahi-01.jpg
   能「野宮」で顔にマスクを付けてうたう地謡=辻井清一郎氏撮影
   7月5日に東京・千駄ケ谷の国立能楽堂で

 一方、演劇・ミュージカルなどでは、透明な『マウスシールド』?を付けて
公演を行ってみているとのこと。

20200711_Asahi-02.jpg
   舞台「願いがかなうぐつぐつカクテル」で、口に透明のマウスシールドをして
   演じる北村有起哉さん(右)とあめくみちこさん=引地信彦氏撮影

 これも『新しい日常』の一つの在り方なのだろう。
 
     ***************

演劇も能も…
 舞台でマスクする時代、工夫重ねたその形は:

 朝日新聞デジタル:伊藤綾・井上秀樹 ―2020年7月11日10時35分
 https://www.asahi.com/articles/photo/AS20200711000782.html

(引用)
 新型コロナウイルスの影響に苦しむ舞台・演劇界。状況を注視しながら数カ月ぶりに公演を再開した劇場では、新たな試みが行われていた。舞台に現れたのは、つばが飛ぶのを防ぐため、個性的なマスク姿となった俳優らだ。

 新国立劇場(東京都渋谷区)で9日、「願いがかなうぐつぐつカクテル」が開幕した。北村有起哉さんら俳優は全員、舞台上で透明のマウスシールドや衣装で口元を覆って演じる。

 全国公立文化施設協会が5月に出した劇場などにおける感染拡大予防ガイドラインは、公演関係者に対し「表現上困難な場合を除き原則としてマスク着用」を求めており、これに沿った対策という。ネコやカラス役はそれぞれ動物をかたどったマスクを着用し、ミヒャエル・エンデ原作のファンタジーならではの工夫をする。

 能楽では、地謡が「演者マスク」と呼ぶポリエステル製のちりめんで顔を覆って謡をうたっている。奈良市の春日若宮おん祭で奉納される芸能「細男(せいのお)」から着想したという。金春流能楽師の本田光洋さん(77)は「マスクよりも密閉されていないので、声を出すのは自由だったようです」。

 5日に東京・千駄ケ谷の国立能楽堂で催した「轍(わだち)の会」は、間隔を空けるため地謡を普段より2人減らして6人にした。本田さんは「多少ボリューム感に欠けたかな」。大鼓や小鼓の奏者に飛沫(ひまつ)がかからないよう、笛の奏者の座る位置を普段より後ろにずらした。
(伊藤綾、井上秀樹)





関連記事
テーマ:ミュージカル - ジャンル:学問・文化・芸術