FC2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



映画『新聞記者』が【日本アカデミー賞】最優秀作品賞など各賞を受賞
2020年3月7日(土)

 東京新聞記者・望月衣塑子さん原作の映画
『新聞記者』が【日本アカデミー賞】で各賞を受賞

 最優秀主演女優賞にシム・ウンギョンさん

  シム・ウンギョンさん 望月衣塑子さん
  おめでとうございます!

  松坂桃李さん、藤井道人監督
  おめでとうございます!


映画『新聞記者』公式サイト



「新聞記者」最優秀作品など3冠/日本アカデミー賞
 日刊スポーツ [2020年3月6日23時18分]


【新聞記者】の受賞分野
 最優秀作品賞 ▽「新聞記者」
 最優秀主演女優賞 ▽シム・ウンギョン「新聞記者」
 最優秀主演男優賞 ▽松坂桃李「新聞記者」
 優秀監督賞 ▽藤井道人「新聞記者」

[日本アカデミー賞]シム・ウンギョンが
 最優秀主演女優賞 受賞に号泣

 毎日新聞:ORICON NEWS・映画 - 2020年3月6日 22時10分


松坂桃李が最優秀主演男優賞/日本アカデミー賞
 日刊スポーツ [2020年3月6日22時56分]
 

優秀主演女優賞はそのほか
 『翔んで埼玉』(最優秀監督賞・脚本賞受賞)の二階堂ふみ(25)、
 『蜜蜂と遠雷』の松岡茉優(25)、
 『人間失格 太宰治と3人の女たち』の宮沢りえ(46)、
 『最高の人生の見つけ方』の吉永小百合(74)
  が受賞している。

最優秀助演女優賞に
 『キングダム』に出演した長澤まさみさんが選ばれた。
優秀助演女優賞は次の通り(敬称略)。
 天海祐希「最高の人生の見つけ方」
 小松菜奈「閉鎖病棟-それぞれの朝-」
 高畑充希「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」
 二階堂ふみ「人間失格 太宰治と3人の女たち」

小松菜奈さん と 二階堂ふみさん は
優秀主演女優賞と優秀助演女優賞のW受賞!


     ****************

 この映画は、今猛威を振るっている新型コロナウイルス感染にも
関連したテーマを扱っていました。(私の映画レビューより)

望月衣塑子記者原案の現政権に肉薄する映画【新聞記者】を見て来ました!
 観劇レビュー&旅行記 - 2019年6月29日(土)
 
Shinbunkisha_image-01.jpg

この映画では新しい医科大学の目的が化学療法の研究に名を借りた
「生物化学兵器」に転用可能な軍事技術研究施設である可能性も
指摘されています。

実際の加計学園獣医学部がどうだったかは判りませんが、
確か『家畜の感染症研究用』としてレベル3のシールド施設を計画
していたようでもあり、恐ろしいことです。

また、防衛産業を調査した望月衣塑子さんの著書によっても
研究費を防衛装備庁の補助金に頼っている大学も多々あり、
いつでも研究成果が軍事転用される可能性があることは
既に明らかになっています。


     ****************

[日本アカデミー賞]シム・ウンギョンが
 最優秀主演女優賞 受賞に号泣

 毎日新聞:ORICON NEWS・映画 - 2020年3月6日 22時10分
 
20200305_Academy Award Japan 2019-01
  『第43回日本アカデミー賞』最優秀主演女優賞を受賞したシム・ウンギョン(C)
  日本アカデミー賞協会

 『第43回日本アカデミー賞』の授賞式が6日、都内で開催され、
女優のシム・ウンギョン(25)が『新聞記者』(藤井道人監督)で最優秀主演女優賞を受賞した。

 東京新聞記者・望月衣塑子氏のベストセラー『新聞記者』を原案に、
 政権がひた隠そうとする権力中枢の闇に迫ろうとする女性記者・吉岡(シム・ウンギョン)と、理想に燃え公務員の道を選んだある若手エリート官僚・杉原(松坂桃李)との対峙・葛藤を描いたオリジナルストーリー。
 初の優秀主演女優賞にして最優秀賞。
 登壇したシムは、感動のあまり言葉に詰まり号泣。「全然(受賞すると)思わなかったので、(コメントの)準備をしていませんでした。ごめんなさい。本当にありがとうございます」と言葉を振り絞った。
 また、「映画『新聞記者』を見てくださった みなさん、そして藤井監督初め、河村さん、橋本さん、高石さん本当にありがとうございます。共演できて本当に光栄でした、松坂桃李さん、本当に本当にありがとうございました。これからも頑張って活動します。本当に今日はありがとうございます」と周囲にも感謝していた。

 優秀主演女優賞はそのほか『翔んで埼玉』の二階堂ふみ(25)、『蜜蜂と遠雷』の松岡茉優(25)、『人間失格 太宰治と3人の女たち』の宮沢りえ(46)、『最高の人生の見つけ方』の吉永小百合(74)が受賞している。
情報提供:ORICON NEWS



「よくやった!」と日本アカデミー賞を見直す声に、
 一部に猛批判ツイートも。 『新聞記者』頂点の反応と理由

Y!ニュース:斉藤博昭―2020年3月7日(土)



日本アカデミー賞:最優秀主演女優賞に「新聞記者」のシム・ウンギョン
  「準備をしていなくて…」と涙のスピーチ

  毎日新聞 - 2020年3月6日

(一部引用)
 「新聞記者」はシムさんと松坂桃李さんがダブル主演を務めた。
 新聞記者の望月衣塑子さんの著書「新聞記者」(角川新書)が原案で、
官邸が主導する大学新設計画の真相に迫ろうとする女性記者と、
秘かにメディアを駆使して都合のよいファクトを造り上げようとする
官僚たちとの葛藤を描く
社会派サスペンス。




 
...read more
関連記事
テーマ:アカデミー賞 - ジャンル:映画