FC2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



映画版【CATs】それほどでも!(・_・;
2020年1月26日(日)

今日、トリアス久山ユナイテッドシネマで映画版(実写版というらしい)
 【CATs】 を見ました。

20200126194647812.jpg

 この投稿のタイトルに『それほどでも! (・_・; 』と書いたのは
「それほど良くなかった」と云うだけではなくて、前評判では
米国での評価や試写会での評判からか酷評が多々あって
相当ヒドイ出来であると言われていたので覚悟して見た割には
「それほどヒドイものでも無かった」と云う意味です。

尤も、顔のメークが舞台版のような猫メークではなく人間的で違和感も!

この映画版では、ヒロインはグリザベラではなく、ヴィクトリアです。
しかし、舞台版(劇団四季)の【キャッツ】では白いセクシー雌猫ですが
映画版では、舞台版で言えばシラバブに相当する薄金茶の子猫です。
上に書いた顔のメークもヴィクトリアは一番人間的なメークでした。

子猫であることは、オールドデュトロミーがジェリクルキャッツの子猫
として映画の最後に認定することで判ります。
(冒頭2分間ほど遅れて入って見損ねたので、最初に判明しているかも)
(字幕では「子猫」と出ましたが、英語で Chikd とか Little とか Kitty
とかは聞き取れませんでしたが・・・)

舞台版ではグリザベラの歌う「メモリー」をシラバブがリフレインする処が
あるのですが、そのシーンはヴィクトリアが歌っています。

なので、映画版ヴィクトリアは姿も歌もシラバブの役も兼ねているようです。

それ故、この映画には、子猫・シラバブは出て来ませんでした。

そのヴィクトリアが歌う『Beautiful Ghosts』は映画版向け新作かも


   上の映像を見ると、この楽曲の作詞はテイラー・スウィフトさんが行い
   スタジオ収録版はテイラー・スウィフトさん自ら歌っているとのこと!
   作曲は、もちろんアンドリュー・ロイド=ウェバー

そして、このヴィクトリアを演じているのはミュージカル女優ではなくて
英国ロイヤルバレエのプリンシパル、フランチェスカ・ヘイワード。
したがって、バレエ的身体の動きは抜群です。(映像参照)
ゆっくり脚を上げる力技も美しくこなしています。
クラシック的な動きもモダンダンスも流石に上手い。



廻りを固めるアンサンブルも結構優れたダンスを展開しています。

一方の昇天して新しい生命を与えられるグリザベラにはジェニファー・ハドソン。
彼女は【Dream Girls】 でビヨンセと共演して助演女優賞を受賞した黒人女優。



そう言えば、大統領選挙で『旗色鮮明』にして名を馳せた
テイラー・スウィフトさんもボンバルリーナに配役されていました。

2020012619464870e.jpg

そういう、ダンスを見る映画と思えば、それほど酷評されるほどのものでも
ありませんでした。

また、鉄道猫・スキンブルシャンクスの場面では劇団四季版でやるような
台所用具を使って汽車に模して動かすのではなく、突然イギリスの鉄道の
線路の上を集団で歩く(二本脚で)と云うシーンになっていて興覚め。

また、劇中劇である『海賊のシーン』や『グリドルボーン』のシーンも
有りませんでした。

映画版の長さは109分と、劇場版の半分位しかありませんので
多くのシーンが割愛されているのは残念ですが、ゴキブリのシーンは
残っていて兵隊の行進のような演出。 これは不要だったのかも。

映画の最後に猫に対する接し方の御託を垂れるオールドデュトロミーは
年老いた『雌猫』であることが判りました。
女優が『雄猫』を演じているのではなく、長老の代名詞が She だったので。

なお、ここまでは以下の映画解説を読む前に書いています。

  映画版【CATs】 公式サイト 



  映画版【CATs】 映画.com による作品紹介 

1981年にロンドンで初演されて以来、観客動員数は世界累計8100万人に達し、日本公演も通算1万回を記録するなど、世界中で愛され続けるミュージカルの金字塔「キャッツ」を映画化。
 「レ・ミゼラブル」「英国王のスピーチ」のトム・フーパーが監督、スティーブン・スピルバーグが製作総指揮を務め、英国ロイヤルバレエ団プリンシパルのフランチェスカ・ヘイワードのほか、ジェームズ・コーデン、ジェニファー・ハドソン、テイラー・スウィフト、ジュディ・デンチ、イアン・マッケランら豪華キャストが共演した。
 人間に飼いならされることを拒み、逆境の中でもしたたかに生きる個性豊かな「ジェリクルキャッツ」と呼ばれる猫たち。満月が輝くある夜、年に一度開かれる「ジェリクル舞踏会」に参加するため、街の片隅のゴミ捨て場にジェリクルキャッツたちが集まってくる。
 その日は、新しい人生を生きることを許される、たった一匹の猫が選ばれる特別な夜であり、猫たちは夜を徹して歌い踊るが……。



20200126194645133.jpg

  映画版【CATs】 Movie Walker による作品紹介 

1981年にロンドンで初演され、全世界累計観客動員数が8100万人を突破したミュージカルの金字塔「キャッツ」を、『レ・ミゼラブル』のトム・フーパー監督が映画化。
 英国ロイヤルバレエ団でプリンシパルを務めるフランチェスカ・ヘイワードが映画初出演にして主演を飾るほか、『ドリームガールズ』でアカデミー賞助演女優賞に輝いたジェニファー・ハドソン、10度のグラミー賞受賞を誇るテイラー・スウィフト、「007」シリーズのジュディ・デンチら豪華キャストが共演する。

*********************
作品データ
 原 題 : CATS
 製作年 : 2019年
 製作国 : イギリス=アメリカ
 配 給 : 東宝東和
 上映時間 : 109分
*********************

【映画のストーリー】 (結末の記載を含むものもあります。)
 ロンドンの片隅にあるゴミ捨て場に迷い込んだ白猫ヴィクトリア。(映画では白猫ではなかった)
 若く臆病な彼女はそこで、人間に飼いならされることを拒み自由に生きるジェリクルキャッツたちに出会う。
 個性豊かな猫たちとの出会いを通して、自分らしい生き方を見つけようとするヴィクトリア。
 そして満月が輝く夜、新しい人生を生きることを許されるたった一匹の猫を選ぶ、一夜限りの舞踏会が開かれる。

【キャスト・スタッフ】
  役    名  :  配    役
バストファージョーンズ  : ジェームズ・コーデン
スキンブルシャンクス  : スティーヴン・マックレー
グリザベラ  : ジェニファー・ハドソン
ヴィクトリア  : フランチェスカ・ヘイワード
オールドデゥトロノミー  : ジュディ・デンチ
ミストフェリーズ  : ローリー・デヴィッドソン
(アスパラ)ガス  : イアン・マッケラン
ランペルティーザ  : ナオイム・モーガン
ラム・タム・タガー  : ジェイソン・デルーロ
マンカストラップ  : ロビー・フェアチャイルド
ボンバルリーナ  : テイラー・スウィフト
マンゴジエリー  : ダニー・コリンズ
マキャヴィティ  : イドリス・エルバ
ジェニエニドッツ  : レベル・ウィルソン

監   督  : トム・フーパー
製   作  : ティム・ビーヴァン 、 エリック・フェルナー 、 デボラ・ヘイワード 、 トム・フーパー
製作総指揮  : スティーヴン・スピルバーグ 、 アンドリュー・ロイド・ウェバー 、 アンジェラ・モリソン 、 ジョー・バーン
原   作  : アンドリュー・ロイド・ウェバー 、 T・S・エリオット
原   案  : T・S・エリオット 、 アンドリュー・ロイド・ウェバー
脚   本  : トム・フーパー 、 リー・ホール
撮   影  : クリストファー・ロス
作   曲  : アンドリュー・ロイド・ウェバー
美   術  : イブ・スチュワート
編   集  : メラニー・オリヴァー
衣   装  : パコ・デルガド

日本語吹替え版音楽プロデューサー 蔦谷好位置
 役    名  :  吹き替え
マンゴジェリー  : 宮野真守
バストファージョーンズ  : 秋山竜次
(アスパラ)ガス  : 宝田明
ラム・タム・タガー  : 藤原聡
ボンバルリーナ  : RIRI
グリザベラ  : 高橋あず美
グロールタイガー  : 山路和弘
スキンブルシャンクス  : 大貫勇輔
ジェニエニドッツ  : 浦嶋りんこ
マンカストラップ  : 山崎育三郎
ランペルティーザ  : 沢城みゆき
ミストフェリーズ  : 森崎ウィン
マキャヴィティ  : 山寺宏一
ヴィクトリア  : 葵わかな
オールドデュトロノミー  : 大竹しのぶ




【関連記事】

「キャッツ」映画版と舞台版、その違いを知ればもっと楽しい!
 関西ウォーカー :高橋晴代 - 2020年1月25日 7:00更新
 

「キャッツ」監督、作品批判に
 「想像の壁壊して」 「レミゼ」修正の秘密も初告白

 映画.com - 2020年1月24日 13:00


     ****************

 
...read more
関連記事
テーマ:洋画 - ジャンル:映画