FC2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



ロンドン版「The King and I 王様と私」Live Viewing を見る!
2019年10月16日(水)

 おとといの月曜日(体育の日)中州大洋で映画三連チャン!

 最後に見たのは【王様と私】(原題:The King and I )

The King and I_Poster-01

 当初、上映案内で見ていた時は、ユル・ブリンナーの1956年の映画の
デジタルリマスター版かと思っていましたが、会場に来て初めて
それが、渡辺謙とケリー・オハラによる最新版(ロンドン公演)である
ことが判りました。 なので、鑑賞料金3000円均一(高齢割引など無し)

『Live Viewing』 と言っても本当のライヴではなくて勿論録画版です。

ミュージカル公演としては、確か一路真輝?版を以前見たような気が・・・

The King and I_03

舞台冒頭から少女タプティムが熱唱します。
この役を二十代になったばかり?の平田愛咲さんが演じたことがあります。
2012年の公演なので1991年生まれの平田愛咲さんが21歳?頃

次の大きなステージは、【王様と私】 だということです。
 観劇レビュー&旅行記 - 2011年10月17日(月)


本公演を見ていて、その歳でこの大役を演じたのは凄いことだと判りました!
検索してみて判ったことですが、2000年版にも子役で出演しているようです。

しかし、全体として中々新鮮な印象でした。

国王を補佐する総理大臣役に東洋人をキャスティングしていましたが、
中入りの際に映画案内を見て、それが大沢たかおさんと判明。
日本語英語的な訛りのある英語で活躍していました。

The King and I_02


当時のシャムの王様や大臣が流ちょうな英語を喋れないのは当然で、
流ちょうなネイティブ・イングリッシュだと寧ろおかしい訳で・・・

おそらく、国際派の俳優である大沢たかおさんは、もっと流ちょうな英語を
使いこなせると思いますよ!(笑)

ロンドン版『The King and I 王様と私』公式サイト

さて、最も有名なナンバー【Shall We Dance?】ですが、音は聴いていた
ものの、ウッカリ目を閉じていて、ダンスを見たのは最後のほうだけ (-_-;)

The King and I_01

そこは、YouTube 映像で再確認しましょう!


   渡辺謙さんとケリー・オハラさんによる挨拶入り紹介映像
  

  ロンドン版 Promotion Video


  Movie Walker による作品紹介

渡辺謙とケリー・オハラ主演でトニー賞4部門を受賞した舞台のロンドン公演を映画館で上映。

1860年代初頭のシャム。シャム王の夫人と子どもたちの家庭教師として、息子を連れてバンコクへやって来た英国人女性アンナは、事あるごとに王と衝突するが……。
ケリー・オハラは本作でトニー賞主演女優賞を受賞。共演は本作でトニー賞助演女優賞に輝いたルーシー・アン・マイルズ、「風に立つライオン」の大沢たかお。

****************
作品データ
 製作年 : 2018年
 製作国 : イギリス
 配 給 : 東宝東和
 上映時間 : 172分
****************

【映画のストーリー】 (結末の記載を含むものもあります。)
 1860年代初頭のシャム(現在のタイ王国)。英国人女性アンナ(ケリー・オハラ)は、シャム王の夫人たちと子どもたちの家庭教師として、幼い息子と共にバンコクへやって来る。
 すぐに子どもたちと仲良くなるアンナだったが、専制君主の王(渡辺謙)とは事あるごとに衝突。
 しかし、英国公使の接待にアンナが一役買ったことをきっかけに、王とアンナは心を通わせてゆく……。

【キャスト・スタッフ】
 役  名 : 配  役
王   様 : 渡辺謙
ア ン ナ : ケリー・オハラ
チャン夫人 : ルーシー・アン・マイルズ
クララホム首相 : 大沢たかお

演出 : バートレット・シャー
脚本 : オスカー・ハマースタイン2世
作詞 : オスカー・ハマースタイン2世
作曲 : リチャード・ロジャース




  ニューヨーク公演での渡辺謙さんインタビュー(約15分)
  FCI NY - 2015/06/03


  ロンドン公演リハーサル風景(約25分)
  OfficialLondonTheatre - 2018/06/05
  19分から21分にタプティムが歌う "I have a dream"
  その後 "Shall we Dance?" に続く!
   

 
関連記事
テーマ:ミュージカル - ジャンル:学問・文化・芸術