FC2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



小山実稚恵 ピアノリサイタル Beethoven ピアノソナタ第29番 【ハンマークラヴィーア】
2019年10月9日(水)


この前の日曜日(10月6日)福岡銀行本店地下FFGホールで
小山実稚恵さんのベートーヴェンシリーズ第二弾を
聴きました。

KoyamaMichie_20191006-01.jpg

メインプログラムは、ピアノソナタ 第29番【ハンマー・クラヴィーア】

演奏前に小山実稚恵さんによる解説がありました。
この当時、ピアノメーカーによる開発競争は極めて激しく
日進月歩の発展を続けていたようで、既に名前が売れていた
ベートーヴェンの元には新しいピアノが次々と届けられて
試奏して貰って意見を取り入れて行ったとのこと。

この【ハンマー・クラヴィーア】と云う楽曲名は当に
当時のピアノの呼称です。

そして、この楽曲は、当時のどのピアノでも
1台では演奏不能だったと云う話で、高音部と低音部は
2種類のピアノの性能を使って楽譜が作られたとのこと。

その後、これを1台で演奏できるピアノも開発されました。

小山実稚恵さんの演奏の方は、第1楽章の最初の方で
幾つか ミスタッチがあり、それは別によく有ることなのですが
遂に立て直せないまま終わってしまいました。

第1楽章が終わったところで立て直すための間を取れば
良かったのですが、すぐに第2楽章に進んでしまい、
結局最後まで謂わば悲惨な演奏を聴く羽目に・・・

KoyamaMichie_20191006-02.jpg
  (終演後:公式サイトより)



 
関連記事
テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

台風19号が日本列島全体を覆う過去最大規模で連休を狙って北上中!
2019年10月10日(木)

 超大型の台風19号が週末からの3連休を狙うがごとく北上中!

日本では歴史始まって以来、記録に残る範囲では最大規模とか。


     ****************

地球史上最大級か? 台風19号の勢力に世界が注目 衛星写真に騒然
 スポニチアネックス - 2019年10月10日(木) 16:25配信
 

Tayhoon-19_Sponichi-20191010_01.jpg

 米航空宇宙局(NASA)と海洋大気庁が連携して運用している気象観測衛星「スオミNPP」が日本に接近している台風19号を宇宙からとらえた。渦状の雲の幅は南北で2000キロ以上に及んでおり、米国内では「スーパー・タイフーン」として紹介されている。AP通信によれば、「ハギビス」と呼ばれている19号は大西洋上で発生するハリケーンの規模を示すカテゴリーでは最大級の「5」。米国内の気象専門家からは「存在しない6に相当する」という意見も出始めている。

【写真・別カット】米気象衛星がとらえた台風19号

 ワシントン・ポスト紙によれば、「ハギビス」は前日までの24時間で最大風速を45メートルも増やしており(現在65メートル)、この発達スピードは地球で発生したハリケーン、サイクロン、台風の中で史上最速の部類。あまりに急速に発達したため、最初にあった台風の目の周囲に“2つめの目”ができたことが確認されており、進路になっている日本にとっては脅威をもたらす存在になりそうだ。

【関連記事】
台風19号で気象庁、異例の3日前注意喚起「命を守るため早めの対策、避難を」


最終更新:10/10(木) 21:23
スポニチアネックス



台風19号は12日(土)夜に東海、関東上陸か 三連休は広域災害に警戒 
 ウェザーニュース - 2019年10月10日(木) 16:16配信


気象衛星可視画像(NICT-情報通信研究機構)
Tayhoon-19_WeatherNews-20191010_01.jpg
広範囲で暴風被害に厳重警戒

 大型で猛烈な勢力の台風19号(ハギビス)は10日(木)15時現在、小笠原諸島・父島の南西海上を時速20kmで北に進んでいます。台風の目は依然として明瞭で、巨大な雲の渦の一部が本州の太平洋沿岸に近づいてきました。

▼台風19号 10月10日(木)15時
 存在地域   父島の南西約410km
 大きさ階級  大型
 強さ階級   猛烈な
 移動     北 20 km/h
 中心気圧   915 hPa
 最大風速   55 m/s (中心付近)
 最大瞬間風速 75 m/s


【台風19号は12日(土)夜に東海、関東上陸か 三連休は広域災害に警戒】

 台風は11日(金)朝まで猛烈な勢力を維持し、12日(土)午後に東海沖に達した段階でも中心付近の最大風速は45m/sと非常に強い勢力です。予報円が小さく、12日(土)夜に東海から関東に上陸する可能性が高くなっています。

 台風の暴風域が広いため、12日(土)の午前中から太平洋側の一部が暴風域に入り、接近前から暴風が吹き荒れます。上陸時も非常に強いもしくは強い勢力を維持するため、広い範囲で危険な荒天に見舞われる見込みです。

 広い暴風域を伴ったまま上陸するため、予報円の中心を通った場合は、静岡県や東京都心を含む関東地方の広い範囲で瞬間的に40m/s以上の暴風となり、局地的には先日の台風15号接近時と同等かそれ以上になる60m/s前後の猛烈な暴風が吹くおそれがあります。

 木の枝などの飛来物により窓ガラスが割れたり、建物の一部損壊、大規模な停電などが発生する危険があります。飛ばされやすいものは屋内へしまうことはもちろん、窓ガラスにテープを張るなどの補強、懐中電灯や備蓄バッテリーの準備など、停電への備え・対策もしておいてください。

関東の山沿いは最大500mm超の大雨に

 また、台風の北側には秋雨前線があり、台風から大量の暖かく湿った空気が流れ込む影響で、関東から近畿の太平洋側は台風接近前から雨が強まる見込みです。

 関東平野の広い範囲で200mm以上、特に南東の風が吹き付ける関東西部や紀伊半島の山沿いは総雨量が500mmを超えるような大雨となるおそれがあります。

 雨量に関しては台風15号よりも大幅に増加することが予想されるため、風だけではなく、雨への対策も万全に行ってください。



Tayhoon-19_Tenki-Jp-20191009_01.jpg

Tayhoon-19_WeatherNews-20191012_01.jpg
12日(土)夜の風の予想(上空1500m付近)

 
関連記事
テーマ:台風 - ジャンル:ニュース