FC2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



【東京裁判】デジタルリマスター版を見る! KBCシネマで
2019年8月26日(月)


 昨日の午後3時過ぎからKBCシネマで公開中のドキュメンタリー映画
【東京裁判】デジタルリマスター版 (小林正樹監督)を見て来ました。
午後3時10分に上映開始。1回の休憩を経て終映は8時20分で
休憩を含めて5時間超!

20190825_TokyoSaiban-Top.jpg

ナレーションは若き日の佐藤慶さん、
付随音楽は、あの武満徹さんでした。

ただ古い映像をリマスターしただけではなく、モンタージュ技法や
音声技術の最新技術を使用して見やすくしたそうです。

例えば、映画の初めの方で全文が音声と字幕で紹介される
裕仁天皇による【終戦の詔書】は、映画発表当時は字幕が
付けられなかったそうですが、リマスター版では付いていて
解り易くなっているほか、音声も雑音が処理されて聴きやすく
なっています。

映画の大半は、東京裁判を記録した膨大なアメリカのフィルムから
要所要所を切り取って編集されていますが、その背景が解るように
当時の記録映像が挿入されています。

私は初めて見た気がします。

【関連記事】 (2019年8月31日追記)

「東京裁判」の同日同刻 塩田 芳久
 西日本新聞【社説】- 2019年8月31日(土)
 https://www.nishinippon.co.jp/item/n/539436/


以下は、KBCシネマのスタッフが作ったディスプレイから。

ディスプレイの全体
20190825_TokyoSaiban-02.jpg

新聞記事から
20190825_TokyoSaiban-10.jpg

デジタル・リマスターを監修した小笠原清さんのインタビュー新聞記事
20190825_TokyoSaiban-03.jpg

映画誌から
20190825_TokyoSaiban-05.jpg

映画誌から
20190825_TokyoSaiban-06.jpg

映画誌から
20190825_TokyoSaiban-07.jpg

東京裁判でA級(平和の罪)戦犯被告と判決のリスト
20190825_TokyoSaiban-08.jpg

新聞記事から切り貼り
20190825_TokyoSaiban-09.jpg


     ***************

  映画.com による作品紹介

「人間の條件」「切腹」の名匠・小林正樹監督が、戦後日本の進路を決定づけたともいえる極東軍事裁判・通称「東京裁判」の記録を、膨大な映像群からまとめあげた4時間37分におよぶ歴史的ドキュメンタリー。
 第2次世界大戦後の昭和23年、東京・市ヶ谷にある旧陸軍省参謀本部で「極東国際軍事裁判」、俗にいう「東京裁判」が開廷。
 その模様は、アメリカ国防総省(ペンタゴン)による第2次世界大戦の記録として撮影され、密かに保管されていた。
 50万フィートにも及んだ記録フィルムは25年後に解禁され、その中には、法廷の様子のみならず、ヨーロッパ戦線や日中戦争、太平洋戦争などの記録も収められていた。
 それらの膨大なフィルムを中心に、戦前のニュース映画や諸外国のフィルムも交え、小林監督のもと5年の歳月をかけて編集、製作。
 戦後世界の原点をひも解いていく。1983年製作・公開。2019年には、監督補佐・脚本の小笠原清らの監修のもとで修復された4Kデジタルリマスター版が公開される。

*******************
作品データ
 英文題 : 極東国際軍事法廷
International Military Tributal for the Far East
 製作年 : 1983年
 製作国 : 日本
 配 給 : 太秦
 上映時間 : 277分
 デジタル・リマスター : 2019年
*******************

【スタッフ】

監督 : 小林正樹
プロデューサー : 荒木正也 、 安武龍
原案 : 稲垣俊
脚本 : 小林正樹 、 小笠原清
資料撮影 : 奥村祐治
音楽 : 武満徹
総プロデューサー : 須藤博
編集 : 浦岡敬一
録音 : 西崎英雄
音響効果 : 本間明
ナレーター : 佐藤慶
スーパーインポーズ : 山崎剛太郎
助監督 : 戸井田克彦
監督補佐 : 小笠原清
資料監修 : 細谷千博 、 安藤仁介

【映画のストーリー】(Movie Walker より引用)
【東京裁判】
 Movie Walker 17140  

 昭和23年1月22日。ポツダム宣言にもとづいて、連合軍最高司令官マッカーサー元帥が、極東国際軍事裁判所条例を発布し、戦争そのものに責任のある主要戦犯を審理することにした。
 満州事変から中国事変、太平洋戦争におよぶ17年8ヵ月間、日本を支配した指導者百名以上の戦犯容疑者の中から、28名が被告に指定され、法廷は市ヶ谷の旧陸軍省参謀本部、現在の自衛隊市ヶ谷駐屯地に用意された。裁判官及び検事は、降伏文書に署名した9ヵ国と、インド、フィリピンの計11ヵ国代表で構成され、裁判長にはオーストラリア連邦代表、ウイリアム・F・ウェッブ卿が、主席検察官にはアメリカ合衆国代表、ジョセフ・B・キーナン氏が選ばれた。
 一方弁護団は28人に対する主任弁護人が全部そろわず、キーナン検事団とはあまりにも格差がありすぎた。

 5月3日。開廷した裁判所では、まず起訴状の朗読が行われ、第一類・平和に対する罪、第二類・殺人、第三類・通例の戦争犯罪および人道に対する罪--に大別され、五十五項目におよぶ罪状が挙げられた。

 この裁判の一つの特徴は、戦争の計画や開始そのものの責任を問う「平和に対する罪」を設定したことである。

 弁護側は、戦争は国家の行為であり、個人責任は問えないと異議の申し立てを行ったが、個人を罰しなければ国際犯罪が実効的に阻止できないとの理由で、裁判所はこれを却下した。
 こうして23年4月16日まで、実に416回の公判が行われ、11月12日、判決がいいわたされるまで、2年6ヵ月の歳月と27億の巨費が費やされたのである。
 28名の被告のうち、大川周明は発狂入院して免訴となり、元外相松岡洋右と、元帥海軍大将永野修身は公判中死亡した。
 残る25名のうち、土肥原賢二大将、坂垣征四郎大将、木村兵太郎大将、松井石根大将、東条英樹大将、武藤章中将、広田弘毅元首相の7人が絞首刑を宣告され、他の被告は終身刑または有期刑であった。

 判決については、インド、オーストラリア、フランス、オランダ、フィリピンの5判事が少数意見を提出して、異議を記録にとどめた。なかでもインドの判事パルは、裁判の違法性と非合理性を指摘して全員無罪を主張した。

 処刑は昭和23年12月23日未明、巣鴨拘置所で実施された。終身刑および有期刑を宣告された被告のうち、梅津美治郎陸軍大将、小磯国昭陸軍大将、白鳥敏夫元駐伊大使、東郷茂徳元外相4人は、服役中病死し、残りの被告は、講和条約調印後に仮釈放された。

 そして、昭和23年4月7日、東京裁判に参加した11ヵ国政府は戦犯者の刑の免除を発表し、東京裁判は名実ともに解消された。









...read more
関連記事
テーマ:ドキュメンタリー映画 - ジャンル:映画

映画【命みじかし 恋せよ乙女】をKBCシネマで見る!
2019年8月26日(月)

樹木希林さんの精魂を込めた遺作、ドイツ映画
【命みじかし 恋せよ乙女】 を昨日KBCシネマで見ました。

20190831192023a5f.jpg

樹木希林さん本人もかねてから死を意識されていたように
出番がそれ程多く無い演技もまさに全身全霊を掛けた感じでした。

ストーリーは、ファンタジーでもなく、恋愛ものとも言えず、怪奇映画でも無く
何か異様な雰囲気の漂うものでした。

終盤に なって来ると結末を予測できる感じになって来ましたが
ネタバレになりますので書きません。


【命みじかし 恋せよ乙女】 公式サイト

Movie Walker による作品紹介

樹木希林の遺作となったドイツ発のヒューマンドラマ。人生を見失った男が、日本人女性との出会いを機に、再び人生を取り戻していく姿を描く。主人公に影響を与える日本人女性ユウを舞踏家の入月絢が、樹木はその祖母を演じる。監督は『フクシマ・モナムール』など日本を舞台にした作品を数多く手がけるドーリス・デリエ。

・・・・・
作品データ
原題 :KIRSCHBLÜTEN & DÄMONEN
製作年 :2019年
製作国 :ドイツ
配給 :ギャガ
上映時間 :117分
・・・・・

【映画のストーリー】 結末の記載を含むものもあります。
両親を亡くして、酒に溺れ、仕事も家族も失ったカール。そんな彼の元へ突然、ユウと名乗る日本人女性が訪ねて来る。風変わりな彼女と過ごすうちに人生を見つめ直し始めるが、ユウはある日突然、姿を消してしまう。彼女を捜しにミュンヘンから、日本へとやってきたカールは、茅ケ崎に住むユウの祖母から驚くべき真実を知る。

【キャスト・スタッフ】
役名:配役
カール :ゴロ・オイラー
ユウ :入月絢
トゥルディ :ハンネローレ・エルスナー
ユウの祖母 :樹木希林


監督 :ドーリス・デリエ
製作 :アニータ・シュナイダー 、 ヴィオラ・イェーガー
製作総指揮 :ルート・シュタットラー
脚本 :ドーリス・デリエ
撮影 :ハンノ・レンツ
音楽 :カーステン・フンダル
美術 :デボラ・ライシュマン 、 トニー・クロスビー
編集 :フランク・ミュラー
音響 :ライナー・プラープスト
字幕翻訳 :吉川美奈子
衣装 :トニー・クロスビー 、 ナターシャ・クルツィウス=ノス





関連記事
テーマ:ヨーロッパ映画 - ジャンル:映画