FC2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



中州大洋 午前10時の映画祭で【風と共に去りぬ】を見る! 映像はキレイ!
2019年6月12日(水)

 先日の日曜日、今シーズンが最後になると云う午前10時の映画祭の
 最初の上映演目である【風と共に去りぬ】を中州大洋で見ました!

Gone with the Wind_Poster
     (1952年当時のポスターのようです。)

 ヴィヴィアン・リー扮するヒロインのスカーレット・オハラは、現代の目で見ても
他人を踏み台にしてのし上がってゆく高慢な女ですが、南北戦争の頃で言えば
相当『飛んでる』女性と受け取られたことでしょう!

 それが、多くの女性の支持を得て原作も映画もミュージカルも有名に!

 NHK-ETVの100分de名著でも、2019年1月に取り上げたばかり。

   100min_RyuMasaki_03_1.jpg

 この番組では、スカーレット・オハラを語り手として演じるナビゲーターに
宝塚歌劇で、この役を演じたことのある 龍真咲さんが配役されていました。



 さて、映画の方ですが、全体で4時間にも及ぶ大作でした。
 その上、全編通して見たのは初めてのようでした (-_-;)

 タラの大地の土を掴み上げて決意するシーンは前半の最後。

 後半は、やり手実業家として伸し上がってゆく過程が描かれていました。

 古い映画のリバイバル・デジタルリマスター上映なのですが観客は多く、
ほぼ7割の入りでした。 多くはリアルタイムで映画を見たような年配の方々
ですが、中には若いカップルも来場していました。


  映画.comによる作品紹介

【解説】
「白昼の決闘」「ジェニーの肖像」などの製作者デイヴィッド・O・セルズニックが1939年に完成した長編テクニカラー作品(上映時間228分)で、ベストセラーになったマーガレット・ミッチェル原作小説の映画化。監督は「ジャンヌ・ダーク」のヴィクター・フレミング、脚本はシドニー・ハワードの担当。撮影は「テレヴィジョンの王様」のアーネスト・ホーラーで、レイ・レナハン(「白銀の嶺」)とウィルフリッド・M・クライン(「二人でお茶を」)が色彩撮影に協力している。作曲はマックス・スタイナー、美術監督はリール・ホイラーが当たっている。主演は「欲望という名の電車」のヴィヴィアン・リーと「栄光の星の下に」のクラーク・ゲイブルで、「女相続人」のオリヴィア・デ・ハヴィランド、レスリー・ハワード、イヴリン・キース(「千一夜物語」)、トーマス・ミッチェル(「夢見る少女」)、バーバラ・オニール(「扉の蔭の秘密」)、アン・ルザーフォード(「虹を掴む男」)、ジョージ・リーヴス、フレッド・クラインらが助演する。なおこの作品は1939年度アカデミー作品賞をはじめ監督、主演女優、助演女優、脚色、色彩撮影、美術監督、編集、サルバーグ記念、特別と10の賞を獲得した。
****************
作品データ
 原 題 : Gone With the Wind
 製作年 : 1939年
 製作国 : アメリカ
 配 給 : MGM日本支社
****************

【キャスト】
Scarlett ヴィヴィアン・リー
Rhett_Butler クラーク・ゲーブル
Melanie_Hamilton オリヴィア・デ・ハヴィランド
Ashley_Wilkes レスリー・ハワード
Suellen イヴリン・キース
Gerald_O'Hara トーマス・ミッチェル
Ellen バーバラ・オニール
Carreen アン・ルザーフォード
Brent_Tarleton ジョージ・リーヴス
Stuart_Tarleton フレッド・クライン
Mammy ハティー・マクダニエル
Pork オスカー・ポルク
Prissy Butterfly McQueen
Jonas_Wilkerson ヴィクター・ジョリー
Big_Sam エヴェレット・ブラウン
John_Wilkes ハワード・ヒックマン
India Alicia Rhett
Charles Rand Brooks
Frank キャロル・ナイ
Aunt_Pittypat ローラ・ホープ・クルーズ
Uncle_Peter エディ・ロチェスター・アンダーソン
Dr._Meade ハリー・ダヴェンポート
Mrs._Meade レオナ・ロバーツ
Mrs._Merriwether ジェーン・ダーウェル
Belle_Watling オナ・マンスン

【スタッフ】
監督 ヴィクター・フレミング
製作 デイヴィッド・O・セルズニック
原作 マーガレット・ミッチェル
脚色 シドニー・ハワード
撮影 アーネスト・ホーラー
特殊効果 Jack Cosgrove
衣装デザイン ウォルター・プランケット
音楽 マックス・スタイナー
美術 ウィリアム・キャメロン・メンジース 、 ライル・ウィーラー






 
...read more
関連記事
テーマ:アメリカ映画 - ジャンル:映画