FC2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



KBCシネマで【ヒトラーVSピカソ】を見る!
2019年5月2日(木)文字色

今日午後からKBCシネマで
【ヒトラーVS.ピカソ】 奪われた名画のゆくえ
(原題:Hitler contro Picasso e gli altri)を見ました。


20190502203425bb2.jpg

イタリア・フランス・ドイツの映画社が協力して制作されたようです。

やはり日本人は『ヒトラー映画』が好きなようで
KBCシネマの席が半分埋まるほど結構な入りでした。

私は、映画のタイトルからヒトラーをコケにしたコメディ映画と思っていましたが、
ナチスによって略奪された絵画や美術品の行方を追うドキュメンタリーであり、
今は数少なくなった当時を知る人々へのインタビューを中心として、
ナチス特にヒトラーとゲーリングが、どのように芸術品を略奪していったかを描き、
徹底した地道な調査で、隠匿場所を突き止め捜索する様子(おそらく実写)
などをアーカイブス映像や画像で再構成して行きます。

映画は1時間半ほどですが、制作には膨大な時間と費用が掛かっているものと
思われます。



映画【ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』公式サイトへのリンク

‪4/19公開 『ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』予告編
https://youtu.be/OMQ68iGkjXI

@YouTubeより‬



映画.com での作品紹介

【ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ】

ナチスドイツにより奪われた美術品と、それに関わる人々の運命を描いたドキュメンタリー。1933年から45年にかけて、ナチスがヨーロッパ各地で略奪した美術品の総数は約60万点にものぼり、戦後70年以上が過ぎた現在でも10万点が行方不明と言われている。権力は芸術をも支配できると盲信するナチスによる美術史上最悪の略奪と、今なお続く奪還をめぐる戦いを、歴史家や美術研究家、関係者らの証言をもとに描き、ヒトラーの思想の背景と略奪品がたどった闇の美術史を浮かび上がらせていく。「グレート・ビューティー 追憶のローマ」などで知られるイタリアの名優トニ・セルビッロが案内人を務める。ベストセラー「怖い絵」シリーズの著者・中野京子が日本語字幕監修を担当。

***************************
【作品データ】
 原 題 : Hitler contro Picasso e gli altri
 製作年 : 2018年
 製作国 : イタリア・フランス・ドイツ合作
 配 給 : クロックワークス、アルバトロス・フィルム
 上映時間 : 97分
 映倫区分 : G
***************************


【スタッフ】
ナビゲーター : トニ・セルビッロ
監督 : クラウディオ・ポリ
製作総指揮 : ベロニカ・ボッタネッリ
原案 : ディディ・ニョッキ
脚本 : サビーナ・フェデーリ,アリアンナ・マレリ
撮影 : マテウス・シュトレツキ
編集 : クラウディオ・ポリ
音楽 : レモ・アンツォビーノ
字幕監修 : 中野京子



Movie Walker Plus での作品紹介

【映画のストーリー】 (結末の記載を含むものもあります。)
ナチス・ドイツはピカソやゴッホ、ゴーギャン、シャガール、クレーらの名作を退廃芸術と貶める一方、アーリア人による写実的で古典主義的な作品を擁護。そして、青年時代に画家志望だったヒトラーは故郷に近いリンツに総統美術館を建設しようとし、ユダヤ人富裕層やユダヤ人美術収集家、ルーブル美術館から問答無用で憧れの名品や価値ある退廃美術の略奪を繰り返した。1933~45年にナチス・ドイツがヨーロッパ各地で略奪した芸術品は約60万点におよび、戦後70年以上経った今でも10万点が行方不明と言われる。本作では、歴史家や美術研究家、略奪された美術品の相続人や奪還運動に携わる関係者の証言をもとに、ヒトラーの思想の背景と略奪された美術品が辿った闇の美術史に迫る。



**********************

下の画像は、KBCシネマ作成のディスプレイより。

KBC-Cinema_20190502_HitlerPicasso-01.jpg

KBC-Cinema_20190502_HitlerPicasso-02.jpg

KBC-Cinema_20190502_HitlerPicasso-03.jpg

KBC-Cinema_20190502_HitlerPicasso-04.jpg




...read more
関連記事
テーマ:ドキュメンタリー映画 - ジャンル:映画