FC2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



『風葬』と家族の絆がテーマの映画 【洗骨】 を見ました!
2019年2月11日(月・祝)

沖縄の離島で行われている『風葬』および『洗骨』の儀式と
そのために遠くから帰京してきた家族の生き様を描く
映画【洗骨】 を2月10日に見ました!

SenkotuMovie_Poster.jpg


 その島では、今も『風葬』が行われているのですが、古くからの
風葬のように山中に放置して鳥や獣や虫に処理させるものではなく
木製の「棺」(ひつぎ)に屈葬で収容して、集落の片隅に設けられた
『あの世』と称する墓地の石垣の中に4年間収納して、風化させ
4年目に取り出して骨を親族が寄り合って洗うと云う儀式です。

 4年目に取り出す儀式の映像では(美術さんが苦心して作った)
リアルな風化した遺体が入っており、頭がい骨には髪の毛も
うっすら残っていると云う状態。

 それを一つひとつ取り出して親族全員で『洗骨』する様子が
結構長く捉えられていました!

 命が繋がって行くと云うメッセージが最終盤に現れるストーリー
となっていました!

 トリアス久山ユナイテッドシネマで、観客は十数人でした!


  映画【洗骨】公式サイト

  Movie Walker による作品紹介 【洗骨】

 照屋年之(ガレッジセール・ゴリ)が自らの短編「born、bone、墓音。」を原案に監督・脚本を手掛けた長編映画。
 風葬された死者の骨を洗う風習“洗骨”が残る沖縄諸島・粟国島を舞台に、バラバラだった家族が絆を取り戻す姿や祖先とのつながりを描く。
 出演は、「散り椿」の奥田瑛二、「ママレード・ボーイ」の筒井道隆、「光」の水崎綾女。
2018年JAPAN CUTS観客賞受賞。
2019年1月18日より沖縄先行公開。

【作品データ】
製作年 : 2018年
製作国 : 日本
配 給 : ファントム・フィルム
上映時間 : 111分

【映画のストーリー】 結末の記載を含むものもあります。
 今はほとんど見なくなったが、沖縄諸島の西に位置する粟国島などには洗骨という風習が残っているとされる。
 死者は粟国島の西側に位置する“あの世”に風葬され、肉がなくなり、骨だけになったころに、縁深き者たちの手により骨をきれいに洗ってもらうことで、晴れて“この世”と別れを告げる。
 沖縄の離島、粟国島・粟国村の新城家では、長男の剛(筒井道隆)が母・恵美子(筒井真理子)の“洗骨”のために、4 年ぶりに故郷に戻ってくる。
 実家は剛の父・信綱(奥田瑛二)がひとりで住んでおり、生活は荒れていた。やめたはずの酒も、恵美子の死をきっかけに隠れて飲んでいた。
 そこへ、名古屋で美容師をしている長女・優子(水崎綾女)も帰って来るが、その様子に家族一同驚きを隠せない。
 “洗骨”の儀式までのあと数日で、彼らは家族の絆を取り戻せるだろうか……。

【キャスト・スタッフ】
 役  名 : 配  役
新城信綱  : 奥田瑛二
新城剛  : 筒井道隆
新城優子  : 水崎綾女
高安信子  : 大島蓉子
高安豊  : 坂本あきら
神山亮司  : 鈴木Q太郎
新城恵美子  : 筒井真理子
高安悟  : 山城智二
高安マキ  : 前原エリ
宮城先生  : 普久原明
比嘉永昌  : 城間祐司
仲宗根初江 : 福田加奈子

監  督  : ゴリ
脚  本  : ゴリ
撮  影  : 今井孝博
音  楽  : 佐原一哉


関連記事
テーマ:日本映画 - ジャンル:映画