FC2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



劇団四季の創設者で元代表の浅利慶太さん御逝去
2018年7月18日((水)

私は、今日の夜、午後7時のNHKニュースで知った訳ですが、
数日前の7月13日に御病気で亡くなられたとのことでした。

NHKーニュースによると悪性リンパ腫で、享年85歳だったとのこと。


浅利慶太さん死去 劇団四季創設
NHKーニュース ー 2018年7月18日 18時29分
‪https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180718/k10011538111000.html‬

劇団四季を創設し、「キャッツ」や「ライオンキング」など海外ミュージカルのロングラン公演を日本に定着させた、演出家の浅利慶太さんが今月13日、悪性リンパ腫のため東京都内の病院で亡くなりました。85歳でした。
浅利さんは東京の出身で、慶応大学在学中の昭和28年、俳優の故・日下武史さんらと劇団四季を創設し、数々の舞台を演出しました。

「キャッツ」や「ライオンキング」など海外のミュージカル作品の日本語版を次々と制作し、俳優を1つの役に固定させず、いろいろな役を演じさせる配役システムによって、ロングラン公演を成功させました。

また、はっきりと聞き取れるせりふを話すための発声法など、俳優の育成でも独自の方法を編み出し、劇団四季を全国に専用劇場を持つ日本最大規模の劇団に成長させました。

「ジーザス・クライスト=スーパースター」の演出で、昭和51年度の芸術選奨文部大臣賞を受賞し、平成5年にはミュージカルの文化を日本に定着させたとして菊池寛賞に選ばれています。

アジア各国との交流に力を入れ、中国や韓国の俳優を積極的に受け入れてきたほか、平成18年には「ライオンキング」のソウルでの公演を実現させました。

また、平成10年に開催された長野オリンピックの開会式と閉会式をプロデュースするなど、幅広い分野で活躍してきました。

平成26年には劇団の代表職を退きましたが、その後も舞台の演出を続けてきました。

劇団四季によりますと、浅利さんは去年9月から体調を崩して入退院を繰り返し、今月13日、悪性リンパ腫のため東京都内の病院で亡くなりました。

後日、お別れの会を開く予定だということです。


「常に精神的支柱」 劇団四季社長

浅利慶太さんが亡くなったことに受けて、劇団四季の吉田智誉樹社長は「いまは、大きな悲しみと喪失感で、言葉もありません。演劇界に真の意味でのプロフェッショナリズムを確立し、数多くの俳優、スタッフを発掘、育成した成果は、日本の劇場文化を大きく発展させました。現在の日本演劇界の隆盛は、浅利先生のお仕事なくしてはありえなかった。劇団四季のメンバー全員にとっても、常に精神的支柱であり続けました。心から感謝と哀悼の意を表したいと思います」とコメントしています。


吉井澄雄さん「ぼう然とするのみ」

劇団四季は「演劇界に革命を起こす」という志のもと、フランス革命の日に合わせて昭和28年の7月14日に創設され、浅利さんが亡くなったのは、7月13日と65周年となる節目の日の前日のことでした。

このことについて、劇団創立メンバーのひとり、吉井澄雄さんは「浅利慶太は劇団四季創立65周年の前日に彼岸へ旅立った。65年を超える無二の盟友を失いぼう然とするのみである。彼が私に「演劇の扉」を開いてくれなかったらきょうの私は存在しない。心からの感謝と共に冥福を祈る」とコメントしています。

(以下略)



【関連記事】

劇団四季元代表の浅利慶太死去 キャッツなど演出
日刊スポーツ [2018年7月18日16時49分]
https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201807180000526.html


市村正親「偉大な演技のお父さん」浅利慶太さん悼む
日刊スポーツ [2018年7月18日21時57分]
https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201807180000898.html


鹿賀丈史涙、芸名は浅利氏から「非常に魅力的な方」
日刊スポーツ [2018年7月18日21時34分]
https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201807180000857.html




...read more
関連記事
テーマ:ミュージカル - ジャンル:学問・文化・芸術