観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



劇団四季『恋におちたシェイクスピア』が朝のNHKニュースで紹介!
2018年7月3日(火)

 先月(6月22日・金)に初日を迎えた劇団四季の演劇
  『恋におちたシェイクスピア』 
 昨日(7/2)の朝のNHKニュースで紹介!
 異例に長く、10分間ほど放映されていたように思えました。

劇団創設者で演出家の浅利慶太氏が引退されたこともあり、
今回の演出家は外部から招き、青木豪さんが担当。

テレビニュースでは、浅利慶太さんと青木豪さんが別画面で登場し
演出意図などを語っていました。

SikiNews_20180612_Sahkespea001.jpg
    画像は【劇団四季】WEBニュースより (左が青木豪さん)

『恋におちたシェイクスピア 東京』 公式サイト
https://www.shiki.jp/applause/shakespeare/


 劇団四季がミュージカルではない演劇(ストレートプレイ)を新作するのは
『鹿鳴館』以来、12年ぶりのことらしい。

SikiNews_20180621_Shakespea-002.jpg


 東京浜松町の自由劇場で8月26日まで上演予定。 
 その後、全国で巡演するとのこと。

京都劇場:2018年9月7日から開演 9月30日まで
自由劇場:2018年10月12日から再演 11月25日まで
福岡・キャナルシティ劇場:2018年12月公演予定


SikiNews_20180622_Shakespea-003.jpg

恋とロマンあふれる物語――新作ストレートプレイ
『恋におちたシェイクスピア』、東京・自由劇場で開幕!

 劇団四季 WEBニュース - 2018年6月22日
 

梅雨の晴れ間となった6月22日(金)、新作ストレートプレイ『恋におちたシェイクスピア』が東京・自由劇場で開幕しました。

『ロミオとジュリエット』誕生のうらに、もしもこんなドラマがあったなら――。
『恋におちたシェイクスピア』は、言わずと知れた名作が書き上げられるまでの、若き劇作家ウィリアム・シェイクスピア(以下、ウィル)の恋を描いた台詞劇。
ウィルと美しき資産家の娘ヴァイオラの恋模様を、ロミオとジュリエットが愛の言葉を交わす"バルコニー"のシーンや恋の結末などの名場面と重ねて描きます。

2006年初演の『鹿鳴館』以来、12年ぶりの新作ストレートプレイ幕開けとなった初日公演。自由劇場のロビーには笑顔があふれ、客席も、公演プログラムを読み込んだり、舞台セットに期待の眼差しを向けたりしながら開演を心待ちにするお客様の熱気で満ちます。そして、いよいよ幕明け――。

スランプに陥っていたものの、芝居を愛するヴァイオラとの出会いによって、息を吹き返したかのように言葉があふれ出していくウィル。彼女へ送る言葉や想いが『ロミオとジュリエット』へと紡がれていく様や、語られる台詞の美しさに、客席は惹き込まれ、個性豊かな登場人物らが繰り広げるコミカルなやりとりには笑い声がこぼれます。 
演劇とは、いかにおもしろく素晴らしいものなのか――その想いがあふれるエンディングのあとに迎えたカーテンコールでは、お客様から共感に似た温かい拍手が送られました。

芝居への愛と、ロマンあふれる人間ドラマ『恋におちたシェイクスピア』。フィクションでありながらも、史実を織り交ぜながら描かれる巧妙なストーリーは、物語に真実味と新鮮な息吹を与え、大きな感動をもたらします。
この夏、劇団四季が贈る新作劇をぜひご覧ください!


『恋におちたシェイクスピア 東京』 (自由劇場)
  今週(2018年7月第1週) の予定キャスト

ウィリアム・シェイクスピア(ウィル)  : 上川一哉
ヴァイオラ・ド・レセップス  : 山本紗衣
クリストファー・マーロウ(キット)  : 田邊真也
バーベッジ  : 阿久津陽一郎
ウェセックス  : 飯村和也
ヘンズロウ  : 神保幸由
フェニマン  : 志村 要
エリザベス女王  : 中野今日子
ティルニー  : 味方隆司
乳母  : 増山美保
ネッド・アレン  : 神永東吾
ウェブスター  : 平田了祐

【男性アンサンブル】
川口雄二,荒井 孝,鈴木 周,菱山亮祐
小林清孝,小松貴行,佐藤幸治,南 圭一朗

【女性アンサンブル】
磯貝レイナ,原口明子




関連記事
テーマ:演劇・劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術