観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



日刊スポーツ記事から【篠田麻里子1年かけたタブー破り】
2018年5月15日(火)

 きょうは、特に話題が無いので、きのうの日刊スポーツから。

日刊スポーツのAKB総選挙関連記事
<ザ・真相~AKB選抜総選挙~連載(4)>




<ザ・真相~AKB選抜総選挙~連載(4)>
 篠田麻里子1年かけたタブー破り、初の卒業発表

 日刊スポーツ - 2018年5月14日11時8分
 

 特別連載「ザ・真相-AKB48選抜総選挙」の第4回は、13年の第5回総選挙の篠田麻里子の電撃的な卒業発表についてです。史上初めて総選挙で卒業が発表された事件は、篠田が1年かけて計画していたサプライズでした。

   ◇   ◇   ◇   

 「私、篠田麻里子はAKB48を卒業します」。今や総選挙スピーチで人気メンバーが卒業を表明するのは普通の光景だが、5年前では全く想像もできない出来事だった。当時はすでに最年長の27歳で、予想できたタイミングだったにもかかわらず、篠田の発表の衝撃度は最大級だった。

 そもそもファンは「次のシングル曲を歌ってほしい。今後ももっと活躍してほしい」と願って投票する。そんな祝福の舞台でアイドル業の店じまいの告白をするのは、タブーなはずだった。この禁じ手を実現させたのは、ほかでもない篠田の力。1年をかけた綿密な計画で、その決意に説得力を持たせたからだった。

 1年前の第4回総選挙。篠田は、これまた過去に例を見ない挑発的なスピーチで驚かせていた。「後輩に席を譲るという方もいるかもしれません。ですが、私は席を譲らないと上に上がれないメンバーはAKB48では勝てないと思います。つぶすつもりで来てください!! 私はいつでも待っています」。初めて全国放送で生中継された総選挙で、プロレスラーのマイクアピールのようなケンカをふっかけて「アイドル=かわいい、ぶりっこ」という既成概念を吹き飛ばした。AKB48の奥の深さを、世間に証明した瞬間だった。

 実は、このスピーチは、額面通りの後輩への叱咤(しった)激励でありながら、同時に自らの卒業への伏線だった。卒業から数年後に篠田は「13年の総選挙で卒業発表するのは、1年前から決めていました。そこに結末を持っていくために、それまでにAKBに何かを残すために、あのスピーチをしました」。

 今やアイドルがモデルを兼ねるのは当たり前になったが、その先駆者でもあった篠田の、見事なまでのセルフプロデュース力が、総選挙をより劇場型に進化させる一翼を担った。エポックメーキングの1つだった。【瀬津真也】



ShinoMari_201206_NikkanSports.jpg




関連記事
テーマ:AKB48 - ジャンル:アイドル・芸能