観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



秀逸【平和に生きる権利を求めて】NHK- ETV(2018年4月28日)
2018年5月12日(土)

5月の連休前の4月28日に録画しておいたNHK-ETVの番組
【平和に生きる権利を求めて~恵庭・長沼事件と憲法~】を
もう一度(聞き流しではなく)気をいれて(笑)見ました!

5月3日放送の【憲法と日本人】
http://www.nhk.or.jp/docudocu/program/46/2586046/index.html
と双璧をなす秀逸な取り組みだったと思います!

【平和に生きる権利を求めて~恵庭・長沼事件と憲法~】
NHKドキュメンタリー 2018年4月28日 23時00分(75分)
http://www4.nhk.or.jp/etv21c/x/2018-04-28/31/920/2259619/




この中では、内藤功弁護士が何度も登場しました!



(恵庭事件で弁護団の要請により録音が許された。テープレコーダーイメージ)

当時、珍しく録音を認められた音声テープ(音質は極めて良い)
による音声での記録だけではなく

八十代になる現在のインタビューでも出演されていました。
まだまだ、お元気なようでした。




恵庭事件は、大砲実写も含む基地による演習爆音が戦争前から付近で
酪農を営んでいた人々に多大な被害を与えていることが問われたもの。

牛の乳量が減り、牛の死産や流産も多発していると言う深刻な被害。
この状況の改善を求めて自衛隊に度々申し入れをしたが放置したまま。

痺れを切らした酪農家が正当防衛として通信線の一部を切断したことが
自衛隊法違反に問われた。



検察側が器物損壊ではなく自衛隊法違反を罪状にしてきたことから
弁護団は、自衛隊法そのものが憲法違反であると言う論点を押し出した。



当時は法曹界の8割以上が自衛隊は憲法違反であるとの見解であった。

被告となっていた酪農家は無罪となったが、
札幌地裁は憲法判断を回避した。

その2年後同じく北海道の長沼事件の裁判闘争の渦中に
『三矢作戦研究』と云う有事の際の作戦が秘密裏に行われている
ことが暴露され、国会でも問題になった。

(今も『三本の矢』を強調している総理が居ますが・・・)



内藤弁護士が、長沼事件も担当していたが、三矢作戦研究でも
質疑を行なった。



当時の論点を振り返る内藤弁護士。



長沼裁判を支援していた深瀬忠一教授は【平和的生存権】を強く押し出した。



内藤弁護士が、源田実証人に
「万が一ソ連が攻撃してくるとすれば何処が攻撃目標になるだろうか」
と問うと



太平洋戦争開戦の火蓋を切った『真珠湾攻撃』の指揮官であった源田実氏は
「航空基地、ミサイル基地、レーダーサイトを目標にするだろう」と証言。



裁判長は原告の訴えを棄却し、国側に勝利判決を下した一方で、
『平和的生存権』に触れ自衛隊は違憲であるとの画期的な判決を行なった。

国側は勝訴なので控訴できず、此処に「自衛隊は憲法違反である」との
判例が確定した。



判決の中では『平和的生存権』が明確に謳われた。




番組終盤では、恵庭・長沼事件から約半世紀を隔てて裁判が
行われている【イラク派兵違憲訴訟】や【沖縄・普天間訴訟】も
取り上げられていました。

番組の終わりは、普天間基地前で憲法前文を読み上げる姿と音声で
締めくくられました。

NHKスタッフの意気を感じました!


インタビューに応じた多くのの証言者も八十代以上の方々が多く
当に今が番組制作の最後の機会だったかも知れません。

番組のテーマは、憲法前文に書かれている「平和的生存権」と
憲法第9条でした!

・・・・・・・・・

NHK 番組公式サイト
【平和に生きる権利を求めて~恵庭・長沼事件と憲法~】 より
http://www4.nhk.or.jp/etv21c/x/2018-04-28/31/920/2259619/

自衛隊の合憲・違憲が争われた恵庭事件。裁判の録音がテレビで初めて公開された。裁判で提起された平和的生存権が、その後長沼ナイキ基地訴訟でどう問われてきたのか迫る。

自衛隊をめぐり注目された裁判の録音が公開された。北海道の恵庭事件。演習の騒音に抗議し自衛隊の通信線を切断した酪農家が起訴された。自衛隊が合憲か違憲か争われたが札幌地裁は憲法判断をせず無罪判決を下した。ここで提起された平和的生存権は長沼ナイキ基地訴訟の地裁判決で示され、その後イラク派遣差し止め訴訟の名古屋高裁判決で確定した。今沖縄の基地問題でよりどころとなる平和的生存権をめぐるスクープ・ドキュメント


関連記事
テーマ:NHK - ジャンル:テレビ・ラジオ