観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



NHK【憲法と日本人 ~1949-64 知られざる攻防~ ‬】つづき
2018年5月5日(土)

【憲法と日本人~1949-64 知られざる攻防~】
 NHK・総合テレビ - 2018年5月3日 (木) 午後8時放送

 2018年5月10日 (木) 午前1時00分(5月9日 水 25:00 )再放送


この番組は吉田茂内閣の時に米国で交渉した
『池田・ロバートソン会談』の様子をリアルタイムで
英文で速記した宮澤喜一氏(後に首相)の記録を中心に置いて、
憲法改正の要求がアメリカ側から行われたことを取材も交えて
明らかにした優れた取り組みでした。

アメリカは日本の軍需産業に働きかけ、陸軍を30万人体制にするよう
財界から政府に要望させたことも明らかにされています。

心あるNHKスタッフも頑張っています!
番組を 見た方々はエールを送りましょう!
再放送が5月9日の25時から予定されています。

     *************

【憲法と日本人~1949-64 知られざる攻防~】
 NHK・総合テレビ - 2018年5月3日 (木) 午後8時放送

憲法施行から71年。“現在”と同じように憲法改正をめぐる国民的議論が交わされた時代が、これまでに“1度”だけあった。GHQが憲法制定についての公式報告書を刊行した1949年から、政府の「憲法調査会」が憲法改正を棚上げする報告書を提出した1964年までの15年間である。

今回、NHKはこの間に交わされた憲法論議に関する様々な一次資料を大量に発掘した。そこから見えてきたものは何か――。

発掘した様々な一次資料や当事者たちの貴重な証言から、この15年間の憲法論議に「現在の論点」が凝縮されていることが明らかになってきた。

現在と同じく、現行憲法が「押しつけ」か否かという議論を経て「9条」「自衛隊」をどう取り扱うかに収斂されていくのである。番組では、知られざる15年の攻防を多角的に検証し、憲法をめぐる日本人の模索を見つめていく。



番組中盤は当時の改憲派の動きを取り上げていましたが、
報道姿勢は改憲派の策動を肯定的には描いていませんでした。
番組制作者の良心を感じる処です。

(その部分の画像はありません)

番組の後半は、改憲派の策動を阻止するための国民の運動を
当時野党第1党だった社会党の言動と伴に取り上げています。

以下、録画していた番組を再生・一時停止しながら
携帯写メにて切り取った画像。



『陸軍(陸上自衛隊)を三十万人規模にするべし』との
「防衛生産委員会」(経団連内部組織)が政府に提出した
要求は、アメリカが日本の軍需産業に働き掛けた『成果』



「防衛生産委員会」を率いていたのは東条英機内閣で
軍需産業に兵器などの顧問をしていた郷古潔。
戦前の日本軍の 亡霊を引きづっている者が憲法改正の首魁!



アメリカ政府と三菱重工など軍需産業の影響が強い
経団連が憲法9条を邪魔者として「憲法改正」を求めた!

日本国憲法が「アメリカの押し付け」と言うより
憲法改正の方がむしろ「アメリカの押し付け」である!
(護憲派の多くの人々には自明であったが決定的証拠をNHKが発見!)



一橋大学・渡辺治 名誉教授の話。



【戦争】【反対】の旗印み鮮明な労働者と国民のデモの様子!
「全労連・全日本金属」という私の所属しているJMITUの前身の旗も!



社会党の鈴木茂三郎の国会での演説の様子



『平和憲法 擁護の会』 趣意書



改憲を目指す鳩山内閣は衆議院で3分の2を確保するために
『小選挙区制』を提案するが与党からも反対の声が上がり頓挫。

その後の参議院選挙では3分の2どころか過半数を割る敗北を喫した!



再び、一橋大学名誉教授の渡辺治さんの話。

参議院選挙の結果は、改憲派の『憲法改正案』を選ぶのか?
【日本国憲法】を護るのか?についての国民の意思表明であった。



当時の情勢の中で、国民は明らかに【日本国憲法】の方を選んだ!



70年以上に亘って【日本国憲法】が存在する根拠となっている。



政府が設置した「憲法調査会」での評論家・坂西志保さんの発言。



憲法調査会からアメリカに派遣されて調査を行なった委員から
憲法制定当時のアメリカの考えは日本人が自主的に制定するべきと!



従って、「押し付け」との考えには何ら根拠が無い!



2018年4月の憲法改正への国民の意識調査では、
「どちらとも言えない」が最大の39%であり戸惑っている。




関連記事
テーマ:NHK - ジャンル:テレビ・ラジオ