観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



長澤まさみ さんが 日刊スポーツの大きな記事に!
2018年4月9日(月)

今日4月9日からTNCで始まるドラマ 【コンフィデンスマンJP】
の番組宣伝のような記事ですが (笑)

今夜早速録画していたのを見ましたが、詐欺師がもっと悪の『金持ち』から
大金を巻上げると云うコメディで、結構楽しめました!
尤も『荒唐無稽』なコメディですが・・・  有り得ない展開でした(笑)!





(元の画像はまともなのですが、何故か『横転』 笑)



     ***********************

【関連記事】

長澤まさみ「コンフィデンスマンJP」初回絶賛の声
 日刊スポーツ [2018年4月10日0時17分]
 

 長澤まさみ(30)主演のフジテレビ系月9ドラマ「コンフィデンスマンJP」(月曜午後9時)第1話が9日、放送された。終了後、インターネット上には「久々に月9が面白い」、「想像以上の面白さ」など、視聴者の絶賛の声が早くも相次いでいる。

 第1話は、長澤演じるダー子、東出昌大(30)演じるボクちゃん、小日向文世(64)演じるリチャードのコンフィデンスマン(信用詐欺師)3人組が、カジノでホストクラブの女社長とその女性社長にだまされた男性社長から2億円をだまし取った。その後、公益財団「あかぼし」会長という表の顔を持つ経済ヤクザ・赤星栄介(江口洋介)をターゲットに活動を開始。とらわれて重傷を負ったリチャードの敵を討とうと、ダー子は格安航空会社(LCC)のキャビンアテンダント、ボクちゃんはオーナーのどら息子に扮(ふん)し赤星に接近。金を不正にフィリピンに送る片棒を担ぐフリをして飛行機に金を積み込み、フライト中にエンジントラブルを起こしたとして金が入った赤星のスーツケースを機外に捨てた。赤星はケースを拾おうとスカイダイビングをしたが、ケースの中身は紙切れで、ダー子らが金をだまし取って終わった。

 ツイッター上では、ダー子らコンフィデンスマンと赤星との息詰まるだまし合いに、放送中からユーザーが「どうやって逆転するのか」などという声とともに展開の予想合戦を展開。「映画みたいでおもしろい」、「期待通りの面白さ」などのツイートが相次いだ。 放送終了後には「月9が久々に面白い」、「1週間、頑張ろうと思えるドラマに出会えた」、「これは見続けよう」、「リアルタイムで久しぶりに追いかけていこうと思えた」などの声がツイッターにあふれ、トレンドワードのトップにも躍り出た。「長澤まさみさんが、すごくいい」、「東出さんのボクちゃんが、ずっとかわいいのがいい」、「江口さんの悪役もいい」など、キャスト陣の演技への称賛も多かった。

 また、同系「リーガルハイ」シリーズも担当した、脚本家の古沢亮太氏が脚本を担当していることに対して「脚本家の名前を見て納得」との声もあった。空港など、大掛かりなシーンも多く「ここまでのスケールとは」との声もあった。

 長澤は3月26日に都内のユナイテッド・シネマ アクアシティお台場で行われた完成披露試写会で「みんなの期待を背負ってという感じで、撮影してきましたが、もう出せることはやり尽くせたかなぁと思っています。とにかく、見て楽しんでいただけたらなという思いです。ぜひ、皆さんもだまされて下さい」と語った。月9低迷が叫ばれる昨今、その打破を期待されていることがにじむ意気込みだったが、放送直後の反応は上々だ。一夜明け10日に明らかになる視聴率に注目だ。



「新月9」は長澤まさみの魅力とスケール感さく裂
 日刊スポーツ:村上幸将 [2018年4月9日17時53分]
 

 長澤まさみ(30)主演のフジテレビ系月9ドラマ「コンフィデンスマンJP」(月曜午後9時)が9日スタートする。30分、拡大で放送される第1話を一足先に見た記者が、見どころを紹介する。【村上幸将】

 -◇-◇-◇-◇-◇-

 第1話の試写会は、3月26日に都内のユナイテッド・シネマ アクアシティお台場で2番目に大きい321人収容のシアター3で行われた。坂道を転げ落ちるような早い展開の中、長澤、東出昌大(30)、小日向文世(64)が巨大カジノ、飛行機、高級ホテルなどさまざまな、そして大きな舞台をところ狭しと駆け回る。劇場の縦5・3メートル、横10・5メートルのスクリーンで上映しても違和感がなく、ドラマ以上のスケール感があった。他の記者も「家庭のテレビで見て迫力が伝わるだろうか?」などと口にした。

 その大きなスクリーンの中で、長澤が“七変化”する。カジノで丁半のツボ振リをやったかと思えば、民間航空会社のキャビンアテンダント…コンフィデンスマン(信用詐欺師)として、さまざまな職業の女性に扮(ふん)し、華やかな世界を舞台に壮大で奇想天外な計画で欲望にまみれた人間から大金をだましとる。

 ダー子は劇中で20人以上に扮(ふん)する上、ストーリーの中で、その役を辞めることもあるという。長澤は「ダー子なりに考えている。マギー・リンという中国人の女優役もやって、中国語を少ししゃべります」と笑みを浮かべた。ダー子は第1話で、ターゲットの経済ヤクザ・赤星栄介(江口洋介)を誘惑しようと考えるが、東出演じる詐欺師仲間のボクちゃんに「お前のハニートラップは、エロババアに襲われるようで怖い」と止められる。

 そのセリフとは裏腹に、着物姿で肩を出し、胸の谷間をかいま見せる長澤は実にセクシーで美しい。またキャビンアテンダント姿は実にかわいらしい。30代に入った長澤が、それまでに演じてきた数多くの作品での役どころ、磨いてきた演技を総動員している印象だ。コミカルさも含め、さまざまな長澤の顔を見ることが出来るのが「コンフィデンスマンJP」の大きな魅力の1つだろう。

 「コンフィデンスマンJP」は人気脚本家・古沢良太氏が約3年ぶりに描く連続ドラマだ。同氏が、詐欺師にだまし、だまされるストーリーのジャンル「コンゲーム」を題材にするのは初めてで、1987年(昭62)の「アナウンサーぷっつん物語」以降、続いてきたフジテレビ「月9」の歴史においても初の題材となる。コンゲームを題材とした著名な作品としては、73年の米映画「スティング」があるが、小日向は「日本の『スティング』だと思った。台本が素晴らしい。(演じる側も)グレードを上げていかないと申し訳ない。楽しみながら必死」と語った。

 ロケーションも大規模に展開している。第1話に鳥取砂丘として登場する砂丘の撮影は浜松市で撮影したが、その他にも全国各地で撮影しているといい、小日向は「浜松まで行ってるんですよ。すごいですよ、今回。僕らも千葉の君津とか日光江戸村とか…寒かった」と驚きを隠さない。

 17年12月4日にクランクインしながら、第1話は試写会直前まで撮影を行っていたといい、長澤と東出、小日向が初めて映像を見たのは試写会前日の3月25日だったという。長澤も「撮影を続けて映像見たのが昨日…。これ、面白いと思ってもらえるのかなと自信を失った瞬間があった」と不安も吐露した。

 一方で「嫌らしくなく、スカッと見られる作品になったと思う。古典的な物語の中に、付せんがたくさんある。なるほどという理屈がある。生き生きしたせりふが多い。『だしょ、だしょ』みたいに、面白くて言ってしまうセリフが(他の作品では)台本にはない。古沢さん独特の世界観が面白い」と手応えも語った。

 07年「プロポーズ大作戦」以来11年ぶりの月9ドラマ主演、12年の同系「高校入試」以来5年半ぶりの連続ドラマ主演になる長澤の全開の魅力、脇を固める共演陣の演技力、古沢氏の脚本の面白さ、そしてスケール感…まずは、第1話を見て欲しい。




関連記事
テーマ:女優 - ジャンル:アイドル・芸能