FC2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

12 | 2018/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



#MeToo♭の行き過ぎに カトリーヌ・ドヌープさんら勇気ある警鐘!
2018年1月11日(木)

 私は、大女優カトリーヌ・ドヌー ヴ さんをはじめとする女性たちが
行き過ぎた『#MeToo』運動に対して勇気ある警鐘を鳴らされたことに
大いに共感し支持するものです。

 一連の報道の中で、Huffington Post の記事によるとドヌーヴさんは
行き過ぎた『#MeToo』運動が 【全体主義の風潮を作り出している】
と警告しているとのこと!
この見識も高く評価し賛同します。


この問題についての私の以前の投稿
【 有能な芸術家を陥れる過剰な 【#MeToo】 拡散!
 寧ろ逆ハラスメントでは? 】

 観劇レビュー&旅行記 − 2018年1月5日(金)







西日本新聞 − 2018年1月11日付け記事より
米のセクハラ追及「行き過ぎ」 C・ドヌーブさんら意見書
  西日本新聞 − 2018年01月11日00時09分
 

【パリ共同】
米ハリウッド映画界などで表面化したセクハラ問題への抗議が世界規模で強まる中、フランスの女優カトリーヌ・ドヌーブさんら著名な女性約100人が連名で、10日付の同国紙ルモンドに「行き過ぎた追及」「性道徳の硬直化」などと批判する意見書を掲載した。

 掲載直後から「卑劣な男性たちを容認することにつながる」など反発の声も相次ぎ、論争を呼んでいる。

 意見書は「性犯罪が法的に裁かれるべきなのは当然だ」と前置きしつつ「女性は皆、か弱き被害者なのか」などと指摘。弁明も許されず、業界から追放される男性が続出している現状を批判している。



今日も、大指揮者 シャルル・デュトワ氏が、英国ロイヤル・フィル の
契約を任期途中で事実上打ち切られたと言うトンデモナイニュースが
出たばかり。


何十年も前に起きたとされる匿名の告発で、地位を追われるとなると
寧ろ #MeToo 運動そのものが、いわゆる『逆ハラスメント』ではないか?!

デュトワ氏本人は、いわゆる『セクハラ疑惑』を全面否定しているが・・・
一方的な告発で、信憑性も確認されないまま、クラシック界を
追われるようなことで良いのか?!
『MeToo!』運動に便乗したライバル追い落としが拡がりつつある?!
そして、このような形で実害が出始めている!
     *************
英ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団
指揮者デュトワ氏、芸術監督退任
 
 毎日新聞 − 2018年1月11日 08時02分(最終更新 1月11日 08時19分)


 著名指揮者シャルル・デュトワ氏(81)のセクハラ疑惑で、英ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団は10日、同楽団で芸術監督と首席指揮者を務めてきたデュトワ氏の退任を発表した。
 デュトワ氏は2019年10月に退任予定だったが、楽団は緊急会議を開き、疑惑解明の長期化や報道によって「デュトワ氏の立場を擁護することが難しくなった」と結論付け、デュトワ氏と話し合った上で退任の前倒しを決めた。
 楽団は昨年12月22日にデュトワ氏の公演見合わせを発表していた。デュトワ氏は疑惑について、声明で「身に覚えがない。根拠も全くない」と否定している。(共同)



【関連記事】

2018011203271911b.jpg

‪「いきすぎたセクハラ告発」を批判した
カトリーヌ・ドヌーヴらは“女の敵”なのか?‬

 ‪(女子SPA!) - 2018年1月11日‬

行き過ぎた #MeToo 運動に警鐘を鳴らしたカトリーヌ・ドヌーヴ発言と
その警鐘発言(フランス ルモンド紙への投稿)への批判の双方を読んで
読者に分かり易く解説した良記事。
記事の最後の段落を引用
◆人は「正義」を追求するときほど暴走する
 もちろんカトリーヌ・ドヌーヴらには賛同できない人もいるでしょう。みんなフランス人やイタリア人のようにオープンに恋愛を謳歌する人たちばかりではありませんよね。
 けれどもこの声明で言われている最も大事なことは、人は正しさを追い求めるときほど暴走する、ということなのではないでしょうか。そしてその正義をより正確に定義しようとするときに、容赦なく他者をやり込め排除するケースは珍しくありません。
<もともと女性たちに対して自由に声を上げさせるように始まったものが、いまでは真逆になってしまいました。現状はといえば、反セクハラにとって“正しい”発言だけを強要し、このムーブメントに同調しない人を犯罪者のようにみなしているのです>
 カトリーヌ・ドヌーヴら100人のフランス女性たちには、“#me too”運動のその先に、薄気味悪い社会が見えているのだと思います。



‪「言い寄る権利ある」仏大女優ら、‬
‪ 過度なセクハラ告発運動に警鐘

 シネマトゥデイ  - 2018年1月10日‬


カトリーヌ・ドヌーヴのセクハラ告発非難に物議 ‬
‪当事者の女優が批判「内に秘めた女性嫌悪がある」

 HuffPost 日本版  - 2018年1月10日‬

女優カトリーヌ・ドヌーヴをはじめとするフランスの女性100人が1月9日、ルモンド紙に書簡を寄稿し、セクハラなどの性暴力を告発する「#MeToo」運動は行き過ぎで、「ピューリタニズム」(潔癖主義)であり、「浄化の波」だとし、「全体主義の風潮を作り出している」と批判した。



仏女優C・ドヌーブさん、男性の「女性口説く権利」を擁護
 AFP=時事  - 2018年1月10日‬

‪‬
フランス人女優ら100人、セクハラ追及は「行き過ぎ」‬
 ‪TBS系(JNN)ニュース − 2018年1月11日‬


 ‪カトリーヌ・ドヌーヴらが
セクハラ被害を訴える‪「#MeToo」を「魔女狩り」と批判

 ELLEgirl  - 2018年1月11日‬‬





...read more
関連記事
テーマ:クラシック - ジャンル:音楽