観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2016】 に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



現在日本時間



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



FC2ブログランキング



最近の記事



FC2カウンター



ブログ内検索



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



カテゴリー



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



最近のコメント



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



最近のトラックバック



リンク



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



コミック【赤狩り】 今号のテーマは『ローマの休日』
2017年8月9日(水)

ビッグコミック・オリジナル誌に山本おさむ氏が渾身の力を込めて描いている
劇画 【赤狩り】 は、引続き連載中です!

今週号(とはいえ月2回刊)では、オードリー・ヘプバーンが主演で
ワイラー監督の映画 『ローマの休日』がテーマでした。





 映画 『ローマの休日』が撮られたのは、1952年と書いてありますから、
何と65年も前の私が生まれた年と同じ!




 オードリー・ヘプバーンは、12歳の時に、ナチス支配下のオランダで
 地下室で隠れて生活し、母親は反ナチス・レジスタンスの活動に参加し、
 オードリーも靴の中にメッセージを隠してレポ役をやっていたと云う。




 ナチスの政権も崩壊してアメリカとソ連は『同盟国』として勝者となったが、
 1950年代のアメリカでは『反共マッカーシズム』 と闘わなければならなかった!




 ワイラー監督は、自由の意味を問うために「合衆国憲法修正第一条」を
 武器に映画人の有志を組織して闘ったが、『ローマの休日』でもそれを示す
 あるエピソードが『王女の行動』として表現されていたと云う。




 オードリーがナチスの目を逃れて地下室に潜伏していた時、
 アンネ・フランクも隠れ部屋で潜伏して「日記」を書いていた。
 そして二人は1929年生まれの同い年だった。



 
 この少女の時の究極の命懸けの体験がオードリーの思想形成に大きな影響を与え、
 晩年には、黒柳徹子さんらと同じ「ユニセフ親善大使」として、難民救済などの活動に
 力を尽くされた。

 今号の 【赤狩り】は、オードリー・ヘプバーンと 映画 『ローマの休日』だけで
 終わってしまうほどの力の入れ方でした!

      ***************

【関連記事】

山本おさむ氏が ビッグコミック誌上で【赤狩り】に取り組む!
 観劇レビュー&旅行記 - 2017年6月15日(木)


ビッグコミック・オリジナル 【赤狩り】 掲載つづく
 観劇レビュー&旅行記 - 2017年7月4日(火)


【赤狩り】ビッグコミック・オリジナル誌に連載中
 観劇レビュー&旅行記 - 2017年7月26日(水)



関連記事
テーマ:漫画 - ジャンル:アニメ・コミック