観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



映画【ムーンライト】を見ました! 申し訳ないが度々居眠り (^◇^;)
2017年4月8日(土)

先週の日曜日に遡りますが、イジメとLGBTの【G】が一つのテーマである
アカデミー作品賞受賞の映画 【ムーンライト Moon Light】を見ました。

2017040814122727a.jpg


出演者の殆どが黒人ないし黒人系の混血の人々。

アメリカでは未だに差別されている黒人社会の、さらに底辺にいる若者。
そういう虐げられた世界を共有しているのに、そこでも暴力的イジメが!

そのイジメられている少年のその後を、青年期と壮年期に時代を変えて
表現して行きます。

その最終盤で、いわゆるゲイのカミングアウトが描かれるのですが・・・

度々居眠りしていたこともあり、着いて行けない処が多々ありました!

この作品がアカデミー賞の最高賞である作品賞を受賞した背景には、
トランプ米国大統領による人種差別的発言や呟きに対する
ハリウッドの抗議の意思もあると思われます。

アカデミー賞の授賞式では、白人黒人を問わず、トランプ米国大統領に
対する直接あるいは間接的な批判が多くの俳優や女優から出されましたし!

ムーンライト公式サイト



中洲大洋のサイトから作品紹介

監督 : バリー・ジェンキンス
出演 : ナオミ・ハリス、マハーシャラ・アリ、トレヴァンテ・ローズ、ジャネール・モネイ、ジャハール・ジェローム、アンドレ・ホーランド、アシュトン・サンダース
シャロン(アレックス・ヒバート)は、学校では“リトル”というあだ名でいじめられている内気な性格の男の子。ある日、いつものようにいじめっ子たちに追いかけられ廃墟まで追い詰められると、それを見ていたフアン(マハーシャラ・アリ)に助けられる。フアンは、何も話をしてくれないシャロンを恋人のテレサ(ジャネール・モネイ)の元に連れて帰る。その後も何かとシャロンを気にかけるようになり、シャロンもフアンに心を開いていく。ある日、海で泳ぎ方を教えてもらいながら、フアンから「自分の道は自分で決めろよ。周りに決めさせるな」と生き方を教わり、彼を父親代わりのように感じはじめる。家に帰っても行き場のないシャロンにとって、フアンと、男友達ケヴィンだけが、心許せる唯一の“友達”だった。


関連記事
テーマ:アメリカ映画 - ジャンル:映画