観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



アニメ映画 【ひるね姫】 を見ました!
2017年4月5日(水)

 せんだっての日曜日(4/2)、アニメ映画 【ひるね姫】 を見ました!

 何故、このような子ども向け?アニメを見る積もりになったかと言うと
私の故郷でもある大阪出身の大好きな女優
【高畑充希さんが、声優を務めているから!】
の一点だけです。


Hirunehime_20170402.jpg

 時代は近未来で、次の『東京オリンピック』が開催される予定の【2020年】

 テーマは「完全自動運転自動車」!
 
 こう書くと、今の『自動車』は「手動車?!」と言うことなのかと思ってしまう(笑)!

 その「自動運転技術」ソフト・ハードともに開発し、ほぼ完璧に近い形に仕上げたのは
町の自動車整備工場の一人経営者(従業員無し)。

 その技術を『盗み取ろう』と暗躍する、自動車業界TOP企業と、これに協力する
警察や『ヤクザ風』のヤカラ達・・・

 「ひるね姫」と言う題名は、昼寝をしている間に未来映像の世界に入り込むと云う
主人公の『夢のアドヴァンチャー』のことを示しているらしい!

 そういうストーリーは、映画を見て初めて知ったのですが、
中々、今のトレンドをリアルに反映した出来の良いアニメ映画でした。
なので、いい大人(つまり中年過ぎ)の私にも楽しめました。
逆に、低学年の子ども(結構多かった)にはちょっと難しいかも知れません。



【ひるね姫】 公式サイト

 映画.com による作品紹介 

「攻殻機動隊S.A.C.」「東のエデン」の神山健治監督によるオリジナルの長編劇場アニメーション。

 東京でオリンピックが開催される2020年、岡山県を舞台に、居眠りばかりしている女子高生・森川ココネが、いつも見る不思議な夢を通して家族の秘密に迫っていく姿を描く。
 東京オリンピックの開幕が目前に迫った夏。岡山県倉敷市・児島で、車の改造ばかりしている父親と2人で暮らす女子高生のココネ。最近は常に眠気に襲われ、家や学校でも居眠りばかり。さらに、寝ると決まって同じ夢をばかり見ていた。
 そんなある日、父親が突然、警察に逮捕され、東京へ連行されてしまう。ココネは父がなぜ逮捕されたのか、その謎を解くため、幼なじみの大学生モリオを連れて東京へ向かう。そして、その過程でいつも見る自分の夢の中に、まだ知らない両親の秘密があることを知る。
 劇場アニメの声優は初めてとなる高畑充希がココネ役を務め、ココネ名義で主題歌も担当。そのほか江口洋介、満島真之介、高橋英樹らが声優出演。 

【作品データ】
 製作年 : 2017年
 製作国 : 日本
 配 給 : ワーナー・ブラザース映画
 上映時間 : 110分

【キャスト(声の出演)】
 高畑充希 : 森川ココネ/エンシェン(夢の中)
 満島真之介 : 佐渡モリオ
 古田新太 : 渡辺一郎/ベワン(夢の中)
 釘宮理恵 : ジョイ(夢の中)
 高木 渉 : 佐渡/ウッキー(夢の中)

監督 : 神山健治
原作 : 神山健治
脚本 : 神山健治
製作 : 中山良夫、石川光久



関連記事
テーマ:アニメ - ジャンル:映画