観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2016】 に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 2006年までgooで書いていた「観劇レビュー&旅行記」(リンクの1行目)をFC2に移転します。
私の旅行記や、観劇の感想や評論を気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -



現在日本時間



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



FC2ブログランキング



最近の記事



FC2カウンター



ブログ内検索



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



カテゴリー



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



最近のコメント



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



最近のトラックバック



リンク



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



メトロポリタン美術館が収蔵美術品の画像データ37万点を 無料公開!
2017年2月9日(木)

ニューヨークの【MET】 メトロポリタン美術館が、収蔵美術品の
映像データ 37万点を誰でも利用自由のアーカイブズとして
公開する事にしたとのこと。 2017年2月7日のニュース!

写真撮影も禁止している日本の美術館と比べて、何と太っ腹!



ゴッホにモネ、フェルメールも!
メトロポリタン美術館所蔵の作品画像37万点が自由利用可へ
美術手帖 ー 2017年2月9日


アメリカのメトロポリタン美術館は2月7日、同館が所蔵する37万5000点以上の作品画像を無料で一般利用可能にすると発表した。

 1860年に開館、アメリカを代表する美術館であるメトロポリタン美術館(ニューヨーク)は、同館の新たなオープンアクセスポリシーとして、パブリック・ドメインとなっている作品画像を無料利用化した。ユーザーは著作権による利益を放棄する「CC0(クリエイティブ・コモンズ・ゼロ)」表記がされているものを自由に使用することができ、クレジット表記なども不要となる。

 この新方針について同館ディレクターのトーマス・キャンベルは、「私たちのミッションは、アートを学びたい、楽しみたいと思うすべての人々に対してオープンであること。新たなリソースを提供することで、21世紀のオーディエンスのニーズに応える」とステイトメントで語っている。
 またクリエイティブ・コモンズCEOのライアン・マークリーは「シェアすることは、デジタル時代において、発見やイノベーション、コラボレーションを促進するための基礎だ。(メトロポリタン美術館のCC0利用は)世界にとって莫大なギフト」とコメント。ウィキメディア財団のエグゼクティブ・ディレクター、キャサリン・マーハーも「メトロポリタン美術館は世界中の巨大文化施設のリーダーであることを自ら証明した。他の機関が追随する道を照らしている」と称賛の言葉を贈っている。

 メトロポリタン美術館は年間およそ670万人の来館者を迎え入れている巨大施設だが、今回の作品画像オープン化によって、世界中のインターネットユーザーがより自由に同館のコレクションにアクセスできるようになった。今回オープン利用可能になった作品画像には、フェルメールやゴーギャン、モネ、ゴッホなど数々の名画をはじめ、ヨーロッパのドレス、鎧などの武具、日本の浮世絵などもあり、そのジャンルは多岐にわたっている。この動きに他の美術館がどう反応するのか、今後の動向に注目したい。



関連記事
テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術

映画【東京ウィンドオーケストラ】 を見ました!
2017年2月8日(水)

この前の日曜日(2/5) 午後3時30分からKBCシネマで、
コメディ映画 【東京ウィンドオーケストラ】を見ました!

 この映画も ある種の『とり違え』映画です。




去年の【オケ老人】では、杏さん扮する女性が応募したオーケストラが
老人ばかりのオーケストラだったと言う設定とはちょっと違って、
 屋久島の役所が日本有数の大きな楽団と思ってホームページから
出演を依頼した吹奏楽団が、実はカルチャースクールの生徒たちが結成した、
下手くそな楽団だったと言う取り違え!




その役所側から「詐欺ですよ」と云う言い方が出てくるのに違和感大!

勘違いして取り違えたのは、役場側だと云うのに・・・

おまけに役場の担当女性(この映画の主役:中西美帆)が、
「本物と言う事で押し通しましょう」と云う下りがあるのですが、
【東京ウィンドオーケストラ】と云う名称は、正真正銘の本物!

映画の中では名称は出てきませんが、勘違いしたとすれば、
役場側が間違えたのは【東京佼成ウィンドオーケストラ】と云う
実在の有名吹奏楽団だった訳で、
『東京佼成ウィンドオーケストラ』と役場が宣伝していたなら問題だが、
『東京ウィンドオーケストラ』なら、何も問題は無く本物である。

上手いか下手くそかだけが問題なのです。

映画の中で演奏される曲は、【KING COTTON】マーチ1曲のみ!

期待した展開もなく、出来も大したことのない映画でした!




 

関連記事
テーマ:日本映画 - ジャンル:映画