FC2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



山田洋次監督渾身の 【母と暮せば】 を見る
2015年12月14日(月)

 山田洋次監督が井上ひさしから託された渾身の映画
    【母と暮せば】 を
       公開二日目の昨日12:15から見ました。 

HahatoKuraseba_Top.jpg
       観客は50人ほどで、まずまずの入り。

 劇作家・井上ひさしさんは、【父と暮せば】 で広島原爆で亡くなった父の亡霊と
生き残った娘の心の交流を描き、継いで沖縄戦が舞台の「木の上の軍隊」を書き、
三部作の締めくくりとして長崎原爆をテーマに【母と暮せば】を書く予定だったのに
残念ながら命尽きてしまいました。

 山田洋次監督は長年の井上ひさしさんとの交流の中で、そのことを良く知っていた
ので、自分が井上さんの遺志を人々に繋がなければ! と、役柄を入れ替えて、
長崎原爆で無くなった息子と生き残った母親の心の交流を描く、この脚本を書き、
監督もされてできあがったのが、この映画です!

 84歳の山田洋次監督は、もう多くは作品を残せないだろうと自覚されていて、
まさに命懸け・渾身の作品にされたようです。 
 そして、旧来のフィルムを使用した映画製作に拘ったとのこと。
 この繊細さは、デジタルでは表現できず、フィルムでしか出せないそうです。
 もちろん、原爆が爆発するシーンなどに一部『CG』も使わています。

 その原爆の惨状の描き方は、これまでの定番と全く違います。

 B29の機影と爆発する『ピカ』・キノコ雲 焼ける都市と人々、焼け爛れたマリア像
などは、使われません。

 その爆発した数秒の瞬間に何事が起きたのか? 即死した人には解らない!
まさに瞬間に、長崎医科大学だけで900人以上、長崎全体で7万人が即死し、
14万人以上が原爆によって米国に殺されました。

 その瞬間の直前まで、家で暮らし職場で働き、学校で学んでいた人々が
瞬時に殺され、蒸発して消えてしまった方さえ多数居るのです。

 その瞬間をどのように描くか? を随分と考察され工夫された表現ですので、
まだ、上映が始まったばかりの今、種明かしするのは避けます。
どうぞ、映画で体感してください。

 そういう重く深刻なテーマではありますが、さすがに 【男はつらいよ!】の
山田洋次監督だけあって、コメディタッチで観客を笑わせる処も随所に!

 見応えのある映画でした。

 ただ一つ疑問だったのは映画の主な舞台となる爆心地を見下ろせる高台にある
親から継いだ伸子(吉永小百合)の木造の古い家が、原爆で吹き飛ばされずに
残っていたこと。 その御近所さんの家並みも・・・
 当然、考証はされているのでしょうが、残り得たのでしょうか?

【関連記事】

映画『母と暮せば』のレコーディングで坂本龍一が復帰!
 MovieWalker - 2015年9月25日 18時00分 配信



吉永小百合が「戦前のよう」と危機感

 嵐・二宮も出演『母と暮せば』吉永小百合が「戦前のような状態」と危機感、
 山田洋次監督は「SEALDsは希望」

 リテラ ・ 水井多賀子 - 2015.12.12


   【母と暮らせば】 公式サイト

   Movie Walker による作品紹介 

 長崎で暮らす女性と原爆で亡くなったはずの息子が繰り広げるエピソードをつづる、山田洋次監督によるファンタジー。
 吉永小百合と二宮和也が不思議な体験をする親子役で初共演するほか、山田監督作の『小さいおうち』で第64回ベルリン国際映画祭銀熊賞に輝いた実力派・黒木華が浩二の恋人・町子を演じる。

****************
 作品データ
  製作年  : 2015年
  製作国  : 日本
  配  給  : 松竹
  上映時間 : 130分
****************

【あらすじ】
 1945年8月9日、長崎に原子爆弾が投下された。それからちょうど3年後。助産師として働く伸子(吉永小百合)のもとに、原爆により死んだはずの息子・浩二(二宮和也)がひょっこりと現れる。それからというもの浩二は度々姿を現し、伸子と思い出話や浩二の恋人・町子(黒木華)についてなどいろんな話をしていくが……。

【キャスト・スタッフ】
 役  名 : 配  役
福原伸子 : 吉永小百合
福原浩二 : 二宮和也
町子 : 黒木華
黒田 : 浅野忠信
上海のおじさん : 加藤健一
富江 : 広岡由里子
民子 : 本田望結
復員局の職員 : 小林稔侍
年配の男 : 辻萬長
川上教授 : 橋爪功

監 督 : 山田洋次
脚 本 : 山田洋次 、 平松恵美子
企 画 : 井上麻矢
プロデューサー : 榎望
撮 影 : 近森眞史
美 術 : 出川三男
音 楽 : 坂本龍一




    ******************

【今日の運動】 
 今日の、スポーツクラブ 【ESTA】 での運動は
 水中歩行 : 300m
 水  泳 : 200m
 水泳レッスン : バタフライ (30分)

 ESTA 温泉にて入浴
 
 歩数計 : 僅かに 2400 歩



音楽ブログランキング


*******************************************
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************


 

   
...read more
関連記事
テーマ:日本映画 - ジャンル:映画