fc2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私の思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



KBCシネマで 【沖縄 うりずんの雨】 を見る 多くの方に見て頂きたい!
2015年10月26日(月)

 昨日の昼・午後1時から、福岡市・天神北の 『KBCシネマ』 で

   【沖縄 うりずんの雨】 を見ました!

okinawa-urizun_Top.jpg


 江戸時代の薩摩藩による琉球侵略・統治から、オスプレイ配備・辺野古基地問題まで
本土(ヤマト)に虐げられ、アメリカに陵辱されてきた歴史を描く重厚な映画でした。

 是非とも多くの人に見て頂きたい映画です。

 もちろん1995年の少女強姦事件や、これに抗議する集会も紹介されます。

 監督と語りが日本人ではなく、アメリカ人 ジャン・ユンカーマン氏 であることも注目!

 元・米兵も含む多くの関係者にインタビューし、生の声の記録と戦争や侵略の映像を
重ね合わせて実態に迫ります。

 <第1部 沖縄戦> <第2部 占領> <第3部 凌辱> <第4部 明日へ>
   の 『四部構成』 です。

 一般論として知っているのと、証言や映像を見るのとでは大きく認識が異なります。
 もちろん、現地の闘争に参加するのが最も良いのでしょうが・・・

 当面、11月6日(金)までは上映の予定。 10月30日までは、午後1時上映(1日1回)、
10月31日以降は、9:30前後の朝一の上映(1日1回)のみです。
 11月7日以降の上映が続くかどうかは未定! お見逃しなきよう。
 KBCシネマ以外の上映は公式サイト(下記)でお確かめください! 

      ******************

     【沖縄 うりずんの雨】 公式サイト

     Movie Walker による 【沖縄 うりずんの雨】紹介 

 1945年4月1日の米軍上陸で始まり、12週間に及ぶ地上戦で住民の4人に1人が命を落とした沖縄戦から70年。元米兵や元日本兵、沖縄住民への取材に米軍の記録映像を交え、全4部構成で沖縄戦の真実に迫り、沖縄の“終わらない戦後”を問うドキュメンタリー。監督は「映画 日本国憲法」のジャン・ユンカーマン。

***************
 作品データ
  製作年 : 2015年
  製作国 : 日本
  配 給 : シグロ
  上映時間 : 148分
***************


【あらすじ】
<第1部 沖縄戦>凄惨を極めた沖縄の地上戦で対峙し、生き残った元米兵と元日本兵。さらに、現地徴用され、戦闘に駆り出された沖縄の人々の証言と新たに発掘した米軍撮影の資料映像を重層的に構成し、70年前の沖縄戦の実像に迫る。
<第2部 占領>1945年 6月 23日の組織的戦闘の終結を待たず、4月1日の沖縄本島上陸直後から始まっていた米軍による差別的な沖縄占領政策の実態と米軍基地建設。そして、占領下での沖縄の人々の平和を求める反基地闘争を中心に追う。
<第3部 凌辱>読谷村でのチビチリガマ集団自決“集団強制死”に関する証言。米軍基地の存在によってもたらされる沖縄の女性たちに対する性暴力の実態を、被害者側だけでなく、加害者である元米兵まで、双方への取材を通して明らかにする。さらに、基地周辺の住民に対する被害だけでなく、米軍内でも女性兵士たちが同僚の男性兵士から性的被害を受けている実態が、アメリカでの取材から見えてくる。
<第4部 明日へ>最終章では、辺野古への新たな米軍基地建設を巡る日本政府の強引な対応と、沖縄への差別的な扱いを許している私たちの無関心に対して、沖縄の人たちの深い失望と怒りが語られる。

【スタッフ・出演者】  
監  督 : ジャン・ユンカーマン
翻  訳 : 中野真紀子 、 桜井まり子 、 大竹秀子
企  画 : 山上徹二郎
製  作 : 山上徹二郎 、 前澤孝信 、 前澤眞理子
撮  影 : 加藤孝信 、 東谷麗奈
音  楽 : 小室等
整  音 : 若林大記
音響効果 : 中村佳央
音楽演奏 : 鬼怒無月 、 高良久美子 、 田中邦和 、 谷川賢作
製作進行/プロダクション・マネージャー : 佐々木正明
編集協力 : 大重裕二
協力プロデューサー : 東谷麗奈

出演・インタビュー協力:
安里英子, 池田恵理子, 石川真生, 稲福マサ, 大田昌秀
近藤一, 高嶺朝一, 玉城洋子, 知花カマド, 知花昌一
ダグラス・ラミス, ドナルド・デンカー, レナード・ラザリック
デイビッド・クルーズ, シンシア・エンロー, ブルース・リバー
ロドリコ・ハープ, モートン・ハルペリン



    もう少し詳しい記事へのリンク
  
     ****************

【今日の運動】
 今日もスポーツクラブは入浴のみ


音楽ブログランキング


*******************************************
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************


 

 
...read more
関連記事
テーマ:日本映画 - ジャンル:映画