FC2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



オーストリア皇太子と心中した女性の遺書を発見 (AFP BB)
2015年8月4日(火)

 現在、東京帝劇で再演中のミュージカル 『エリザベート』 の舞台でもある

オーストリア・ハプスブルグ家のルドルフ皇太子(劇中でもピストル自殺)と

心中した愛人・マリー・ベッツェラの遺書が発見されたとのこと。


      オーストリア皇太子と心中した女性の遺書を発見
       AFP-BB - 2015年08月03日 19:16 発信地:ウィーン/オーストリア

photo-slide_3056197.jpg 

 【8月3日 AFP】

「私のしたことをお許しください、私には愛を拒むことはできませんでした」――オーストリア・ウィーン(Vienna)の金庫室から発見された別れの手紙には、126年前にオーストリア皇太子と心中したマリー・ベッツェラ(Mary Vetsera)男爵令嬢の最期の言葉がつづられていた。

 オーストリア国立図書館(Austrian National Library、ONB)によると、この貴重な書簡は、銀行員らが保管文書の整理をしているときに偶然発見された。1926年からここに保管されてきたという。同図書館は声明で「誰かがベッツェラ家の私的な手紙や写真が入った革製のフォルダーを預けた。中には、マリー・ベッツェラの1889年の遺書も含まれていた」と発表した。

 母親ヘレンへの手紙にはこう記されている。「お母様/私のしたことをお許しください/私には愛を拒むことはできませんでした/殿下のご意志に従って、アランドの墓地で殿下の隣に埋葬していただきたいのです/私にとって生きるよりも死に至る方が幸せなのです」

 同図書館は、映画化や小説化もされた世紀の大恋愛の一つが、これらの書簡によって明らかになることを期待しているとコメントしている。

 当時17歳10か月だったマリー・ベッツェラと、30歳だったルドルフ皇太子(Crown Prince Rudolf)の遺体は、1889年1月にウィーン郊外の狩猟用ロッジで発見された。母親やきょうだいたちに宛てられたマリーの複数の手紙は、皇太子の封蝋(ふうろう)で閉じられた封筒に入っていた。書簡の科学的調査は8月に開始される。(c)AFP 







音楽ブログランキング


*******************************************
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ  (左のアイコンをクリックして
              もらえたら嬉しいです)
*******************************************


 

  
関連記事
テーマ:ミュージカル - ジャンル:学問・文化・芸術