観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2016】 に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



現在日本時間



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



FC2ブログランキング



最近の記事



FC2カウンター



ブログ内検索



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



カテゴリー



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



最近のコメント



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



最近のトラックバック



リンク



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



全ての記事を表示する

全ての記事を表示する



小山実稚恵 【音の旅】 第16回 迄1週間 11/8 福銀ホール
2013年11月1日(金)

 およそ、ひと月前にも御案内しましたが、いよいよ来週となりました。

12年間24ステージの連続リサイタル 【音の旅】。 今回で第16回!

Koyama-Michie_2013Nov08M.jpg


 演奏予定曲目は、次のような構成です。

Koyama-Michie_2013Nov08Pieces.jpg

  チケットは、 【音の実・事務局】までお問い合わせください。

 【音の実・事務局】
   Mobile : 080-3963-6650, FAX : 092-863-3235
   e-mail : otonomi*softbank.ne.jp
 (*を@に入れ替え)


音楽ブログランキング


*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************

 

 



 
関連記事
テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

劇団四季『はだかの王様』全国ツアー 黒崎ひびしんホール大ホールにて
2013年11月2日(土)




北九州市・八幡西区の【黒崎ひびしんホール】大ホールにて。

ホールは新しいホールで、客席と舞台が結構近くて全ての座席で見やすそうでした。

午後4時開演 約2時間の公演で、完売だったとのこと。

『はだかの王様 全国』 キャスト 

アップリケ 江上健二
ホック 諸橋佳耶子
王様 牧野公昭
王妃パジャママ/フリルフリル/眼鏡屋ピンタック 菅本烈子
王女サテン 五所真理子
王女の恋人デニム 玉城 任
外務大臣モモヒキ 田島康成
内務大臣ステテコ 堀米 聰
運動大臣アロハ 塩地 仁
ペテン師スリップ 出口恵理
ペテン師スリッパ 神保幸由
衣裳大臣チェック 西田有希
お行儀大臣シルエット 榊山玲子 


【男性アンサンブル】
 福島武臣,三宅克典,深堀拓也,松尾 篤
 嶋野達也,渡邉寿宏,日高彬文

【女性アンサンブル】
 森田真代,榊山玲子,野田彩恵子,波多野夢摘,野手映里
 白川萌花,田中あすか,久田沙季,前田更紗,吉村侑姫  



その後、レイクサイド久山 で食事



   見かけは豪華だがヘルシーメニューで比較的軽い (1000円)



   イカの活け造り(時価:3500円でした! (>_<) )


音楽ブログランキング


*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************

 

 



 
関連記事
テーマ:劇団四季 - ジャンル:学問・文化・芸術

NHK スペシャル 【至高のバイオリン ストラディヴァリウスの謎】 究極の思い込み?!
2013年11月3日(日)

 番組は 【至高のバイオリン ストラディヴァリウス】 

     の音の秘密に迫る と云うものでした。

Antonio_stradivari.jpg
   アントニオ・ストラディバリ(Antonio Stradivari、1644年 - 1737年12月18日)
      を描いたものとされる最も有名な絵画 (引用元 Wikipedia)

 様々な「科学的検証」 の取り組み も紹介されました。

 一つは、NHK技研の無響室で、42方向にマイクを設置して、20世紀に製作されたバイオリンと

ストラディヴァリウス の 「音」 を比べると云うものでしたが、結果は、「指向性」の面で、

ストラディヴァリウスの方が「多少鋭い傾向がある」と云うだけでした。


      無響室で演奏している 徳永二男さん
   NHK-Special_2013Nov03-thum_02.jpg
      NHK・公式サイトより 

「音色」など本来の特性については、今後の研究課題と云う話でした。

 もう一つは、CTスキャナーで細部に亘る構造を調べるというもので、「魂柱」を境に

ボディの重さや容積が丁度2等分されていると云う絶妙なバランスが発見されたと云う結果。

 音質・音色に関する結果は、「科学的」研究からは解らないようでした。

 一方で日本のバイオリン職人によれば、響板を叩いた時の音の高さがどこでも同じように

板を削るのが重要であり、ストラディヴァリウスではそうなっている と云う話でした。

     *******************

 音質の面では、製作者や演奏家など、バイオリンのプロ中のプロを集めて行われた

いわばクイズ形式での 「20世紀に製作されたバイオリン」 と 「ストラディヴァリウス」

「音」の聴き当てテストの結果、正解率は2割から5割 に過ぎず、

実際には、プロでも「聴き分け」はできない ことが明瞭になっていました。

 しかし、『演奏家が自ら演奏する場合は違いが解る』 と紹介されます。

私の好きな 諏訪内晶子さん も出演して弾き比べをやり、ストラディヴァリウスの

表現力の多彩さ等 優位性について語っていました。

 諏訪内晶子さんが使っているストラディヴァリウス・【ドルフィン】は、日本音楽財団から

貸与されているもので、おそらく本物だと思いますが、ある音楽家のお話では、

楽器に多額を投じることを厭わない日本の演奏家は、『贋作』製作者の恰好の「カモ」だそうで、

数多くの『贋作』ストラディヴァリウスが出回っていて、「表現力が豊かである」と、

『ありがたく』使っている有名演奏家も少なからず居るとのこと。

 『贋作』でも、自らが「ストラディヴァリウスである」と信じていれば「表現力が豊かである」

と思う訳ですから、ストラディヴァリウスの「音が良い、表現力が多彩」と云うのは、

演奏家の思い込みに他ならないのではないか?!と私は思う処です。


 NHKの番組では、『贋作』の話は出ませんでしたが、一人の製作者が長生きしたとしても

600本を超える「名器」を造れるはずはなく、子息も含む 「ストラディヴァリウス工房」

(今風に言えば)「 Stradivari & Sons 弦楽器製造所」で製作されたものでしょう。

 幾ら90歳過ぎても製作していたとしても一人の職人の300年ほど前の作品が600本以上も

現存するとは思われません。欧州では、この間幾多の戦争や革命があった訳ですし・・・ 

工房で数千本とか数万本も作られていたなら、600本くらいは残っているでしょうが。

 ストラディヴァリのネームバリューが先行して「音が良い神話」が使用者の気持ちに

変化を起こしているのではないでしょうか?


 20代で製作した初期の習作までが、「良い音・優れた表現力」と言われるのも思い込みの領域?!


 何億円も掛けて取引されると云うことそのものが、楽器の使命を逸脱しているし、

それがまた『贋作』を産み、結果的に『贋作』までが高額で取引されていると私は思います。

尤も『贋作』とは云っても、それ相応の水準の名器であることは間違いないようですが・・・


 まさに、昨日見た「劇団四季」のミュージカル【はだかの王様】で、アンデルセン

が風刺している 「思い込み=集団催眠状態の危険性」 そのもののように思われます。

 この「集団催眠状態」は、現在では、『TPP』や『NSC』等に対する政権与党や経済界の

多数派が陥っている『危険な病状』にも顕著に現れています。


音楽ブログランキング


NHK スペシャル 【至高のバイオリン ストラディヴァリウスの謎】 公式サイト
NHK-Special_2013Nov03-thum_01.jpg
   番組レポーターのニューヨーク在住のバイオリニスト・五明カレン NHK・公式サイトより

2013年11月3日(日)
午後9時00分~9時58分


     史上最高の弦楽器とされる「ストラディヴァリウス」
     NHK-Special_2013Nov03-thum_03.jpg
         NHK・公式サイトより

 17世紀イタリアの天才職人アントニオ・ストラディヴァリが製作したバイオリンで、約600挺が現存する。1挺の値段はいまや数億円。現代最高の名手たちから今なお愛され続けている。しかし、その美しい音の秘密はヴェールに包まれたままだ。世界中の職人や科学者がなんとかその謎を解き明かそうとしのぎを削っているが、今もってその答えを見つけた者はいない・・・。

 いったいストラディヴァリは楽器にどんな魔法をかけたのだろうか。自身もストラディヴァリウスを弾くニューヨーク在住のバイオリニスト・五明カレンさんとともに、“至高の楽器”に取り憑かれた世界中の演奏家・職人・科学者たちの300年にわたる伝説と挑戦を追う。





音楽ブログランキング


アントニオ・ストラディバリ(Antonio Stradivari、1644年 - 1737年12月18日)
  Wikipedia より 一部引用 

 1644年に生まれたとされているが、正確な誕生月日は不明。
1667年から1679年まで、ニコロ・アマティの工房で弟子として楽器の製作技術を学んだ。
1680年、クレモナのサン・ドメニコ広場(Piazza San Domenico)に工房を構えると、若くして楽器製作者としての名声を得た。
 その生涯で1,116挺の楽器を製作したとされ、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、マンダリン、ギターを含む約600挺が現存している。
 ストラディバリの独創性はアマティの様式の変更を通じて発揮され、ばらつきのあった木の厚みをより厳密に制御し、ヘッドスクロールの概念を確立し、音色を締めるためのニスはより色濃くなった。
1737年12月18日、イタリアのクレモナにて死去し、サン・ドメニコのバシリカに埋葬された。

 ストラディバリウスはヴァイオリニストや収集家の羨望の的であり、しばしばオークションにおいて高額で落札される。
現存する真作で最も高値をつけたのは2011年6月21日に1589万4000ドル(約12億7420万円)で落札された1721年製のストラディバリウス「レディ・ブラント」である。
それ以前は2006年に約4億円で競り落とされたものが最高記録だった。また、1699年製(愛称不明)が2億1700万円で落札されている。
 日本人では高嶋ちさ子がルーシーを2億円で購入、千住真理子がデュランティを2-3億円(正確な金額は非公表)で購入している。




音楽ブログランキング




*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************

 

 



 
関連記事
テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

創立60周年を迎えたと云う 【九州交響楽団】 情報
2013年11月4日(月・文化の日 の代休)

 今日付けの西日本新聞の文化欄に掲載された記事の写メです。




 来年4月から 音楽監督に 小泉和裕さん 就任予定


     2014 シーズン のプログラム

     公演のお問い合わせは、九州交響楽団(092-823-0101)

  以上。 本日は手抜き記事でした! m(_ _)m


音楽ブログランキング


*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************

 

 



 


関連記事
テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

安藤美姫 さん まさかの大逆転 2位 入賞!
2013年11月5日(火)

 わたし的には、おとといショートプログラムで失敗し、13位と出遅れた時に

これで安藤美姫さんは『ソチ・オリンピック』と云う重圧から逃れて、自由な

母親になれるだろうと安藤した(もとい、安堵した)ものです。

 どこかで、この呪縛を解かないと、母としても女性としてもアスリートとしても

厳しい生活を余儀なくされ続けるだろうと思ったからです。

 ですから、フリー・プログラムは、おそらく『力まずに、気持ちの篭った表現』

ができ、心おきなくアスリート生活から離れることができるのではないか?

と考えていたのですが、その「心の余裕」が良い結果をもたらしたようで、

『まさかの』 逆転2位 で、ソチへの希望を繋いでしまいました。

 あとは、本人が「ソチ・オリンピック代表選考会」に出場するかどうかです。

 
Mikitty02_2013Nov04.jpg
    画像は『メガピクチャーズ』サイトより 日刊スポーツ配信の写真

     **************************

安藤美姫、巻き返し「東日本」2位…ソチへ望み
 (読売新聞) - 2013年11月4日(月)19:40


フィギュア:「これが最後かも」胸に
 …安藤美姫の闘い続く

 (毎日新聞) - 2013年11月4日(月)21:52


美姫ソチ五輪へ残った!2位で全日本へ
 「今、持っているものは出せた」

 (デイリースポーツ) - 2013年11月5日(火)06:59


ソチ残った!美姫、崖っ縁から大逆転2位/フィギュア
 (サンケイスポーツ) - 2013年11月5日(火)07:20


安藤美姫 成功率10%跳んだ/フィギュア
 (日刊スポーツ) - 2013年11月5日(火)09:48


     *****************

【フィギュア】「半分あきらめていた」…美姫に聞く
 (スポーツ報知) - 2013年11月5日(火)08:10
 

 ◆フィギュアスケート 東日本選手権最終日
   (4日・群馬県総合SCアイスアリーナ)
 女子フリーを行い、4月の女児出産を経てソチ五輪を目指す安藤美姫(25)=新横浜プリンスク=は今季自己最高の105・24点を出して1位となり、ショートプログラム(SP)との合計147・21点で2位に入り、上位5人に与えられる五輪代表最終選考会の全日本選手権(12月21~23日・さいたまスーパーアリーナ)出場権を獲得した。3日のSP13位と大きく出遅れた元世界女王は、現役最後の目標となるソチへ希望をつないだ。

 ◆美姫に聞く

 ― 声援が大きかった。
 「(リッツォ)コーチは『リンクでは一人だけど僕もそばにいる』と言ってくれて、会場も一つになってくれた。たくさんの声援が聞こえて後押しされたし、助けられた。100%まではいかないけど、今の自分は出し切った」

 ― SP13位でスタート。
 「もう半分あきらめていたが、悔いの残らないようにできる限りやろうと思った。競技者として戻る決断をしたのは自分。自分で決断したことに悔いは残したくない」

 ― 自信は生まれた?
 「全く自信はない。ただ、SPの後に集中してできたことは、いいモチベーションになる」

 ― 復帰3戦目。
 「正直、初戦が一番良かった。スピードを出して滑れたし、試合を楽しむ気持ちも含めて、ドイツの試合が一番自分らしく滑れていた。その後のブロック予選はきつかった。でも、トレーニングの成果で疲れは少なくなった」

 ― 体力不足か?
 「体力じゃなくて、足の筋力の低下。スケーティングや演技の後半に影響している。ほぼ毎日足を中心に筋力アップしているが、疲労がたまって氷上では余計跳べなくなる。試合前は疲れを残したくないので、氷上練習を増やした」

 ― ここまでの道のりは?
 「自分は人とは違う経験を経て決断した。海外では出産を経験してからもアイスショーなどで滑っている選手は多いが、現実的には大変な選択だったと感じている」

 ― 全日本に向けて。
 「頑張らないといけないなと思う。日本のトップ選手が出てくるので、(休養前の)3季前の自分の演技に近づけたい。もう一度全日本で滑るチャンスをつかむことができて、プラスに動いていると思う」

 ― 五輪選考会に挑む。
 「五輪イヤーといっても特別ではない。毎年と同じように全日本に出て、やるべきことができれば満足。気持ちの弱さに勝つことが大事」

 ― ジャンプの目標は?
 「SPで3回転ループの回転が抜けたのは初めてのことでビックリした。自信を持って跳べるように調整したい。あとは3回転ルッツを2本入れられるように」



音楽ブログランキング


*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************

 

 



 
関連記事
テーマ:フィギュアスケート - ジャンル:スポーツ

小山実稚恵 【音の旅】 第16回 明後日開催! 福銀ホール
2013年11月6日(水)

 先週、二度目の御案内をしたばかりですが、いよいよ明後日開催です!

12年間24ステージの連続リサイタル 【音の旅】。 今回で第16回!

Koyama-Michie_2013Nov08_facebook-Top.png
Koyama-Michie_2013Nov08Pieces.jpg

    ピアノが紡ぎ出す自然の情景
    自然の香りは、ピアノの響きとなる

<曲目>
ベートーヴェン=リスト: 交響曲 第6番 ヘ長調「田園」
ショパン: アンダンテスピアナートと 華麗なる大ポロネーズ 作品22
ショパン: ポロネーズ第2番 変ホ短調 作品26-2
ショパン: ポロネーズ 第5番 嬰へ短調 作品44
シャブリエ: 絵画風の小曲集 より 第6曲「牧歌」
ヴェルディ=リスト: リゴレット(演奏会用パラフレーズ)


  チケットは、 【音の実・事務局】までお問い合わせください。

    指定席:4000円, 自由席:3000円


 【音の実・事務局】
   Mobile : 080-3963-6650, FAX : 092-863-3235
   e-mail : otonomi*softbank.ne.jp
 (*を@に入れ替え)

【関連リンク】

  小山実稚恵 Twitter

  小山実稚恵 facebook

 小山実稚恵さんから facebook での御案内

NHKラジオ第一とNHKネットラジオらじる*らじるで「ラジオ深夜便」に出演します。二回に分けての出演予定です。どうぞお聞きください。

下記のホームページにおきまして放送後の約一ヶ月間に渡ストリーミングも配信されますので、どうぞご覧ください。(ストリーミング期間:11月12日から12月9日

http://www.nhk.or.jp/shinyabin/


ピアノとの出逢いからこれまでの思い出、リサイタルシリーズや、被災地での演奏会など、多方面にわたってお話しする予定です。

アンカー:栗田敦子

11月2日 24:10~ 〔オトナの生き方〕前半
<11月3日午前0時10分からの放送です。>
音楽の力で伝えたい
ピアニスト 小山実稚恵




音楽ブログランキング


*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************

 

 



 
関連記事
テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

複合型コピー機から情報筒抜け?
2013年11月7日(木)

 今日の読売新聞 紙面・第1面を見て驚きました。

 多くの会社で、パソコンのセキュリティには相当気を使っているが、

このニュースでは、【複合コピー機】 の設定を購入時のまま初期設定にしておくと、

その 【複合コピー機】 から、会社の情報が漏洩する可能性がある、とのこと。

 初期状態で「情報が公開になっていた」メーカーは、【リコー】【富士ゼロックス】【シャープ】

の3社の機種だという。

 私が勤める会社の機種は、【富士ゼロックス】だ。




        今日の読売新聞写メ添付

 時間外ではあったが、上の写メを添付したメールを会社のIT管理者に送って問合せた処、

強力なファイアーウォールを設定しているので、会社のコピー機は大丈夫のようでした。



音楽ブログランキング


*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************

 

 



 
関連記事
テーマ:セキュリティ - ジャンル:コンピュータ

小山実稚恵 【音の旅】 第16回 を 聴きました (11/8:福銀ホール)
2013年11月8日(金)




小山実稚恵 【音の旅】 第16回 が、本日開催されました。 




12年間24ステージの連続リサイタル 【音の旅】。 今回で第16回!

    ピアノが紡ぎ出す自然の情景
    自然の香りは、ピアノの響きとなる

<曲目>
ベートーヴェン=リスト: 交響曲 第6番 ヘ長調「田園」
ショパン: アンダンテスピアナートと 華麗なる大ポロネーズ 作品22
ショパン: ポロネーズ第2番 変ホ短調 作品26-2
ショパン: ポロネーズ 第5番 嬰へ短調 作品44
シャブリエ: 絵画風の小曲集 より 第6曲「牧歌」
ヴェルディ=リスト: リゴレット(演奏会用パラフレーズ)

<アンコール曲>
①チャイコフスキー
  四季から「10月・秋の歌」
②プロコフィエフ
  前奏曲 作品12-7
③ショパン
  ポロネーズ第6番「英雄」



ワン・ステージ目は、ベートーヴェン作曲=リスト編曲: 交響曲 第6番 ヘ長調「田園」

 リピート記号を全部繰り返していたようで、超絶技巧とは言えちょっと退屈で

 第2楽章では、やはり度々居眠り状態(耳では聴いているのですが・・・)

 およそ45分ほどの長い第一幕でした。

 アンケート用紙に書いた私の感想
  「田園は征服したが、まだ一部の農民が抵抗を続けているような感じでした」

ツー・ステージ目の前半は、ショパンのポロネーズ集。(休みなく連続演奏)

 背筋にゾクッ!と響く感動が、今回は湧かなかった。

 ポロネーズ第2番 は、おそらく初聴き。

中盤は、シャブリエ: 絵画風の小曲集 より 第6曲「牧歌」

 これもおそらく初聴き。いまいち印象が残らなかった。

最後の曲は、今年生誕200年のヴェルディが作曲した オペラ【リゴレット】から

リストが編曲した 【リゴレット(演奏会用パラフレーズ)】
 
 聴いたことがあるような気もしましたが、それはオペラの方だったか?この曲だったか?

アンコールは、いつものように3曲も大サービス。

 2曲目は、プロコフィエフ作曲の 【前奏曲 作品12-7】 とのこと。これも初聴き。

 音階を元にした、練習曲風の構成でした。 これは、中々良かった。


 福岡市中央区の「福銀ホール」(約700席)に8割弱の入りでした。

 公演パンフでの「プロフィール」紹介で、今も
『チャイコフスキー国際コンクール第3位、ショパン国際ピアノコンクール(1985)第4位
 という、二大コンクールともに入賞した日本人で唯一のピアニスト。』

  と謳っていますが、既に四半世紀も前(前世紀)の歴史的成果であり、演奏家生活の
  入口に過ぎないコンクール入賞(優勝でも無いし)の『栄光』の呪縛に捕われていては、
  新しい生き方や表現力に支障が出るのではないか? と思ってしまいます。

 
【Profile】(facebook 情報より抜粋)

 人気・実力ともに日本を代表するピアニスト。
 チャイコフスキー国際コンクール第3位、ショパン国際ピアノコンクール第4位という、二大コンクールともに入賞した日本人で唯一のピアニスト。

 コンチェルトのレパートリーは60曲にも及び、国内外のオーケストラや著名指揮者とも数多く共演を重ねている。

 2006年からはBunkamuraオーチャードホールにて春・秋年2回ずつ2017年までの壮大なプロジェクト"12年間・24回リサイタル・シリーズ"を開始。
 小山の演奏活動の集大成とも言うべきこのシリーズは、考え抜かれた構成のもと毎回テーマとカラーを設定し、全24回のプログラムをスタート時にすべて発表したことでも大きな注目を浴びた。
 公演は全国7都市(東京、大阪、札幌、仙台、名古屋、福岡、北九州)において進行中である。

 2010年には、第16回ショパン国際ピアノコンクール(ポーランド)に審査員として参加。

 また、2011年の東日本大震災以降、東北出身の小山は「被災地に音楽を届けたい」の一念から、岩手、宮城、福島の被災地の公共施設等で演奏を続けている。 



【関連リンク】

  小山実稚恵 Twitter

  小山実稚恵 facebook

 小山実稚恵さんから facebook での御案内(再掲)

NHKラジオ第一とNHKネットラジオらじる*らじるで「ラジオ深夜便」に出演します。二回に分けての出演予定です。どうぞお聞きください。

下記のホームページにおきまして放送後の約一ヶ月間に渡ストリーミングも配信されますので、どうぞご覧ください。
(ストリーミング期間:11月12日から12月9日

http://www.nhk.or.jp/shinyabin/

ピアノとの出逢いからこれまでの思い出、リサイタルシリーズや、被災地での演奏会など、多方面にわたってお話しする予定です。

アンカー:栗田敦子

11月2日 24:10~ 〔オトナの生き方〕前半 <11月3日午前0時10分からの放送です。>
音楽の力で伝えたい
ピアニスト 小山実稚恵




音楽ブログランキング


*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************

 

 



 
関連記事
テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

福岡で 熟年ピアノ教室 発表会 (西日本新聞の記事)
2013年11月9日(土)

 中高年の初心者がピアノに取り組んだ成果を発表する「発表会」が行われたとのこと。

 私は、このサークルには全く関係ありませんが、福岡市東区で活動されているようですし

同じ趣味を持つ人々の取り組みに敬意を表して記事を御紹介するものです。



    (西日本新聞の写メ : 2013年11月9日付け)


音楽ブログランキング


*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************

 

 



 
関連記事
テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

MET LIVE Viewing チャイコフスキー 《エフゲニー・オネーギン》 を観ました!
2013年11月10日(日)

 おととい、11月8日(金)午前中 中洲太洋で、MET LIVE Viewing

【エフゲニー・オネーギン】 Eugene Onegin を観ました。

   3時間45分 (休憩2回含む)

 極内輪の家庭劇のような展開から始まります。

 美人姉妹の邸宅で開かれる誕生パーティーに参加したエフゲニー・オネーギンに

 まだ17歳前後の長女・タチヤーナ(アンナ・ネトレプコ)が一目惚れしてしまうが、

エフゲニー・オネーギン(マリウシュ・クヴィエチェン)は言い諭して袖にして・・・

Eugene Onegin_img_9


 それから、いろいろあって、

 十数年後にすっかり成熟して人妻になっていた タチヤーナ に エフゲニー・オネーギン が

求愛するが、今度は逆に袖にされる・・・

Eugene Onegin_img_3


   と云う、それだけの話。

 原作は、ロシアの文豪・プーシキンの散文詩。

 これを相当苦労してチャイコフスキーがオペラに仕立てたと云う話です。

 私的には、わざわざ壮大なオペラにするだけの値打ちがあるとは、思えませんが (-_-;)



 主役級の4人は、全てロシア・ポーランドなど東欧系の歌手たちなので、

ロシア語上演もそれほど抵抗感が無いようです。

 メトロポリタン歌劇場合唱団の合唱指揮者が、休憩時間のインタビューに応じていましたが

合唱団員たちは歴戦の優秀なメンバーなので、要領を得ればロシア語も歌いこなせるとのこと。

  MET LIVE Viewing 公式サイト による解説から 

【エフゲニー・オネーギン】

  上映期間:2013年11月2日(土)〜11月8日(金)

指揮:ワレリー・ゲルギエフ 演出:デボラ・ワーナー

出演:
   配  役    (役  名)
 アンナ・ネトレプコ(タチヤーナ)、
 マリウシュ・クヴィエチェン(エフゲニー・オネーギン)、
 ピョートル・ベチャワ(レンスキー)、
 オクサナ・ヴォルコヴァ(オリガ)、
 アレクセイ・タノヴィッツキー(グレーミン)

演奏:
  メトロポリタン歌劇場管弦楽団
  メトロポリタン歌劇場合唱団

上映時間(予定):3時間45分(休憩2回).MET上演日:2013年10月5日.言語:ロシア語.

 かつて告白された「愛」の価値に気づいた時、その女(ひと)はすでに人妻だった・・・。
 取り戻せない恋の痛みを描いてすべての人の共感を呼ぶチャイコフスキーの傑作オペラが、オープニングに登場!ヒロインの想いがほとばしる「手紙の場」、美しくも切ない辞世のアリア〈今日の日は僕に〉、華麗な舞踏会など見所聴き所が目白押し!ロシアの歌姫A・ネトレプコ渾身のヒロインと、世界をリードする巨匠V・ゲルギエフのタクトに胸が高鳴る。
 19世紀のロシア。地主の娘タチヤーナは、空想好きな文学少女。ある日彼女の前に、妹オリガの婚約者レンスキーの友人で放蕩貴族のオネーギンが現れる。彼に惹かれたタチヤーナは恋文をしたためるが、相手にされない。
 舞踏会でオリガを何度もダンスに誘ったオネーギンはレンスキーと決闘になり、相手を倒して放浪の旅に出る。数年後、オネーギンはグレーミン公爵に嫁いだタチヤーナに再会。美しく成熟した彼女に恋心を燃やすが・・・。
 



音楽ブログランキング


*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************

 

 



 
関連記事
テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

福岡発 地場 ミュージカル 舞台は 今はやりの古事記の時代?
2013年11月11日(月)

 今はやりの古事記の時代? を舞台にした 『福岡発 地域ドラマ』 ならぬ

   福岡発 「地場 ミュージカル」 が創作され稽古に励んでいるとのこと。

   題名は【ASUKA】



        読売新聞写メ添付

 国の特別史跡「水城(みずき)」(太宰府市、大野城市)が2014年、築造から1350年を

迎えることに合わせ、古代の福岡を舞台にしたミュージカルが創作された。

 地元ゆかりの劇作家や音楽家らが作った本格的な劇で、公募の市民らが演じる。

14年4月、太宰府市で上演される。 (以上、読売新聞記事「リード」)



音楽ブログランキング


*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************

 

 



 
関連記事
テーマ:ミュージカル - ジャンル:学問・文化・芸術

若者を オーケストラ で 育て上げる 南米・ベネズエラ の 【エル・システマ】
2013年11月12日(火)

 ベネズエラで取り組まれている【エル・システマ】の歩みについて語った本が出たそうです。

 題して 【世界で いちばん 貧しくて美しい オーケストラ】
     原題 「CHANGING LIVES」
(生き方の変革)トリシア・タンストール著


           2013年11月10日付け 読売新聞「書評」写メ添付

 その「書評」の書き出し(リード)部分は、こうです。 

 エル・システマという音楽教育プログラムは、1975年に南米ベネズエラの音楽家、経済学者、政治家のホセ・アントニオ・アブレウによってはじまった。 (以上、引用終わり)


 「オーケストラでスラムの子どもたちを救う」

  と云う、高い理想を掲げて取り組みが始まり、チャベス大統領(当時;今年死去)も

  積極的に政府の事業として支援した優れた活動です。

  非行や犯罪に走る青少年が絶えなかった中で、その背景に就職難や貧困があり将来の展望を

  見失っていることを読み取り、子どもたちに夢と明るい未来の展望を与えるものです。


 先ごろ、ミラノ・スカラ座と来日した 指揮者 グスタヴォ・ドゥダメル は、今や世界的な

若手指揮者ですが、この 【エル・システマ】 から輩出された才能です。

 彼の出身オーケストラは、シモンボリヴァル・ユースオーケストラ

 南米の歴史的英雄革命家である シモンボリヴァル の名を冠した管弦楽団です。



音楽ブログランキング


*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************

 

 



 
関連記事
テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

今朝の外気温度は、今シーズン初の ひと桁 の 寒さ
2013年11月13日(水)

 今朝は寒くてストーブを点けた!

 外気温度は、家を出発してから会社に着くまで、ずっと 9℃ のまま!

 一桁代は、今シーズン初めてでした。






音楽ブログランキング


*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************

 

 



 
関連記事
テーマ:日記 - ジャンル:日記

ほぼ2ヶ月半ぶりに (-^〇^-) 64万アクセス に到達しました \(^^@)/
2013年11月14日(木)

 この数日カウンターを見損ねていましたが おそらく2日程前(11月11日頃)に

ようやく、 64 万アクセス を超えました。

     この記事投稿時点で【640,390】 アクセス

     ******************* 

 63 万アクセスは、2013年 年8月26日頃 でしたので、76 日ぶりの 1万アクセス となります。
 
  すなわち、一日平均 【 130 アクセス位】

 週間平均 【900 アクセス位】 と言うことになります。

 テンポは、その前の1万アクセスより一層遅くなりました。(この処ずっと低迷中)

 まぁ、私はアクセス競争をしている訳ではないので、どうでも良い事ですが・・・

     ****************

いつもながら、ここまで到達しましたのは、御訪問いただく皆さまのおかげです。

本当にありがとうございます。

 この記事も含む現在までの記事数は、3,255 本  (削除したものも含む)
 :この前の 63 万アクセス以来、76 本 の記事をUPしたことになります。



*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************

このブログの今日の人気度は以下の通りです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
 にほんブログ村
  今、現在の総合ランキング 第 127,785 (73,185) 位 〔724,392 ブログ中〕
     大幅  DOWN !
  
              (  )内は前回・63 万アクセス時:以下同様

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ
  ランキング 第 76 (41) 位 〔623 ブログ中〕 DOWN !   

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ
  ランキング 第 83 (55) 位 〔429 ブログ中〕 DOWN !   

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
  ランキング 第 39 (27) 位 〔277 ブログ中〕 DOWN !  

   *****************


と、言う訳であまりランキングは気にしていませんが、今回の 1万アクセスの到達は

前の1万アクセスより相当遅く、ランキングは、   大幅 DOWN ↓ でした。


今後ともよろしく御願い致します。

お読み頂いたら、上記ランキングボタンのいずれかをクリックして頂ければ嬉しいです。


*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************
関連記事
テーマ:ブログ - ジャンル:ブログ

プレイエル・ピアノ(フランス) 生産撤退 ショパンやドビュッシーが愛用
2013年11月15日(金)

0131114at11_p.jpg
   生産撤退を決めたフランスの老舗ピアノメーカー、プレイエルのサンドニ工場
                  =2010年12月撮影(AFP=時事)

仏プレイエル、生産撤退
=老舗ピアノメーカー、ショパンも愛用

 (時事通信) - 2013年11月14日(木)10:08 
 

【パリ時事】
 ショパンやドビュッシーが愛用したことで知られるフランスの老舗ピアノメーカー、プレイエルは、パリ郊外サンドニの工場を年内に閉鎖し、ピアノ生産から撤退する方針を決めた。在庫があるため、会社自体は当面存続させるという。仏各メディアが13日報じた。
 プレイエルは1807年創業。1865年開設のサンドニ工場は、現存する世界最古のピアノ工場と言われ、創業以来の生産台数は25万台に上る。
 軽いタッチで優れた音質を出すとして多くの音楽家が愛用。イタリア高級車になぞらえ「ピアノのフェラーリ」とも呼ばれた。創業者の音楽家の名を冠した社名は、コンサート会場名や地下鉄の駅名にも用いられている。(2013/11/14-10:08)




音楽ブログランキング


*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************

 

 



 
関連記事
テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

エリザベト音楽大学 の 65周年 記念演奏会 アクロス福岡にて
2013年11月16日(土)




 エリザベト音楽大学 の 65周年 記念演奏会 を聴きました。

20131116-17.jpg

 演奏会は、結構盛会で、1階も2階もほぼ8割位の入りのようでした。

 私は、この大学とは何のゆかりも無い、謂わば『通りすがり』なのですが、

本日の演奏は大学オケという範疇を外してプロオーケストラと同じ視線で見ても

(聴いても)演奏水準も極めて高く、また大感動を貰えた素晴らしい演奏でした。

 指揮者の山下一史さんの手腕にもよるものかと思いますが、

「ニュルンベルクのマイスタジンガー」前奏曲では、管楽器が『ガナリタテル』こともなく

常に抑えた表現に努めながら各楽器を際立たせ、フィナーレに至る部分でクレッシェンド

を続けてゆき最後に高らかに歌い上げると云う表現で背筋ゾクゾクの大感動!

「ローマの松」では、クラリネット(女学生)の弱音でのカンタービレが素晴らしく、

九響やN響も『真っ青』の見事さでした。

 ホルン・ソロ(女学生)も、他の管楽器も皆さん卓越した技量でした。

その上、主席奏者も殆ど女性で・・・

 久々の感動から何度もブラボーを叫んでありました。

素晴らしい演奏を聴かせていただき、ありがとうございました。








 終演後の会場出口付近 (フィリピンの台風災害への義援金募金もされていました)




 出口での楽器を携えての「お見送り」も嬉しいサービスでした。

トランペット、フルートの方たち3名の『記念写真』を撮らせていただきましたので

掲載致します。





  エリザベト音楽大学 公式サイト
   創立65周年記念演奏会開催(11/16福岡、11/17広島)




音楽ブログランキング


*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************

 

 



 
関連記事
テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

MET Live 【ショスタコーヴィチ 《鼻》】
2013年11月17日(日)

 きのう午前中、福岡市の中洲太洋で MET Live Viewing 今シーズン第2作

 【ショスタコーヴィチ 《鼻》】

   を見ました。

 ゴーゴリの原作をショスタコーヴィチ がオペラ化に取り組んだ『傑作!』

 20代の若き ショスタコーヴィチ が、当時のソ連としては極めて前衛的と思われる

手法で取り組んだオペラであるので、難解な曲想ではあるが、後年のショスタコーヴィチ 

らしさのあるメロディラインとリズムが既に垣間見えているところもありました。

 しかし、20代でこれだけの曲を書くショスタコーヴィチ は、やはり凄い人!

      ****************

 鼻が独り歩きして、その主人(8等官)より上位の5等官に出世していて・・・

何かの社会風刺であることは確かで、スターリン時代は上演できなかったらしいが、

イマイチ風刺していた対象が良く解らない(尤も明示的に解っていたら粛清されていた?)

 いわゆる『抱腹絶倒』のコメディなのですが、何度も居眠り状態・・・



 舞台装置は、簡単な屋台の他は、スクリーンや紗幕に投影されるアニメーションが中心。

しかし、この手の込んだアニメーションを制作するのは、トンデモナイ手間が掛かっている

ように見えました。

 映像の中には、実写映像も幾つも挿入され、鼻がピアノ演奏している処では、鼻はアニメ

首から下は実写。 そして鼻が吹き飛ぶと演奏しているのは、ショスタコーヴィチ 本人!

他に、労働者がデモ行進している映像なども使用されていました。

MetLive2013-2-Nose_img_1.jpg

MetLive2013-2-Nose_img_2.jpg

MetLive2013-2-Nose_img_8.jpg

 出演者は、意外に多く、脇役だけでも十数人も・・・ それに大勢の合唱。

カーテンコールは、他のオペラと勝るとも劣らぬ陣容。

観客のスタンディングも受けていました。

 この日、初日の中洲大洋での観客は、残念ながら十数人に留まりました。

 やはり、全く有名では無いオペラだけに、本当の『通』しか来ないようです。


音楽ブログランキング



   【ショスタコーヴィチ 《鼻》】 (公式サイトより)

上映期間:2013年11月16日(土)〜11月22日(金)

指揮:パヴェル・スメルコフ 演出:ウィリアム・ケントリッジ

出演:
パウロ・ジョット(コワリョフ)、
アレキサンダー・ルイス(鼻)、
アンドレイ・ポポフ(警察署長)

上映時間(予定):2時間15分(休憩なし).MET上演日:2013年10月26日.言語:ロシア語.

【解  説】
 目が覚めたら「鼻」が消えていた!わがもの顔で街を歩き回る「鼻」は、持ち主のもとに戻るのか?奇想天外なゴーゴリの名作をオペラ化した、ショスタコーヴィチの野心作!パーカッションのみで演奏されるジャズ風の間奏曲、「鼻」の見物人が歌う混沌とした合唱など冒険的な音楽がオペラの常識を破る。
 世界的芸術家W・ケントリッジの映像を駆使したマジカルな演出は、一瞬も目が離せない。この役で絶賛を博すP・ジョットの主役にも注目。

【あらすじ】
 ある朝、床屋のイワンはパンの中に「鼻」を見つける。それは、彼の客で役人のコワリョフの鼻だった。自宅で目覚めたコワリョフは、「鼻」のないことに気づき愕然とする。いつの間にか「鼻」は服を着て言葉を話し、人間として振る舞っていた。コワリョフは「鼻」を取り戻そうと、新聞に広告を出そうとしたり、警察に駆け込んだりするがらちが明かない。万策尽きた彼のもとに、警官が「鼻」を持って訪れた。驚喜するコワリョフだが・・・。


  もっと詳しくは・・・

必見!捧腹絶倒・奇想天外なドラマ!《鼻》現地レポート
 METライブビューイング 最新情報 2013年11月8日金曜日 東条碩夫(音楽評論家)


ショスタコーヴィチ《鼻》視聴 ※10/28先行映像追加
 METライブビューイング 最新情報 2013年10月28日月曜日





音楽ブログランキング


*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************

 

 



 
関連記事
テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

【国際障害者ピアノフェスティバル】 (オーストリア・ウィーンで開催)
2013年11月18日(月)

 オーストリア・ウィーンで開催された 【国際障害者ピアノフェスティバル】で

熊本県の 月足さおり さんが 金賞を授賞 したとのこと。



     (2013年11月18日付け 西日本新聞 写メ)

しかし、関係者の話によれば、参加者の半数は 日本人だと云う。

記事によれば、日本の横浜が、このコンクールの発祥の地だそう。



音楽ブログランキング


*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************

 

 



 
関連記事
テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

今朝未明の 『満月』: 朝晩の気温は ひと桁
2013年11月19日(火)

 昨夜は、午後7時の時点で、雨模様。

 外気温度は8℃ の寒さ! (19:30)





 深夜に雨が上がったので、外に出てみると、雲の合間から『満月』が・・・

2013Nov19_FullMoon_01S.jpg

2013Nov19_FullMoon_01M.jpg
    (FUJIFILM FinePix SL300 にて30倍ズーム 露出を絞って撮影 午前2時)


 そして、今朝の外気温度は、9℃。(8:12)






音楽ブログランキング


*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************

 

 




関連記事
テーマ:☆お月様☆ - ジャンル:写真

トリスタンとイゾルデ アクロス福岡にて
2013年11月20日(水)



 

今から観る処

開演五分前




 終わりました!

 午後5時開演、午後9時半終演 カーテンコール10分 9:45 終了。

公演時間4時間半、内15分の休憩2回で、実質4時間でした。

 しかし、『コンサート形式オペラ』は、舞台装置や大道具はもちろん

小道具や振り付けや所作もないので、字幕を見続けていないと内容が解らない。

尤も、ビデオも含めて3回くらいは見ているので、粗筋は解っているのですが。

バレエでは、セリフも歌も無いのに所作でストーリーを語るのですが・・・

『コンサート形式オペラ』ではバレエも踊りも全くなくて・・・

 字幕を見続けていると、音楽を楽しめず、音楽に入り込むとストーリーが解らず

 そういう意味では、MET-Live Viewing は、中々良い取り組みだと思います。


音楽ブログランキング


*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************

 

 




関連記事
テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

映画 【清須会議】 (三谷幸喜原作・監督)  を見る
2013年11月21日(木)

 11月17日、朝9:15上映分で、喜劇作家?の 三谷幸喜が原作(小説?)を書き、自ら監督した

歴史・喜劇?映画 【清須会議】 を見ました。

Kiyosukaigi_Top.jpg


 先に原作の『小説』の方を読んで行ったので、展開や当事者の心理が解ってしまい

却って裏目に出た感じでした。 これは、「映画が先」 をお薦めします。 

 小説では、完全「現代語訳」となっているので、映画ではどうなるのか? と思っていた処

「完全現代語」という風でもなく、かと言って、当時話されていたであろう『NHK時代劇』

のような話し方ではなく、語尾が若干「時代劇風」 と云う感じでした。

 尤も、その時代の「口語」を生で聞いた人は誰も居ないので、時代劇の話し方も文献などから

想像したものなのでしょうけれど・・・

 内容は、荒唐無稽のようでいて、それは有り得る話し! という感じでした。

 配役では、当時、『当代、絶世の美女』と言われたお市の方(織田信長の妹にして浅井長政の妻)

が、鈴木京香(年増ババァ)と云うのが相当の興ざめ!

 もっと適役の背の高い女優は幾らでもいるのに、三谷幸喜好みのキャスティングなんでしょうか?

 観客は、250席のスクリーンに4割ほどの入りだったでしょうか?


 【清須会議】 公式サイト



音楽ブログランキング


*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************

 

 




関連記事
テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

新潟出張 もしかして新潟は初めてかも
2013年11月22日(金)

 朝7:55福岡空港発、
 



 9:25新潟着のANA機に搭乗して

 仕事で新潟に来ています。



 

 某ホールの視察です。



音楽ブログランキング


*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************

 

 





関連記事
テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

エレーヌグリモーをソリストに迎えてバーミンガム交響楽団演奏会
2013年11月23日(土)

 きのうの新潟出張から今朝の10:00発の便で福岡空港 に戻り、




 その足で、博多駅へ。 JR九州に乗り換えて北九州に移動。



   JR九州 【ツバメ型 「きらめき号」】 普通車・自由席社内


 ちょっと早く到着したので小倉で、時間を調整して




 アルモニーサンク ソレイユホール にはいりました。




 バーミンガム交響楽団演奏会




 エレーヌグリモーをソリストに迎えて、ブラームスのピアノ協奏曲第1番-ニ短調 など




 開演前の会場風景


  

 午後4時開演

 プログラム前半は、まず前座として

ベートーヴェンのバレエ音楽 【プロメテウスの創造物】

 つづいて、今日のメインイベント

 エレーヌグリモーをソリストに迎えて、【ブラームスのピアノ協奏曲第1番-ニ短調】
 
 いつものように深々と頭を下げる丁寧な御挨拶

演奏も無理なく、軽々と弾いている感じですが、それには欠かさぬ鍛錬の背景が・・・

やはり上手いです。

オーケストラが演奏中は、ヨガのようにしきりに上半身を回していました(笑)

SBSH3200M.jpg
 
 上の写真は、後半のプログラム終了後のカーテンコール風景ですが・・・


 今、中入り。

DSCF0276S.jpg

 コンサート後半は、【ドヴォルジャークの交響曲第9番-ホ短調】 作品95

 「新世界交響曲」は、中学生の頃に初めて買ったクラシック・レコードであり、

その『吹奏楽版・第4楽章抜粋』を中学校の吹奏楽部で初めて演奏した時から

長い付き合いの曲です。 (生演奏も何度も聴きましたし、レコードは擦り切れる程に)

 今日の演奏は、割と私好みの抑揚の付け方でした。

矯めるところはシッカリためて、速いところは速すぎずそれなりに速く・・・

ホルンの首席奏者は女性でした。 4楽章のソロでは、ちょっと外しましたが・・・

 観客の入りは、これだけ大きいホールに8割ほどか。 まずますです。 


音楽ブログランキング


*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************

 

 



関連記事
テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

駅前イルミネーション きのう(2013/11/23)通り掛かりました
2013年11月24日(日)




 最初の一枚(上)だけは、小倉駅前で、他は博多駅です。

 コメント不要だと思います。







SBSH3218.jpg







SBSH3230.jpg



音楽ブログランキング


*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************

 

 





関連記事
テーマ:イルミネーション - ジャンル:地域情報

京劇 【北京風雷京劇団訪日公演】 を観る
2013年11月25日(月)


 中国が『防空識別圏』を尖閣上空に新たに設定した その日(11/24)に

 福岡市民会館で、京劇の公演がありました。






 内容的には、コメディ的な短編が2本と、西遊記もの1本の3本たて。

 まずます楽しめました。


音楽ブログランキング


*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************

 

 





関連記事
テーマ:観劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

フォーラム 【青山劇場&円形劇場の果たしてきた役割とは?】 12/1 開催
2013年11月26日(火)

御案内です。 私とは直接関係ありません。

【青山劇場&円形劇場の果たしてきた役割とは?】

「こどもの城閉館問題」を文化政策の視点から考える

 フォーラム 2013年12月1日(日) 開催

■日時:2013年12月1日(日)午前9:30-11:10
■場所:東京芸術劇場 中リハーサル室1
■定員40名(事前申込不要、当日先着順)
 

 日本文化政策学会は、第7回研究大会の企画フォーラム「こどもの城、青山劇場、青山円形劇場を考える~文化政策の視点から~」を12/1(日)に開催する。場所は東京芸術劇場・中リハーサル室1にて。時間は9時30分~11時10分。入場無料(同企画に限り学会員以外の一般参加も無料)。定員40名(申込不要、当日先着順)。

同フォーラムでは、2015年3月末に予定されている閉館を前に、市民有志による存続運動も展開されている「こどもの城」について、特に同施設に含まれる青山劇場と青山円形劇場の現代舞台芸術に果たしてきた役割を見つめ直し、閉館問題を「文化施設・文化政策」の視点からあらためて問い直す。

報告者には、有泉慶美氏(市民団体「こどもの城・青山劇場・青山円形劇場の存続を願う有志の会」共同代表)、高野しのぶ氏(現代演劇ウォッチャー)、石井達朗氏(舞踊評論家)。またコメンテーターに曽田修司氏(跡見学園女子大学教授、社団法人国際演劇協会(ITI/UNESCO)日本センター事務局理事)を迎える。企画代表者は中村美帆氏(東京大学大学院人文社会系研究科文化資源学研究専攻博士課程/静岡文化芸術大学非常勤講師)。

 日本文化政策学会第7回研究大会の概要はこちら。
問い合わせ先は、e-mail:since19851101@gmail.com
詳細は下記サイトを参照。



◎関連サイト◎
日本文化政策学会 第7回研究大会 企画フォーラム
「こどもの城、青山劇場、青山円形劇場を考える ~文化政策の視点から~」

■日時:2013年12月1日(日)午前9:30-11:10
■場所:東京芸術劇場 中リハーサル室1
http://www.geigeki.jp/access/
東京都豊島区西池袋1-8-1・地下2階
※地下1階からエレベーターをご利用ください
(シアターイーストとシアターウエストの間)
■入場無料(学会員・非学会員ともに無料)
■定員40名(事前申込不要、当日先着順)

■開催趣旨
 唯一の国立総合児童センターとして知られるこどもの城は、ギャラリー(展示及びワークショップの開催)、音楽ロビー、造形スタジオ、そして青山劇場と青山円形劇場をその施設に含み、文化施設としての性格も色濃く持っています。とりわけ青山劇場と青山円形劇場が日本の現代舞台芸術にとって重要な役割を果たした劇場であることは周知のとおりで、子どもだけでなく大人も楽しめる文化施設として機能してきたと言えます。また1979年開館した両劇場は、文部科学省ではなく厚生労働省の管轄とはいえ、国が設立した現代舞台芸術の劇場としては1997年開館の新国立劇場よりも長い歴史を持っています。そのようなこどもの城の閉館が昨年秋に所管官庁の内部の議論のみで決定されたことについては、閉館の決定そのものに加えて政策決定の過程が果たして妥当だったかどうか、検証の余地が残ります。2015年3月末に予定されている閉館を前にして、市民有志による存続運動も展開されています。
 児童館の問題として議論されることの多いこどもの城ですが、文化施設、文化政策の視点から、これまでのこどもの城の活動と今回の閉館の決定をどのように考えるべきでしょうか。本フォーラムを、たくさんの人から愛されてきたこどもの城について、改めて文化政策として様々な視点から考察するきっかけにしたいと考えています。多様な議論がなされることで、こどもの城、青山劇場、青山円形劇場の未来がよりよい方向に開かれることを願っています。

■報告者(敬称略・報告順)
有泉慶美(市民団体「こどもの城・青山劇場・青山円形劇場の存続を願う有志の会」共同代表)
高野しのぶ(現代演劇ウォッチャー)
石井達朗(舞踊評論家)
■コメンテーター (敬称略)
曽田修司(跡見学園女子大学教授、社団法人国際演劇協会(ITI/UNESCO)日本センター事務局理事)




音楽ブログランキング


*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************

 

 




関連記事
テーマ:東京23区 - ジャンル:地域情報

小山実稚恵さん 震災後の想いを語る NHK-ラジオ深夜便
2013年11月27日(水)

 仙台出身・盛岡育ちのピアニスト 小山実稚恵さんが 

NHK-ラジオ深夜便 で 震災後の想いを語られました。

 放送は、11月3日・4日の二日間で、既に終了していますが、

【NHK-ラジオ深夜便】 のホームページで聴くことができます。

私は、先日この「ストリーミング」機能で聴きました。(各回45分ほど)

   「ストリーミング」公開期間:11月12日から12月9日

演奏の激しさ鋭さとは全く違った『ほんわかとした』優しい話しぶりです。

一日目(前半)は、12年24回の【音の旅】リサイタルとコンクールの話が中心。

特に二日目は、震災後の想いと活動について語られていて心がこもっていました。 

Koyama-Michie_2013Nov08LM.jpg

「ストリーミング」公開期間:11月12日から12月9日

 2011年の東日本大震災以降、東北出身の小山実稚恵さんは「被災地に音楽を届けたい」の一念から、岩手、宮城、福島の被災地の公共施設等で演奏を続けています。 

 小山実稚恵さんから facebook での御案内(再掲)

NHKラジオ第一とNHKネットラジオらじる*らじるで「ラジオ深夜便」に出演します。二回に分けての出演予定です。どうぞお聞きください。

ピアノとの出逢いからこれまでの思い出、リサイタルシリーズや、被災地での演奏会など、多方面にわたってお話しする予定です。

アンカー:栗田敦子

11月2日 24:10~ 〔オトナの生き方〕前半 <11月3日午前0時10分からの放送です。>
音楽の力で伝えたい
ピアニスト 小山実稚恵


下記のホームページにおきまして放送後の約一ヶ月間に渡ストリーミングも配信されますので、どうぞご覧ください。
(ストリーミング期間:11月12日から12月9日

音楽の力で伝えたい ピアニスト 小山実稚恵 (一日目・前半)
音楽の力で伝えたい ピアニスト 小山実稚恵 (二日目・後半)

  各回とも番組の最後に小山実稚恵さんのピアノ演奏が「CD」から紹介されます。


【関連リンク】

  小山実稚恵 Twitter

  小山実稚恵 facebook




音楽ブログランキング


*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************

 

 



 
関連記事
テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

博多座12月・市民桧舞台 【おもしろきこともなき世・・・おもしろく 望東尼】 
2013年11月28日(木)

  今日は、私が応援している地元福岡市在住の役者・玄海椿さんからの御案内です。

玄海椿 初の博多座公演『望東尼(ぼうとうに)』
12/15(日)11:00/16:45 A席¥4000 B席¥2000

徳永玲子、尾形大作、玄海椿、他200名出演。
チケット完売しておりましたが、芝居屋企画がチケット、確保しています。
全席指定ですので早めのお申し込みをお待ち致しております。
チケット申し込み→sibaiya. tubaki @ezweb.ne.jp
     (携帯電話でお申し込み下さい)
皆様、応援宜しくお願い致します

       以上、玄海椿さんのブログより

     ***********************

 以下は、私の方で情報を検索した内容です。

福岡市民芸術祭50周年記念クロージング公演
博多座「市民檜舞台の月」公演・第8回福岡文化連盟祭り 
第21回ふくおか県民文化祭2013

 『おもしろきこともなき世・・・おもしろく 望東尼』

   2013年12月15日(日)

   博多座 | 〒812-0027 福岡県福岡市博多区下川端町2−1


Boutouni_Hakataza_Omote.jpg

半世紀の歴史を誇る「福岡市民芸術祭」は、
その名のとおり"市民による文化芸術活動の発表の場"として親しまれてきました。
この秋、記念すべき50周年を迎え、その集大成として、
福岡市民芸術祭50周年記念 式典/オープニング公演『祝宴』を10月5日(土)に、
クロージング公演『おもしろきこともなき世...おもしろく 望東尼』を12月15日(日)に開催します!

 ペリー来航からさかのぼること50年前の1808年、一隻のイギリス軍艦が鎖国の禁をあざ笑うように長崎に入港、狼藉を働く事件が勃発しました。フェートン号事件です。
 これによって時代は幕末維新に向かって激しく動き出します。長崎警固の任にあった福岡藩も否応なくその渦中に巻き込まれていきます。
 その頃、福岡藩士の娘として生を受け、降りかかる幾多の悲運にもくじけず、「おもしろきこともなき世」を「おもしろく」と真っ直ぐひたむきに生き抜いた一人の女性がいました。

歌人、野村望東尼(のむら・ぼうとうに)(1806~1867)です。

 舞台は、伝説の「勤王の歌人」に新たな命を吹き込み、私たちと等身大の清新な女性として現代によみがえらせます。
 望東尼の波乱の生涯を物語る演劇に、和洋の芸能が多彩に織りなして進行するコラボレーション劇をお楽しみください。

日時/12月15日(日)
   ①11:00開演(10:00開場) ②16:45開演(16:00開場)
会場/博多座


主演/徳永玲子

総監督/舟越 節
脚本・演出/田中 はくどう
監修/安部龍太郎

 以上、WEB ATLIER より 福岡市文化芸術振興財団による演目紹介 を引用



Boutouni_Hakataza_Ura.jpg


*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************

【関連記事】

【#西日本新聞】歌人・野村望東尼の半生描く 博多座で12月に劇公演
   http://www.nishinippon.co.jp/nnp/f_sougou/article/44844 

 福岡が生んだ幕末の歌人、野村望東尼(1806~67)の半生を描いた舞台劇「おもしろきこともなき世…おもしろく 望東尼」が12月、福岡市博多区の博多座で公演される。筑前琵琶やバレエなど多彩な芸能を組み合わせたオリジナル作品で、市民総勢約200人が出演。今年50年目を迎えた福岡市民芸術祭のフィナーレを飾る。
 望東尼は福岡藩士の娘で、現福岡市中央区にある山荘(平尾山荘)を使って勤王の志士らを助けたとされる歌人。劇では、17歳から晩年までを、幕末の福岡藩を舞台に描写。高杉晋作との親交や、息子らを次々と亡くした悲劇、結核と闘いながら志士隠匿の罪で流罪となるなど、ひたむきに生きた姿に迫る。
 総監督は舟越節さん、脚本・演出は田中はくどうさん。約3時間に及ぶ劇は、タップダンスや琉球舞踊、仮面劇など和洋の芸能も織り交ぜて演出。さまざまな世代が楽しめる作品になっているという。
 主演の徳永玲子さんは「歴史上のすごい人物というイメージだったが、等身大の女性としての生き方に共感や感銘を覚えた。前向きに生きる姿を丁寧に演じたい」と話した。
 公演は12月15日の午前11時と午後4時45分の2回。前売りはチケットぴあなどで販売しており、A席4千円、B席2千円(当日各500円増)。
 10月19日には平尾山荘公園で記念の茶会、同26日には福岡アジア美術館で関連シンポジウムがある。福岡文化連盟=092(771)0188。(終了)
  =2013/10/08付 西日本新聞朝刊=



【@Fukuokacity_pr】福岡市PR 「野村望東尼」
   http://www.city.fukuoka.lg.jp/chuoku/kikaku/
   charm-kankou/ch-jouhouhassin/033.html

勤王の志士たちを支えた幕末の母

 「ひとすぢに あかき道ゆく 中やどに かしてうれしき やまのあれ庵(いほ)」(『向陵集』)

 平尾山荘に住んだことで知られる野村望東尼(のむらぼうとうに)は、文化3年(1806年)黒田家に仕える浦野重右衛門勝幸の三女・モトとして、現在の赤坂三丁目付近で生まれました。

 美貌で知られたモトは、17歳のときに一度結婚するも離縁。24歳で再び野村新三郎貞貫(さだつら)のもとに後妻として嫁ぎます。

 弘化2年(1845年)、長男の貞則に家督を譲り、夫婦は平尾山荘に移り住みました。2人は詩歌に造詣が深く、薬院の商家に生まれた歌人の大隈言道(ことみち)の門下に入り、平尾の自然に囲まれながら、歌を中心とした生活を楽しんでいました。

 しかし、安政6年(1859年)、夫の貞貫が亡くなります。仏門に入ったモトはその名をもじり、「招月望東尼(しょうげつぼうとうに)」と号するようになります。

 文久元年(1861年)に上京、翌年に帰福した後から勤王の志士たちを密かにかくまい、山荘を密会の場として提供するようになりました。高杉晋作も平尾山荘を訪れた一人です。

 冒頭の歌は彼らを支えようとする望東尼の心境を詠んだものでした。

 福岡藩の勤王派は次々と弾圧されてしまい、望東尼も真冬の慶応元年(1865年)11月に姫島に流されてしまいます。望東尼が60歳のときのことです。

 ところが、翌年9月、高杉の命を受けた30人の志士たちにより、昼間にも関わらず、監視の目を盗んで劇的に脱出したのでした。

 下関に着いた望東尼は慶応3年(1867年)4月、高杉の死を見取ると、山口を経て防府の三田尻に着き、同年11月6日、その地で62歳の生涯を終えました。王政復古が起こり、明治になったのはその翌月のことでした。

 望東尼の慰霊を偲び、毎年11月6日には平尾山荘で望東尼祭が行われています。10時半から1時間、お坊様による読経が行われるほか、梅やぜんざいの販売もしています。



【幕末歴史探訪】 野村望東尼 平尾山荘
  http://www.webkohbo.com/info3/motoni/motoni2.html

 志士の母、野村望東尼(ぼうとうに)をご紹介します。司馬遼太郎氏の著書『世に棲む日 日』の中では『もとに』と書かれています。
『まごころを つくしのきぬは国のため 立ちかへるべき ころも手にせよ』
(以下、略)



【野村 望東尼(のむら もとに)】 京都大学附属図書館 維新資料画像データベース
  http://edb.kulib.kyoto-u.ac.jp/exhibit/ishin/jinmei/Nomura.html

 筑前国早良郡に生まれた。江戸末期の歌人、勤王家。
文化3年9月6日(1806.10.17) - 慶応3年11月6日(1867.12.1)
(以下、略)



【日本経済新聞】野村 望東尼
信念曲げず志士たちを感化 ヒロインは強し(木内昇)
  http://s.nikkei.com/14tYKd0

 「おもしろきこともなき世に おもしろく」と幕末に生きた長州の奇才、高杉晋作は詠んだ。
 彼女は高杉の句に下の句を添える。「すみなすものは心なりけり」と。
(以下、略)



【野村 望東尼 ひとすじの道】
  http://www15.ocn.ne.jp/~nara/

時は幕末。
血気盛んな勤王の志士たちが母のように慕う女性がいた。
女だてらに勤王なんて・・・と噂されようとも
新しい時代をつくるために自分が信じる道をひとすじに貫いた人だった。
歌人 野村望東尼である。
(以下、略)





音楽ブログランキング


*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************

 

 




関連記事
テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

映画 【くじけないで】 を 公開初日に見る
2013年11月29日(金)

 今年82歳になる八千草薫さんが90歳から100歳を演じる映画

【くじけないで】  を この映画の公開日である先々週の土曜日に見ました。

Kujikenaide_Top.jpg


『老い』 を演ずるに当たって 「90歳は行ったことのない世界分からないです」

と述べられたとのこと。

 90歳を超えてから詩作を始め、98歳で出版した詩集が200万部を超えるベストセラーになった

柴田トヨさん(映画でも実名)の物語です。

 映画は、最愛の夫に先立たれた後、息子の勧めで「詩作」を始める現代(でも十数年前)から

始まり、詩作を続けてゆく中で昔を回想してゆくという構成になっています。

 それも映画が進むに連れて、時代が古く(すなわち柴田トヨさんは若返ってゆく)なります。

その中では、私自身が生まれた年や、私の父母が生まれた大正中期もあり、人ごとではない感じ。

 まさに私の母親の世代であることが解ってゆきました。

 若かりし頃の 柴田トヨさんを美形で有名な元宝塚娘役TOPであった檀れい、そして

子供の頃の 柴田トヨさんを名子役で名を馳せた芦田愛菜が演じています。

Kujikenaide_Chart.jpg


 日刊スポーツに公開日翌日、ぐうたら息子を演じた武田鉄矢さんの

インタビュー記事があり、興味深かったので写メで撮ってみました。
















【くじけないで】 公式サイト

【くじけないで】 公式ブログ

  【 Movie Walker 】 から  この映画の解説・紹介

 90歳をすぎてから詩作を始め、98歳で出版した処女詩集がベストセラーとなる反響を呼んだ詩人・柴田トヨ。13年1月に101歳で亡くなった彼女が詩を書きはじめたきっかけのエピソードなど、その半生をつづるヒューマンドラマ。晩年の彼女を八千草薫、若かりし日の姿を檀れい、芦田愛菜が演じる。監督は『60歳のラブレター』の深川栄洋。

【あらすじ】
 明治44年栃木県に生まれた柴田トヨは、傾いた家を支えるために奉公に出て、若い頃から苦労を重ねた。明治、大正、昭和、平成という激動の時代を生き、90歳になる頃、息子の健一(武田鉄矢)に詩作を勧められる。彼女の内側から発せられるあたたかい言葉は、やがて様々な人を勇気づけていく……。

【キャスト】
 役  名    配  役
柴田トヨ 八千草薫
柴田健一 武田鉄矢
柴田静子 伊藤蘭
柴田トヨ(若い頃) 檀れい
柴田トヨ(幼少時) 芦田愛菜
上条医師 上地雄輔
藤巻 ピエール瀧
柴田貞吉 鈴木瑞穂
柴田健一(若い頃) 尾上寛之
柴田静子(若い頃) 黒木華
柴田貞吉(若い頃) 橋本じゅん

【スタッフ】
監督 深川栄洋
脚本 深川栄洋
原作 柴田トヨ
撮影 石井浩一
美術 松本知恵
音楽 富貴晴美
主題曲/主題歌 由紀さおり
録音 林大輔
照明 椎原教貴
編集 坂東直哉




音楽ブログランキング


*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************

 

 




関連記事
テーマ:心に残る映画 - ジャンル:映画

今日は 映画にドップリ! 4本連チャンで・・・
2013年11月30日(土)

 今日は土曜日、且つ 行き付けのスポーツクラブが月末休日なので時間を持て余し

トリアス久山の United Cinemas に 朝から夜まで入り浸り

 詳細は、別の記事にしますが、下記の4本の映画を見ました。

① あさひるばん 9:45 ~ 11:45 観客三人

② 25年目の弦楽四重奏 12:35 ~ 14:35 観客十名弱
   [ 原題:Late Quartet ]

③ かぐや姫の物語 14:45 ~ 17:15 観客百名超 (ほぼ満員)

④ はじまりのみち 17:20 ~ 19:10 観客十数名




音楽ブログランキング


*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************

 

 




関連記事
テーマ:心に残る映画 - ジャンル:映画