fc2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私の思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



貫地谷しほり と 竹中直人 主演 映画 【くちづけ】 を観ました
2013年5月27日(月)

多彩な芸人・貫地谷しほり が初主演映画として取り組んだ 【くちづけ】 を観ました。

snk20130525530view.jpg


この映画が公開された初日(2013/5/25) に、T-JOY博多にて。

共演は、竹中直人。 貫地谷しほり と 竹中直人 と云えば、【Swing Girls】 以来?

 貫地谷しほり が、知的障害を持つ女子を演じたのだが、さすがの演技力!

特に、殆ど『まばたき』をせずに行う目の演技の凄さ! しかし凄味があるのではない。

知的障害故の『天真爛漫さ』を目の演技で演じているのです。

ssp20130525533view.jpg

 この作品のテーマは、知的障害者をグループホームで受け入れる夫妻とその娘の困難。

知的障害を持つ子を残して先に逝かざるを得ない親の苦悩と恐怖。

そして、自立させて卒園させるという社会的使命を果たすと収容者が減少し、経営が

困難になる現実 ・・・ など、極めてリアルで切実な問題です。

 共演者に、原作・脚本の 宅間孝行。 

 グループホームを経営する医師の家族に、平田満,麻生祐未,橋本愛,

取分け、いま朝ドラで濃いキャラクターを放出中の橋本愛が重要な役処。

m_803892_index_iapp.jpg


物心付くかつかない頃から、知的障害者と一緒に暮らしていると云う環境で

育ち、彼らに対する差別意識や偏見も全くなく、言わば同化している役柄。

中々難しいシチュエーションを好演していました。

【インタビュー】橋本愛「ひたすら走ってきたわけでもなく
 ゆるゆる歩いてきて今がある」 - 映画『くちづけ』

 (マイナビニュース) - 2013年5月24日(金)21:30


 これ以上書くと重たくなりまた嫌味にもなるかも知れないので、これにて。

*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************

 以下は、goo と提携している 【Moovie Walker】 より引用 

 2012年いっぱいで解散した劇団・東京セレソンデラックスの人気舞台を堤幸彦監督が映画化したヒューマンドラマ。とあるグループホームを舞台に、住人たちとそこへやってきた漫画家とその娘との交流を温かい視線で描く。主演の貫地谷しほりのほか、東京セレソンデラックスを主宰し、脚本を務めた宅間孝行も出演している。

【あらすじ】
 幼稚園児レベルの知能を持つうーやん(宅間孝行)たちが暮らすグループホーム“ひまわり荘”。ここで、彼らが毎日仕事にも通いながら楽しく暮らしていると、漫画家の愛情いっぽん(竹中直人)とその娘マコ(貫地谷しほり)がやってくる。マコもまた幼稚園児程度の知能であり、入居することになった娘と一緒に暮らすため、いっぽんは“ひまわり荘”の住み込みスタッフとして働き始める。やがて、淡い恋心を芽生えさせてゆくマコとうーやん。その一方、いっぽんは誰にも言えないある秘密を抱えていた……。

【スタッフ・キャスト】

スタッフ:
 監督 堤幸彦, 脚本 宅間孝行, 原作 宅間孝行
 プロデューサー 松村英美 、 神康幸 、 市山竜次
 主題曲/主題歌  熊谷育美
 キャスティングプロデューサー  福岡康裕

キャスト:
 マコ 貫地谷しほり
 いっぽん 竹中直人
 うーやん 宅間孝行
 田畑智子,岡本麗,
 平田満,麻生祐未,橋本愛,
 嶋田久作,宮根誠司,伊藤高史
 谷川功,屋良学,尾畑美依奈,万田祐介



*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************

映画「くちづけ」
物語は衝撃的な結末… 貫地谷しほりが初主演 

 (産経新聞) - 2013年5月25日(土)12:09
 

 よく映画で見かける売れっ子なのに、意外にも本作「くちづけ」(堤幸彦監督)が初主演だそうだ。とはいえ、貫地谷(かんじや)しほり(27)に初主演の気負いや緊張感はなかった。むしろ、敬愛する堤監督から知的障害者という難しい役どころでお呼びがかかったことで、「女優として挑戦状をたたきつけられた」との思いの方が強く、撮影には覚悟を決めて臨んだと振り返る。

 本作は、知的障害者たちの自立を支援するグループホームに暮らす人々と家族の悲哀を描いた群像劇。宅間孝行(42)が主宰する劇団で脚本・演出・主演を務めた舞台がベースとなっている。映画では、7歳児の気持ちのまま大人となった知的障害者のマコ(貫地谷)と漫画家の父、いっぽん(竹中直人)のつらくも楽しい日々の出来事が優しいタッチで描かれている。

 貫地谷は最初、脚本をコメディーとして読み進めたが、物語は新聞の社会面をにぎわす衝撃的な結末を迎える。少し補足すれば、それは知的障害者を持つ親が選んだ一つのつらい生き方だ。「宅間さんに聞けば『それが社会の真実だ』という。社会で同じことが起きていると思うと切なくなった」。貫地谷は「どうすれば知的障害者が幸せに暮らせる社会となるのか」と今でも自問自答するが、答えを見いだせずにいる。

 いっぽんとマコのやり取りはほほえましく、息もぴったり。聞けば3度目の共演で、父と娘という設定も本作が2度目。素に近い竹中の演技とは対照的に、貫地谷の役作りは取材で訪れたグループホームの入所者との触れ合いから生まれたものだ。「堤監督が『あの人みたいな、かわいらしい人がいいな』と言った女性を参考にしました」。自身のキャリアの一ページに残る、忘れられない作品となった。25日、全国公開。
      (高橋天地) 




音楽ブログランキング


*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************




...read more
関連記事
テーマ:心に残る映画 - ジャンル:映画