fc2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私の思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



ラ・フォル・ジュルネ音楽祭 鳥栖 二日目!
2013年5月6日(月・祝振休)

 今日、午前中は、【渡されたバトン】の上映会に行ったので、午後から鳥栖市民文化会館へ。

 今日の1本目は、午後4時から、弦楽四重奏曲第1番=K.80と「クラリネット五重奏曲」= K.581

 弦楽四重奏第1番は、多分初聞き。
モーツァルトの子ども時代の作品。
嘘みたい!
お父さんのレオポルドが手伝ってないのかなぁ?

 続く、クラリネット五重奏は聴き覚えのある、と云うか有名な曲です。
 しかし、生で聴いたのは初めてかも。
 クラリネットは、ラファエル・セヴェールさん。 とても、うまかった!

 今は、その演奏が終わって、次の午後6時からのプログラム迄の待ち時間。


 2本目は、九州交響楽団による、オペラ・ドンジョバンニ序曲=K.527や交響曲第40番=K.550など。

 三本目は、弦楽四重奏第6番=K.159とピアノ四重奏第1番=K.478

 今日最後の公演は、ディベルティメント=K.138とピアノ協奏曲第9番=K.271。
 ソリストは、小曽根真














音楽ブログランキング


*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************




関連記事
テーマ:ラフォル・ジュルネ「熱狂の日音楽祭」 - ジャンル:音楽

ラ・フォル・ジュルネ音楽祭 鳥栖 二日目にして最終日 終了!
2013年5月6日(月・祝振休)

 今日私が聴くプログラム2本目は、九州交響楽団による、オペラ・ドンジョバンニ序曲
=K.527や 交響曲第40番=K.550など。

 交響曲第40番は、いわゆるト短調交響曲です。

 良く聴く曲ですが、生で聴くのは、久しぶり。

いつ頃聴いたか覚えていない程。

 演奏は、中々良かった 

 三本目は、弦楽四重奏第6番=K.159とピアノ四重奏第1番=K.478

 弦楽四重奏は、多分初聞きで、初期の作品とは思えない複雑さと円熟味のある曲。

 ピアノ四重奏のピアノパートは、昨日不調だった、仲道郁代さん。
 今日は、ベテランらしく弦楽を率いていました。
 演奏も抜群。 昨日は、やはり体調不良だったんだろう。


 今日最後で今年のラ・フォル・ジュルネ音楽祭最後の公演は、ディベルティメント=K.138
とピアノ協奏曲第9番=K.271。

 ソリストは、小曽根真。

 ディベルティメントは、良く知られた曲。

 続く、ピアノ協奏曲第9番=K.271は、まあ聴いたことがあるらしい、と云う程度。

 ソリストの小曽根真さんは、ジャズ畑出身なので、カデンツァが聴き処。

 第1楽章のカデンツァはクラシック調からジャズ調に自然に変異。

 そして、普通はカデンツァがない第2楽章でも長いカデンツァが挟まれ、
こちらは無調音楽のような響き。

 さらに第3楽章には、三回もカデンツァが入って大サービス!

 演奏が終わると大歓声!

 私も今回のラ・フォル・ジュルネ音楽祭では初めてのブラボーを叫びました!

 長いアンコールの声援に応えて、アンコール曲は小曽根さんが作ったばかりの新曲の楽譜を、
その場でオーケストラに配り初見演奏。
 ジャズ風と言えるかどうか分かりませんが、ゆったりした曲です。
 題して【モーツァルトの昼寝】とのこと。

 大歓声の内に、今年のラ・フォル・ジュルネ音楽祭は終幕を迎えました。

 もうすぐ博多駅に着きます。

 今日も、帰り道の電車内で、携帯電話でのブログの投稿を済ませました!

 親指が痛い (笑)

   THE END


音楽ブログランキング


*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************




関連記事
テーマ:ラフォル・ジュルネ「熱狂の日音楽祭」 - ジャンル:音楽