FC2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



押収の名器バイオリン返還=ヤンケさん「ほっとした」 (時事通信)
2012年10月9日(火)

 音楽の国 ドイツの国際的玄関空港であるフランクフルトで、8月の堀米ゆず子さんに

続いて、再び9月28日、ドイツ国籍の日系バイオリニスト、有希・マヌエラ・ヤンケさんの

ストラディバリウスが脱税の疑いを掛けられ、云わば冤罪『逮捕』(押収)された。

バイオリン、また押収=関税1億2000万円要求―独空港
 (時事通信) - 2012年10月4日(木)12:35


日系演奏家のストラディバリウスも押収 独の空港で
 (朝日新聞) - 2012年10月4日(木)10:01


 このニュースは先週の上記Webニュースで知っていたが、ブログには書かなかった。

 そのストラディバリウスがドイツ財務省の指示で、非課税で返却されたことが解った。


     バイオリン、また無償返還 ヤンケさん使用の名器
  PN2012100901002065.jpg
  有希・マヌエラ・ヤンケさんと差し押さえられたストラディバリウス
   =9月、東京・赤坂 (共同通信) 2012年10月9日(火)19:12 


独税関押収ストラディバリウス、今回も無償返還
 (読売新聞) - 2012年10月9日(火)19:08


 時事通信によると 「日本音楽財団は9日、バイオリンが本人に返還されたと発表した。
ヤンケさんと財団の塩見和子理事長が現地時間の同日午前、空港で引き取ったという。」

押収の名器バイオリン返還=ヤンケさん「ほっとした」―独税関
 (時事通信) - 2012年10月9日(火)18:36


 あるニュースによると、ドイツのショイブレ財務相は、税関職員の振る舞いに『立腹』

していると云う。 どうも特定の税関職員の勇み足のようである。

 その税関職員は、返却したことに対して「脱税を助けた」として財務相を告発したとか。

<ドイツ税関バイオリン押収>返却、財務相を告発
 押収の税関職員「音楽家の脱税助けた」

 毎日 - 2012年10月9日(火)18:00
 

     **********************

 堀米ゆず子さんのWebサイトでの顛末報告では、相当困難な交渉だったようだ。

皆さま
 2012年9月25日
 このたびは私の楽器のことで大変お世話になりました。



音楽ブログランキング



独税関押収ストラディバリウス、今回も無償返還
 (読売新聞) - 2012年10月9日(火)19:08
 

 ドイツ在住のバイオリニスト、有希・マヌエラ・ヤンケさん(26)が、日本音楽財団(東京)から貸与されたバイオリンの名器ストラディバリウスを、ドイツ・フランクフルト国際空港の税関に押収された問題で、同税関は9日、楽器をヤンケさんに無償で返還した。

 同財団が明らかにした。

 ヤンケさんは、9月28日に東京から同空港に到着した際、手荷物のバイオリンを申告せずに持ち込もうとしたとして押収された。同税関が、楽器の評価額約6億1000万円の19%に当たる約1億2000万円の関税支払いを求めたため、同財団や日本の外務省などが無償返還を独政府に働きかけていた。

 同税関が楽器返還に応じた理由は明らかになっていないが、10月8日付のドイツの大衆紙ビルトは、独財務省が税関当局に返還を命じたと報じていた。


押収の名器バイオリン返還=ヤンケさん「ほっとした」―独税関
 (時事通信) - 2012年10月9日(火)18:36
 

 ドイツ在住のバイオリニスト、有希・マヌエラ・ヤンケさん(26)が使用する名器「ストラディバリウス」が同国フランクフルト国際空港で税関当局に押収された問題で、日本音楽財団は9日、バイオリンが本人に返還されたと発表した。ヤンケさんと財団の塩見和子理事長が現地時間の同日午前、空港で引き取ったという。

 財団によると、バイオリオンは1736年製の愛称「ムンツ」で時価6億円程度。財団がヤンケさんに貸与している。税関は関税約118万ユーロ(約1億2000万円)の支払いを要求していた。

 ヤンケさんは父がドイツ人で母は日本人。国際コンクールで最高位を獲得するなど世界的に活躍している。



バイオリン、また押収=関税1億2000万円要求―独空港
 (時事通信) - 2012年10月4日(木)12:35
 


 ドイツ・フランクフルト国際空港で9月28日、同国在住の若手バイオリニスト、有希・マヌエラ・ヤンケさん(26)が使用する名器「ストラディバリウス」が税関当局に押収されていたことが4日、分かった。楽器をヤンケさんに貸与している日本音楽財団(東京)の関係者が明らかにした。

 楽器は1736年製の「ムンツ」で、時価6億円程度とみられている。税関当局は関税として約118万ユーロ(約1億2000万円)の支払いを要求しているという。財団側は無償での返還を求めている。ヤンケさんは日本での演奏会を終えた後、ドイツに戻ったところだった。

 ヤンケさんはドイツ人の父と日本人の母を持つ。2004年にパガニーニ国際コンクールで1位なしの最高位2位に入り、世界的に活躍。07年からこの楽器を使ってきた。

 財団関係者は「(ヤンケさんは)貸与契約書など必要書類を持っており、万全だと思っている。こういう事態が続けば、多くの演奏家の活動に悪影響が出ることは間違いない」と懸念を示した。

 8月にはベルギー在住のバイオリニスト、堀米ゆず子さん(54)もフランクフルト国際空港で愛用のバイオリンを押収されたが、結局、罰金などは科されずに返されることになった。 



日系演奏家のストラディバリウスも押収 独の空港で
 (朝日新聞) - 2012年10月4日(木)10:01
 

 ドイツ国籍のバイオリニスト、有希・マヌエラ・ヤンケさん(26)が先月28日、日本からの帰路、独フランクフルト空港の税関で愛器を押収されたことが、日本音楽財団への連絡でわかった。ヤンケさんは2007年、チャイコフスキー国際コンクール3位入賞。ドイツ人の父親と日本人の母親の間に生まれ、現在はドレスデン州立歌劇場管弦楽団のコンサートミストレスを務めている。

 押収されたのは1736年製のストラディバリウスで、日本財団の助成を受ける日本音楽財団から貸与されている。財団は現在計20器の弦楽器を保有しており、樫本大進さんや諏訪内晶子さんら、国際的に活躍する演奏家たちに無料で貸与してきた。財団によると、ヤンケさんは貸与証明書と楽器の写真、保険証書などを一式携帯していたが「欧州連合(EU)内で売る可能性がないとは言い切れない」との理由で押収されたという。

 財団の塩見和子理事長は「私たちはドイツを含む世界中の演奏家に貸与している。国際交流の礎にと思っているのに、こういうことが相次ぎ残念」と語る。フランクフルト空港では8月、ベルギー在住の堀米ゆず子さんが愛器ガルネリを押収されている。(吉田純子)



<ドイツ税関バイオリン押収>返却、財務相を告発
 押収の税関職員「音楽家の脱税助けた」

 毎日 - 2012年10月9日(火)18:00
 

【ベルリン篠田航一】
 ドイツ・フランクフルト国際空港の税関で8月に音楽家の堀米ゆず子さん(54)の高額バイオリンが押収された後、財務省の指示で無償返還されたことに対し、押収した税関当局の職員が、返還を決めたショイブレ財務相を「音楽家の脱税行為を助けた」として脱税ほう助の疑いで検察当局に告発した。

 独メディアは、9月に同空港で差し押さえられた有希・マヌエラ・ヤンケさん(26)の高額バイオリンについても返還指示が出たと報道。一連の押収騒動は財務省と下部組織の税関との内部対立に発展している。

 同空港では、8月にベルギー在住の堀米さん、9月にドイツ在住のヤンケさんの愛器が押収された。税関などによると、430ユーロ(約4万3000円)以上の価値を持つ高額物品を欧州連合(EU)域内に持ち込む場合には申告が必要だが、2人とも無申告で税関を通過しようとしたため、密輸などの疑いを持たれたという。堀米さんは評価額1億円の名器ガルネリを押収され、約1900万円の関税支払いを求められたが、その後、無償で返還された。独ビルト紙は一連の税関の対応にショイブレ財務相が立腹していると伝えている。 





*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************


音楽ブログランキング





関連記事
テーマ:クラシック - ジャンル:音楽