FC2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



今朝5時1分前 博多山笠 追い山
2012年7月15日(日)

 昨日の夕方、平和行進が終わってから、川端界隈に出掛け、

今朝取り壊される飾り山を幾つか見てきました。

 見送りも掲載すると余りに多くなるので、表側だけ載せます。































 そして、今朝はいよいよ追い山笠。

 暗いので、映りはどうでしょうか?

 一つは、走るかき山。




 次は、千代流れ。








 
*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************


音楽ブログランキング




関連記事
テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報

春野寿美礼 版 【エリザベート】 を 観る
2012年7月15日(日)

 来週には、瀬奈じゅん (アサコ)さんが演ずる版を観る予定ですが、今日は春野寿美礼(オサ)さん

がエリザベートを演ずる版を見てきました。




 アサコは、宝塚時代にルキーニもトートもエリザベートも演じたので、歌も演技も安定していますが、

オサは宝塚ではアサコの一年先輩とは言え、エリザベート役は初めてだし、女性役での本格的

タイトルロールも初めてでは…





 冒頭近くで少し声が引っ掛かり心配しましたが、「私だけに」は難なく歌い上げ、

そのナンバーの最後の最高音もしっかり歌いきりました!

 さすがに宝塚時代の鍛練の賜物です。

 男役トップだったことを次第に忘れて行きました。




 これは、アサコが初めてエリザベートを演じた時と同様の感覚でした。

 初のエリザベートとしては、上出来と言えるでしょう。

 いつも辛口のレビューを書く、私が言うのですから間違いありません。

     *****************




 今日のトート役は、本場 Wien で長らくトートを演じている

ハンガリー人のマテ・カマラスさんでしたが、

ルキーニ役の高嶋政広より解りやすい日本語でした。





 私は、今日は当日券狙いでB席補助席を問い合わせましたが、既に完売。

特B席・補助席が空いていて、そこをGET(12500円)

 丁度特B席とA席の間の斜めのコーナー部分に辺り、中々見易い席でした。

     ******************

 その席の斜め後ろの方に、良い席なのにガラッと空いた座席ブロックが・・・

開演直前に子ども達の集団(と言っても3人と保護者らしい女性一人)が着席。

 その子ども達は、「少年ルドルフ」を演じる4人の内今回出演しない3人。

 開演前や中入りの時に、20代前後の女性たちが入れ替わり立ち代り握手を

求めています。 それも3人の内特定の一人に・・・ 他の二人は無視して・・・

 やがて、その理由が解りました。 この子どもは、トヨタの『こども店長』

加藤清史郎でした。 愛想良く握手には応じていましたが、写真はNG。

 さすが、プロ根性が座っている。 コマッシャクレの典型です。


 
*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************


音楽ブログランキング








関連記事
テーマ:ミュージカル - ジャンル:学問・文化・芸術