FC2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

06 | 2012/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



【クズルガハ烽火(ノロシ)台】 跡
2012年7月29日(日)

【新疆ウイグル自治区 絹街道たび】  本編 - 第14回

     *****************

 【第3日目 2012/6/18】の続きです。

 その後、また1時間余りバスに乗り、「クズルガハ烽火(ノロシ)台」 跡 を見学

SBSH0139m.jpg

SBSH0141m.jpg

 上部では、おそらく足場となっていた木柵も一部現存しているようです。

   (再現かも知れませんが)

左下の人の背丈と比べて頂ければスケール感が判ります。

SBSH0140m.jpg

SBSH0143m.jpg

 近づくとあちこちに深い穴が明いていたので(この写真でも幾つか見えるかと思いますが)、

ガイドに「古代の戦闘の跡か?」 と訊くと

「その時代には、当然鉄砲などはなく、銃痕ではない。 木枠などの支柱を差し込んでいたもの」

  との説明でした。(本当かどうかは知りませんが・・・それらしい答えでした。)

SBSH0144m02.jpg

 2010年3月建立の 上の碑文を簡単に紹介すると(中国語なので、正確には解らない)

【クズルガハ烽火台遺跡は、庫倉(クチャ)の西北12kmに位置する。
 クズルガハ石窟寺院から千mほどの地点である。 宣帝年間(漢代)に建設された。
 夜は火を起こし、昼は煙を炊いた。
 基底部は、平面的には長方形であり、6.5m×4.5m。 高さは、13.5mある。
 頂部は望楼となっており、木柵も一部現存している。
 保存状態の比較的良好な烽火台遺跡である。
 中国・国務院は2001年6月25日に、「全国重点保存文物保存単位」に指定公布した。
 漢唐時代の古代の軍事通信建築施設として、また旅人達の目印として重要であった。】

   と云うようなことではないかと思われます。

 
*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************


音楽ブログランキング


【新疆ウイグル自治区 絹街道たび】 (001) 前振りへ

     ************************

【新疆ウイグル自治区 絹街道たび】 (003)  リアルタイム携帯投稿の最初へ

【新疆ウイグル自治区 絹街道たび】 (020)  リアルタイム携帯投稿 -18 へ

     ************************

【新疆ウイグル自治区 絹街道たび】 (021)  本編 -1 へ

【新疆ウイグル自治区 絹街道たび】 (033)  本編 -13 へ

【新疆ウイグル自治区 絹街道たび】 (034)  本編 -14

【新疆ウイグル自治区 絹街道たび】 (034)  本編 -15 へ




関連記事
テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

不吉な感じさえある美しい夕焼け
2012年7月29日(日)

 今日、午後7時半過ぎの西の空です。




 写真では充分伝わらないと思いますが、久しぶりの美しい夕焼けでした。




 何か、ちょっと怖いくらい。


 

 台風も近づきつつあるらしいし…

 
 
*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************


音楽ブログランキング





関連記事
テーマ:写真日記 - ジャンル:日記

【スバシ仏教寺院跡】  絹街道たび 第3日目 2012/6/18
2012年7月30日(月)

【新疆ウイグル自治区 絹街道たび】  本編 - 第15回

     *****************

 【第3日目 2012/6/18】の続きです。


【スバシ仏教寺院跡】 17:36 ~ 17:50

SBSH0154m.jpg

 これだけを見ると、長年の風雨で削られた自然の為せる造形のようですが・・・

SBSH0157m.jpg

 これが遺跡であることを発見したのは、日本の大谷光瑞・学術探検隊。

SBSH0153m.jpg

大谷光瑞・学術探検隊という名前は、【ギジル千仏洞】などあちこちで聞きました。

ウイグルの文化遺跡を徹底して調査したようですね。

SBSH0149m.jpg

SBSH0165m.jpg

 しかし、こういう人里離れた遺跡のすぐ近くにも携帯電話用タワーが2本も・・・

P6180160m.jpg

 こういう部分を見ると、人間が構築した建造物であることが解ります。

P6180156m.jpg

P6180161m_20120731002021.jpg

 城壁は結構高く、垂直に切り立っている。

P6180168m.jpg

P6180171ML.jpg

 この遺跡の解説「碑文」

P6180170ML.jpg

  この碑文も概要を書いてみると

 「スバシ仏教寺院跡」 またの名を 「ツァオリ大寺院」 または、「スバシ古代都市」 と称する。
 「スバシ仏教寺院」は天山山脈沿いに位置し、当時の市域の両端の距離は20kmに及ぶ。
寺院は、西区域と東区域の二つの部分からなる。
東区域は、東西幅146m・南北長さ535m。 
西区域は、東西幅170m・南北長さ685m。
 寺院は、3世紀の魏晋時代に建立され、隋唐時代(6-8世紀)に最も発展した。
 西暦628年、玄奘三蔵法師がインドへの途上で2ヶ月あまり滞在したといわれる。
 7世紀中頃、唐安西都督府が移設され、内地の高僧が寄り集まって仏教が興隆した。
 しかし、地震や火災に度々見舞われ、9世紀には戦火で衰退した。
 13-14世紀には、ほぼ寺院群は消滅した。

東寺には、由仏堂、僧房、北・中・南の三塔があり、
西寺には、建築物が多数あり、北・中・南の三塔がある。
北塔には、仏洞があり、壁画が残存している。

 この寺院遺跡の考古学的成果は、20世紀になって、日本の大谷光瑞・学術探検隊が西寺を発掘調査し仏舎利盒を発見したことに始まる。現在は日本の東京国立博物館に所蔵されている。
 1907年には、フランスの探検家Boshheにより仏舎利盒が7個発見された。
 1968年には、北京大学の黄文*先生が西寺を発掘し、大量の陶器・銅銭、鉄器、木管、経典などを発見した。
 1978年に、文物部門が西寺の基底部を発掘し、女性と嬰児の骨を発見。
現在クチャの博物館に所蔵されている。

 1996年11月に国務院は全国重点文物保存単位として公布した。


 
*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************


音楽ブログランキング


【新疆ウイグル自治区 絹街道たび】 (001) 前振りへ

     ************************

【新疆ウイグル自治区 絹街道たび】 (003)  リアルタイム携帯投稿の最初へ

【新疆ウイグル自治区 絹街道たび】 (020)  リアルタイム携帯投稿 -18 へ

     ************************

【新疆ウイグル自治区 絹街道たび】 (021)  本編 -1 へ 

【新疆ウイグル自治区 絹街道たび】 (034)  本編 -14 へ

【新疆ウイグル自治区 絹街道たび】 (035)  本編 -15

【新疆ウイグル自治区 絹街道たび】 (036)  本編 -16 へ




関連記事
テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

最初の 【バザール】 散策 庫倉(クチャ)地区のバザール
2012年7月31日(火)

【新疆ウイグル自治区 絹街道たび】  本編 - 第16回

     *****************

 まだ 【第3日目 2012/6/18】 の続きです。

【庫倉(クチャ)地区のバザール】 18:25 ~ 18:50

この日の最後の日程はバザールの散策です(同行の人々にとってはお買い物)。

 ありとあらゆる物が売っているという感じ。

各種食料品はもとより、使えるかどうかも解らない中古の機械部品なども。

詳しい説明は面倒なので、幾つかの写真でお茶を濁します。

SBSH0166m.jpg

  こちらバザールの入口のゲートですが、もちろん関所ではありません。

P6180173m.jpg
 
  バザール入ってすぐの所から奥の方を見たところ。

P6180174m.jpg

  この地域の人々の主食「ナン」を売っている処。 種類も多い。

P6180181m.jpg

  瓢箪や穀物を売っているところ。

P6180183m.jpg

  野菜も各種丸ごと売っています。

P6180182m.jpg

  こちら、中古部品売り場。 錆びた物が多く、日本なら屑鉄レベルだが・・・
  



 
*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************


音楽ブログランキング


【新疆ウイグル自治区 絹街道たび】 (001) 前振りへ

     ************************

【新疆ウイグル自治区 絹街道たび】 (003)  リアルタイム携帯投稿の最初へ

【新疆ウイグル自治区 絹街道たび】 (020)  リアルタイム携帯投稿 -18 へ

     ************************

【新疆ウイグル自治区 絹街道たび】 (021)  本編 -1 へ 

【新疆ウイグル自治区 絹街道たび】 (035)  本編 -15 へ

【新疆ウイグル自治区 絹街道たび】 (036)  本編 -16

【新疆ウイグル自治区 絹街道たび】 (037)  本編 -17 へ





関連記事
テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行