FC2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



映画 【ダークシャドウ】 を見たが、イマイチ
2012年5月29日(火)

先日、5月27日(日) 映画 【ダークシャドウ】 を見た。

Dark Shadow_001


予告編を見て、コメディだろうとは思っていたが、

コメディとしても、ホラーとしても、ラブロマンスとしても

全て中途半端だった。

 2世紀を経て、ヴァンパイアとして復活した主人公・バーナバス(ジョニー・デップ)が

コメディタッチではありながらも、映画内だけでも20人近い労務者や学生を殺す。

 そして、何故殺さなければならないか? は、全く不明。

Dark Shadow_002


 ストーリー展開もイマイチ。

私的には、【C級映画】だった。

5月27日(日)、午前10時からの上映を見たが、観客は30人ほど。

Dark Shadow_003


goo映画より 作品紹介・あらすじ 

 1960年代後半から70年代初めにかけてカルト的人気を誇ったTVシリーズ「Dark Shadows」の映画版。シリーズの大ファンだったというジョニー・デップが主演だけでなく製作も務め、これが8度目のデップとのコラボレーションとなるティム・バートンがメガホンをとる。『シザーハンズ』以来、奇想天外なキャラクターとダークなファンタジーの数々を放ってきた黄金コンビが、比類なきヴァンパイア像を作り上げた。さらに『007/カジノ・ロワイヤル』のエヴァ・グリーンが最高に美しく恐ろしい魔女を怪演するのも見逃せない。凝りに凝ったマジカルな映像とブラックな笑い満載の血塗られたエンタテインメント大作が誕生した。

【あらすじ】
 1752年、ジョシュア・コリンズとナオミ・コリンズは幼い息子バーナバスと共に新たな生活を始めるため、アメリカに向けてイギリスのリバプールを出航した。しかし彼ら家族を苦しめる不可解な呪いからは、海を越えても逃れることができなかった。
 20年後、バーナバス(ジョニー・デップ)は、コリンズポートの町で、コリンウッド荘園の所有者となっていた。 裕福でプレイボーイな彼は、使用人のアンジェリーク・ボーチャード(エヴァ・グリーン)を失恋させるが、実は魔女であったアンジェリークは、バーナバスを死よりも酷い運命に突き落とす。
 彼をヴァンパイアに変え、生き埋めにしたのだ。それから二世紀後、バーナバスは予期せぬきっかけで自分の墓から開放され、劇的な変化を遂げた1972年の世の中へと足を踏み入れる。彼はコリンウッド荘園に戻るが、かつて壮大で華々しかった彼の土地はすっかり朽ち果て、さらにコリンズ家の末裔は土地同様に落ちぶれ、それぞれが暗い秘密をひたすら隠して生きていた。
 コリンズ家の女主人エリザベス・コリンズ・ストッダード(ミシェル・ファイファー)は一家が抱える問題に対処するため、住み込みの精神科医ジュリア・ホフマン(ヘレナ・ボナム=カーター)を呼び入れる。ここには他に、エリザベスの弟ロジャー(ジョニー・リー・ミラー)、エリザベスの娘キャロリン(クロエ・モレッツ)、そしてロジャーの息子デイビッド(ガリバー・マクグラス)がいた。
 家族の不可思議な謎は血縁関係にない者たち、世話人のウィリー・ルーミス(ジャッキー・アール・ヘイリー)や、デイビッドの家庭教師ビクトリア・ウィンター(ベラ・ヒースコート)にも降りかかる。そんな中、バーナバスは、亡父の「唯一の財産は家族だ」という言葉を胸にコリンズ家の復興を目指すのだが……。

【キャスト・スタッフ】
  キャスト     (役  名)
ジョニー・デップ (Barnabas Collins)
エヴァ・グリーン (Angelique Bouchard)
ミシェル・ファイファー (Elizabeth Collins Stoddard)
ヘレナ・ボナム=カーター (Dr. Julia Hoffman)
ジョニー・リー・ミラー (Roger Collins Stoddard)
クロエ・グレース・モレッツ (Carolyn Collins Stoddard)
ガリバー・マクグラス (David Collins Stoddard)
ジャッキー・アール・ヘイリー (Willie Loomis)
ベラ・ヒースコート (Victoria Winters / Josette duPres)


スタッフ
監督: ティム・バートン
脚本: セス・グラハム=スミス
原案: ジョン・オーガスト,セス・グラハム=スミス
製作総指揮: クリス・レベンゾン,ティム・ヘディントン,ブルース・バーマン
製作: リチャード・D・ザナック,グレアム・キング,ジョニー・デップ
    クリスティ・デムブロウスキー,デビッド・ケネディ
共同製作: カッタリー・フラウエンフェルダー
撮影: ブリュノ・デルボネル
美術: リック・ヘインリックス
音楽: ダニー・エルフマン
編集: クリス・レベンゾン
衣裳デザイン: コリーン・アトウッド


関連記事
テーマ:ジョニー・デップ - ジャンル:映画