FC2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



今日最初のプログラムは、朝10時半からのオーケストラ演奏会。
2012年5月4日(金)

今日最初のプログラムは、朝10時半からのオーケストラ演奏会。





曲目は、ショスタコの交響曲第5番。

これを聴いただけでも来た甲斐がありました!

テンポと云い、ダイナミズムと云い最高の出来でした!

しかし、第3楽章の最も静かな部分で子どもの泣き声が鳴り響いて止まず。

静かな悲しい曲想に触発されたのでしょうか?

リズム感のある曲想の処では誰も泣いていなかったのに・・・

もちろん、子どもも参加できるのが、【ラ・フォル・ジュルネ音楽祭】の良いところ。

このプログラムは「3歳以上入場可」。 文句を言う人は居ません。 

ショスタコーヴィチ:交響曲第5番 ニ短調 op.47 「革命」

1937年に初演された交響曲第5番。
 作曲家とソヴィエト政府の格闘?から生まれた傑作
 ※3歳以上入場可

ベアルン地方ポー管弦楽団
 フェイサル・カルイ (指揮)  



     ***************

その後は、キオスクコンサート。

     ***************

【ラ・フォル・ジュルネ音楽祭 2012】 公式サイト


*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************


音楽ブログランキング





関連記事
テーマ:ラフォル・ジュルネ「熱狂の日音楽祭」 - ジャンル:音楽

今日の有料公演二つ目はピアノ協奏曲
2012年5月4日(金)

 二つ目のプログラムは、プロコの交響曲第1番【古典交響曲】 と ショスタコのピアノ協奏曲第1番。

プロコフィエフ:交響曲第1番 ニ長調 op.25 「古典」
ショスタコーヴィチ:ピアノ協奏曲第1番 ハ短調 op.35
  ピアノとトランペットが共演する協奏曲(実は昨日も第3楽章を聴いた)
  小曽根がそのセンスを活かした演奏で魅せる
 ※3歳以上入場可

 小曽根真 (ピアノ)
 ジャン=ミシェル・リクブール (トランペット)
 パリ室内管弦楽団
 ジョセフ・スヴェンセン (指揮)  


     ****************

 その後は、また無料のキオスクコンサート。




     ***************

【ラ・フォル・ジュルネ音楽祭 2012】 公式サイト


*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************


音楽ブログランキング





関連記事
テーマ:ラフォル・ジュルネ「熱狂の日音楽祭」 - ジャンル:音楽

「ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第1番」 & 丸の内地区エリアコンサート
2012年5月4日(金)

 今日、三本目の有料公演は、初聞きの「ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第1番」

若書きというか、何でもかんでも詰め込んだ感じで、冗長気味。

迫力があるというか、大音響の部分も多すぎてうるさい感じでした。

従って、私には印象に残る処があまりありませんでした。

 もちろん、超絶技巧のピアノ演奏は凄いですが・・・

チャイコフスキー:組曲第4番 ト長調 op.61 「モーツァルティアーナ」
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第1番 嬰ヘ短調 op.1

 ラフマニノフの第1番を実演で聴けるとは
 モーツァルトの精神に捧げた作品と共に
  ※3歳以上入場可

 アダム・ラルーム (ピアノ)
 シンフォニア・ヴァルソヴィア
 ジャン=ジャック・カントロフ (指揮) 


 有料公演を見た後、丸の内エリアコンサートを見に来ました。

クラリネットアンサンブルです。




     ***************

【ラ・フォル・ジュルネ音楽祭 2012】 公式サイト


*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************


音楽ブログランキング





関連記事
テーマ:ラフォル・ジュルネ「熱狂の日音楽祭」 - ジャンル:音楽

今日の有料公演 第4段
2012年5月4日(金)

今回は二階センターブロックを確保




ラフマニノフのピアノ協奏曲第3番を今から聴きます。

あまり聴く機会の無い、第4、第1 と聴いてきていよいよ定番の第3番。

楽しみです。

ところが、聴きなれたとは言っても、第1楽章と最終楽章だけのことで、中間部は

これまで聞き流していたと見えて、初聞きのような印象でした。

その上、聴きなれたところでは、聞いてはいてもついうとうとと・・・

ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第3番 ニ短調 op.30

 ピアノ協奏曲の王様と言えばこの第3番
 テクニックも難しく、音楽のスケールも大きい
  ※3歳以上入場可

 イーゴリ・チェチュエフ (ピアノ)
 ベアルン地方ポー管弦楽団
 フェイサル・カルイ (指揮)



     ***************

【ラ・フォル・ジュルネ音楽祭 2012】 公式サイト


*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************


音楽ブログランキング





関連記事
テーマ:ラフォル・ジュルネ「熱狂の日音楽祭」 - ジャンル:音楽

【ラ・フォル・ジュルネ音楽祭 2012】 NHK-FM がラジオ中継
2012年5月4日(金)




今日五番目の有料公演は、今回私には初めてのバイオリン協奏曲。

ショスタコーヴィチの【バイオリン協奏曲第1番】で、ソリストは、庄司紗矢香。

ショスタコーヴィチ:ヴァイオリン協奏曲第1番 イ短調 op.77
  庄司紗矢香 (ヴァイオリン)
 ウラル・フィルハーモニー管弦楽団ドミトリー・リス (指揮)  

 超絶技巧をまだ少し童顔の残る庄司紗矢香が見事に弾きこなしました。

終わって、一階に降りて来るとラジオ番組のブースを見つけました。

今日、昼過ぎから夜10時過ぎ迄、中継しているらしい。

これから、今日最後のプログラムに行ってきます。曲目は、弦楽四重奏。

ショスタコーヴィチ:弦楽四重奏曲第6番 ト長調 op.101
ショスタコーヴィチ:弦楽四重奏曲第8番 ハ短調 op.110
演奏:古典四重奏団 

 ショスタコーヴィチのシンボル音形(レ・ミ♭・ド・シ)が使われていて、

特に第8番では冒頭からこの音形が出て来るのをはじめ、終盤になると

これでもか【レミ♭ドシ】これでもか【レミ♭ドシ】と数えれられない程『自己主張』しています。

【レ・ミ♭・ド・シ】に英字を当てはめると【DSCH】すなわち 「Domitori SCHostacovich」の略。 

     ***************

【ラ・フォル・ジュルネ音楽祭 2012】 公式サイト


*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************


音楽ブログランキング





関連記事
テーマ:ラフォル・ジュルネ「熱狂の日音楽祭」 - ジャンル:音楽