FC2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



【THE IRON LADY】 を見ましたが・・・
2012年3月25日(日)

英国映画 【THE IRON LADY】

邦題 【マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙】

 を昨夜(3/24)午後9時からのレイトショーで見ました。

IronLadyTopS.jpg


 英国の政界がいわば『高貴な階層』出身の『エリート集団』であった処に庶民階層出身の

一(いち)女性保守党員が実力で伸し上がってゆく過程を前半で描いている。

 後半は、軒並み居る有力閣僚の意見をものともせず、自らの主張を押し通し、アルゼンチン

との間では、野党(労働党)はもとより与党の大半の反対を押し切って戦争に突入。

IronLady_002.jpg

 戦争と増税に庶民が怒り、大規模な暴動状態が続き、IRAによるテロも頻発する。

IronLady_005.jpg

 独断政治の手法に保守党内から更迭の動きが出てさすがの鋼鉄の女も更迭されるという話。

 そしてこれらのストーリーは、いわゆる『認知症』が悪化しつつあるサッチャーの回想

として全編描かれる。 

 引退後に夫を亡くしているが、彼女の意識の中では常に夫がそこに居る。

ある時は、夫が生きて実在するように認識し、ある時は「死んでいるのに何故うるさくしゃべるの」

というように夫の死は理解しながら存在を意識しているという状態。

 この夫の影(痴呆症状)は、この映画のもう一つのテーマであるように思える。

 サッチャーの認知症をリアルに描いているので、映画撮影前に亡くなっていたのか(?)

と思ったが、まだ86才(1925年10月13日 - )で御健在だとのこと。

     *******************

 さて、アカデミー主演女優賞を獲得したメリル・ストリープさんであるが、

これまでの映画のように、いかにも【メリル・ストリープ】がそこに居るというのではなく、

【メリル・ストリープ】の存在を全く感じさせない「サッチャー成りきり振り」で驚嘆!

n0037469_l.jpg


 実際のサッチャーを横に置いたら随分と違いが有るのだろうが、映画の中では、完全に

マーガレット・サッチャーであった。

 話し方まで、録音を何度も聴いて真似たというから成りきり振りも「筋金入り」だ!

 この下の写真はWeb上に流通している本人の写真らしい。

     margaret-thatcher-8200.jpg

   margaret-thatcher-6300.jpg

   margaret-thatcher-3800.jpg

     margaret-thatcher-1900.jpg

マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙 - goo 映画
マーガレット・サッチャー
 鉄の女の涙 - goo 映画



【マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙】 公式サイト

*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************

  【goo映画による作品解説・紹介】

 あらゆる面で機能不全に陥っていた英国を叩き直すべく大鉈をふるい“鉄の女”の異名をとったマーガレット・サッチャー元英国首相。歴史にその名を刻む強靱な彼女が認知症を患っている事が公にされた事を受けて、脚本家アビ・モーガンは妻であり母であるひとりの女性の普遍的な物語として本作を書き上げた。監督は『マンマ・ミーア!』を世界的大ヒットに導いたフィリダ・ロイド。そして主演は現代最高の名優であるメリル・ストリープ。「感じる事より考える事が大切」と繰り返したカリスマ的ヒロインの凋落を演じて圧巻である。常に妻を支える夫デニスには類い希なユーモアのセンスが光るオスカー俳優ジム・ブロードベンド。

【あらすじ】
 雑貨商の家に生まれたマーガレット(メリル・ストリープ)は市長も務めた父の影響で政治を志すが、初めての下院議員選挙に落選してしまう。失望する彼女に心優しい事業家デニス・サッチャー(ジム・ブロードベント)がプロポーズする。
 「食器を洗って一生を終えるつもりはない」野心を隠さないマーガレットを、デニスは寛容に受け入れる。双子にも恵まれ、幸せな家族を築く一方で、マーガレットは政治家としての階段も昇りはじめる。
 失墜した英国を再建する。それは気の遠くなるような闘いだったが、彼女はその困難に立ち向かう。愛する夫や子供たちとの時間を犠牲にし、マーガレットは深い孤独を抱えたままたった一人で闘い続けた……。

 現在のロンドン。どんなに苦しい時も支え続けてくれた夫・デニスは既に他界した。だが、マーガレットは未だに夫の死を認識していないのか、時折不可解な行動が目立つ。思い出の洪水の中で、デニスの遺品を手に取り彼女は「あなたは幸せだった?」とつぶやくのだった……。


  【キャスト・スタッフ】

 キ ャ ス ト   (役  名)
メリル・ストリープ (Margaret Thatcher)
ハリー・ロイド (Young Denis Thatcher)
ジム・ブロードベント (Denis Thatcher)
アンソニー・ヘッド (Geoffrey Howe)
リチャード・E・グラント (Michael Heseltine)
ロジャー・アラム (Gordon Reece)
スーザン・ブラウン (June)
オリビア・コールマン (Carol Thatcher)
ニック・ダニング (Jim Prior)
ジュリアン・ワドハム (Francis Pym)
アレクサンドラ・ローチ (Young Margaret Thatcher)
マイケル・ペニントン (Michael Foot)
デイヴィッド・ウェストヘッド (Reg Prentice)
リチャード・ディクソン (Male Guest 1949)

スタッフ
監督: フィリダ・ロイド
脚本: アビ・モーガン
製作総指揮: フランソワ・イヴェルネル,アダム・キューリック
      キャメロン・マクラッケン,テッサ・ロス
製作: ダミアン・ジョーンズ
撮影: エリオット・デイヴィス
美術: サイモン・エリオット
音楽: トーマス・ニューマン
編集: ジャスティン・ライト
衣裳デザイン: コンソラータ・ボイル
字幕: 戸田奈津子
 



*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************


音楽ブログランキング




関連記事
テーマ:ヨーロッパ映画 - ジャンル:映画