FC2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



『風と共に去りぬ』 スカーレット・オハラ/米倉涼子で
2011年6月18日(土)

 今日は、きのう紹介した 【太平洋序曲】 と同時期に公演される

東宝演劇 【風と共に去りぬ】 の御紹介を

Kazotomo top_m


東宝ミュージカル 【風と共に去りぬ】 と言えば、大地真央 主演で長らく上演

されてきたが、

今回は スカーレット・オハラを 米倉涼子 が演じるストレートプレイとして上演。

この演目は、1911年3月1日に開場し、来年100周年を迎える帝国劇場の記念公演の一環。

【風と共に去りぬ】 東宝公式サイト



*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************

kakomi1.jpg


グランド・ロマン 『風と共に去りぬ』

2011年6月18日(土)~7月10日(日)
・会場=帝国劇場


【スタッフ】
  原作=マーガレット・ミッチェル 
  脚本=菊田一夫 
  潤色=堀越真 演出=山田和也

【キャスト】
  ★スカーレット・オハラ…米倉涼子
  ★レット・バトラー… 寺脇康文
  ★メラニー・ウィルクス…紫吹淳
  ★アシュレイ・ウィルクス…岡田浩暉
  ★ベル・ワトリング…高橋ひとみ
  ★マミー…池谷のぶえ
  ★ミード博士…坂口芳貞
  ★チャールズ・ハミルトン…敦士
  ★スエレン・オハラ…叶千佳 ほか

<アンサンブル・キャスト>
角間 進/大石 剛/秋田 宏/那須 いたる/祖父江 進/加州 康真
佐嶋 宣美/附田 政信/谷本 充弘/板垣 辰治/安倍 康律/永野 拓也
寺元 健一郎/齊藤 嵩也/岩田 国大
田嶋 佳子/松村 朋子/村瀬 美紀/一倉 千夏/鈴木 奈苗/大澤 恵
後藤 藍/竹内 晶美/香月 彩里/森口 彩乃/青山 郁代/相馬 亜古

・チケット一般発売=4月23日(土)開始予定
・料金=全席指定S席12,500円/A席8,000円/B席4,000円
・お問い合わせ=劇場 TEL.03-3213-7221

「風と共に去りぬ」復活公演 米倉涼子
 読売新聞 - 2011年6月15日
 

東京・丸の内の帝国劇場開場100周年を記念して、舞台「風と共に去りぬ」が復活した。(祐成秀樹)

 ビビアン・リー主演の同名映画(1939年)で知られる物語。現在の劇場が新装開場した66年に、菊田一夫の脚色・演出で初演した名舞台を、スカーレット・オハラ役に米倉涼子を迎えて作り直した。18日からの東京公演を前に、大阪・梅田芸術劇場公演を見た。

 「誰か私を、夢の中から助け出して!」。1幕はスカーレットの絶叫で終わる。戦地から命からがら逃げ延びたものの、故郷の大農場タラが廃虚と化していた。

 原作はマーガレット・ミッチェル。19世紀の米国南部で、南北戦争に翻弄されながら情熱的に生きたヒロインの波乱の半生を描く。裕福な家に生まれながらも、愛した男は親友と結婚し、当てつけで結婚した夫は戦場で病死する。そして運命の男レット・バトラーとの恋がすれ違ううちに戦火に巻き込まれる。

 冒頭の場面でスカーレットはどん底まで落胆する。気丈だった彼女が、急に崩れ落ちた瞬間、これまで耐えてきた悲しみの強さが伝わってきた。だが2幕。急死した父親の弔辞を読み終えるや「さあ仕事よ」と、農場再建の力仕事に向かう。

 米倉のスカーレットは、さっぱりしているところがいい。小顔で長い手足という目を引く容姿で小気味よく動き、語り、ストレートに感情を放つ。一方のバトラー役の寺脇康文は包容力たっぷりだ。テレビなどで有名な2人のかみ合った演技は感情移入しやすい。

 初演時は、広大な空間を生かしたスペクタクルを2回に分けて見せた。今回は山田和也の演出で壮大な物語をテンポ良く見せる。装置は松井るみ。奥行きをフルに使った傾斜舞台上に赤土の大地を広げ、巨木をそびえ立たせた。スカーレットの熱い血と強さを印象付けるデザインだ。

 終演後、米倉に話を聞いた。スカーレットは自身と「似ている」と笑うが、今まで演じた役の中で「一番疲れる」という。「はい上がったと思うとすぐ落ちる。長い年月を演じ、物語を引っ張らないといけない。気を引き締めないと、とんでもない事になります」

 逆境に立ち向かう演技には、大震災で被災した人々への思いを込めた。「彼女は全てをなくしても、ほんの一粒の希望を見つける力を持っている。人間にはそんな力があるから前に進めると感じていただければうれしいです」。7月10日まで。
 




*******************************
  ランキングの応援をよろしく 
     ブログランキング・にほんブログ村へ
      にほんブログ村
*******************************


音楽ブログランキング



【A8 広告】
  当ブログ管理人が各社に見積を取ったところ
  こちらの自動車保険が一番低価格でした。
    車種:HONDA インサイト

  Web 見積りの【保存】を御薦めします!
  東京海上グループで安心そうですし、
  Web契約で【1万円引き】は業界最高!



関連記事
テーマ:舞台・ミュージカル - ジャンル:アイドル・芸能