FC2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



映画 【ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ~】
2009年10月14日(水)

 体育の日の12日夜、9時半からの上映の
 【ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ~】
 を観た。

 168席のスクリーンに、観客は私一人だけ。 完全な貸切状態。

『 第33回モントリオール世界映画祭で監督賞に輝いた秀作。 』

という謳い文句ではあるが、世界映画祭はハリウッドへの反作用から
この手の地味な映画を高く評価するのだろうか?

villon010.jpg


 この映画は、生誕100周年の太宰治の幾つかの作品を元に、松たか子宛に
いわゆる『当て書き』された作品だそうである。

 松たか子は、女性に人気の小説家である夫・大谷(当然、太宰治の一面を誇張した分身)
の酒癖と飲み屋(小料理屋・椿屋)への借金に振り回されながらも、心根は強く積極的な
佐知を演じて中々嵌まっている(『当て書き』だからある意味当然であるが・・・)

 大谷の方は、実は精神的に極めて弱く、酒と女に放蕩三昧の生活を続けながら
自らの借金の返済のために椿屋で働き始めた妻・佐知の浮気を疑う身勝手さ。

 男の身勝手と、いい加減さと、弱さをこれでもか!というほど具現化した存在。
いつもは真面目な役柄が多い、浅野忠信が「いい加減にせーよ!」とスクリーンに
向かって叫びたくなるほどの“好演”

villon008.jpg

 佐知が夫の借金を返すために働き始めた椿屋の女将(おかみというほどのものでもない
夫婦だけで営んでいる『飲み屋』のおばさんだが・・・)と亭主は、配役とは裏腹の人の良い
心温かい気配りもできる夫婦。
 配役は、一癖も二癖もある 室井滋 と 伊武雅刀
 佐知が客から貰うチップも巻き上げるのではなく、「自分で貰っておいていいいのよ」と
返してくれる親切な人柄。
 この夫妻の愛情に佐知も精神的に救われるところが多いと思われる。

 椿屋で佐知に会って一目惚れする旋盤工役として、今が絶頂の妻夫木聡が
出ているが、絡みは少なく、役不足という感あり。

 広末涼子は、大谷の愛人役で、情愛シーンにも挑戦しているが、イマイチ。
 山本未來も大谷の借金(当時としては大金の5千円)を肩代わりする愛人役。

 一方、堤 真一は、佐知が大谷と知り合う前に法律家を目指していた昔の恋人役。 
弁護士として成功し、愛人(広末涼子)と自殺未遂を図った大谷を助ける。

************************************
ランキングの応援をよろしく ⇒ 
************************************


 しかし、素顔の津島修治(太宰治の本名)は、そんな ひ弱で身勝手な男では
なかったようです。

 井上ひさし氏が、太宰治・津島修治の若き日を描いた 「人間合格」 によれば、
彼は、当時の非合法政党(日本共産党)への支援活動を陰ながら行っていたらしい。

ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ~ - goo 映画
ヴィヨンの妻~桜桃とタンポポ~ - goo 映画


作品解説とスタッフ・キャストおよび太宰治(津島修治)の略歴は、ここをクリック


...read more
関連記事
テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画