fc2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私の思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



“言葉と戦車” 思想家・加藤周一 Last Message !
 先日12月5日に、「九条の会」の呼びかけ人の一人であり、思想家の加藤周一さんがなくなったことは、別の記事 で書きました。

 きのう、NHK総合の「篤姫」が終わった時間帯から、教育テレビで加藤周一さんを偲ぶ番組が放映された。
 『偲ぶ』番組と言っても、彼を知る人々が集まって人柄や業績を偲ぶと言うものではなく、【1968年】を語るロングインタビューでした。

KtouShuichi.jpg

 最初、番組の予告編を見た時点では、1968年の諸事件について、その当時のインタビュー番組を再編集して再放送するものかと思っていましたが、そうではなく、今年収録した当に
“Last Message !”と言うにふさわしいものでした。

 加藤さんの話のキーワードは、「言葉と戦車」
1968年のチェコ・スロヴァキアでドプチェク共産党第一書記が始めた「プラハの春」と称された『人間の顔をした社会主義』への改革運動とそれを武力侵略・弾圧したソ連軍との関係を中心に話を展開された。
 特に、戦車を先頭に武力侵略してきたソ連軍に対して、武装闘争ではなく、戦車上の同世代の若いソ連兵に話しかけるチョコの学生たちの活動に着目して、それが「言葉と戦車」との表現に集約されています。
 加藤さんは、チェコの社会主義の民主的な発展に期待していただけに、ソ連の介入と弾圧を目の当たりにして社会主義が自ら墓穴を掘ったように感じたようです。

 感銘を受ける話が多かったのですが、さすがに今年(2008年)の猛暑の夏のことでもあり、言葉の重さに比べると声に勢いはありませんでした。
 
 「9条の会」の呼びかけ人になって、働きかけを行っていることは、最後の方に紹介されましたが、極短い扱いでした。

 番組では、「評論家・加藤周一」と紹介されていますが
私の捉え方では、「思想家・加藤周一」 だと思います。

************************************
ランキングの応援をよろしく ⇒ 
************************************

NHKの番組ページ によると、以下の通り。 

ETV特集
「加藤周一 1968年を語る~“言葉と戦車”ふたたび~」
 チャンネル :教育/デジタル教育1  /ジャンル :ドキュメンタリー/
 放送日 :2008年12月14日(日) / 放送時間 :午後10:00~午後11:30(90分)
2008年12月5日、評論家の加藤周一さんが89歳で亡くなった。加藤さんは夏、病をおしてインタビューに応じた。テーマは1968年。その年、加藤さんは五月革命に揺れるパリでサルトルと議論し、プラハの春を推し進める市民に接する。その体験は著作「言葉と戦車」にまとめられ、権力と言論の問題を考えていく。そして今、68年と同様に「閉塞(へいそく)感」が社会に広がる中、あの年が私たちに問いかけるものとは? 

 
...read more
関連記事
テーマ:ドキュメンタリー - ジャンル:テレビ・ラジオ