fc2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私の思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



テレ朝 ドラマ【男装の麗人~川島芳子の生涯~】 
テレビ朝日開局50周年記念 スペシャル・ドラマ

【男装の麗人~川島芳子の生涯~】
  清朝王女から美貌の女スパイへ! ・・・ 


を観た。

公式サイト 男装の麗人~川島芳子の生涯~
DansounoReijinTop.jpg
  (配役図 クリックで拡大)

 中村雅俊扮する小説家・加賀美正一が川島芳子(黒木メイサ)をモデルにして書いた【男装の麗人】に依拠しているという筋立てになっている。
 (実際の執筆者は、村松梢風という)

 加賀美正一は、関東軍・特務機関(スパイ機関)の田中隆吉(吹越 満)に進められて、川島芳子を取材し、それをネタに小説「男装の麗人」を執筆する。 
  取材に当たり川島芳子に対して、あなたの「伝記」を書くのではない「小説のネタにする」と宣言して取材をするが、田中・川島の勧めで同じ部屋で寝起きを伴にしながらの取材となってゆく。

 そのインタビューに答える回想シーンがドラマの展開となって行くと言う、割合定型的なドラマの進め方ではある。

 その中で、清朝の王女として生まれながら、日本の黒幕である川島浪速(平幹二郎)の支援を得るために、川島の幼女となるくだりから物語りは始まる。

 無国籍的な出自から自暴自棄になった芳子は、進んで関東軍・特務機関の尖兵(宣伝機関や宣撫工作)となり、中国・日本を股に掛けて活動するのであるが、当初は関東軍に利用されているだけであることを鮮明には気付いていない。

 それらの活動の中には、『上海で、反日勢力をあおるために資金を提供して、日本人僧侶を殺害させ、そのウラで、日本の自警団にも資金を渡し、相互に反目させて、大きな事件にしたて挙げる』 という、今でもアメリカ(USA)が中東やユーゴでやってきたような工作がある。

 日本の敗戦後、川島芳子が行ってきた活動は中国祖国への反逆であるとして「漢奸罪による銃殺刑」の判決を下され、再審の申請も空しく処刑されたという物語である。
 同じ容疑を受けた李香蘭こと山口淑子は日本人と認められ釈放されていることも描かれていた。

 辞世の句
  家あれども帰り得ず
  涙あれども語り得ず
  法あれども正しきを得ず
  冤あれども誰にか訴えん 


 日本軍(関東軍)が、幽閉していた清国最後の皇帝・溥儀を傀儡政権・満州国皇帝 として利用した事実を一応描いてはいるし、張作霖爆殺や柳条湖事件等などが日本軍による謀略であったことも描かれてはいるが、暴虐不正を極めた関東軍の描き方には深みが足らないと言う他は無い。
 もっとも ドキュメンタリィでは無い、ドラマの時間枠などの関係で、制限を受けているだろうことは推察できる。

***************************
 川島芳子は、ほぼ全編に亘って黒木メイサ が演じているが、逮捕され尋問され処刑されるに至る最後のシーンは、元・宝塚男役トップスター(というより、最近TVドラマに出ずっぱりの)・真矢みき に役代わりした。
 確かに、黒木メイサ と 真矢みき は、雰囲気が似ているし、ある意味そっくりではあるが、最後まで黒木メイサ が役を務めても何もおかしくは無かったと思う。 50歳60歳の役をやるわけではなく、若くして(40歳)銃殺された役柄なのだから。
 今や、黒木メイサ も 「風のガーデン」をはじめレギュラー出演しており、真矢みき に役代わりする必然性は何も無い?
 おそらく、プロダクション(blooming-net)の強い押しかスポンサーによる『押し込み』があったのではないか?と想像する。
 あるいは、私のような宝塚時代からのファンが観ることで視聴率を上げようという企みか?
確かに視聴率の取れる女優の一人ではある。私も大好き!だから・・・
 で、真矢みき さんの男役風の話し方や所作や歩き方を久しぶりに見ることができた。
さすがに(黒木メイサさんとの)年季の違いは歴然で、決まっている!

真矢みき さんのブログ
http://www.blooming-net.com/agency/blog_artist/mayamiki/

************************************
ランキングの応援をよろしく ⇒ 
************************************

【関連記事】

Wikipedia
川島 芳子(かわしま よしこ、1907年5月24日 - 1948年3月25日) 結構詳しい

産経エンタメニュース

SANSPO

日刊スポーツ


...read more
関連記事
テーマ:ドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

10万アクセス突破
2007年1月14日に開設した当ブログ
【観劇レビュー&旅行記】

2008年12月7日の今夜22:40頃
アクセス・カウンターが、【10万アクセス】 を超えました。

これも、ご訪問いただく皆様のおかげです。
本当にありがとうございました。

これからも何卒よろしく御願い致します。

FC2Blog100000.jpg

************************************
ランキングの応援をよろしく ⇒ 
************************************

2008年12月7日(日) 午後10時50分前後のランキング結果

【FC2】 ブログランキング (海外旅行) 第33位 (982ブログ中)

【音楽ブログランキング】 第44位 (401ブログ中) 週間IN:110, 月間IN;1180

にほんブログ村
  【クラシック音楽鑑賞】 第74位 (200ブログ中)
  【演劇観劇】  第46位 (159ブログ中)
  【ヨーロッパ旅行】 第115位  (328ブログ中)


実は、こういう機会がある時以外には、自分でも殆どブログランキング結果を
参照することは無いのです。

*************************

これを書いている間にも12アクセスほどあったようで
重ねましてありがとうございます。

FC2Blog100012.jpg


関連記事
テーマ:今日の出来事。 - ジャンル:日記