FC2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



テレビ朝日 「告知せず」 高畑淳子が熱演
ちょっと前の先週の土曜日の話ではあるが、
高畑淳子主演の 「告知せず」 が放映された。
テレビ朝日創立50周年記念ドラマと称して送る「特別ドラマ」である。


ガンを告知した上で治療をしていくことを信条としている、医師・長谷川誠至(渡哲也)だが、最愛の妻・十央子(高畑淳子)が癌に侵されていることを知ったとき、「告知」を躊躇する。
同じ病院に勤務する息子の涼(滝沢秀明)にも秘密にしていた。

医師として客観的判断は「告知」を信条としている医師が、自らの主観的な立場に立って本当の家族や患者の気持ちに接近するという筋立てである。

なかなか考えさせられるドラマであった。

私の場合は、大腸内視鏡検査の結果を「あっさり」と告知され、私も何ら動揺せず受け止めることが出来た。
良く言われているように「頭の中が真っ白になった」とか「なんで私が・・・」とかいう感じは全然無く、極めて客観的に受け止め、即座に開腹手術を決め、直腸を切除した。
2000年6月のことだ。
幸い、8年半を経過して今のところ再発や転移の気配は無い。

「告知」 によって、全く動揺しない私のような人はもしかして少ないかも知れないので、「告知」するほうが良いと一般論を言う訳には行かない。

このドラマの設定では、回復の見込みがない末期癌として発見されたということであるから、どのように対応するべきかは悩ましいところであろう。

その「悩ましい」部分を描いたドラマであった。

高畑淳子扮する妻の死に至る末期の描き方は極めてリアルであった。
最後の一呼吸に至までの数分間を直接的かつ詳細に描写した。
我が母の死に至る情景を思い出さずにはいられなかったところである。

************************************
ランキングの応援をよろしく ⇒ 
************************************

公式サイトは、ここをクリック
関連記事
テーマ:テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ