FC2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



「国宝 天神さま」 その参
『 国宝 天神さま 』
  - 菅原道真の時代と天満宮の至宝 - その参

今日は、福岡の繁華街 「天神」 のいわれを 今回の展覧会の解説から

「天神」地名のルーツは水鏡天神
   - 神木「飛梅」で作った渡唐天神

     p08.jpg
渡唐天神立像(ととうてんじんりゅうぞう) 正慶(しょうけい)作
木造彩色 江戸時代・享保元年(1726) 福岡・水鏡天満宮所蔵

展覧会の場でも説明を読んで「なるほど」と思ったが、正確を期すため、公式サイトの説明を引用すると

天神さまが一夜の内に中国へ渡り、高名な禅僧・無準師範(ぶじゅんしばん)に師事し禅の教えを修めて帰ってきたという渡唐天神の彫像。その際に無準師範からもらった衣を安置した場所が、太宰府天満宮の隣にある光明寺(こうみょうじ)である。この像は、太宰府天満宮の神木である「飛梅(とびうめ)」の古木で作り、水鏡天満宮に奉納されたものである。九州一の商業地「天神」の名はこの水鏡天満宮に由来している。

 

***********************
続いて、メトロポリタン美術館から里帰りした「北野天神縁起絵巻」

p04.jpg
   The Metropolitan Museum of Art,Fletcher Fund,1925.(25.224a-e)
   Photograph・999 The Metropolitan Museum of Art

これも公式サイトの説明文を引用すると

北野天神縁起絵巻(きたのてんじんえんぎえまき)
紙本著色 鎌倉時代・13世紀 アメリカ・メトロポリタン美術館所蔵

日本太政威徳天(にほんだいじょういとくてん)となった道真、地獄の業火に焼かれる醍醐(だいご)天皇など、他の天神縁起絵巻には見られない独自の場面が満載である。国宝の根本縁起とならぶ天神縁起絵巻の名品といわれる。特別にアメリカニューヨークのメトロポリタン美術館から里帰り公開される。かつて井上馨が愛蔵していた遺品としてもよく知られている。



九州国立博物館の公式サイトは、ここをクリック

これらの画像も公式サイトからのコピペです。

************************************
ランキングの応援をよろしく ⇒ 
************************************

「国宝 天神さま」 その弐へ    「国宝 天神さま」 その四へ

関連記事
テーマ:美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル:学問・文化・芸術