FC2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



本当の“ワル”は、とんでもない所に居る
支点次長などの幹部の不正に気付いた若手9人が行動を起そうとして密会している。

若者グループのリーダーの叔父は、その不正幹部たちとは別の取締役・支店長であるが、若者グループの訴えにも動こうとはしない。
 
若者達は、その老幹部の“優柔不断”に見切りを付け、監査役に訴える。
その監査役は、若者の意気を受け止め、詳しい話を聞きたいから、仲間全員を集めて待つように指示するが・・・

これを小耳に挟んだアウトサイダーが、この監査役のできすぎた筋書きに疑問を感じて、若者グループに助言を与える。
そして、叔父の支店長が若者に言った「本当の“ワル”は、とんでもない所に居る」との発言にこそ真実があるのではないかと伝える・・・

現代の『偽装』などの不正が続く“会社”社会を髣髴とさせるストーリーであるが、これは先週(2007年12月8日)公開された映画の話である。

タイトルは「椿 三十郎」
2007年12月15日23:45~25:55)鑑賞。

台本は、黒澤明・三船敏郎で制作された時と全く同じだというから、時代が変わっても不正の本質は何も変わっていないことを示している。

不正の責任を敵対勢力に転嫁しようとする姿勢まで全く同じだ。

この極めて現代的な問題を、喜劇仕立てで見せながら、納得させてゆく黒澤明の台本の凄さには驚かされる。

なお、上の表現で支店次長は次席家老、支店長は城代家老、監査役は大目付という役どころとなっている。

************************************
ランキングの応援をよろしく ⇒ 
************************************ 
 
「椿 三十郎」オフィシャルサイトは、ここをクリック

TsubakiS.jpg


「織田 三十郎」ブログは、ここをクリック

関連記事
テーマ:◎椿三十郎◎ - ジャンル:映画