FC2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



今年もアニメ映画版【この世界の片隅に】が上映された!
2018年8月17日(金)

きょう、原付バイクで移動していたら数日前の空気も熱い
熱暑地獄とは打って変わって清々しかった。

夜になると、半袖シャツでは少し寒い?と感じる程であった。

きのうは、会社の近くで赤トンボが3匹ほど一緒に飛んでいるのを
見掛けたので、立秋を過ぎて自然界は秋の気配に進みつつある?!

さて、今日は特に話題がないので
私自らが見に行った訳では無いが、オリコンニュースから御紹介!

テレビドラマ版【この世界の片隅に】の画面構成や演出が、
アニメ映画版のパクリでは無いかと言う風評が立つ中で、
2年前に公開されたアニメ映画版が、その後も毎年上映されている
と云うニュースで、主人公・すずさんの吹き替えを演じた
のん(本名:能年玲奈)さんと片渕監督が映写会に参加して
トークライヴを行なったと云うニュース。

のんさんの誠実な人柄が良く判るインタビュー。

以下のリンク先にインタビュー映像も有り!

アニメ映画『この世界の片隅に』終戦記念日に上映会
 片渕監督&のんが思い語る |
ORICON NEWS ー 2018年8月15日 17時11分
https://www.oricon.co.jp/news/2117583/full/

20180818002224060.jpg

 2016年11月12日の劇場公開以来、1日も途絶えることなく映画館での上映を続けているアニメーション映画『この世界の片隅に』。73回目の終戦記念日となった15日、東京・テアトル新宿で同作の再上映が行われ、上映後の舞台あいさつに主人公・すずの声優を務めた女優・のん(25)、片渕須直監督(58)が登壇し、劇中のシーンなどを振り返りながら終戦への思いを語った。

 同作は、こうの史代氏同名漫画を原作に、片渕氏がクラウドファンディングで製作資金の一部を集めるなどして、6年の歳月をかけて完成させた作品。2016年11月の公開以降、今年に入っても上映が続くロングラン作品となり、累計動員数は209万人、累計興行収入は27億円、連続上映日数は642日、今年の夏の再上映館数は27劇場(うち11館で舞台あいさつ)、国内外あわせて約70の賞を受賞している。

 片渕監督は、当初は公開を8月にした方がいいという声が多く寄せられていたことを明かした上で「8月以外にもいろんなことがあって、すずさんもずっと長い日々を生きているということをわかっていただく機会になるかなということで、11月にしました」と説明。「8月15日のポツダム宣言受諾からの1週間で、何が行われていたのかなと調べてみたら、たくさんの兵隊が復員しないといけないので、退職金の計算をしていたりして…。戦争というのは非日常ですが、一方で退職金や復員する際の移動手段はどうするかといった普通のことを考える不思議な世界で、すずさんがその隅っこにいたんだな」と語った。

 一方、のんは同作での終戦シーンについて「監督とそのシーンのお話をしていた時に、本当に終戦の日にすずさんみたいに、気付いたら涙がぽろぽろ出てきた人がたくさんいらしいとおっしゃっていて、自分でも説明できない感情がいっぱいあるんだなと感じました」としみじみ。「すずさんはそれだけ自分の中に押し込んでいる感情があって、終戦の日にあふれ出てしまったのかなと考えたので、あのシーンは怒りを込めて演じました」と言葉に力を込めた。

 12月からは、同作に新規場面約30分を付け足した別バージョン『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』が、テアトル新宿・ユーロスペースほかで劇場公開されることも決定。主人公のすずが、嫁ぎ先の町で初めて出会った同世代の女性リンとの交流を描いた、昭和19年秋と昭和20年冬から春にかけてのエピソード、さらに妹のすみを案じて過ごす中で迎える20年9月の枕崎台風のシーンなどが追加されている。

 このほど新作の特報映像が公開されたが、片渕監督は「今までにないすずさんの感じが出せるといいなと思っていて、それのいいテストケースになればということで、のんさんにやってもらいました。原作者のこうの史代先生が聞いてくださって『今までにない大人のすずさんですね。すごくよかったです』とおっしゃっていました」と自信を見せる。のんは「本当にうれしいです、そう言っていただけるとありがたいですね。ほめ言葉ですよね?」と確認すると、会場から笑いが起こった。

 のんは改めて「こんなに長く作品と付き合っているのは初めてなので、とても貴重な体験で、こんなにみなさんに愛されている作品は世界中どこを見てもこれだけなんじゃないかと思ってしまうほど、すごくうれしいです」とロングランに感謝。「これから付け足していくすずさんのシーンが、こうの先生がおっしゃるように、大人っぽい部分があるので、そこをもっと掘り下げて、監督と密にやっていけたらなと思います」と意気込んでいた。

★YouTube公式チャンネル「ORICON NEWS」








テーマ:アニメ - ジャンル:映画

シネマ歌舞伎【大江戸リビングデッド】(2009年制作) を見ました!
2018年8月11日(土)

今日は、午前中整体マッサージを受け、午後から中洲大洋で
シネマ歌舞伎【大江戸リビングデッド】(2009年制作) を見ました!

原付バイクでの移動でしたが、正午過ぎの空気は熱くて気持ち悪い程!
少しくらい暑い日でもバイクで走ればそれなりに爽快なのですが、
今日は異常でした!

そして、夕方5時になっても夜7時になっても、熱い空気は変わらず!

立秋の声を聞いた2、3日前には、夕方などは涼しい程でしたが、
猛暑がぶり返したようです。


さて、映画のシネマ歌舞伎【大江戸リビングデッド】の方ですが、
宮藤官九郎と中村勘三郎(御健在の時に撮影)のコラボなので、
期待していたのですが、笑いのポイントがワザとらしくイマイチ。
『派遣社員』の問題を描いていて、社会的風潮を批判しているつもり?
なのでしょうが、派遣社員が聞くと怒り出すのではないかと云う感じの
『茶化し』が幾つも出てきたりして・・・
何度も居眠りしてしまうような駄作でした!

2018081120462951a.jpg


【大江戸リビングデッド】公式サイトより

宮藤官九郎が手掛けた新作歌舞伎『大江戸りびんぐでっど』は、制作が発表されるとたちまち話題騒然となりました。
江戸時代に現れた"ぞんび"が、人間の代わりに派遣社員として働くという奇抜なアイデアに始まり、音楽・向井秀徳、衣裳・伊賀大介、道具幕デザイン・しりあがり寿など、異色の才能が歌舞伎座に集結。
流行りの一発芸から下ネタ、ヒップホップにゾンビテイストを加えたダンスなどのエンタテインメント性のみならず、社会問題となっている派遣切りも題材にし、現代の歌舞伎が誕生しました。

脚本・演出・監督 : 宮藤官九郎

役名:配役
半助:市川 染五郎(現:松本 幸四郎)
お葉:中村 七之助
大工の辰:中村 勘九郎
根岸肥前守:坂東 彌十郎
遣手お菊:市村 萬次郎
丁兵衛:片岡 市蔵
与兵衛:片岡 亀蔵
佐平次:井之上 隆志
紙屑屋久六:市川 猿弥
和尚実は死神:中村 獅童
石坂段右衛門:中村 芝翫
女郎お染:中村 扇雀
女郎喜瀬川:中村 福助
四十郎:坂東 三津五郎
新吉:中村 勘三郎

『お話し』
時は江戸時代、処は大江戸。くさや汁を浴びた死人が"存鼻(ぞんび)"として生き返った。人に噛みつき増え続ける"ぞんび"に江戸の町は大騒ぎ。
くさやの名産地新島出身の半助は、くさや汁を体に塗ることで彼らを従わせることに成功する。想いを寄せるお葉と共に、何と人間の代わりに"ぞんび"を働かせる人材派遣会社「はけんや半助」を起業する。"ぞんび"は文句も言わずに人間の嫌がる仕事を安く請け負い、商売は大繁盛となった。しかしやがて派遣に仕事を奪われた人間たちが現れ、切っても死なない派遣"ぞんび"VS失業者の争いが始まろうとしていた。



その後、キャナルシティ博多の梅欄で名物の『焼きそば』を食べました。

普通の『焼きそば』で、930円。
これが『海鮮焼きそば』になると、1530円。
と言うことで普通の『焼きそば』にしました!

201808112030554d6.jpg
中身を見てみたら こんな感じ!
201808112030567ad.jpg
味は中々美味しかった! 充分満腹。





テーマ:映画 - ジャンル:映画

映画 【未来のミライ】をみる!
2018年8月8日(火)

今朝、6時30分頃、新聞を取りに出ると
ちょっと涼しい感じがした!

原付で通勤したら、車でとは異なる外気を感じました!

先週は、原付で走って会社に着くと汗をかいていましたが、
今朝は涼しいくらいに感じました!

夜の帰り道も朝ほどでは無いにしてもちょっと清々しい感じ。

そう言えば、昨日は『立秋』だったとのこと。

・・・・・・・・

日曜日に 見た映画の続きです!

長編アニメ 【未来のミライ】を見ました!

Mirai-Mirai.jpg
http://mirai-no-mirai.jp/

過去と未来を自由に行き来できる男の子(くんちゃん)の目から見た
姉・未来(姉のようだが未来から来た妹!)や周りの人々の日常や
夢の中の出来事? を描いています。

映像が極めて繊細かつ緻密でした。

お父さんの仕事の建築設計で使用するCAD画面などは、
実際の使われ方を知り尽くした感じで、それを斜め後方から
映したような角度で描かれています。

相当細かい作業を行っているのでしょう!

未来の場面も過去の戦争の場面も秀逸でした!




  映画.comによる作品解説 

【解説】
「バケモノの子」「おおかみこどもの雨と雪」の細田守監督が手がけるオリジナルの長編劇場用アニメーション。甘えん坊の4歳の男児くんちゃんと、未来からやってきた成長した妹ミライの2人が繰り広げる不思議な冒険を通して、さまざまな家族の愛のかたちを描く。とある都会の片隅。小さな庭に小さな木の生えた、小さな家に暮らす4歳のくんちゃんは、生まれたばかりの妹に両親の愛情を奪われ、戸惑いの日々を過ごしていた。そんな彼の前にある時、学生の姿をした少女が現れる。彼女は、未来からやってきた妹ミライだった。ミライに導かれ、時を越えた冒険に出たくんちゃんは、かつて王子だったという謎の男や幼い頃の母、青年時代の曽祖父など、不思議な出会いを果たしていく。これがアニメ声優初挑戦の上白石萌歌がくんちゃん、細田作品は3度目となる黒木華がミライの声を担当。両親役に星野源、麻生久美子、祖父母役に宮崎美子、役所広司。

【作品データ】
製作年  : 2018年
製作国  : 日本
配給  : 東宝
上映時間  : 98分
映倫区分  : G
オフィシャルサイト : http://mirai-no-mirai.jp/

【キャスト(声の出演)】
上白石萌歌 : くんちゃん
黒木華 : ミライちゃん
星野源 : おとうさん
麻生久美子 : おかあさん
吉原光夫 : 謎の男

【スタッフ】
監督 : 細田守
原作 : 細田守
脚本 : 細田守
ゼネラルプロデューサー : 高橋望
プロデューサー : 齋藤優一郎

 




テーマ:アニメ - ジャンル:映画

映画【コード・ ブルー 劇場版】を見ました!
2018年8月7日(火)

夜のTVニュース の気象情報のコーナーでは
今日は『立秋】だとのこと。
しかし、やはり暑いと言うより熱い!



土曜日に映画3本を見た続きで、日曜日にも2本 の映画を
トリアス久山のユナイテッド・シネマで見ました!

その内、初めに見たのが【コード・ブルー 劇場版】でした!

201808090215116ac.jpg

TV版も結構見ていたので、流れは同じでした。

救急救命ドクターヘリの本筋とは違いますが、
、比嘉愛未のウエディング・ドレス姿が超!美しかった!
テーマ:ヒューマン・人間ドラマ - ジャンル:映画

映画【ゲッベルスと私】を見ました!
2018年8月6日(月)

今日は広島原爆慰霊の日

広島市長の平和宣言では、昨年国連で採択された
核兵器禁止条約やこの条約の推進役となり
ノーベル平和賞を受賞した【ICAN】にも言及されました!

一方、安倍晋三の挨拶は毎年殆ど同じ文のコピペ!
核兵器禁止条約やICANも完全無視!

・・・・・・・・・・

さて、KBCシネマで先週土曜日に見た映画3本の最後は
【ゲッベルスと私】(原題 : A German Life)を見ました!

201808090143378d7.jpg


殆どがインタビュー画面で、当時103歳になる
ブルンヒルデ・ポムゼルの大写し。

居眠りせずに見続けるには相当の忍耐が必要!

そこに、時折ナチス関連の記録映像などが挟まります。

戦後間も無くのドイツ人の多くが言うように、
「ナチスがユダヤ人を大量に殺して焼却していた事などは、全く知らなかった!」
と言うのがインタビューの基本。

そして、当時の事を批判している現代のあなた方も、あの状況に置かれれば、
私と同じようにせざるを得なかっただろう、と語ります。

映画.com による作品解説

ナチス政権の国民啓蒙・宣伝相ヨーゼフ・ゲッベルスの秘書を務めたブルンヒルデ・ポムゼルが、終戦から69年の沈黙を破り、撮影当時103歳にして初めてインタビューに応じたドキュメンタリー。1942年から終戦までの3年間、ゲッベルスの秘書としてナチス宣伝省で働いたポムゼルは、「あの時代にナチスに反旗を翻せた人はいない」と話す一方で、「ホロコーストについては知らなかった」と語る。近代史最大の戦争犯罪者のひとりであるゲッベルスに誰よりも近づいた彼女の30時間に及ぶ独白を通し、20世紀最大の戦争における人道の危機や抑圧された全体主義下のドイツ、恐怖とともにその時代を生きた人々の姿を浮かび上がらせていく。

作品データ
原題 : A German Life
製作年: 2016年
製作国: オーストリア
配給: サニーフィルム
上映時間: 113分
オフィシャルサイト : https://www.sunny-film.com/a-german-life

出演者 : ブルンヒルデ・ポムゼル

スタッフ
監督 : クリスティアン・クレーネス
オーラフ・S・ミュラー
ローラント・シュロットホーファー
フロリアン・バイゲンザマー
脚本 : フロリアン・バイゲンザマー


テーマ:ヒューマン・人間ドラマ - ジャンル:映画

KBCシネマで映画【スターリンの葬送行進曲】を見ました!
2018年8月5日(日)

昨日KBCシネマで見た映画の2本目!

【スターリンの葬送行進曲】

スターリン独裁時の政敵追い落としがエスカレートし、
無実の人々を大勢粛清している事態を描きながら、
スターリン急死後の後継権力闘争をコメディタッチで
描いています。

この映画の中では、スターリン批判を展開した
フルシチョフ も実はスターリンの独裁を手助けして来た
張本人であり、如何に狡猾であったかを描いています。

コメディなので、何処まで真実に迫っているのかは不明ですが?!

以下はKBCシネマ内のディスプレイ

20180805202247ab5.jpg

201808052022452ef.jpg

201808052022449c6.jpg

20180805202257e0d.jpg

2018080520225729e.jpg



テーマ:コメディ - ジャンル:映画

KBCシネマで映画【フジコ・ヘミングの時間】を 見る!
2018年8月4日(土)

今日は、KBCシネマで映画3本を続け様に見ました。


1本目は【フジコ・ヘミングの時間】

20180805201027e01.jpg


年齢非公表だが、映画から得られる情報では既に80歳半ばらしい
フジコ・ヘミングさんに長期密着取材した
プライベート映像やコンサートの一部を紹介する実録映画!

彼女の話を聴くと、年齢による不安は常に感じつつも
演奏については誰にも負けない確たる自信をお持ちのようでした!

演奏中のミスタッチは、誰にでもあることで、そんなことは
大きな問題ではない。 作曲家の意図をどれだけ理解し再現
できるかの心が重要なのだそうです。

処が、日本の音楽教育はテクニックばかりを教えている
と、極めて批判的でした。

そのヘミングさんも独学で此処まで来たのでは無く、
東京芸術大学を優秀な成績で卒業し、30代になって
遅まきながら欧州に留学して学んでいるのです。

一般に名前を知られるようになったのはテレビ取材で紹介
されてからのことで、既に60歳頃のこと。

そう云うヘミングさんの歩んだ道が紹介されていました!

エンドクレジットの後ろでヘミングさんのピアノ演奏が
流れているのですが、席を立って出て行く方もいました!
勿体無い (笑)


201808052010284d2.jpg

20180805201029620.jpg


テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

フランス映画【セラヴィ!】(C'est la vie!)を見る!
2018年7月9日(月)

おとといの土曜日、KBCシネマで 【マルクス・エンゲルス】を見たついでに
引き続き上映されるフランス映画
【セラヴィ】( 原題:Le sens de la fête)を見ました!
(原題の意味をGoogle翻訳で見ると『パーティの意味』とのこと)

20180709202850042.jpg


結婚披露宴会場で次々起こるトラブルに振り回される人々を描いた
フランス風『ドタバタ喜劇』でした。

日本で言えば、三谷幸喜さんが手掛けるような感じの映画です。

そう云う風に喩えると、 三谷幸喜さんは怒るか喜ぶか?!

時間つぶしに丁度良い程度の映画でした。

201807092028507c4.jpg
結婚披露宴を計画しているお客様(左)の無理難題に応えようとする支配人(右)
この支配人が映画の主役!

2018070920285046c.jpg
その要望の中には中世風衣装で鬘も付けてということも。 従業員は猛反発!
何しろ汗臭いのだそうだ!

20180709202848851.jpg
この披露宴終了後にシャトー(城;château)を売り払うつもりだったが・・・



映画.com による作品紹介

【解説】
「最強のふたり」のエリック・トレダノ&オリビエ・ナカシュ監督が、パリ郊外の古城で開かれる結婚式を舞台に、人々の人生や思惑が交差していく様子を軽妙なタッチで描いたコメディドラマ。30年間にわたり数多くの結婚式を手がけてきたベテラン・ウェディングプランナーのマックスは、近頃、引退を考え始めていた。そんなある日、ピエールとヘレナというカップルからの依頼で、17世紀の城を式場にした豪華絢爛な結婚式をプロデュースすることに。いつも通り、式を成功させるため様々な準備を整えて当日に臨むマックスだったが、ウェイターはシワシワなシャツに奇妙なヒゲ、スタッフのひとりは新婦を口説き始め、オーケストラはワンマンショー気取りだったりと、トラブルが続発。マックスの努力は全て泡と消え、感動的になるはずの式は大惨事と化してしまう。主人公マックス役に「みんな誰かの愛しい人」のジャン=ピエール・バクリ。共演に「この愛のために撃て」のジル・ルルーシュ、「愛しき人生のつくりかた」のジャン=ポール・ルーブ、「夜明けの祈り」のバンサン・マケーニュ。

【作品データ】
原題 : Le sens de la fete
製作年 : 2017年
製作国 : フランス
配給 : パルコ
上映時間 : 117分
映倫区分 : G
オフィシャルサイト : http://cestlavie-movie.jp/


【キャスト・スタッフ】
キャスト
ジャン=ピエール・バクリ : マックス
ジャン=ポール・ルーブ : ギイ
ジル・ルルーシュ : ジェームス
バンサン・マケーニュ : ジュリアン
アイ・アイダラ : アデル
スザンヌ・クレマン : ジョジアーヌ
アルバン・イワノフ : サミー
バジャマン・ラベルヌ : ピエール
ジュディット・シュムラ : エレナ
エレーヌ・バンサン : 新郎の母

スタッフ
監督 : エリック・トレダノ,オリビエ・ナカシュ
製作 : ニコラ・デュバル=アダソフスキ ,ヤン・ゼヌー,ローラン・ゼトゥンヌ
脚本 : エリック・トレダノ,オリビエ・ナカシュ
撮影 : ダービッド・シザレ
美術 : マチュー・バドピエ
衣装 : イザベル・パネッティエ
編集 : ドリアン・リガール=アンスー
音楽 : アビシャイ・コーエン


テーマ:ヨーロッパ映画 - ジャンル:映画

河瀬直美監督の映画【Vision】を見ました! 何かスピリチュアル的?
2018年7月2日(月)

先週の土曜日の6月30日トリアス久山ユナイテッド・シネマで
河瀬直美さんが監督したと言う謳い文句に引き摺られて
映画【Vision】を見ましたが、イマイチ良く解らない
スピリチュアル的な雰囲気の映画でした!




997年ぶりの『素数年』に胞子が飛散する植物?を自らの眼で
確認するために日本に来たジャンヌ(ジュリエット・ビノシュ)と
山男?智(永瀬正敏)との心とカラダの交流を描く。
しかし、ジャンヌと智が情交に至る部分は唐突で不自然だった!

Vision-01.jpg


『素数ゼミ』とか言う言葉が出てきたが、そのゼミは昆虫の蝉のこと。
7年ゼミとか13年ゼミとかがあり、同じ年に発生する機会を減らして
生命を繋ぐ可能性を高めるらしい。
素数ではない偶数や倍数の蝉の種類は絶滅したのだろう。

処どころで居眠り(笑)

観客は、五人程でした!


  映画【Vision】公式サイト



  映画.com による作品紹介 

 河瀬直美監督が永瀬正敏とフランスの名女優ジュリエット・ビノシュを主演に迎え、生まれ故郷である奈良県でオールロケを敢行したヒューマンドラマ。
 フランスの女性エッセイストで、世界中をめぐり紀行文を執筆しているジャンヌは、あるリサーチのために奈良の吉野を訪れ、山間に暮らす山守の男・智と出会う。
 智は、山で自然とともに暮らす老女アキからジャンヌとの出会いを予言されていたが、その言葉通りに出会った2人は、文化や言葉の壁を超えて次第に心を通わせ、さらに山に生きる者たちとの運命が予期せぬ形で交錯していく。

 ジャンヌ役をビノシュ、山守の男・智役を永瀬が演じるほか、岩田剛典、美波、森山未來、田中泯、夏木マリらが出演。

*****************
作品データ
製作年 : 2018年
製作国 : 日本・フランス合作
配 給 : LDH PICTURES
上映時間 : 110分
映倫区分 : PG12
*****************

【キャスト・スタッフ】
 配 役 : 役 名  
ジュリエット・ビノシュ : ジャンヌ
永瀬正敏 : 智
岩田剛典 : 鈴
美波 : 花
森山未來 : 岳
田中泯 : 源
夏木マリ : アキ

監督 : 河瀬直美
脚本 : 河瀬直美
企画協力 : 小竹正人
エグゼクティブプロデューサー : EXILE HIRO
プロデューサー : 宮崎聡,マリアン・スロット,河瀬直美
撮影 : 百々新
照明 : 太田康裕
録音 : ロマン・ディムニー


テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

『在日』を正面から捉えた映画【焼き肉ドラゴン】を見る!
2018年6月30日(土)

今日は朝の9時30分からトリアス久山ユナイテッドシネマで
イジメや差別に立ち向かって来た『在日』家族を描いた映画
【焼き肉ドラゴン】 を見ました!

20180630191959b8b.jpg

『在日』の人々の、偏見と差別に翻弄されながらも
たくましい生き様を描いた素晴らしい映画でした!

舞台は大阪空港近くの大阪、
時代背景は大阪万博前後の
1968年から1972年頃のようです。
大阪空港に発着する機体の多くが当時歌謡曲にもなった
『♪ 夢のジェット機 セブン・ツー・セブン♪ 』ボーイング・B727。

Yakiniku-Dragon-01.png


在日韓国人・朝鮮人では無い日本の俳優と女優が『在日』
に扮して取っ組み合いも含めて熱演しています!


主役?は長女・静花役の真木よう子 らしい。
2018063019195576b.jpg


最初の方から井上真央扮する次女・梨花が大阪弁のべらんめえ調で
まくし立てる賑やかな喜劇風展開。
2018063019195796a.jpg

三女・美花 は、おとなしめ?!

201806301919586d5.jpg


文化芸術振興基金の助成を受けている旨のクレジットが
エンドクレジットの最後の方で出ていました。

つかみ合いの喧嘩もあり、しみじみしたモノローグ有りの
映画でしたが、1時間15分くらい過ぎた処で、家長の
昔語りが始まり、済州島の事件で家族の殆どを殺されたことや
朝鮮戦争に駆り出されて左腕を失いながらも、家族のために
働いて働いて働いて来たことを独白します。
そこには、差別で苦しめられた歴史も。

又、中学生の息子は『在日の子ども』として暴力を伴う
苛烈なイジメを受けています。

家族は1970年の万博後、居住地を追われて、
長女・静花 夫妻は北朝鮮へ(当時の帰国運動に応えて)
次女・梨花 夫妻は韓国へ、三女・美花 夫妻は日本に残ると云う
選択をして所帯としてはバラバラに・・・

観客は二十人ほどでした!



   映画.com による作品紹介

「血と骨」など映画の脚本家としても活躍する劇作家・演出家の鄭義信が長編映画初メガホンをとり、自身の人気戯曲「焼肉ドラゴン」を映画化。
高度経済成長と大阪万博に沸く1970年代。関西のとある地方都市で小さな焼肉店「焼肉ドラゴン」を営む夫婦・龍吉と英順は、静花、梨花、美花の3姉妹と長男・時生の6人暮らし。
龍吉は戦争で故郷と左腕を奪われながらも常に明るく前向きに生きており、店内は静花の幼なじみの哲男ら常連客たちでいつも賑わっていた。
強い絆で結ばれた彼らだったが、やがて時代の波が押し寄せ……。

店主夫婦を「隻眼の虎」のキム・サンホと「母なる証明」のイ・ジョンウン、3姉妹を真木よう子、井上真央、桜庭ななみ、長女の幼なじみ・哲男を大泉洋がそれぞれ演じる。

作品データ
製作年 :2018年
製作国 :日本
配給 :KADOKAWA、ファントム・フィルム
上映時間 :126分
映倫区分 :G
オフィシャルサイト:http://yakinikudragon.com/

【キャスト】
配役 : 役名
真木よう子 : 静花
井上真央 : 梨花
大泉洋 : 哲男
桜庭ななみ : 美花
大谷亮平 : 長谷川豊
ハン・ドンギュ : 尹大樹
イム・ヒチョル : 呉日白
大江晋平 : 時生
宇野祥平 : 呉信吉
根岸季衣 : 美根子
イ・ジョンウン : 英順
キム・サンホ : 龍吉


【スタッフ】
監督:鄭義信
原作:鄭義信
脚本:鄭義信
プロデューサー:森重晃,
清水啓太郎
企画:清水啓太郎
撮影:山崎裕
照明:尾下栄治
録音:吉田憲義
美術:磯見俊裕
編集:洲崎千恵子
音楽:久米大作



映画『焼肉ドラゴン』公式サイト
大ヒット公開中!
高度経済成長期の片隅で描かれる、小さな家族の、大きな歴史の物語 演劇賞を総なめにした伝説の舞台、待望の映画化!
http://yakinikudragon.com/

テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

池井戸潤原作の映画【空飛ぶタイヤ】を見ました!
2018年6月20日(水)

 この前の日曜日(6/17) ユナイテッドシネマ・トリアス久山で

池井戸潤原作の映画【空飛ぶタイヤ】を見ました!

Soratobu-Tire_Poster.jpg

財閥系の大手自動車メーカー・HOPE自動車によるリコール隠しと
中小運送業者の『整備不良』への責任転嫁を描く超社会派映画です。

財閥系の大手自動車メーカーと言えば、三菱自動車が思い浮かびますが、
三菱自動車の2度にわたるリコール隠しは、実際に有った話です。

記録の改竄・隠蔽は『モリカケ」問題にも通じる内容でした。

長瀬智也を主役に、ディーン・フジオカ、高橋一生など人気上昇中の俳優が
脇を支える重要な役どころを演じています。

ディーン・フジオカは、リコール隠しを知らずにホープ自動車の販売担当をして
長瀬智也扮する赤松運送の社長を最初は冷たくあしらう役処。
Soratobu-Tire_02.jpg
ムロツヨシもホープ自動車の社員。

高橋一生もホープ自動車の社員だが、会社の不正に気付いたマスメディアと接触。
Soratobu-Tire_04.jpg
小池栄子は週刊誌記者。

諸悪の元凶たるHOPE自動車・常務を岸部一徳が憎らしく演じていました。(うまいです!)

観客は百名前後だったと思います。(数えてませんが見た感じで)

・・・・・・
公開中



【空飛ぶタイヤ 】

   映画.com による作品紹介

 テレビドラマ化もされた池井戸潤の同名ベストセラー小説を、長瀬智也主演で新たに映画化。

長瀬が主人公の赤松役を演じる。監督は「超高速!参勤交代」シリーズの本木克英。

*********************
作品データ
 製作年  : 2018年
 製作国  : 日本
 配 給  : 松竹
 上映時間  : 120分
 映倫区分  : G
*********************


【キャスト・スタッフ】
 配  役 : 役  名
長瀬智也 : 赤松徳郎
ディーン・フジオカ : 沢田悠太
高橋一生 : 井崎一亮
深田恭子 : 赤松史絵
岸部一徳 : 狩野威
笹野高史 : 宮代直吉
寺脇康文 : 高幡真治
小池栄子 : 榎本優子
阿部顕嵐 : 門田駿一
ムロツヨシ : 小牧重道
中村蒼 : 杉本元
柄本明 : 野村征治
佐々木蔵之介 : 相沢寛久
和田聰宏 : 室井秀夫
木下ほうか : 柏原博章
浅利陽介 : 柚木雅史
六角精児 : 谷山耕次
大倉孝二 : 高嶋靖志
津田寛治 : 濱中譲二
升毅 : 巻田三郎
谷村美月 : 柚木妙子


監督 : 本木克英,
原作 : 池井戸潤,
脚本 : 林民夫,
製作総指揮 : 大角正,
エグゼクティブプロデューサー : 吉田繁暁,
プロデューサー : 矢島孝、石田聡子
撮影 : 藤澤順一,
照明 : 長田達也,
美術 : 西村貴志,
装飾 : 湯澤幸夫,
録音 : 栗原和弘,
編集 : 川瀬功,
音楽 : 安川午朗


【STORY】
 よく晴れた日の午後。1台のトラックが起こした事故により、1人の主婦が亡くなった。
事故を起こした運送会社社長の赤松徳郎は警察で信じられないことを聞く。走行中のトラックから突然タイヤが外れた、と。

 整備不良を疑われ、世間やマスコミからバッシングをされる毎日の中、彼はトラックの構造そのものに欠陥があるのではないかと気づき、製造元のホープ自動車へ再調査を要求する。

 遅々として進まない調査に苛立ち、自らの足で調査を始める赤松だが、そこには大企業のリコール隠しが存在した。赤松は親から引き継いだ会社や社員、家族を守るため、何よりも自らの正義のため、巨大な企業に戦いを挑む。

【空飛ぶタイヤ】公式サイト
http://soratobu-movie.jp/
(c) 2018「空飛ぶタイヤ」製作委員会





テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

映画【ファントム・スレッド】をKBCシネマで見る!
2018年6月18日 (月)

 おとといの6月16日・土曜日、ディーン・フジオカ主演の
【海を駆ける】を朝に見た後、同じKBCシネマで午後1:55から
映画【ファントム・スレッド】を見ました!


Fantom-Thread_Top.jpg


 私的には良く判らない映画でした。

 なお、これまで映画 【イヴ・サンローラン】【プラダを着た悪魔】など、
実在のデザイナーをネタにして脚色した映画が幾つも上映されていますが、
この映画は実話ベースではなく、全くの創作ストーリーのようでした。
 
   ****************

 オートクチュールの仕立て屋レイノルズ・ウッドコックが
ウエイトレスの『イモ姉ちゃん』の素質を見初めて自らデザインする
衣装のファッションモデルに育て上げながら愛人にもすると云う
今の世なら、後で『セクハラされた』と訴えられそうな話し。

まぁ『マイ・フェア・レディ』的要素もあるが『イモ姉ちゃん』は
それほど洗練されず、ウッドコックに毒キノコを食べさせて体調不良(死に掛け)
に陥れて、看病することに快感を覚えると云う倒錯した性格に『成長』。
二度目は、ウッドコックも毒キノコを盛られていることに薄々気づきながら
食べて再び不調に陥ると云う双方とも変態気味の関係・・・

その『イモ姉ちゃん』の雰囲気は、顔立ちは全然違うのですが、
何故か 桃井かおり に似ていました。 役柄のせいか?役者の雰囲気か?

どこが、アカデミー賞6部門にノミネートかサッパリ解らず。
アカデミー賞『衣装デザイン賞』を受賞したと云う衣装もそれほどでも・・・

まぁ、私に観る目が無いと言われればそれまで (-_-;) (笑) !

**********************

【ファントム・スレッド】(PHANTOM THREAD)公式サイト
 http://www.phantomthread.jp/


  映画.com による作品紹介
https://eiga.com/movie/88314/
 

 「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」のポール・トーマス・アンダーソン監督とダニエル・デイ=ルイスが2度目のタッグを組み、1950年代のロンドンを舞台に、有名デザイナーと若いウェイトレスとの究極の愛が描かれる。「マイ・レフトフット」「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」「リンカーン」で3度のアカデミー主演男優賞を受賞している名優デイ=ルイスが主人公レイノルズ・ウッドコックを演じ、今作をもって俳優業から引退することを表明している。

1950年代のロンドンで活躍するオートクチュールの仕立て屋レイノルズ・ウッドコックは、英国ファッション界の中心的存在として社交界から脚光を浴びていた。ウェイトレスのアルマとの運命的な出会いを果たしたレイノルズは、アルマをミューズとしてファッションの世界へと迎え入れる。しかし、アルマの存在がレイノルズの整然とした完璧な日常が変化をもたらしていく。第90回アカデミー賞で作品賞ほか6部門にノミネートされ、衣装デザイン賞を受賞した。

********************
【作品データ】
 原 題  : Phantom Thread
 製作年  : 2017年
 製作国  : アメリカ
 配 給  : ビターズ・エンド、パルコ
 上映時間  : 130分
 映倫区分  : G
********************


【キャスト・スタッフ】
    配   役   :   役    名
ダニエル・デイ=ルイス : レイノルズ・ウッドコック
ビッキー・クリープス : アルマ
レスリー・マンビル : シリル
ブライアン・グリーソン : ロバート・ハーディ医師
カミーラ・ラザフォード : ジョアンナ
ジーナ・マッキー : ヘンリエッタ・ハーディング伯爵夫人

監  督 : ポール・トーマス・アンダーソン
製  作 : ジョアン・セラー、ポール・トーマス・アンダーソン
ミーガン・エリソン、ダニエル・ルピ
製作総指揮 : アダム・ソムナー、ピーター・ヘスロップ、チェルシー・バーナード
脚  本 : ポール・トーマス・アンダーソン
撮  影 : ポール・トーマス・アンダーソン
美  術 : マーク・ティルデスリー
衣  装 : マーク・ブリッジス
編  集 : ディラン・ティチェナー
音  楽 : ジョニー・グリーンウッド



**************

以下は、KBCシネマ内のスタッフが作成した作品紹介ディスプレイ

















テーマ:アメリカ映画 - ジャンル:映画

ディーン・フジオカ主演 【海を駆ける】をKBCシネマで見る!
2018年6月17日(日)

昨日、福岡市内のKBCシネマでディーン・フジオカ主演の
映画【海を駆ける】を見ました。

20180617202407247.jpg

インドネシア語と日本語と英語が脈絡無く入れ替わりながら
進行する(結果としては)ファンタジー映画です。

海に打ち上げられた瀕死の男は実は瞬間移動もできる
超能力者だったと云う話でした。

インドネシア大津波後現地でボランティアとして働いている
貴子役の鶴田真由さんがインドネシア語を流暢に(?)
 (何しろこの言語のネイティブ発音を知らないので)使いこなしています。

Umiwokakeru-02.jpg

ディーンフジオカさんは、元々インドネシア語も英語も
ネイティブ級なので驚きませんが・・・

津波と被災者支援、避難所の問題などが背景にあり、東日本大震災に
言及するところもあり、インドネシアだけを描くものではありません。


【海を駆ける】公式サイト
http://umikake.jp/


   映画.comによる作品紹介
 https://eiga.com/movie/87651/
 

 第69回カンヌ国際映画祭ある視点部門で審査員賞を受賞した「淵に立つ」の深田晃司監督が、ディーン・フジオカを主演にインドネシア、スマトラ島のバンダ・アチェでオールロケを敢行したオリジナル脚本によるファンタジー作品。

 インドネシア、バンダ・アチェの海岸で倒れている謎の男が発見される。
 片言の日本語やインドネシア語を話すその男は、海で発見されたことからインドネシア語で「海」を意味する「ラウ」と名づけられた。
 NPO法人で災害復興の仕事をしている貴子と息子のタカシ、親戚のサチコは、記憶喪失ではないかと診断されたラウをしばらく預かり、身元捜しを手伝うこととなる。
 ラウはいつもただ静かにほほ笑んでいるだけだったが、そんなラウの周辺ではさまざまな不可思議な現象が起こりはじめていた。

 フジオカが謎の男・ラウを演じ、貴子役を鶴田真由、タカシ役を太賀、サチコ役を阿部純子がそれぞれ演じる。

************************
【作品データ】
 製作年 : 2018年
 製作国 : 日本・フランス・インドネシア合作
 配 給 : 東京テアトル
 上映時間 : 107分
 映倫区分 : G
************************


【キャスト・スタッフ】
  配  役 : 役  名
ディーン・フジオカ : ラウ
太賀 : タカシ
阿部純子 : サチコ
アディパティ・ドルケン : クリス
セカール・サリ : イルマ
鶴田真由 : 貴子

監督 : 深田晃司
脚本 : 深田晃司
製作 : 新井重人
エグゼクティブプロデューサー : 太田和宏,荒木宏幸,
        江口航治,宮崎伸夫,梅村昭夫,澤田正道
プロデューサー : 小室直子,紀嘉久
コ・プロデューサー : 澤田正道
撮影 : 芦澤明子
照明 : 永田英則
編集 : 深田晃司
音楽 : 小野川浩行




テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

映画【羊と鋼の森】を見ました! 山崎賢人主演 上白石萌音・萌歌 姉妹が出演
2018年6月10日(日)

きのう映画【万引き家族】を見る前に、朝イチで
同じくトリアス久山ユナイテッド・シネマで
映画【羊と鋼の森】を見ました!

201806100033467ee.jpg

山崎賢人主演 上白石萌音・萌歌 姉妹が出演。

半年前の記事でも書きましたが、山崎賢人さんは
私が原作を読んだ印象からは若過ぎる感じでした。
20180610003343a3a.jpg

むしろ、先輩役の鈴木亮平さんの方がイメージに近いように
思えました。
20180610003345ec9.jpg


ベテランの中年調律者に扮していた三浦友和さんは、
ふさわしいキャスティングだったように思います。
20180610003345b42.jpg


本格的なピアノ教育は受けていないという
上白石萌音・萌歌 姉妹は猛特訓の成果か、結構なロングショットで
難曲を『弾きこなして』いました。
20180610003415b7b.jpg
上白石萌歌(17・左)と 上白石萌音(19);年齢は撮影時)

勿論、映像になるところだけの猛特訓でしょうし、
顔と運指が同画面に映らない部分は他のピアニストが
弾いていることとは思いますが。
絶妙な編集の効果で見事な演奏に仕上がっていました。

吉行和子が、主人公を暖かく見守る役どころで雰囲気ある
存在感を示していましたが出番は少なく台詞も皆無。
それでも印象に残っている処が流石の ベテラン!

私的には素晴らしい映画なのですが、ピアノやピアノ調律師に
興味の無い方々にとっては、とっても退屈する映画かも知れません。

始まったばかりなのに、観客は10人も居ませんでした。 残念!


【関連記事】

映画化される【羊と鋼の森】に 上白石萌音・萌歌 姉妹が出演
2017年11月23日(木・秋分の日)
これは今日の『日刊スポーツ』の大きな記事で知った話し! 
ピアノ調律師が主人公の異色の小説で、昨年?の本屋大賞を受賞した
【羊と鋼の森】が映画化されることになり、その調律師のお客様である
美少女姉妹に、上白石萌音(19)と上白石萌歌(17)の姉妹が扮することになった。
junsky07.blog89.fc2.com/blog-entry-4767.html


映画.com による作品紹介 【羊と鋼の森】
https://eiga.com/movie/86157/

【解説】
ピアノ調律師の青年の成長を描き、2016年・第13回本屋大賞を受賞した宮下奈都の小説を、山崎賢人の主演で映画化。

将来の夢もなく生きていた外村は、高校でピアノ調律師の板鳥と出会い、板鳥の調律したピアノの音色に魅せられ、その日から自身も調律の世界を目指すことを決意。専門学校を出て新米調律師として働くようになった外村は、調律師の先輩・柳やピアニストの高校生姉妹・和音と由仁ら、調律を通して知り合う人々とのかかわりによって、調律師として、そしてひとりの人間として成長していく。

山崎が主人公・外村に扮し、外村が調律の世界に足を踏み入れるきっかけとなった板鳥を名優・三浦友和が演じる。また、実の姉妹である上白石萌音と上白石萌歌が姉妹の和音と由仁をそれぞれ演じ、初共演した。

監督は「orange オレンジ」でも山崎とタッグを組んだ橋本光二郎。

【スタッフ】
監督:橋本光二郎
原作:宮下奈都
脚本:金子ありさ
製作:市川南
共同製作:今村司
エグゼクティブプロデューサー:山内章弘
プロデューサー:石黒裕亮、川田尚広
プロダクション統括:佐藤毅
撮影:山田康介美術:矢内京子録音:豊田真一
照明:加藤桂史
編集:瀧田隆一
音楽:世武裕子
エンディングテーマ(作曲・編曲):久石譲
エンディングテーマ(演奏):辻井伸行
助監督:清水勇気

【キャスト】
配役 : 役名
山崎賢人:外村直樹
鈴木亮平:柳伸二
上白石萌音:佐倉和音
上白石萌歌:佐倉由仁
堀内敬子:北川みずき
仲里依紗:濱野絵里
城田優:上条真人
森永悠希:南隆志
佐野勇斗:外村雅樹
光石研:秋野匡史
吉行和子:外村キヨ
三浦友和:板鳥宗一郎

【作品データ】
製作年 :2018年
製作国 :日本
配給 :東宝
上映時間 :134分
映倫区分 :G
オフィシャルサイト :http://hitsuji-hagane-movie.com/






テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

カンヌ映画祭最高賞受賞映画 【万引き家族】を見ました!
2018年6月9日(土)

 きょうの午後からトリアス久山ユナイテッド・シネマで
カンヌ映画祭最高賞のパルムドール受賞の映画
【万引き家族】を見ました!

20180610160856811.jpg


 コメディ的な部分や表現の場面も相当ありますが、
日本の貧困の1つの側面を描いたものでした。

日雇いのマイクロバスで現場に派遣される父親。
怪我をしても労災がおりない。

母親は、クリーニング店の裏方でパートで働いている。

その妹?は風俗で働いている。

息子?は、父親の手ほどきで万引き稼業。

主たる定期収入は、祖母の年金月額65,000円ほど。

そう云う『家族』が少なからず存在することを描くものでした。

その『家族』が実は・・・ と云うのが終幕!

ネタバレになるので書きませんが (笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 写真は、西日本新聞の記事からの写メ!










映画.com による作品紹介
https://eiga.com/movie/88449/

【万引き家族】
劇場公開日 :2018年6月8日

【解説】
「三度目の殺人」「海街diary」の是枝裕和監督が、家族ぐるみで軽犯罪を重ねる一家の姿を通して、人と人とのつながりを描いたヒューマンドラマ。
2018年・第71回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品され、日本映画としては1997年の「うなぎ」以来21年ぶりとなる、最高賞のパルムドールを受賞した。

東京の下町。高層マンションの谷間に取り残されたように建つ古い平屋に、家主である初枝の年金を目当てに、治と信代の夫婦、息子の祥太、信代の妹の亜紀が暮らしていた。

彼らは初枝の年金では足りない生活費を万引きで稼ぐという、社会の底辺にいるような一家だったが、いつも笑いが絶えない日々を送っている。そんなある冬の日、近所の団地の廊下で震えていた幼い女の子を見かねた治が家に連れ帰り、信代が娘として育てることに。
そして、ある事件をきっかけに仲の良かった家族はバラバラになっていき、それぞれが抱える秘密や願いが明らかになっていく。

息子とともに万引きを繰り返す父親・治にリリー・フランキー、初枝役に樹木希林と是枝組常連のキャストに加え、信江役の安藤サクラ、信江の妹・亜紀役の松岡茉優らが是枝作品に初参加した。

【スタッフ】
監督:是枝裕和
脚本:是枝裕和
製作:石原隆、依田巽、中江康人
プロデューサー:松崎薫、代情明彦、田口聖
アソシエイトプロデューサー:大澤恵、小竹里美
撮影:近藤龍人
照明:藤井勇
録音:冨田和彦
美術:三ツ松けいこ
音楽:細野晴臣

【キャスト】
配役 : 役名
リリー・フランキー:柴田治
安藤サクラ:柴田信代
松岡茉優:柴田亜紀(柴田信代の妹)
樹木希林:柴田初枝(柴田信代の母?)
池松壮亮:4番さん
城桧吏:柴田祥太
佐々木みゆ:ゆり
緒形直人:柴田譲(柴田亜紀の実父)
森口瑤子:柴田葉子(柴田亜紀の実母)
山田裕貴:北条保
片山萌美:北条希
柄本明:川戸頼次
高良健吾:前園巧
池脇千鶴:宮部希衣

【作品データ】
製作年 :2018年
製作国 :日本
配給 :ギャガ
上映時間 :120分
映倫区分 :PG12
オフィシャルサイト:http://gaga.ne.jp/manbiki-kazoku/

受賞歴:カンヌ映画祭・最高賞パルムドール受賞


テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

映画 【家族はつらいよ!Ⅲ 妻よ薔薇のように】を見ました!
2018年5月25日(金)

今日の午後、中洲大洋で今日公開が始まった山田洋次監督の新作
映画 【家族はつらいよ!Ⅲ 妻よ薔薇のように】を見ました!




定番映画なので、楽しんで見ました。

テレビインタビューなどでの山田洋次監督の声が伝わっていたのか
其処此処で、観客の笑い声が聞こえました!私も!

若手から超ベテランまで出演していますが、
孫役の若い俳優の台詞回しは、これでよく山田洋次監督が
OKを出したものだ?!と思う程、不自然でした(笑)

最近あちこちで出ている風吹ジュンさんも良い雰囲気を
醸し出していました!

201805301625102ac.jpg


話の展開を書くとネタバレになるので書けないですが、
要するに主婦に仕事が如何に多様で大変であるか?!

それを夫や家族はどのように評価しているか?
を問う映画でした。





テーマ:コメディ - ジャンル:映画

映画【地獄の黙示録】;デジタルリマスター版を中洲大洋で!
2018年5月14日(月)

 昨日、小山実稚恵さんのリサイタルを聴きに行く前の午前中
中洲大洋で、映画【地獄の黙示録】
(原題 : APOCALYPSE NOW)デジタルリマスター版を見ました。

Mokujiroku-02.jpg

 この映画は公開当時見たつもりでしたが、殆ど記憶がありませんでした!




   【地獄の黙示録】公式サイト

   【地獄の黙示録】 facebook

Mokujiroku-01.jpg

 映画.com などによる作品紹介から 

【解説】
ベトナム戦渦、失踪したカーツ大佐の暗殺を命じられたウィラード大尉は、部下と共に哨戒艇でジャングルの奥地にあるというカーツの王国を目指すが―。戦闘ヘリによる攻撃シーンで轟く“ワルキューレの騎行”が凄まじい迫力。今回上映されるのは、突然、真黒な画面になって終わるエンド・クレジットがないオリジナル・ヴァージョン。

【物語】
1970年、ベトナム戦争末期。ウィラード大尉(マーティン・シーン)は、再びサイゴンの地を踏んだ。要人暗殺に従事してきた実績を買われたウィラードは、軍の上層部に呼び出され、元グリーンベレー隊長のカーツ大佐(マーロン・ブランド)の暗殺命令を受けた。カーツは軍の命令を無視し、カンボジアのジャングル奥地に独立王国を築いているというのだ。ウィラードは哨戒艇に乗り込み、乗組員らにも目的を知らせぬまま大河を遡って行く―。

【こぼれ話】
本作でアカデミー賞を受賞したイタリアの撮影監督ヴィットリオ・ストラーロ(1940~)は、ベルナルド・ベルトルッチ監督の『暗殺の森』(70)や『ラストタンゴ・イン・パリ』(72)などの濃密なカラー撮影で注目され、この作品でアメリカ映画デビュー。以後コッポラ監督とは『ワン・フロム・ザ・ハート』(82)、『タッカー』(88)、『ニューヨーク・ストーリー』(挿話/89)でコンビを組んだ。最新作はウディ・アレン監督『女と男の観覧車』(17)。

原題 : APOCALYPSE NOW
製作国 : アメリカ
ジャンル : ドラマ
本国公開年 : 1979年
上映時間 : 147分
監督 : フランシス・フォード・コッポラ
脚本 : ジョン・ミリアス、フランシス・コッポラ
プロデューサー : フレッド・ルース、
  グレイ・フレデリクソン、トム・スターンバーグ

出演者 : マーロン・ブランド
  マーティン・シーン
  ロバート・デュヴァル
  デニス・ホッパー
受賞歴 : アカデミー撮影賞、音響賞
カンヌ国際映画祭 : パルム・ドール
ゴールデン・グローブ : 助演男優賞、監督賞


テーマ:アメリカ映画 - ジャンル:映画

映画 【アイ、トーニャ】を見ました!
2018年5月7日(月)

きのう MET-LIVE 【COSI FAN TUTTE】 を観たあとで、同じ中洲大洋で15時から
映画【アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル】(原題:I,TONYA)を見ました!

I_Tonya-TopJP.jpg

トーニャ・ハーディングが知り合いに頼んで、
ライバルの膝を殴打させたとされ、
執行猶予付き有罪判決とフィギュアスケート界からの
永久追放の処分を受けた事件の真相に迫ると言う
謳い文句の映画でした!

トーニャ・ハーディング側の視点で描かれています。



トーニャは、幼少の時からアイス・スケートを始めるのですが、
家庭は貧しく、父親は出奔。 母親がパートで働き殆どを
娘のスケートに注ぎ込む。
一方、その反動でか娘の練習には極めて厳しく毒づく!
今で言えば親からの『パワハラ』DV そのもの。

しかし、そういうハンディの中でも才能が光、五輪候補に。

I_Tonya-01.jpg


************

関係者の当時の証言ビデオや新たに直接取材したり
したような映像が相当の時間流れていましたが、
これらも映画として制作されたものであることが、
映画のエンド・クレジットの時に、オリジナル映像が
流れて判明しました!

I_Tonya-02.jpg

TONYA役の女優:マーゴット・ロビーが見事にスケートを滑っていましたが、
VFXで描かれているのでしょうか?
映画公式サイトによると『4ヶ月に渡るスケート特訓を経』たと言うけれど、
選手は幼少時から何年も掛けて鍛錬している訳で、4か月であのシーンは?!
やはり、上手い選手の映像と特殊技術で合成しているのでしょう。
顔だけコラージュとか・・・

17歳前後を演じているようですが、メイクをしても相当老けて見える。
Margot Robbie は、1990年7月2日オーストラリア生まれ! とのことで、
映画撮影時で 27歳前後か?
映画の中では40歳前後に見えるシーンも多々ありました (笑)!

   映画.com による作品紹介 

 アメリカ人のフィギュアスケート女子選手として初めてトリプルアクセルに成功し、1992年アルベールビル、94年リレハンメルと2度の冬季五輪にも出場したトーニャ・ハーディングのスキャンダラスな半生を、「スーサイド・スクワッド」のハーレイ・クイン役で一躍世界的にブレイクしたマーゴット・ロビー主演で描いたドラマ。
 貧しい家庭で厳しく育てられたトーニャは、努力と才能でフィギュアスケーターとして全米のトップ選手への上り詰めていく。
 92年アルベールビル五輪に続き、94年のリレハンメル五輪にも出場するが、92年に元夫のジェフ・ギルーリーが、トーニャのライバル選手を襲撃して負傷させた「ナンシー・ケリガン襲撃事件」を引き起こしたことから、トーニャのスケーター人生の転落は始まっていた。
 プロデューサーも兼ねてトーニャ役で主演したロビーは、スケートシーンにも挑戦。
 母親役のアリソン・ジャネイが第90回アカデミー賞の助演女優賞を受賞した。
 元夫のジェフ・ギルーリー役は「キャプテン・アメリカ」シリーズのセバスチャン・スタン。
監督は「ラースと、その彼女」「ミリオンダラー・アーム」のクレイグ・ギレスピー。
*************
作品データ
 原 題  : I, Tonya
 製作年  : 2017年
 製作国  : アメリカ
 配 給  : ショウゲート
 上映時間  : 120分
 映倫区分  : PG12
*************

【キャスト・スタッフ】
  配    役  :  役    名
マーゴット・ロビー : トーニャ・ハーディング
セバスチャン・スタン : ジェフ・ギルーリー
アリソン・ジャネイ : ラヴォナ・ハーディング
ジュリアンヌ・ニコルソン : ダイアン・ローリンソン
ポール・ウォルター・ハウザー : ショーン
マッケンナ・グレイス : トーニャ・ハーディング(8~12歳)
ボビー・カナベイル : マーティン・マドックス
ケイトリン・カーバー : ナンシー・ケリガン
ボヤナ・ノバコビッチ : ドディ・ティーチマン
アンソニー・レイノルズ : デリック・スミス

監  督 : クレイグ・ギレスピー
製  作 : ブライアン・アンケレス,マーゴット・ロビー,トム・アッカーリー
製作総指揮 : レン・ブラバトニック,アビブ・ギラディ,クレイグ・ギレスピー
 ビンス・ホールデン,トビー・ヒル,ザンヌ・ディバイン,ローザンヌ・コーレンバーグ
脚  本 : スティーブン・ロジャース
撮  影 : ニコラス・カラカトサニス
美  術 : ジェイド・ヒーリー
衣  装 : ジェニファー・ジョンソン
編  集 : タチアナ・S・リーゲル
音  楽 : ピーター・ナシェル
音楽監修 : スーザン・ジェイコブス,ジェン・モス



こちらは、中洲大洋のディスプレイ



   映画 【アイ、トーニャ】公式サイトより 

 アメリカ人女性初、史上二人目のトリプルアクセル成功者であるトーニャ・ハーディング。彼女が94年リレハンメルオリンピック出場権を得るために元夫等にライバル襲撃事件を命じたと疑惑の目を集めた、「ナンシー・ケリガン襲撃事件」は、衝撃的な事件としてマスコミの恰好のネタとなり、報道もエスカレートした。
 しかし、全世界を揺るがしたスキャンダル・オン・アイスの真相を知っている人はどこまでいるのだろうか?
 本作ではトーニャの生い立ちから、大きな影響を与えた母親をはじめとする特殊な人間関係、疑惑の事件や、オリンピック競技中に審査員に涙で訴えるという靴紐問題までを追求。
 昨年のトロント国際映画祭で大きな話題を集め、アカデミー賞3部門ノミネート、ゴールデングローブ賞を受賞(助演女優賞)するなど賞レースを賑わせている。
 いかにして事件が起きたのか、その真相に迫るにつれ若干23歳で世界のヒール役に転じた元スケーターの新たな顔が見えてくる。
 氷上のプリンセスから犯罪者へ、人生の頂点からどん底へと突き落とされた彼女の想像を絶する人生は、悲しくもどこか愉快で、ワイルドでクレイジー。そんなトーニャの半生が、今スクリーンで明らかになる!

 この事件の裏にあったのは、貧困脱出のために、娘にスケートを習わせ、「あの娘はどうせダメだと言わないと力を発揮しない」という身勝手すぎる理念のもと、言葉と体の暴力でねじ伏せる鬼母と普通に愛される事を知らずに育ったトーニャの物語。





...read more テーマ:アメリカ映画 - ジャンル:映画

中洲大洋『午前10時の映画祭』でアラン・ドロンの【太陽がいっぱい】を見ました!
2018年5月1日(火)

きのう4月30日、中洲大洋での『午前10時の映画祭』で
アラン・ドロン主演の【太陽がいっぱい】(原題:PLEIN SOLEIL)
『デジタル・リマスター版』を見ました!

有名な映画ですが、どうやら私は初めて見るようです(-_-;)


題名の明るさとは裏腹の殺人事件を描いた作品でした。

アラン・ドロンが友人を殺害する役柄を演じるのですが、
指紋や血液型には無頓着で、あらゆるものを素手で触りまくっています。

証拠隠滅や偽装を図るための処置まで素手でやっています。

映画の時代背景では指紋による捜査は無かったのだろうと
思って見ていたのですが、映画終盤で警察官が、別の人物の
指紋が別の場所で一致した、と云う発言が有ったので、
指紋による捜査も行われていたことが解りました。

そう考えると、もっと早く犯人は判明したはずで・・・

刑事モノとしてはイマイチの映画でした!

アラン・ドロンを見るために作った映画と云うことでしょうか?!

20180501235750ba9.jpg


・・・・・・・・・・

【解説】

パトリシア・ハイスミスの原作小説を、巨匠ルネ・クレマン監督が映画化したサスペンスドラマ。
主演アラン・ドロンはこの1作で一気にスターダムを駆け上がった。

貧しいアメリカ人青年トムは、金持ちの道楽息子フィリップの父親に頼まれ、彼を連れ戻すためナポリにやってきた。金にものを言わせ女遊びに明け暮れるフィリップに怒りと嫉妬を覚えたトムは、フィリップを殺して彼に成りすまそうと計画するが……。

音楽はニーノ・ロータ。

2018年、フランス映画界を代表する名優たちの主演作を集めた「華麗なるフランス映画」
(18年2月~、東京・角川シネマ有楽町)で、4Kレストア版が日本初上映。

【スタッフ】
監督 : ルネ・クレマン
製作 : ロベール・アキム、レイモン・アキム
原作 : パトリシア・ハイスミス
脚本 : ルネ・クレマン

【キャスト】
アラン・ドロン : トム・リプリー
マリー・ラフォレ : マルジュ・デュヴァル
モーリス・ロネ : フィリップ・グリンリーフ

【作品データ】
原題 : Plein soleil
製作年 : 1960年
製作国 : フランス・イタリア合作
配給 : KADOKAWA
日本初公開 : 1960年6月11日
上映時間 : 118分
映倫区分 : G



テーマ:フランス映画 - ジャンル:映画

スピルバーグの映画【レディプレイヤー1】を見ました!
2018年4月28日(土)

今日4月28日は、私の66回目の誕生日です!

 話題の映画 【ペンタゴン・ペーパーズ】(原題:The Post)を制作した
スティーブン・スピルバーグが制作し、
過去の世界中のゲーム・キャラクターがあちこちに
登場するという話がスポーツ新聞等で取り上げられている
【レディ・プレイヤー1】
をトリアス久山ユナイテッド・シネマで見ました。

『レディ』とは、女性のことではなく、『準備完了=Ready』の意味。

いわゆる『ヴァーチャル・リアリティ』(VR)ゲームの中の世界で、
映画の大半がゲームの中での展開であり、全てCGの世界!

ゲームを離れた『リアルの世界』は、近未来の2045年。
従って、そのリアルの世界もCG。

随分先のようにも感じるが、今の時点から27年先の話と言うから、
逆に遡れば、私なら39歳の頃から現在を見たようなもの。

そう考えると遠い未来では無く、多くの観客にとっては
自ら体験可能な『あり得る』未来の話。

映画制作年(2017年)の10年後に生まれた主人公が、
18歳になっている時のこと。

AI(人工知能)に結果的に人間が支配されVR漬けに成るだろう
近未来の状況に警告を発する映画でもあるが、基本は娯楽映画!

ゲームに3つの秘密を仕込み、それら全てを解決し鍵を得た者に
そのゲーム開発者の全遺産を与えると言うことで争奪戦が始まる。
VR中では殺し合いが始まるがリアルの世界では誰も死なない。

極めて緻密なCG制作にどれだけ労力と予算を使っていることか?!

エンドクレジットでは、 VFXなどに携わった人々の名前が延々と。

数えていないがスタッフは、おそらく千名を優に越すことだろう。


私は、若い頃からゲームを殆どしたことが無いので
良く判らなかったが、『メカ・ゴジラ』と『ガンダム』は流石に判った!

『メカ・ゴジラ』が登場するシーンでは、伊福部昭さんが作曲した
ゴジラのテーマが現代風(未来風?)に編曲されて流れていました!

他にも日本発のキャラクターが数多く出ているらしく、
ゲーム好きな人にはたまらない映画だと思います!










テーマ:特撮・SF・ファンタジー映画 - ジャンル:映画

豪雨災害の東峰村が映画化
2018年4月26日(木)

今日は豪雨被害に見舞われた東峰村の被災前の姿を記録しようとする
地元発映画制作の取組みについて、西日本新聞紙面より










輝く風景で「村に勇気」を 豪雨前の東峰村、銀幕に 5月6日に義援上映会
西日本新聞 ー 2018年04月23日06時00分
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/national/article/410642

 九州豪雨で被災する前の福岡県東峰村などで撮影した自主製作映画「デラシネ」(2014年)の無料上映会が5月6日、福岡市で開かれる。監督のキース吉村さん(65)=本名吉村精高(きよたか)、福岡市中央区=が「在りし日の美しい風景を多くの人に見てもらい、村を勇気づけたい」と企画した。会場で義援金を募り、村に届ける。

 石炭を運ぶために架けたJR日田彦山線の「めがね橋」をガタゴトと走る列車。山あいの小さな集落にある瓦屋根の大行司(だいぎょうじ)駅。45分のモノクロ映画の中で、東峰村は男性主人公の古里に設定され、時がゆっくりと流れる様子を伝える。

 作品は福岡市博多区上川端や中洲を主舞台に、振り返りたくない過去を持つ52歳の男性と18歳の少女の交流を描く。デラシネは根無し草を意味する。

 吉村さんは英語塾の経営者で、若い頃から映画を撮るのが夢だった。映画監督講座に通っていた11年、ロケハンで初めて訪ねた東峰村で、日本の原風景のようなのどかさに引き付けられ「いつかここで映画を撮る」と決意した。

 デラシネは13年秋から14年春にかけて、村営ケーブルテレビの岸本晃さん(64)にエキストラを紹介してもらったり、村民が集う大行司駅の喫茶店に通ったりしながら撮影を重ねた。

 14年夏に完成し、上映会を終えた後の昨年7月、村を豪雨が襲った。はやる気持ちを抑え、1週間後に駆け付けると、木造平屋の大行司駅はつぶされ、土砂が田園を覆っていた。自分に何ができるか-。思いついたのは、美しい風景を記録した映画の再上映だった。

 昨年9月に福岡市で上映会をすると、130人ほどが観賞し、村に15万円を寄付することができた。「もっと多くの人に見てもらって」と観客に後押しされ、今回の上映会を開催する。吉村さんは「東峰村の人たちにも見てもらい、村の良さを再認識していただけるとうれしい」と話す。

 福岡市博多区の福岡アジア美術館8階のあじびホールで午前11時、午後1時、3時の3回上映する。

=2018/04/23付 西日本新聞朝刊=




テーマ:自主制作映画 - ジャンル:映画

映画 【ペンタゴン・ペーパーズ】(原題:THE POST)をもう一度見ました!
2018年4月17日(火)

 おとといの4月15日(日)、中洲大洋で、
映画 【ペンタゴン・ペーパーズ】
  (原題:THE POST)をもう一度見ました!





一回目は、公開初日の3月31日(土)に、同じく中洲大洋で。

今回は、なるべく字幕に頼らずに見ようと頑張ってみましたが、
超早口なので殆ど着いて行けませんでした!


 こちらは、中洲大洋のディスプレイ




 西日本新聞ですが見覚えが無いと思ったら『夕刊』でした。




 これにもあるように、映画の時代背景はニクソン政権ですが、
映画制作者の意図は、トランプ政権へのアイロニーと批判にあるようです。

 安倍晋三のやっていることとニクソンがやってきたこと(軍事情報の隠蔽)が
極めて相似形にリンクしていて、そのまま安倍政権批判にも私には思えました!



アカデミー賞は、何も取れなかったようですね。








テーマ:アメリカ映画 - ジャンル:映画

映画【娼年】を見ましたが (-_-;) 真飛 聖(元宝塚男役)が出ていてビックリ!
2018年4月16日(月)

昨日、立憲民主党の【立憲パートナーズ対話集会】が終わってから

中洲大洋で、【ペンタゴン・ペーパーズ】をもう一度見て
続いて映画【娼年】を見ましたが、ちょっとエグい映画でした!



   中洲大洋のディスプレイ

映画【娼年】 公式サイト



元宝塚男役TOPの真飛聖さんが売春の管理人役!
重要な役処で、思い切った役作りです!

真飛聖さんが出演されているとは知らずに見たので、
画面に現れた時はビックリ!

その後の展開が気になる事シキリ!
どこまで脱がれるのか?!とか・・・


Shonen_04_MatsuzakaVsMatobuSei.jpg
   娼夫・森中領役の松坂桃李 と オーナー・御堂静香役の真飛聖

映画終盤での真飛聖さんカツテナイ表情にドッキリ!
どういうことかはネタバレになるので書きませんが (笑)

他の女優さんや松坂桃李さんはまさに全裸の艶技!

『日活ロマンポルノ・リブート』よりも凄い映画でした!





映画.com による作品紹介
 http://eiga.com/movie/88008/
 

【解説】
 「娼夫」として生きる男を主人公に性の極限を描いた石田衣良の同名小説を、2015年に上演した舞台版が大きな反響を呼んだ監督・三浦大輔×主演・松坂桃李のコンビで映画化。
 大学での生活も退屈し、バイトに明け暮れ無気力な毎日を送っているリョウ。ホストクラブで働く中学の同級生シンヤがリョウのバイト先のバーに連れてきたホストクラブの客、御堂静香。
 彼女は秘密の会員制ボーイズクラブ「パッション」のオーナーで、恋愛や女性に興味がないというリョウに「情熱の試験」を受けさせ、リョウは静香の店で働くこととなる。
 「娼夫」という仕事に最初は戸惑うリョウだったが、女性たちひとりひとりが秘めている欲望の奥深さに気づき、そこにやりがいを見つけていく。
 リョウは彼を買った女性たちの欲望を引き出し、そして彼女たちは自分自身を解放していった。

【スタッフ】
監  督 : 三浦大輔
原  作 : 石田衣良
脚  本 : 三浦大輔
製  作 : 小西啓介,松井智

【キャスト】
 配 役 : 役 名
松坂桃李 : 森中領
真飛聖 : 御堂静香
冨手麻妙 : 咲良
猪塚健太 : 平戸東
桜井ユキ : 白崎恵
小柳友 : 田島進也
馬渕英里何 : イツキ
荻野友里 : 主婦
佐々木心音 : 紀子
大谷麻衣 : ヒロミ
階戸瑠李
西岡徳馬 : 泉川
江波杏子 : 老女

【作品データ】
製作年  : 2018年
製作国  : 日本
配給  : ファントム・フィルム
上映時間  : 119分
映倫区分  : R18+











テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

『チャルカ ~ 未来を紡ぐ糸車』 上映会に参加
2018年4月15日(日)

『チャルカ ~ 未来を紡ぐ糸車』 上映会が
福岡市東区 なみきスクエア会議室で開催されました。

20180415133354422.jpg

原発の危険性取り分け『高レベル放射性廃棄物』 の最終処分の問題を
描いた映画でした。

朝10時からの第1回目には、80名程の参加で満席の盛況。

主催者の予定を大きく上回る参加者のようでした。

第2回目の上映前に 【島田 恵 監督トークショー】があり、聴衆は
百数十名で、補助席や立ち見続出!

20180415133356f6b.jpg














--------------
『チャルカ ~ 未来を紡ぐ糸車』 上映終了後
島田 恵 監督トークショー がありました。

以下は、私のタブレットでの要約速記 につき文責は私に有ります。

・・・・・・・・

今日は、この映画の九州上映の初日です。

201804151330599ea.jpg

主な舞台が北海道と岐阜なので、東日本では上映を続けている。

もとは、青森県六ヶ所村への各再処理工場立地を知ってから。
地元の人々が猛烈な反対運動を繰り広げた。

青森の泊の漁民も反対運動を展開。

20180415133101741.jpg


私は、当時うら若い二十代、そう云うところを取材していた。

有る時参議院選挙があり、全員が推進派の自民党。

反対派が対立候補を立てて圧勝!

県知事の方針も変わる。
地元地方議員も核燃に反対しないと当選できない状況に!

続く県知事選挙で反対している人々が対立候補を立てた。
中間的な立場の候補者も立った。
結果的には核燃推進派の現職が当選。
諦め感が急速に広がった。

私は六ヶ所村に居を移していて、その後12年間住むことになった。

アレヨアレヨという間に核燃施設が建設され、
全国から『低レベル放射性廃棄物』が集結するようになった。
フランスに委託していた再処理『高レベル放射性廃棄物』も
変換されるようになり核燃施設に運ばれてきた。

そういう中で、3.11福島原発事故が発生。

断片的写真は有るが、体系的な映像は無かったので2011年2月に映画制作を決意。
その1ヶ月後に3.11が発生。

第1作が完成し、加藤登紀子さんの歌も挿入歌として使わせて頂いた。

二十代の時に チェルノブイリ原発事故を知って認識を改めたように
多くの人々に原発の危険性を知らせたかった。

特に放射性廃棄物 の問題が重大だと考えて作ったのが、
この映画『チャルカ』です。

この映画を作るにあたって、フィンランドとフランスに取材した。

フィンランドについて驚いたのは、地下鉄のトンネルが岩盤をくり貫いたそのまま。

有名な教会も岩盤をくり貫いたまま。
ノーベルさんもこの国の出身。(スウェーデン?)

岩盤の国で有る事を痛感した。

これに比べて日本は地震の多発地帯であり、オンカロのような強固な地盤では無い。

日本では岐阜県瑞浪町に研究施設があるが、地下水が1日800トン出ていて不安定な地盤。

日本では再処理した 超高レベル放射性廃棄物を処理する方針だが、
フィンランドでは、使用済み核燃料をそのまま処理。

また、フィンランドでは、原発事業者の責任で処理するようになっている。
新規事業者の参入の場合は、廃棄物処分の費用も含めて責任を持たなければ
認可されないが、日本では最終処分の事は何も考えず、
『後は野となれ山となれ』の状況。

フィンランドでもオンカロを立地する際に4つの地域が計画され
反対運動を含む様々な条件をクリアして現在地に決定した。
その島には既に2機の原発があった処。

フランスのミュール村に決定する過程でも18ヶ所の候補が上がり、
12・8・4と絞られ、ミュール村(人口十数人)

過疎の村とか貧しい村が標的になる点では日本も共通している。

沖縄も同様。
厄介な施設は貧しい地域に皺寄せ。

日本では、まだ最終処分の地域は決まっていない。
昨年、安倍政権は『科学的特性マップ』と称して立地可能性を公開。
これを元に地下処分場が決められて行くのだろう。
やはり受け入れ易い地域に押し付けられて行くだろう。

九州では玄海町が受け容れを表明したが、『科学的特性マップ』では
石炭層の存在から除外された。

『チャルカ』のタイトルについて。
ガンジーが語った言葉。
「イギリスがインドを植民地にしているのでは無い、
インドがイギリスに売り渡しているのだ!」
インドの綿花をイギリスに輸出して綿織物を輸入していることが問題。
綿花を自ら紡いで綿織物を生産する運動を提唱し、
『糸車』が独立運動の象徴となった。

3.11で失われたものは何か? を究明して行く中で

これを経て、日本社会が良い方向に変わって行くのでは無いかと期待したが、
その後の展開は、原発再稼働も含めて、一層悪くなっている。
何か大きいものに飲み込まれようとしている。

そう云う中で、もう一度大切なものを考えてみたいと
『チャルカ』と云う大それた題名を付けさせてもらった。

20180415133351a6e.jpg

テーマ:最近観た映画 - ジャンル:映画

Disney アニメ 【リメンバー・ ミー】(日本語吹替版)を先週見ました!
2018年4月14日(土)

書くのを忘れていましたが、何かと評価の高い
Disney アニメ【リメンバー・ミー】(日本語吹替版)
を先週見ました。

201804142100128eb.png


勿論あり得ない荒唐無稽の設定では有りますが、何世代も前の先祖から
繋がった命として今の私たちが有る事。

一人ひとりの命の掛け替えのなさを描いたもののようです。

実は、私はあまり感動しませんでした!


【映画.com 】による作品紹介

解説
「トイ・ストーリー3」でアカデミー賞を受賞したリー・アンクリッチ監督が、陽気でカラフルな「死者たちの世界」を舞台に描いたピクサー・アニメーションの長編作品。日本におけるお盆の風習にあたるメキシコの祝日「死者の日」を題材に、音楽を禁じられたギター少年ミゲルの冒険や家族との強い絆を、数々の謎と音楽を散りばめながら描いた。物語の鍵を握る劇中歌「リメンバー・ミー」の作詞・作曲を、「アナと雪の女王」の「レット・イット・ゴー ありのままで」を手がけたクリステン・アンダーソン=ロペス&ロバート・ロペスが担当。第90回アカデミー賞では長編アニメーション賞および主題歌賞を受賞した。天才的なギターの才能を持つ少年ミゲルはミュージシャンを夢見ているが、過去の悲しい出来事が原因で、彼の一族には音楽禁止の掟が定められていた。ある日ミゲルは、憧れの伝説的ミュージシャン、デラクルスの霊廟に飾られていたギターを手にしたことをきっかけに、まるでテーマパークのように楽しく美しい「死者の国」へと迷いこんでしまう。ミゲルはそこで出会った陽気で孤独なガイコツのヘクターに協力してもらい、元の世界へ戻る方法を探るが……。

スタッフ
監督 : リー・アンクリッチ
共同監督 : エイドリアン・モリーナ
製作 : ダーラ・K・アンダーソン
製作総指揮 : ジョン・ラセター
原案 :リー・アンクリッチ

キャスト(声の出演)
藤木直人:ヘクター(日本語吹き替え)
松雪泰子:イメルダ(日本語吹き替え)
橋本さとし:エルネスト・デラクルス(日本語吹き替え)
石橋陽彩:ミゲル(日本語吹き替え)
横山だいすけ:パパ(日本語吹き替え)
渡辺直美:フリーダ・カーロ(日本語吹き替え)
大方斐紗子:ママ・ココ(日本語吹き替え)
大抜卓人:男性マリアッチ(日本語吹き替え)
カイミ:「死者の国」の旅行者(日本語吹き替え)
シシド・カフカロス・チャチャラコス(日本語吹き替え)
鈴木拡樹:コーンを持った男(日本語吹き替え)
高柳明音:女性マリアッチ(日本語吹き替え)
多田野曜平:パパ・フリオ(日本語吹き替え)
立木文彦:フアン・ハノキョーセー(日本語吹き替え)
チョー:事務官(日本語吹き替え)
恒松あゆみ:お母さん(日本語吹き替え)
寺田ちひろ「死者の国」の旅行者(日本語吹き替え)
茂木欣一:ロス・チャチャラコス(日本語吹き替え)
安野希世乃:修道女(日本語吹き替え)


作品データ
原題 Coco
製作年 2017年
製作国 アメリカ
配給 ディズニー
上映時間 105分
映倫区分 G
オフィシャルサイト


受賞歴
第90回 アカデミー賞(2018年)
第75回 ゴールデングローブ賞(2018年)


テーマ:ディズニー映画 - ジャンル:映画

映画 【ペンタゴン・ペーパーズ】を見ました!
2018年4月2日(月)

先週の土曜日の3月31日 中洲大洋で、
映画 【ペンタゴン・ペーパーズ】を見ました!

スピルバーグ、メリル・ストリープ、トム・ハンクスが
タッグを組んだ作品なので
さすがに見ごたえありました!



  中洲大洋の大型ディスプレイ



  中洲大洋の映画略解説



  映画 【ペンタゴン・ペーパーズ】チラシ


 以下は、この日の桜の写真(中央市民センターだったと思う)  











テーマ:アメリカ映画 - ジャンル:映画

アカデミー賞作品賞受賞【THE SHAPE OF WATER】 を見ましたが私的には駄作でした!
2018年3月11日(日)

きのう、『北の桜守』に続いて
【THE SHAPE OF WATER】

   を見ました!


おとといも書いたように、中州大洋で予告編を見ていましたが、
地球外?生物か何か海洋性の海獣と言葉の話せないイケテナイ女性
との交流の話らしい、と云うので全く興味は湧かなかったし、
見るつもりも無かったのですが、何故かこの『キワモノ映画』が
第90回アカデミー賞の最高賞である「作品賞」ほか3部門で
受賞したことを知り、取り敢えず見てみることに!
(監督賞、美術賞、作曲賞)

20180310203946742.jpg

しかし、当初の予想通り(先入観通り?)『キワモノ映画』でした!

何故、この作品が高く評価されたのか?! は、世代的格差なのか
アメリカ的表現の受け入れられ方なのか?良く解りません。

一つ言えるとすれば、ヒロインが全裸になり、ヘアもバストも
曝け出している処がアカデミー賞審査員に受けたのか?!と。

そのシーンも単なる入浴シーンで真正面からバストUPで撮る必然性無し!

他にもカタキ役の男が疲れて帰って妻と唐突にSEXするシーンも!
ボカシまで付いているダイレクト映像だが、ここも必然性無し!

他に幾らでも夫婦の情愛表現はできたはず!

過去事例からアカデミー賞審査員受けを狙ったものとしか考えられません!

【当ブログ関連記事】
映画【The Reader】全裸のセックスシーンでアカデミー主演女優賞?
 観劇レビュー&旅行記 - 2009年6月23日(火)
 http://junsky07.blog89.fc2.com/blog-entry-989.html
 

 先日の土曜日(2009/6/20)に公開が始まった、 【TheReader】愛を読むひと を見た。 
 いきなりネタバレで恐縮です。
 あなたは、自分の息子が15歳の時に、40前後のオバハンに陵辱されたらどうしますか?たとえ、その息子が手練手管のオバハンの巧みなセックスに溺れて快感を感じるために毎日せっせと通っているとしても。
ましてや男女の主客が逆転したらどうなります?
15歳のあなたの娘に40前後のオッサン。
その上、そのオバハンは十数年前まで人狩りと人殺しの片棒を担いでいたとしたら・・・
 主演:ケイト・ウィンスレット :アカデミー主演女優賞受賞! 


     **********

【THE SHAPE OF WATER】 に戻って!

ストーリーは、ありきたりで陳腐!

時代背景は、1960年代のアメリカとソビエト連邦の冷戦最盛期。
ソ連が犬や猿を人工衛星に乗せて生還させ、次いでガガーリン少佐が
人工衛星に乗って『地球は青かった』と言った頃。

宇宙開発に出遅れたアメリカが、アマゾンで捕獲した海獣を研究した処、
知性も感情も持ち人間とコミュニケーションできる動物であることを
発見する。

処が、研究の方向が、コミュニケーションを深める方向ではなく、
生体解剖して身体の組織を調べると云う方向に。

この海獣とコミュニケーションを取っていた掃除婦イライザが
掃除婦の同僚と研究員の一人(実はソ連の回し者)と一緒に
救出作戦を行うというもの。

何か、Disney アニメ&ミュージカルの
『リトルマーメイド』と『美女と野獣』へのオマージュみたいで、
イライザが空想の中で海獣と踊り歌うシーンは、まさに『美女と野獣』!
(言葉が話せないイライザですが空想の中では立派に歌いまくる!)

『リトルマーメイド』の方は、Disney では少女のマーメイドですが、
こちらはビッグな醜いオスの海獣と言う反転が有りますが・・・

その海獣の形態が、ゴジラでもなく、イルカやシャチでもなく
アザラシやジュゴンでもなく、如何にも着ぐるみ人型な所も興醒め!

ヒレやウロコや水掻きを付けた着ぐるみヒトガタ・海獣でした!

ホントに何でアカデミー賞作品賞なのか?!?!?!

私的には三流映画でした!

観客は三十名そこそこ。

お薦め致しません!


・・・・・・・・・

2018031118265708c.jpg
    シェイプ・オブ・ウォーター 公式サイト



  シェイプ・オブ・ウォーター
    #映画 .com による作品紹介
   http://eiga.com/movie/87780/
 

【解  説】
 「パンズ・ラビリンス」のギレルモ・デル・トロが監督・脚本・製作を手がけ、2017年・第74回ベネチア国際映画祭の金獅子賞、第90回アカデミー賞の作品賞ほか4部門を受賞したファンタジーラブストーリー。

 1962年、冷戦下のアメリカ。
政府の極秘研究所で清掃員として働く女性イライザは、研究所内に密かに運び込まれた不思議な生き物を目撃する。

 イライザはアマゾンで神のように崇拝されていたという“彼”にすっかり心を奪われ、こっそり会いに行くように。
幼少期のトラウマで声が出せないイライザだったが、“彼”とのコミュニケーションに言葉は不要で、2人は少しずつ心を通わせていく。
そんな矢先、イライザは“彼”が実験の犠牲になることを知る。

 「ブルージャスミン」のサリー・ホーキンスがイライザ役で主演を務め、イライザを支える友人役に「ドリーム」のオクタビア・スペンサーと「扉をたたく人」のリチャード・ジェンキンス、イライザと“彼”を追い詰める軍人ストリックランド役に「マン・オブ・スティール」のマイケル・シャノン。

 アカデミー賞では同年最多の全13部門にノミネートされ、作品、監督、美術、音楽の4部門を受賞した。

【作品データ】
原 題  : The Shape of Water
製作年  : 2017年
製作国  : アメリカ
配 給  : 20世紀フォックス映画
上映時間  : 124分
映倫区分  : R15+
オフィシャルサイト : http://www.foxmovies-jp.com/shapeofwater/

【キャスト】
  配  役   :   役  名
サリー・ホーキンス : イライザ
マイケル・シャノン : ストリックランド
リチャード・ジェンキンス : ジャイルズ
ダグ・ジョーンズ : 不思議な生きもの
マイケル・スタールバーグ : ホフステトラー博士
オクタビア・スペンサー : ゼルダ

【スタッフ】
監  督 : ギレルモ・デル・トロ
製  作 : ギレルモ・デル・トロ,J・マイルズ・デイル
原  案 : ギレルモ・デル・トロ
脚  本 : ギレルモ・デル・トロ,バネッサ・テイラー
撮  影 : ダン・ローストセン
美  術 : ポール・オースタベリー
衣  装 : ルイス・セケイラ
編  集 : シドニー・ウォリンスキー
音  楽 : アレクサンドル・デスプラ
視覚効果監修 : デニス・ベラルディ





テーマ:アメリカ映画 - ジャンル:映画

吉永小百合さんの第120作品【北の桜守】を見ました!
2018年3月10日(土)

今日から上映が始まった吉永小百合さんの第120作品となる
【北の桜守】
    を9時45分開始の第1回目上映で見ました!


20180310212624baa.jpg


残念ながら観客は三十名そこそこ。

樺太で終戦(1945年8月15日)を迎えた開拓団の人々が
1945年8月9日の長崎原爆を契機にして参戦し樺太満州の
日本軍と日本人を攻撃した戦争末期の惨状が前提となる
映画です。

そのソ連軍による攻撃のシーンの一部は演劇仕立てで表現されます。
生涯演劇には出演して来なかった吉永小百合さんの挑戦です。

なお、日本にとっては1945年8月15日の天皇の終戦詔書で
戦争は終わった事になっていますが、連合国にとっての戦争終結は
戦艦ミーズリー艦上での戦争終結署名によって初めて終戦と成った
1945年9月11日?だった訳ですので、ソ連の参戦は戦争遂行中で
必ずしも国際法違反では有りません。
日ソ不戦条約を一方的に破棄して攻撃して来たと言う人道上の
問題はありますが。

舞台は1945年から1946年の時期と、1970年代に息子が事業に
成功している状況を結ばれて描かれています。

やはり、反戦メッセージが底流に有る映画でした!


 吉永小百合120本目の出演作、“北の三部作”最終章を飾る一大巨編
   #北の桜守  公式サイト

   映画『北の桜守』2018年3月10日(土)公開!
 http://www.kitanosakuramori.jp/




  【北の桜守 】 #映画.com による作品紹介
    http://eiga.com/movie/86555/
 

【解説】
 女優・吉永小百合の120作目となる映画出演作で、吉永主演の「北の零年」「北のカナリアたち」に続く「北の三部作」の最終章に位置付けられるヒューマンドラマ。
 吉永と堺雅人が親子役で共演し、「おくりびと」の名匠・滝田洋二郎監督が、戦中から戦後にかけて極寒の北海道で懸命に生き抜いた母と子の約30年にわたる軌跡を、ケラリーノ・サンドロヴィッチが演出を担当した舞台パートを交えながら描いた。

 1945年、樺太で家族と暮らしていた日本人女性・江蓮てつは、ソ連軍の侵攻によって土地を追われてしまう。夫が出征し、息子を連れて北海道の網走にたどり着いた彼女は、過酷な環境や貧しさと戦いながら息子を必死に育て上げる。71年、てつの息子・修二郎はビジネスで成功を収め、15年ぶりに網走を訪れる。たったひとりで夫を待ち続け、慎ましい生活を送っていた年老いた母の姿を見た修二郎は、母を引き取り札幌で一緒に暮らすことを決めるが……。

【作品データ】
製作年 :2018年
製作国 :日本
配給 :東映
上映時間 :126分
映倫区分 :G

【キャスト】
ー 配役 ー : ー 役名 ー
吉永小百合:江蓮てつ
堺雅人:江蓮修二郎
篠原涼子:江蓮真理
岸部一徳:山岡和夫
高島礼子:島田光江
永島敏行:三田医師
安田顕:杉本久
野間口徹:木村学
毎熊克哉:岩木
土屋慶太
阪本颯希
菅原大吉
螢雪次朗
大出俊
笑福亭鶴瓶:居酒屋たぬきの主人
中村雅俊:岡部大吉
阿部寛:江蓮徳次郎
佐藤浩市:菅原信治

【スタッフ】
監督:滝田洋二郎
脚本:那須真知子
舞台演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ
製作総指揮:早河洋、岡田裕介
企画:多田憲之、角南源五、木下直哉
製作:戸田裕一


テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

第90回アカデミー賞受賞作品と受賞者発表!
2018年3月9日(金)

数日前のニュースにはなりますが、第90回アカデミー賞
各部門の受賞が発表されました!

各報道機関や映画サイトによると以下の通り。

作品賞は【THE SHAPE OF WATER】

予告編を見ましたが、地球外?生物か何か海洋性の海獣と
言葉の話せないイケテナイ女性との交流の話らしい。


2018年 第90回アカデミー賞 発表!!
TOWER RECORDS ONLINE – 2018年3月5日
http://tower.jp/article/feature_item/2018/03/05/2503

ギレルモ・デル・トロ監督の『シェイプ・オブ・ウォーター』が作品賞ほか4部門受賞!『ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男』で特殊メイクを担当した辻一弘氏が、メイクアップ&ヘアスタイリング賞を受賞!

20180310203946742.jpg

◆作品賞
『シェイプ・オブ・ウォーター』

◆監督賞
ギレルモ・デル・トロ(『シェイプ・オブ・ウォーター』)

◆主演男優賞
ゲイリー・オールドマン(『ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男』

◆主演女優賞
フランシス・マクドーマンド(『スリー・ビルボード』)

◆助演男優賞
サム・ロックウェル(『スリー・ビルボード』)

◆助演女優賞
アリソン・ジャネイ(『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』)

◆脚本賞
『ゲット・アウト』

◆脚本賞
ジョーダン・ピール(『ゲット・アウト』)

◆脚色賞
ジェームズ・アイヴォリー(『君の名前で僕を呼んで』)

◆視覚効果賞
『ブレードランナー 2049』

◆美術賞
ポール・デナム・オースタベリー(プロダクションデザイン) シェイン・ボー&ジェフリー・A・メルヴィン(セットデコレーション)(『シェイプ・オブ・ウォーター』)

◆撮影賞
ロジャー・ディーキンス(『ブレードランナー 2049』)

◆衣装デザイン賞
マーク・ブリッジス(『ファントム・スレッド』)

◆長編ドキュメンタリー賞
『イカロス』

◆短編ドキュメンタリー賞
『Heaven Is a Traffic Jam on the 405(原題)』

◆編集賞
リー・スミス(『ダンケルク』)

◆外国語映画賞
『ナチュラルウーマン(チリ)』

◆音響編集賞
リチャード・キング&アレックス・ギブソン(『ダンケルク』)

◆録音賞
『ダンケルク』

◆メイクアップ&ヘアスタイリング賞
辻一弘、デイビット・マリナウスキー、ルーシー・シビック(『ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男』)

◆作曲賞
アレクサンドル・デスプラ(『シェイプ・オブ・ウォーター』)

◆長編アニメーション賞
『リメンバー・ミー』

◆短編アニメーション賞
『Dear Basketball(原題)』

◆主題歌賞
"リメンバー・ミー(Remember Me)"(『リメンバー・ミー』)

◆短編実写映画賞
『The Silent Child(原題)』


テーマ:アカデミー賞 - ジャンル:映画

吉永小百合リバイバル上映【北の零年】を見ました!



2018年6月27日(火)

おとといの6月25日にトリアス久山ユナイテッド・シネマで
吉永小百合リバイバル上映【北の零年】(2005年)を見ました。

1945年生まれの吉永小百合さんは、60歳位の制作。


この映画も封切り公開時に見ているはずなのに相変わらず
映像に見覚えが無い (-_-;)!

観客は、4・5名でした。


テーマ:日本映画 - ジャンル:映画