FC2ブログ
観劇レビュー&旅行記
【観劇レビュー&旅行記】を中心にFC2上で、私も思いを気の向くままに書いてゆきます。 政治・時事評論は 【JUNSKY blog 2018】に引続き運用します。リンクの一番上に記載しています。


プロフィール

junsky07

Author:junsky07 私の旅行記や、オペラ・バレエ・ミュージカル・演劇等の観劇の感想などを気の向くままに書いてゆきます。



カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



現在日本時間



最近の記事



ブログ内検索



カテゴリー



リンク



FC2カウンター



FC2ブログランキング



ブログ・ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック音楽鑑賞へ



アクセス・ランキング

にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ



アクセス・ランキング

音楽ブログ

ランキング



アクセス・ランキング

にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



FC2ブログランキング

御訪問頂きありがとうございます

FC2ブログランキング

よろしければクリック御願いします



天気予報


-天気予報コム- -FC2-



降水予報



最近のコメント



最近のトラックバック



FC2ブックマークに追加する

FC2ブックマークに追加



QRコード

QRコード



RSSフィード



月別アーカイブ



劇団四季 福岡キャナルシティ劇場での2020年公演ラインアップ!
2020年1月14日(火)

 劇団四季の会『idメール』で以下の御案内がありました。 
 

【劇団四季】
2020年福岡キャナルシティ劇場での公演予定。

【ノートルダムの鐘】(約4ヶ月ロングラン)

 私は初演を東京で観ましたが、素晴らしい作品です。

 主役級の人々の三拍子揃った好演ももちろん
 バックコーラス(「クワイヤ」と呼ぶ)も主役級をこなす人々を配置。
 昨年、火災で焼失したパリの【ノートルダム大聖堂】の内観と
 鐘突き堂を再現した『実物大』のセットや数多くの鐘も豪華です。

 劇団四季の公式予約サイトや福岡オフィスに予約してください。

 【劇団四季福岡オフィス:0570-008-110】



SIKI-2020_FK_Schdule_NotreDam-01.jpg
SIKI-2020_FK_Schdule_NotreDam-02.jpg

   2月17日(月)~6月14日(日)

NotreDame-01.jpg

【作品紹介】
http://s.shiki.jp/c?c=134954&m=29159&v=9e5b7365


【公演スケジュール】
http://s.shiki.jp/c?c=134956&m=29159&v=0e3d5538


 【前売りチケット発売中】
  S1・S2:11,000円 (会員料金:9,900 円)
  A1・A2:8,800円
  B:6,600円
  C:3,300円
    お問い合わせ(ナビダイヤル)
    福岡オフィス:0570-008-110
   **************
    (舞台装置入れ替え約1カ月)


【パリのアメリカ人】(約1ヶ月半公演)

SIKI-2020_FK_PariAme-01.jpg
SIKI-2020_FK_PariAme-02.jpg

   7月12日(日)~8月30日(日)
  **************
   (舞台装置入れ替え約1カ月)


【マンマ・ミーア】(約3ヶ月公演)

SIKI-2020_FK_MammaMia-01.jpg
SIKI-2020_FK_MammaMia-02.jpg

  10月1日(木)~2021年1月3日(日)



 

テーマ:ミュージカル - ジャンル:学問・文化・芸術

福岡のホープ井上芳雄さんが西日本新聞の大きな記事に!
2020年1月11日(土)

 福岡のホープであるミュージカル・スター井上芳雄さんが
西日本新聞の紙面いっぱいの大きな記事に!

 記事の中では、こんな話題も

記者・坂本 沙智 - 昨秋には、劇作家・故井上ひさしの戯曲「組曲虐殺」を博多座で公演しました。

★井上 組曲虐殺は、プロレタリア作家の小林多喜二が、言論弾圧される時代にも希望を失わずに生きるストーリー。2009年、12年に続き3度目ですが、初演の頃は、こんな時代もあったのかと驚きでした。
 表現の自由が頻繁に取りざたされるようになった昨今「このエピソードは今と似ている」と感じることがあります。



202001011Nishinippon_InoueYosio-01.jpg

原点は福岡・天神のダンススタジオ
 昨秋には、井上ひさしの戯曲「組曲虐殺」を博多座で公演
 ミュージカル俳優 井上芳雄さん

 西日本新聞:坂本 沙智 - 2020/1/11 13:43
 

 さまざまなミュージカルで主演を務め、テレビ出演で注目を集める福岡市出身の井上芳雄さんが、今年も故郷での公演を予定しています。出演する舞台の見どころや、福岡での思い出、休日の過ごし方などを語ってもらいました。

 -ミュージカル俳優を目指したきっかけは。

 ★井上 小学生の時に、福岡市であった劇団四季「キャッツ」の公演を見たことです。俳優になろうと決めて、レッスンを始めました。

 -福岡での思い出の場所は?

 ★井上 中学2年から、福岡市・天神にあるジャズダンススタジオに、多いときは週5回通っていました。当時、ミュージカルについて話せる人があまりいない中で、先生にはショービジネスの心構えを教えてもらいました。レッスン後に、屋台でラーメンをごちそうしてもらうこともあり、本当にお世話になりました。今も福岡での舞台を見に来てくれるんですよ。

 -昨秋には、劇作家・故井上ひさしの戯曲「組曲虐殺」を博多座で公演しました。

 ★井上 組曲虐殺は、プロレタリア作家の小林多喜二が、言論弾圧される時代にも希望を失わずに生きるストーリー。2009年、12年に続き3度目ですが、初演の頃は、こんな時代もあったのかと驚きでした。表現の自由が頻繁に取りざたされるようになった昨今「このエピソードは今と似ている」と感じることがあります。

 -2月には「シャボン玉とんだ宇宙までとんだ」が、福岡市民会館で上演されます。

 ★井上 オリジナルのミュージカルを公演する音楽座の代表作です。1988年の初演時、僕はミュージカルに興味はありましたが、福岡で頻繁に見ることはできませんでした。ビデオで何度も見た好きな作品ですし、日本の作品でこんなに素晴らしいものがあるということ伝えたいです。

 -今夏、井上さんと縁の深い「エリザベート」の福岡公演もあります。

 ★井上 大学在学中に、皇太子ルドルフ役でデビューしました。当時に比べて、ミュージカルの環境は大きく変わっています。元々好きな人は今のキャストによる新しい発見があるだろうし、初めての人もドラマチックなストーリーが楽しめます。

 -デビュー当時と比べて、どう変化したのでしょうか。

 ★井上 単純にお客さんが増えましたね。ミュージカル俳優になりたいという若い人も増えて、ジャンルも多様化しました。ミュージカルそのものが、定着してきていると思います。

 -なぜ定着してきたと思いますか。

 ★井上 日本人が歌って踊る人たちに慣れたんでしょうね。学校でもダンスが必修になりましたし。ハロウィーンで仮装して自分を表現したりして、時代が変わったんでしょうね。

 -第一線で活躍を続ける井上さんの力でしょうか。

 ★井上 僕が何かしたわけではないです(笑)。普通のセリフを話すよりも、歌いながら表現する方が伝わりやすいじゃないですか。ただ、それが好きなだけなんです。自分の後に続く人の可能性をつぶしたくはないと頑張ってきましたね。

 -休日の過ごし方は。

 ★井上 中学生と幼児の息子2人がいるので、手いっぱいです。一緒に買い物に行ったり、子守をしたりしたら、すぐに一日が終わってしまいます。息子がダンスや歌に興味があるみたいなので、歌ってあやすこともしますよ。

 -九州での理想のデートプランを教えてください。

 ★井上 うーん…。西南学院高時代によく行った、福岡タワーや周辺の海岸沿いですかね。夏には、西新商店街のかき氷も、食べに行ってました。あと、福岡のうどんが大好きです。麺の「やわ」はもちろん、やっぱりダシが東京とは違うんですよ。

 (文・坂本沙智、写真・帖地洸平)

 ▼いのうえ・よしお
 1979年生まれ。福岡市出身。東京芸術大音楽学部声楽科卒業。大学在学中の2000年、ミュージカル「エリザベート」の皇太子ルドルフ役でデビュー。その後、「エリザベート」の黄泉の帝王トート役を演じたほか、「グレート・ギャツビー」「モーツァルト!」などの主役を務める。





 
テーマ:ミュージカル - ジャンル:学問・文化・芸術

劇団四季【ライオンキング】を中学生1万人に観せる西日本シティ銀行の取り組み
2020年1月3日

今朝の西日本新聞紙面で、
西日本シティ銀行の2面見開き全面広告が
掲載されていました。

福岡の中学生1万人をキャナルシティ劇場で公演中の
劇団四季【ライオンキング】に招待する取り組みです。

劇団四季が独自で取り組んでいる『こころの劇場』が
小学生対象のホームミュージカルなのに対して
全世代向けの本格的ミュージカルに招待するのは
将来の鑑賞者を育てるだけでは無く、出演者やスタッフを
目指す青少年を養成する点でも素晴らしい取り組みです。

・・・・・・・・・

20200110174057d4b.jpg

2020011017405629b.jpg

20200110174059636.jpg

20200110174101df9.jpg



 


テーマ:ミュージカル - ジャンル:学問・文化・芸術

劇団四季「エビータ」 今日は北九州ソレイユホールで
2019年12月16日(月)

劇団四季「エビータ」今日は北九州
アルモニーサンクのソレイユホールにて


18時30分開演
20時50分終演

千早に車を置き、小倉迄JRで往復(区間快速1時間15分:1130円)

エビータ・鳥原ゆきみさんが最終盤で歌う 死を目前にした『お別れの歌』は
何度聴いてもセツナク感動的。 本人も泣いているよう。
(久留米でオペラグラスを使って観た時は本当に涙を流しておられました)

公演後の面会では主役級3人(佐野正幸、芝清道、鳥原ゆきみ)が出てこられ
御挨拶できました。(写真無し)

帰り着いたら、11時を過ぎていました。

20191216_EVITA_Soleil Hall-06
   Harmony Cinq Soleil Hall  入り口エントランス

20191216_EVITA_Soleil Hall-05
  エントランス・ホール 長い階段と面積の広いシャンデリアが特徴

20191216_EVITA_Soleil Hall-02
     1階 客席配置(今日は下手前方 D-11席でした)

20191216_EVITA_Soleil Hall-01
    オープン時に市民や企業の寄付で建造されたパイプオルガン

20191216_EVITA_Soleil Hall-04
    福岡公演のポスター(同じものですが、このホールで撮影)

20191216_EVITA_Soleil Hall-03
      本日のキャスト表

なお、演出などについては、こちらに書きましたので省略します。

劇団四季 浅利慶太追悼公演【EVITA】を観る!
 観劇レビュー&旅行記 - 2019年6月16日(日)
 


また、ストーリー展開は、こちらに書きましたので省略します。

劇団四季 浅利慶太追悼公演 【EVITA】初日を観る!
 観劇レビュー&旅行記 - 2019年6月18日(火)
 



 



テーマ:ミュージカル - ジャンル:学問・文化・芸術

劇団四季【EVITA】ツアー公演 北九州・熊本では残席があるらしい!
2019年12月10日(火)

劇団四季【EVITA】九州ツアー公演

Siki_News_20191209_EVITA-Top.jpg


12月12日(木)18:30開演(完売とのこと)
 久留米シティプラザ ザ・グランドホールにて

12月16日(月)18:30開演(残席有り)
 北九州アルモニーサンク ソレイユホール

12月18日(水)13:30開演(残席有り)
 熊本県立劇場 演劇ホール


劇団四季【EVITA】

Siki_News_20191209_EVITA.jpg


【プロモーション・ビデオ】






  こちらは舞台稽古の模様らしいがいつのものかは不明



 
テーマ:ミュージカル - ジャンル:学問・文化・芸術

劇団四季【カモメに飛ぶことを教えた猫】福岡初演を市民会館で鑑賞
2019年12月7日(土)

今日午後1時から福岡市民会館で公演された劇団四季の
ファミリー・ミュージカル【カモメに飛ぶことを教えた猫】
を観ました。

20191207222910b8f.jpg


劇団四季による新作創作ミュージカル。

久々のオリジナルのファミリー・ミュージカルとのこと。

出演者も全国ツアーを通じて固定的メンバーで行われている模様。

20191207222909498.jpg

【カモメに飛ぶことを教えた猫】と言うか
劇団四季の人気はさすがで、1800席の
9割くらいは売れていて残っていたのは後方の席数列だけ。
やはり親子連れが多いようです。
座席指定なのに列に並んで入場待ちしています。
12時30分に入場が始まりましたが長い列。

主役の猫ゾルバは厂原さんでした。アラジンで主役を演じた方。

以下は、私のレビュー(ネタバレ御注意)


前田更紗さんがヒロインのカモメの子どもだった!

ひよこ🐤シーンは中腰で大変そうだった。
生後60日の早変わりシーンは上手い演出だった。僅か2秒位。

歌もダンスも良かった。
公演後のお見送りで前田さんの前を通ったので「良かったです」
と声を掛けて握手してきました。

オリジナル創作で期待大(!)でしたが裏切りませんでした。
良くできたシナリオとわかりやすい音楽でした(!)
上出来だと思います。

民族ヘイトが蔓延する世の中で観客の子どもたちに、
いたわりと猫類愛を通じて人道主義を感じさせるものです。

飛び始めるときフライングを使うかと思ってたけど
使わない演出だった。
旅公演なので仕込みが難しいかな。

・・・・・・・・・

カモメの卵から孵化するとき暗転と
光の点滅で前田更紗さんになるのだが、
会場から良い意味での笑いと溜息と
子ども達の可愛い😍との声が出てた。

確かに表情も上手くて可愛かった。🐣
そしてヨチヨチ歩きで、前につんのめって
顔からバッタリとコケるのがリアルで
演出的とは思いつつ、
もしかしてリアルでコケたのでは?
と思った。
演出でコケたのなら演技がリアルで上手い。
それから生後60日迄は、ずっと中腰。
腰を痛める姿勢が続いて大変そう。
そこで舞台中央での速攻の早変わり。

黄色いヒヨコ衣装を🐥剥がすだけなのだが
そこは回りとの連携プレーで上手い。
此処でも溜息が聴こえていた。

そこからは前田更紗さんのダンスが入る。

キレの良いダンスだった。

ただ、この公演は拍手する機会が少なく、
緞帳が降りてくる時以外は殆ど拍手無し。

ゾルバは、飛び方を教える方法が解らず
博士に聞いても百科事典に出ていない。
カモメに聞けばどうかと聞いてみれば
飛ぶのが当たり前で教え方は解らないと。
フォルトゥナータに飛ぶことを教えたのは、
ゾルバでも博士でもカモメでも無く、
悪役のマチアスだった。
鳥の親は飛び方を教えない。巣から突き落とすだけ、と。

そしてフォルトゥナータは、ハンブルグの象徴である
塔の上から飛び降りることにする。

その塔の頂上部のセットの狭い床面は結構急な傾斜床(開丁場)
になっていて、しかも舞台床面からは4m?ほどの高さ。
そこで踊りながらポーズを決めるのは結構怖そう。
バランスを崩すとリアルで落ちる。
しかし、怖さを感じさせず演じられてた。

そして、飛び降りる処は観客席と反対側にリアル飛び降りた!
クッションか、お仲間が受けるのか?
其処からフライングでは無い照明効果による飛翔シーンに。
台の上に立っているのは観客席からも判るが
それでも振り付けや爪先立ちなどを上手く使って
飛んでいる雰囲気を作り出していた。

演出も演技も素晴らしい❣️

今後も残って行く作品だと思う。




 
テーマ:ミュージカル - ジャンル:学問・文化・芸術

劇団四季:ミュージカル『エビータ』福岡公演
2019年10月25日(金)

劇団四季:ミュージカル『エビータ』
福岡公演は12月に開催されます。

SIKI_EVITA-20191216_01.jpg


2019年12月12日(木)18:30開演
久留米シティプラザ グランドホールにて

2019年12月16日(月)18:30開演
北九州アルモニーサンク ソレイユホールにて
ご予約は:0120-489-444 (10:00-18:00)

SIKI_EVITA-20191216_02.jpg

  劇団四季:ミュージカル『エビータ』:プロモーションVTR(2019年)
  エビータ : 谷原 志音, チェ・ゲバラ : 芝 清道



 


テーマ:ミュージカル - ジャンル:学問・文化・芸術

劇団四季【リトルマーメイド】生歌メドレー 『パートオブユアワールド 』
2019年10月24日(木)

JM さんより御提供
劇団四季【リトルマーメイド】より
複数の女優が歌う『パートオブユアワールド』を切り繋いだ映像。

全ての女優が同じ音程で歌っていることが判る。






テーマ:ミュージカル - ジャンル:学問・文化・芸術

劇団四季 『サウンド・オブ・ミュージック』の広報イベントで平田愛咲さんが歌う!
2019年10月22日(火)


2018年7月頃北海道で上演中だった
劇団四季 『サウンド・オブ・ミュージック』
の宣伝広報を兼ねて『発寒イオン』で開かれた劇団四季のイベントです。


Dami さんより 2018/07/30

マリア役・平田愛咲さん(我らが福岡市出身の☆)
司会:ロルフ役の一和洋輔さん


同じく『発寒イオン』で開かれた劇団四季のイベントの続きです。


マリア役・平田愛咲さん


テーマ:ミュージカル - ジャンル:学問・文化・芸術

ロンドン版「The King and I 王様と私」Live Viewing を見る!
2019年10月16日(水)

 おとといの月曜日(体育の日)中州大洋で映画三連チャン!

 最後に見たのは【王様と私】(原題:The King and I )

The King and I_Poster-01

 当初、上映案内で見ていた時は、ユル・ブリンナーの1956年の映画の
デジタルリマスター版かと思っていましたが、会場に来て初めて
それが、渡辺謙とケリー・オハラによる最新版(ロンドン公演)である
ことが判りました。 なので、鑑賞料金3000円均一(高齢割引など無し)

『Live Viewing』 と言っても本当のライヴではなくて勿論録画版です。

ミュージカル公演としては、確か一路真輝?版を以前見たような気が・・・

The King and I_03

舞台冒頭から少女タプティムが熱唱します。
この役を二十代になったばかり?の平田愛咲さんが演じたことがあります。
2012年の公演なので1991年生まれの平田愛咲さんが21歳?頃

次の大きなステージは、【王様と私】 だということです。
 観劇レビュー&旅行記 - 2011年10月17日(月)


本公演を見ていて、その歳でこの大役を演じたのは凄いことだと判りました!
検索してみて判ったことですが、2000年版にも子役で出演しているようです。

しかし、全体として中々新鮮な印象でした。

国王を補佐する総理大臣役に東洋人をキャスティングしていましたが、
中入りの際に映画案内を見て、それが大沢たかおさんと判明。
日本語英語的な訛りのある英語で活躍していました。

The King and I_02


当時のシャムの王様や大臣が流ちょうな英語を喋れないのは当然で、
流ちょうなネイティブ・イングリッシュだと寧ろおかしい訳で・・・

おそらく、国際派の俳優である大沢たかおさんは、もっと流ちょうな英語を
使いこなせると思いますよ!(笑)

ロンドン版『The King and I 王様と私』公式サイト

さて、最も有名なナンバー【Shall We Dance?】ですが、音は聴いていた
ものの、ウッカリ目を閉じていて、ダンスを見たのは最後のほうだけ (-_-;)

The King and I_01

そこは、YouTube 映像で再確認しましょう!


   渡辺謙さんとケリー・オハラさんによる挨拶入り紹介映像
  

  ロンドン版 Promotion Video


  Movie Walker による作品紹介

渡辺謙とケリー・オハラ主演でトニー賞4部門を受賞した舞台のロンドン公演を映画館で上映。

1860年代初頭のシャム。シャム王の夫人と子どもたちの家庭教師として、息子を連れてバンコクへやって来た英国人女性アンナは、事あるごとに王と衝突するが……。
ケリー・オハラは本作でトニー賞主演女優賞を受賞。共演は本作でトニー賞助演女優賞に輝いたルーシー・アン・マイルズ、「風に立つライオン」の大沢たかお。

****************
作品データ
 製作年 : 2018年
 製作国 : イギリス
 配 給 : 東宝東和
 上映時間 : 172分
****************

【映画のストーリー】 (結末の記載を含むものもあります。)
 1860年代初頭のシャム(現在のタイ王国)。英国人女性アンナ(ケリー・オハラ)は、シャム王の夫人たちと子どもたちの家庭教師として、幼い息子と共にバンコクへやって来る。
 すぐに子どもたちと仲良くなるアンナだったが、専制君主の王(渡辺謙)とは事あるごとに衝突。
 しかし、英国公使の接待にアンナが一役買ったことをきっかけに、王とアンナは心を通わせてゆく……。

【キャスト・スタッフ】
 役  名 : 配  役
王   様 : 渡辺謙
ア ン ナ : ケリー・オハラ
チャン夫人 : ルーシー・アン・マイルズ
クララホム首相 : 大沢たかお

演出 : バートレット・シャー
脚本 : オスカー・ハマースタイン2世
作詞 : オスカー・ハマースタイン2世
作曲 : リチャード・ロジャース




  ニューヨーク公演での渡辺謙さんインタビュー(約15分)
  FCI NY - 2015/06/03


  ロンドン公演リハーサル風景(約25分)
  OfficialLondonTheatre - 2018/06/05
  19分から21分にタプティムが歌う "I have a dream"
  その後 "Shall we Dance?" に続く!
   

 
テーマ:ミュージカル - ジャンル:学問・文化・芸術

劇団四季「エビータ」 全国ツアー開始!
2019年9月13日(金)

劇団四季「エビータ」 貧困からの波乱の生涯描く
西日本新聞 夕刊 - 2019/9/11 16:30
https://www.nishinippon.co.jp/item/n/542325/

劇団四季「エビータ」の一場面

EVITA_Siki.jpg


 12月12日に福岡県久留米市六ツ門町の久留米シティプラザのザ・グランドホール、
同16日に北九州市小倉北区大手町のアルモニーサンク北九州ソレイユホール 

 貧困からアルゼンチンの大統領夫人に上り詰め「エビータ」の愛称で呼ばれた
人気と野心を背景に独裁を支えたエバ・ペロン(1919~52)の波乱の生涯を描く
ミュージカル。

 開演は午後6時半。チケットは9月21日から一般発売。

 昨年7月に亡くなった劇団創立者で演出家の浅利慶太氏の追悼公演。
1982年に浅利氏のオリジナル演出で初演以来、根強い人気を誇ってきた。
S席8800円、A席6600円、B席3300円。
3歳未満入場不可。
劇団四季=(0570)008110。9月21日から一般販売

以上、西日本新聞のWEB記事から

*****************

以下は、劇団四季公式サイトより

【EVITA】前日(2019年9月12日)キャスト表

『浅利慶太追悼公演『エビータ』 全国』 

エビータ :谷原志音
チェ :飯田洋輔
ペロン :北澤裕輔
マガルディ :日浦眞矩
ミストレス :平木萌子


【男性アンサンブル】
川村 英、廣 哲臣、石川敦貴、
下平尚輝、内田 圭、鈴木涼太、
髙橋祐樹、村田慶介、新井 克、
伊藤駿佑、渕上数馬、髙草木健二、
二村誠俊、政所和行、若山展成

【女性アンサンブル】
多田毬奈、中原詩乃、西浦歌織、
久居史子、伊藤瑛里子、町島智子、
梅澤紗耶、坂口珠乃、石戸瑶子、
榊山玲子、島田 栞、辻 奈々、
大石眞由、古森麻由、渡辺詞葉

(引用者注:上記キャストが福岡公演に出演する
 とは限りませんので御了承お願いします)


テーマ:ミュージカル - ジャンル:学問・文化・芸術

劇団四季の新劇場 1年後に新作【アナと雪の女王】で杮落とし!
2019年9月11日(水)

「アナと雪の女王」でこけら落とし 劇団四季の新劇場(19/09/09)
 テレ朝news - 2019/09/09 に公開

 日本初、「アナ雪」のミュージカルでこけら落としです。

Siki_frozen_title.jpg

 来年9月の開業を目指して建設が進んでいる劇団四季の新たな劇場。
そこで最初に披露される作品がディズニーアニメの名作「アナと雪の女王」
のミュージカルに決まりました。
 アナ雪の映画は全世界で興行収入が歴代1位を記録し、本場アメリカの
ブロードウェイでは去年、初めてミュージカルが上演されました。

 氷や雪の演出にはプロジェクションマッピングを活用し、「レットイットゴー」
「雪だるまつくろう」などのオリジナル曲に加えて10曲以上の新曲が追加されます。

 初演は2020年9月10日を予定しています。





劇団四季 公式サイトより

【詳報】ディズニー最新ミュージカル『アナと雪の女王』
2020年9月、JR東日本四季劇場[春]オープニング作品として上演決定!

 劇団四季 - 2019年9月9日(月)

本日9月9日(月)、劇団四季と東日本旅客鉄道株式会社は、東京都内にて、竹芝エリアに新たに開業する複合施設「WATERS takeshiba」プロジェクト発表会を実施。施設内に誕生する新劇場・JR東日本四季劇場[春][秋]の概要と、JR東日本四季劇場[春]オープニング作品として、2020年9月10日(木)よりディズニー最新ミュージカル『アナと雪の女王』をロングラン上演することを発表しました。

この新劇場は、1998年から2017年までの19年にわたり上演を行ってきた旧・四季劇場の伝統と歴史を受け継いで誕生するもので、既存の「自由劇場」を含む3つの劇場が集まる日本の演劇文化の新たな発信拠点となります。
新劇場は2020年5月末に竣工し、[秋]劇場は劇団創立67周年の記念日にあたる7月14日、[春]劇場は9月10日のオープンを予定しています。

[春]劇場にて開幕するディズニーミュージカル『アナと雪の女王』は、2013年公開(翌2014年日本公開)の劇場版長編アニメーションを基に創作された舞台です。運命に引き裂かれた姉妹エルサとアナを主人公に、真実の愛を描いた感動の物語──。全世界のアニメーション映画興行収入歴代1位の記録を持つ名作の舞台化は、2018年3月、ニューヨーク・ブロードウェイにて初演。2020年9月、ついに日本に初上陸します。

本日の発表会には、東日本旅客鉄道株式会社 代表取締役社長 深澤祐二氏、劇団四季 代表取締役社長 吉田智誉樹が登壇。来場した報道関係者からは、この新たなプロジェクトと公演に関する積極的な質問が相次ぎ、期待の大きさを伺わせました。

また2020年は、劇団四季とディズニーの提携25周年という節目の年。この記念すべき年に、待望の超大作ミュージカル『アナと雪の女王』が、新劇場のグランドオープンを飾ります。どうぞご期待ください。




劇団四季 公式紹介ビデオ



     ******************

New-Siki-Theaters.jpg

新しい四季劇場『春』『秋』の紹介映像
https://www.shiki.jp/theatres/shikitheatre/
 

 処で、新しい四季劇場『春』『秋』の紹介映像を見ていたら、それぞれの特徴が無く
劇場構造だけではなく同じような色合いで、殆ど同じ!
 せめて椅子やカーペットや壁紙の色合いだけでも全く異なるようにしてほしい。
 『秋劇場』は、紹介ビデオ通り赤系統でも良いが、『春劇場』は緑系にしては?

 以下の画像は、紹介ビデオの切り取り。

『春劇場』舞台から客席を眺む
Siki-Theater_Haru-01.jpg

『秋劇場』舞台から客席を眺む
Siki-Theater_Aki-01.jpg

『春劇場』客席後方から舞台を眺む:額縁上部が見切れ!
Siki-Theater_Haru-02.jpg

『秋劇場』客席後方から舞台を眺む:額縁上部が見切れ! 
Siki-Theater_Aki-02.jpg

『春劇場』二階客席から舞台を眺む
Siki-Theater_Haru-03.jpg

『秋劇場』二階客席から舞台を眺む
Siki-Theater_Aki-03.jpg



    
テーマ:ミュージカル - ジャンル:学問・文化・芸術

浅利慶太さんの戦争への想いを伝える【李香蘭】をNHKが紹介!
2019年8月1日(木)

きのうの朝(2019/7/31)午前7時25分頃から
NHKのニュース番組「おはよう日本」で
劇団四季・元代表で一年前の死去した浅利慶太さんが率いる
浅利慶太演出事務所の 【李香蘭】の開幕を紹介していました。

20190731_Siki-Rikouran_NHK-01.jpg

浅利慶太氏亡き後は、妻で劇団四季女優の野村玲子さんが
想いを伝えようと厳しく指導される様子が取材されていました。

20190731_Siki-Rikouran_NHK-02.jpg

今回もタイトルロール・李香蘭には野村玲子さんが配役とのこと。

20190731_Siki-Rikouran_NHK-03.jpg

特攻で戦死する青年の想いをどれだけ俳優が自分のものに
するかの葛藤をひとりの俳優に密着して紹介していました。

20190731_Siki-Rikouran_NHK-04.jpg

10分近くあったように思います。

番組の終盤には、特攻兵の心の叫びを明瞭なセリフで語っている様子が
描かれていました。


20190731_Siki-Rikouran_NHK-05.jpg


20190731_Siki-Rikouran_NHK-06.jpg

20190731_Siki-Rikouran_NHK-07.jpg

20190731_Siki-Rikouran_NHK-08.jpg

20190731_Siki-Rikouran_NHK-10.jpg

20190731_Siki-Rikouran_NHK-11.jpg

20190731_Siki-Rikouran_NHK-12.jpg


急な放送だったので録画はしておらず、途中から
スマホで写メを撮りました!


この公演に関連してでしょうか?
朝日新聞WEB版でも李香蘭を取り上げていました。


20190727_Asahi-LiKouran01.jpg

銃殺されたヨシコ、運命分けた戸籍 李香蘭、晩年の肉声
朝日新聞デジタル :編集委員・永井靖二 - 2019年7月27日18時15分


 銃殺されたヨシコとは、スパイ容疑で処刑された川島洋子で
李香蘭=山口淑子さんは中国軍に捕まったが日本人と判明して
処刑は免れたと云う間一髪の処だった!

****************



...read more テーマ:ミュージカル - ジャンル:学問・文化・芸術

劇団四季 浅利慶太追悼公演 【EVITA】初日を観る!
2019年6月18日(火)

昨日・午後6時30分開演の劇団四季 浅利慶太追悼公演
【EVITA】
初日を浜松町の劇団四季『自由劇場』で観ました!

201906180120037b3.jpg

1978年6月に英国で初演されたものに浅利慶太氏が惚れ込み
僅か4年後の1982年3月に劇団四季が日本版新演出で日本初演。
(公演パンフより)

20190618012001311.jpg

私は、この日本初演を大阪公演で観ました。
中身は殆ど飛んでますが、衝撃を受けたことだけは覚えています。

東京『自由劇場』公演は、幾らかの当日券枠を除き
全公演全席完売とのこと。

自由劇場には浅利慶太氏を祈念する肖像が掲示されていました。

20190618012002a5e.jpg

このミュージカルの大まかなストーリーは、
それぞれの存在は熟知していても実際には面談していない
エヴァ・ペロンとチェ・ゲバラを中心とする政治的心理劇。

開演冒頭は33歳で早世したエヴァ・ペロン(エビータ)葬送シーン。
民衆の中をエビータの棺(ひつぎ)が儀仗兵によって運ばれ
祭壇に置かれます。

【エリザベート】冒頭と似ているところもあるので、
棺から亡霊となって出て来て、過去を語るのではないか?
と期待しましたが、そういった演出ではありませんでした。
人々が別れを惜しむ中、棺はそのまま運ばれて行きます。

チェ・ゲバラは、ミュージカル【エリザベート】で言えば、
エリザベート暗殺者であり、劇中の出演場面が最も多い
ルイージ・ルキーニ(初演時は轟悠さん)のような存在。
すなわち『狂言回し』としてエビータの生まれ育ちを
解説しながら客観的にエビータを評価する役柄。
なので、あらゆる場面に出没します。そして歌います🙂❗️

その チェ・ゲバラに劇団四季のベテラン・芝清道さん。
陸軍大佐から大統領に選挙でのし上がったペロンに
これまたベテランの佐野正幸さん。

そして、本邦初演時は今や伝説の女優・久野綾希子さんが演じた
エヴァ・ペロン=エビータには、リトルマーメイドの日本初演で
主役アリエルを演じて実力が証明された韓国人の谷原志音さん。
以前聴いたインタビューでは、日本人女優よりも余程美しい日本語を
話されていた程の勉強家。
エビータにも匹敵する(笑)凄い女性だそうです。

それとアンサンブルも主役級の方々が演じています。

その1人が、我ら福岡の仲間内の星⭐️平田愛咲さん。
彼女は劇団四季入団後最初の舞台が【美女と野獣】のヒロイン・ベル。
長期間ベルを演じた次の配役は【サウンド・オブ・ミュージック】の
ヒロイン・マリアを演じると言う実力と幸運の持ち主。
【リトル・マーメイド】ではヒロインの姉たちの1人で準主役。
【SONG & DANCE 65】ではヒロインのアリエルも演じてます。
その平田愛咲さんが、普通のアンサンブル・メンバーを務めています。
入団後、主役級ばかりを務めて来た平田愛咲さんに取って
アンサンブルを務めることは今後ヒロインに戻った時にも大いに
役に立つ勉強の機会になることでしょう!期待しています❣️

また四季オタクのSNS情報によれば【オペラ座の怪人】でラウルを
演じた方が、5・6人アンサンブル に配属されているとのこと。
他にも主役級を演じた方々が大勢配属されているようです。

これは、浅利慶太さんの『追悼公演』故の豪華キャストなのでしょう!

そのような豪華メンバーでの素晴らしい作品の再演です。

・・・・・・・・・・

オリジナルのティム・ライス版では、どちらかと云うとEVITAを批判的な目で
扱っていたそうですが、浅利慶太氏は、日本人の趣向に合うように、
批判的なトーンは抑えて、志し半ばにして癌で早世した悲劇のヒロイン
として位置付けた演出に変更したとのこと(公演パンフより)。

このようにストーリーの改変ができる理由は、日本語台本を
浅利慶太さんが書いていること。
もちろん、楽曲があるので大きな流れの改変はできないのですが、
訳詩も浅利慶太さんなので、案外自由に作詞もできる訳です。

この日の公演は久しぶりの公演であり浅利慶太氏没後初めての
追悼公演の初日とあって、主役級の役者の皆さんは相当チカラの
入った演技と歌を披露されていました!

アンサンブルも人々の多くが、エビータの葬儀の場面や回想場面では
本当に涙を流しているようでした。(照明は暗かったですが)
演劇に没頭していると云うよりは、役柄に成りきって生きていると言う
感じでしょうか・・・

処で、アンサンブルの見せ場であり群衆が熱狂する第一幕のフィナーレ
の楽曲『ニューアルゼンチーナ』の歌い出しが何を言っているか
全く聞き取れませんでした!
謂わば『知っている人は知っている』の典型で、この歌い出しは
何度も出て来るのに聞き耳を立てて何度聞いても判りませんでした。

その楽曲の題名通り『ニューアルゼンチーナ』と歌っているらしい
と云うことは、公演パンフレットを見て漸く解りましたが・・・

そう言う意味では初日が始まったばかりで手直しも入ることでしょう。

カーテンコール3回目には観客が総立ちのスタンディング!
しかし、追悼公演初日というのに舞台挨拶は無かった。

・・・・・・・・・

12月下旬まで今年一杯掛けて全国ツアー公演が行われるようです。

劇団四季【EVITA】公式サイト

東京公演:浜松町『自由劇場』
 (『春』『秋』は再開発で一時撤去されていますが自由劇場は以前の処)
2019年6月17日(月) ~ 7月7日(日) まで

名古屋公演:名古屋四季劇場
2019年7月21日(日) ~ 8月21日(月・祝) まで

劇団四季【EVITA】全国ツアー公演MAP

**************

【この演目の制作スタッフ】

20190618012000ddb.jpg


【本日のキャスト表】

2019061801200098c.jpg

エビータ : 谷原志音
チェ : 芝 清道
ペロン : 佐野正幸
マガルディ : 髙橋基史
ミストレス : 藤原加奈子


【男性アンサンブル】
成田蔵人,光田健一,石川敦貴,ビョンヒサン,内田 圭,
鈴木涼太,髙橋祐樹,伊藤潤一郎,新井 克,伊藤駿佑,
河田拓也,宮下友希,二村誠俊,深堀拓也,若山展成,

【女性アンサンブル】
渡辺智佳,髙岡育衣,平田愛咲,平田曜子,伊藤瑛里子,
町島智子,廣本則子,坂本すみれ,石戸瑶子,榊山玲子,
髙田直美,辻 奈々,大石眞由,小林由希子,柴本優澄美,





...read more テーマ:ミュージカル - ジャンル:学問・文化・芸術

劇団四季 浅利慶太追悼公演【EVITA】を観る!
2019年6月16日(日)

劇団四季 浅利慶太追悼公演【EVITA】ゲネプロ関係者公開を観ました!

201906162235139fd.jpg

これは主演者やスタッフの家族に公開するもので完成一歩前のゲネプロです。
関係者への内覧会にも関わらず1階はもちろん2階も満席の盛況でした。

アルゼンチンを外国の支配から解放した『英雄』とされるペロン大統領と
彼を陰日向となって(と云うかペロン以上に前に出て)支えたエヴァの話し。

エヴァ・ペロンが愛称の『エビータ』と呼ばれていた事から題名が設定された。

20190616223515da2.jpg


音楽は、アンドリュー・ロイド・ウェーバー。
有名なナンバー以外は結構難しそうなメロディーラインで、音程取るのも大変そうで
覚えるのは更に大変だと思わせる楽曲が殆どでした。

このミュージカルの『狂言回し』は、キューバ革命の立役者チェ・ゲバラ。
ゲバラがペロンやエヴァに会ったと言う歴史的事実は確認されていないようですが、
同時代を生きた革命家の目から見て、ペロンの改革は外国からの独立を目指した
とは言え、独裁で有り真の革命では無い!と言う立場からエヴァの生い立ちを
おって行きます。なので、当然夫となったペロンについても描いて行きます。

つまり、ゲバラ の目から見た『アルゼンチン革命』の功罪を描いて行くのです。

労働者を苦役から解放するような政策を押し出し選挙を経て圧倒的国民の支持を
獲得し権力を集中して行く様子は、ヒトラーの手法を思い起こさせます。
また、現在の日本にも反映して考えることのできる内容ともなっています。
尤も、この辺は見る人の視点やスタンスによっては意味が変わるかも知れませんが。


舞台は、円形の開丁場(傾斜舞台)その背景に円の外周を動き回る円弧の壁があり、
ほぼそれだけで舞台転換と演出が行われます。
そして、その壁や床にプロジェクションマッピングで画像や動画や模様を映し出す
手法で、最近流行りの映像を活用する方式です。
他に吊物も何本か有りますが。

ゲバラ役の俳優は、ほぼ出ずっぱり。歌う楽曲も半端では有りません。

声量も体力も要る役どころです。

ストーリーは、明日の本番初日を観てから書きます!

20190616223517f61.jpg






テーマ:ミュージカル - ジャンル:学問・文化・芸術

神奈川芸術劇場に劇団四季【パリのアメリカ人】を観に来ました!
2019年6月15日(土)

今日は、横浜市の山下公園近くにあるKAAT・神奈川芸術劇場まで出向いて
劇団四季の新作ミュージカル【パリのアメリカ人】(ガーシュウィン作曲)
を観に来ました!

201906152316555c9.jpg

劇団四季では相当力を入れてバレエダンサーやバレリーナをオーディションで
選び抜いた公演なのですが、意に反して人気がイマイチとのことで期待半分で。

20190615231654f09.jpg

看板の前で自撮りしている2人連れが居たので写真の撮り合いバーター(笑)で
写真を撮ってもらいました。(午後5時過ぎ)

201906152316515cc.jpg

ミュージカルの構成は、ミュージカルと云うよりは、一部に歌とセリフが入った
ダンス公演と言う印象のもので、ストーリーは殆ど入って来ない演目でした。

とは言え、基本的な時代背景としてはナチスに協力したフランス・ビシー政権下で
抑圧されて来た若者とフランスをナチス支配から解放した米軍の若い兵士、
そしてユダヤ人のバレリーナ・リズとの相互関係と恋を描くものではありました。

ただ、予習して行かないとダンスで表現するストーリーでは良く解らず・・・

SONG & DANCE のガーシュウィン版とも言えるもので、ダンス公演として観れば
それはそれで悪くは無いのですが、ストーリーに引き込まれると云うか観客自らが
ストーリーの中に入り込んでしまうと云うミュージカルの醍醐味は薄かったかも。

と云う訳で、リピーターも少なく、口コミでも拡がらないのかも知れません。
数えた訳ではありませんがパット見、観客は1階に4割くらい、2・3階は2割程?
大きな会場に全体で3割ほどの入りでしょうか?!

ダンス公演として観た場合は、クラシック・バレエを柱に、コンテンポラリー・バレエ、
フラメンコ、タップダンス、ジャズダンス、モダンダンスと何でもあり。
振付けも1つのナンバー の中に複数のダンスの要素が複雑に入り組んでいて
ちょっと違和感有り。振付けを覚えるのは大変そうでした!

舞台装置としては、結構数多くの吊物での転換とこれに投影するプロジェクション
・マッピッングで様々な表情を出していました。

また俳優たちが自ら運ぶ数枚のパネルで、様々なシーンを構成していました。
例えば街並みの建物だったり、部屋の内装(つまり壁)だったりレッスン室の
鏡の壁だったり、数十パターンを10枚ほどのパネルで表現していました。
そして、場面によっては、そのパネルにもプロジェクション・マッピッングを
行って多彩な表面を作っていました。

・・・・・・・・・・

以下は、制作スタッフ・キャストの一覧表です。

20190615231703d7a.jpg

その中からキャスト(配役)の部分

2019061523170431c.jpg

公演終了後は5回くらいのカーテンコールがありましたが、カーテンコール向けの
特別なパフォーマンスはありませんでした。

会場を後にすると、KAATが光り輝いて浮かび上がっていました。

20190615231653486.jpg



会場のすぐ近くにある中華街の安そうなお店で晩御飯。

2019061523170285e.jpg

『五目焼きそば』に『半炒飯』が付いてデザートの『杏仁豆腐』付きで
880円(税込み950円)でした。

20190615231659f34.jpg

20190615231657563.jpg

30分ほどで食事を終わり、中華街を後にしました!

20190615231700171.jpg






テーマ:ミュージカル - ジャンル:学問・文化・芸術

西日本新聞が劇団四季【ライオンキング】の紹介!
2019年6月14日(金)

劇団四季のディズニー・ミュージカル【ライオンキング】の主催者の1つでもある
西日本新聞が、子ども向けの宣伝記事を紙面の一面を使って・・・

20190615223615e11.jpg







テーマ:ミュージカル - ジャンル:学問・文化・芸術

西日本新聞の【ライオンキング】特集!
2019年5月23日(金)


劇団四季のディズニー・ミュージカル【ライオンキング】
の主催者でもある西日本新聞が特集記事を掲載しました!


20190525003943b2e.jpg


201905250039449fe.jpg


20190525003945244.jpg


20190525003947396.jpg


20190525003949193.jpg


20190525003951fa1.jpg


20190525003948764.jpg




テーマ:ミュージカル - ジャンル:学問・文化・芸術

11連休初日は劇団四季の【ライオンキング】福岡公演を観る!
2019年4月26日(金)

私は昨年度(2018年度)から週4日勤務で『金休』なので
今年の改元ウイークは、11連休!

福岡市のキャナルシティ劇場で3月24日から公演中の
劇団四季【ライオンキング】を当日券で観ました!

20190426174719eed.jpg
(写真の順番は投稿内容と直接関係ありません)

【ライオンキング福岡公演】の当日券について
劇団四季福岡オフィスに電話して
「急に思いついて申し訳ないですが今日の公演の良い席は残っていますか?」
と訊いてみたら、
「良い席はまだありますよ。ただ今日の席はこの電話では確保できません。
すみません。いつもありがとうございます」とのこと。

20190426174715e1b.jpg

公式サイトから残席を確認したら連休前のためか
今日(4月26日・金)は、充分空席があるようなので
当日券狙いで劇場に来て見たら
チケット窓口には行列もできていなくて
11時の窓口オープンとほぼ同時に良席GET!

私には最も良い席とも言える『2階の上手側・D25番』
左側が縦通路で見通しも良く、前の手摺も邪魔にならない席。
1・2列目は手摺が邪魔になり、3列目は空いていなかった。

チケット窓口の人は「1階にも良い席はありますよ!」と。
やはり俳優の視線に入り易い1階から埋めようとするんですねー

私は、いつも全体のフォーメーションが見渡せる2階の席で
観ることにしています。

20190426174719795.jpg
学生らしき団体の方々の写真のシャッターを押してあげた
お返しに、私の方もシャッターを押してもらいました。


と云う訳で、その席に座りましたが、私から右側は全て空席!
1つ前の3列目も25・26の若いカップルから右側は全て空席。

D列の後ろは横通路で、その後ろのE列・F列のA席も
センターブロック以外はガラガラでした。

しかし、それより後ろのB・C列はほぼ満席!

1階を覗いてみたら、空席はあまり有ませんでした。

全体では7・8割の入りでしょうか?
ゴールデンウィーク中は完売のようですが、
劇団四季福岡オフィスの話では『毎日幾つか当日券を用意している』
とのこと。 早めに窓口に並べばGETできるかも(笑)

20190426174829927.jpg
キャスト表

公演の方は、10年前の福岡公演は観る機会を失し、その後の
東京公演(常設公演)を随分前に観ただけですので、
博多弁での公演は初めて!
これにはお客さんも大笑いの反応!

ストーリーは、アウトラインしか覚えていなくて、
新鮮な感じで受け止めました!

ハイエナが、『悪役』だけに終始するのは古い考えのままですが。

13:30〜16:30 迄の休憩を含めて3時間の長丁場でした。

201904261748309f9.jpg
役名付きキャストの一覧表


20190426174830a39.jpg
アンサンブルの方々のキャスト表


テーマ:ミュージカル - ジャンル:学問・文化・芸術

名古屋四季劇場で「ノートルダムの鐘」上演中の劇団四季が メッセージ
2019年4月17日(水)

ひとつ前の投稿でも一部紹介しましたが、
昨日早朝にパリから寄せられた『ノートルダム大聖堂』大火災について
名古屋四季劇場で「ノートルダムの鐘」を上演中の劇団四季が
応援のメッセージを劇場ロビーに掲出したとのこと。

『日刊スポーツ』・『毎日新聞』・『朝日新聞』の記事が確認できました。
他にも報道しているメディアがあるかも知れません。

私が、この話しを最初に見つけたのは『日刊スポーツ』でした。

劇団四季「ノートルダム-」上演名古屋でメッセージ
 日刊スポーツ - 2019年4月16日17時43分


炎上するパリのノートルダム寺院(タス=共同)
Notre-Dam_NikkanSports-20190416_20190417104734085.jpg



続いて、facebook での前川 和敏さんのリンクから『毎日新聞』の記事を発見。

劇団四季「大聖堂の鐘の音が響く日常、一刻も早く」
 ノートルダム火災でメッセージ

 毎日新聞:大野友嘉子 - 2019年4月16日 18時58分


Notre-Dam_SikiMessage_Mainichi-20190416.jpg
劇場のロビーには劇団四季のメッセージが置かれた
=名古屋市中村区で2019年4月16日午後4時、大野友嘉子撮影


そして、今朝になって『朝日新聞』の記事を見つけました。

劇団四季、上演中「ノートルダムの鐘」会場でメッセージ
 朝日新聞:千葉恵理子 - 2019年4月16日14時52分


Notre-Dam_SikiMessage_Asahi-20190416.jpg
 ノートルダム大聖堂の火災を受け、名古屋四季劇場のロビーには
お見舞いのメッセージが掲示された=2019年4月16日午後1時25分、
名古屋市中村区、千葉恵理子撮影

     ***************

今日の西日本新聞のコラム【春秋】でも大聖堂火災を取り上げ
 その中で、アニメやミュージカルにも触れています。


巨大な円花窓、凝った装飾の柱廊、どっしりとした塔、多くの彫刻…
 西日本新聞【春秋】 - 2019年04月17日 10時39分


IMG_20190417_130655647BW.jpg



この劇団四季のメッセージは
昨日の昼過ぎに Twitter で投稿されていました!
(劇団四季公式サイトには今のところ掲載されていないようです)

劇団四季 @_shiki.jp
今回のノートルダム大聖堂の火災につきましてお見舞い申し上げます。劇団四季は、ノートルダム大聖堂が舞台のミュージカル『ノートルダムの鐘』を大切な作品として愛し、日本で上演しています。その舞台で起こった悲しいニュースに深い衝撃を受けております。一日も早い復興を心よりお祈りいたします。
2019年4月16日(火) 12:58



『ノートルダムの鐘』作品紹介|劇団四季
https://www.shiki.jp/applause/notredame/


この悲劇が発生した直後に公演に出演した劇団四季キャストの皆さん

『ノートルダムの鐘 名古屋』
名古屋四季劇場 : 2019年4月16日(火)


カジモド : 飯田達郎
フロロー : 野中万寿夫
エスメラルダ : 松山育恵
フィーバス : 清水大星
クロパン : 阿部よしつぐ

【男性アンサンブル】
寺元健一郎,山田充人,大空卓鵬,川原信弘
中橋耕平,平良交一,手島章平,吉田功太郎

【女性アンサンブル】
小川晃世,杉山由衣,吉田絢香,原田真理

【男性クワイヤ(聖歌隊)】
永井崇多宏,馬場明成,澤村楽人,柳 隆幸
青井緑平,志村知紀,山﨑聡一郎,和田ひでき

【女性クワイヤ(聖歌隊)】
宇津木泰子,相原れいな,玉川舞奈,関根結花
北野有希依,早水小夜子,鈴木結加里,秋山知子




     ***************

以下は、本日付けの西日本新聞紙面 切り取り

パリのノートルダム寺院で大火災
 世界遺産の尖塔崩落、失火の疑い

 西日本新聞 - 2019年04月16日03時11分


201904171349484c4.jpg

20190417134950ea8.jpg

201904171349404e2.jpg

201904171349426e9.jpg

ノートルダム寺院内部を一部公開
 破れた天井、黒焦げの木片

 西日本新聞 - 2019年04月17日10時14分


2019041713494459c.jpg

20190417134940bce.jpg

20190417134945b02.jpg

20190417134946fd4.jpg



...read more テーマ:ミュージカル - ジャンル:学問・文化・芸術

劇団四季【ライオンキング】(LionKing))明日10年ぶりの福岡公演開演!
2019年3月23日(土)


劇団四季のロングラン・ミュージカル【LION KING】が
福岡では10年ぶりに明日3月24日(日)からキャナルシティ劇場で
開演されます!

きのう夕方に放送されたNHKー福岡放送局の『ロクいち!福岡』では
福岡県知事選挙と共に【ライオンキング】の話題も放送されました。

201903240023431ba.jpg


長らくこの作品に出演し、今回スーパーバイザーも勤めている
青山弥生さんへのインタビューを中心に構成されていました。

20190324002344dc0.jpg


浅利慶太氏の東京集中でない各地での上演にかけた想いや功績も
映像と共に紹介!

20190324002345be4.jpg

劇団四季の『社是?(標語?)』も青山弥生さんによって解説されていました。

20190324002438bad.jpg

「慣れ だれ 崩れ=去れ」
「一音落とす者は、去れ!」


20190324002435764.jpg

・・・・・・・・・

こちらは西日本新聞で紹介された記事


劇団四季「ライオンキング」 福岡市・キャナルシティ劇場
 ロングラン公演が24日開幕

西日本新聞 ー 2019年3月14日

 劇団四季による「ライオンキング」のロングラン公演が24日、
福岡市博多区住吉のキャナルシティ劇場で開幕する。
福岡公演は2009年以来、10年ぶり3回目。

 アフリカの大地を舞台にライオンの若き王子の成長と「生命の連環」をテーマにした壮大なミュージカル。
舞台芸術家ジュリー・テイモア氏が、ディズニーのアニメーション映画をミュージカルに生まれ変わらせた。
1998年に米演劇界で最高の栄誉とされるトニー賞の最優秀ミュージカル賞を受賞。劇団四季の公演も98年から続く。

 色彩豊かな舞台美術が特徴。人間が動物を演じる難しさは、竹馬で歩くキリン、4人の俳優が動かす巨大な象などの手法でカバーする。
「サークル・オブ・ライフ」などの楽曲は迫力あるリズムでアフリカの世界を表現する。

料金は
S席1万800円、
A席8640円、
B席6480円、
C席3240円。

劇団四季福岡オフィス=0570(008)110。

=2019/03/14付 西日本新聞夕刊=



続いて西日本新聞3月16日付け 青山弥生さんへのインタビュー

見方が変わる、変わらない作品 
劇団四季「ライオンキング」俳優 青山弥生さん

西日本新聞 ー 2019年3月16日

 1998年に東京で初演し、今なお無期限ロングランを続けている劇団四季のミュージカル「ライオンキング」。
24日からは、約10年ぶり3度目となる福岡公演が、キャナルシティ劇場(福岡市博多区)でスタートします。

日本公演が始まった年から出演している俳優、青山弥生さん=宮崎県延岡市出身=に、人々の心を引きつけてやまない作品の魅力を聞きました。

 -ライオンキングと出合ったのは。

 ★青山 初めて観賞したのは、アメリカのブロードウェーです。日本公演が決定した後で、どうしても見たくて、何とかチケットを入手しました。雪が降る中、5時間並んだことは今も鮮明に覚えています。グラマラスな役者が、自在に動物のパペット(人形)を動かす迫力に圧倒され、日本人には到底できる動きではないと当初は思いました。

 -好きな場面は。

 ★青山 ライオンの子シンバが仲間とともに成長していく物語ですが、自分のせいで父を亡くしたと苦しみながらも、前を向く姿は共感する部分があります。悩むシンバに、年を取った呪術師のヒヒ、ラフィキが「彼はお前のなかに生きている」と導くシーンが好きです。命令するわけではなく、そっと手を引くような人って、すてきですよね。

 -そのラフィキ役を演じてきましたが、苦労したことは。

 ★青山 20年前、ラフィキ役を引き受けた当初は40代前後でした。年老いた動きに近づけるために、両腕と両足の4カ所に計10キロの重りをつけて稽古をしていました。子役以外の出演者で唯一、顔のマスクやパペットがないので、表情や体全体で表現しなければなりません。現在は、特訓の成果か、時間の経過のせいか、重りは必要ありません(笑)。

 -ラフィキ役と言えば、冒頭で独唱する「サークル・オブ・ライフ」で、サバンナの世界へ導くシーンが印象的です。

 ★青山 冒頭は、シンバが誕生する喜びを、アフリカのズールー語で歌っています。大きな世界観としては、大地や天の神様に対する感謝の思いを込めています。目頭を押さえるお客さまもいますし、私もこの曲で涙を流したことがあります。

 -なぜ、20年以上も続く人気公演なのでしょうか。

 ★青山 一つとして欠けてはならない動物たちのパペットや、アフリカのビートを刻む音楽の完成度の高さを感じます。俳優としてだけではなく、稽古のアドバイスをする立場になりました。より客観的に見られるようになり、インドネシア影絵や歌舞伎などアジアの伝統芸能を取り入れた表現など、何度見ても新しい発見があります。福岡公演の出演は未定ですが、一人でも多くの人と、この感動を共有したいですね。

 -青山さん自身も、心境の変化はありましたか。

 ★青山 5年ほど前、父を亡くしました。その後、ブロードウェイ公演15周年記念でアメリカの舞台に立ちました。帰りの飛行機で、窓の外から一面のオーロラを見ました。客室乗務員も見たことがないほど珍しい。「よく頑張ったな」と父が声を掛けに来てくれたんだと思います。親から子へつないでいく命の尊さがテーマの作品の見方が変わりましたよ。

 -命のつながりって深いテーマですね。

 ★青山 深く普遍性のあるテーマだからこそ、国籍や世代を超えて受け入れられているのでしょう。特に、日本ではお盆など先祖を大事にする文化があり、心に響くんだと思います。

 -10年ぶりの福岡公演ですが、見どころは。

 ★青山 九州新幹線の開通などインフラが整備され、故郷の宮崎県の知人も、気軽に来られるようになりました。人もそれぞれ年を重ね、子どもが成人したり、親になって子育てをしたり、大きく変化しているでしょう。そんな中、“変わらない”作品が、観客の世代や立場によって見方が変わる面白さを楽しんでほしいです。

・・・・・・・・・・・
 ▼あおやま・やよい 宮崎県延岡市出身。1979年4月、劇団四季研究所入所。81年に子どものためのミュージカル「嵐の中の子どもたち」のビッキー役で初舞台。確かな歌唱力と演技力で「オペラ座の怪人」「ウェストサイド物語」「リトルマーメイド」などに出演、幅広い役柄を演じ分ける。

=2019/03/16付 西日本新聞朝刊=






テーマ:ミュージカル - ジャンル:学問・文化・芸術

劇団四季 新作ファミリーミュージカル『カモメに飛ぶことを教えた猫』
2018年12月28日(金)

劇団四季関連のニュースが続いて申し訳ありませんが、
今度は、新作ファミリー・ミュージカル制作と
そのオーディションのニュースです。

演目は、
【カモメに飛ぶことを教えた猫】
https://www.shiki.jp/applause/kamome/

201812310049202e6.png
20181231004906868.png


以下、メールニュースより引用します。


新作ファミリーミュージカル『カモメに飛ぶことを教えた猫』出演候補者オーディションが行われました!

20181229143125b2d.jpg

9月某日、新作ファミリーミュージカル『カモメに飛ぶことを教えた猫』の出演候補者オーディションが、四季芸術センター(横浜市あざみ野)で行われました。

チリの小説家、ルイス・セプルベダの同名児童小説を基に新たに劇団四季が創作する今回のミュージカル。ドイツの港町・ハンブルクを舞台に、猫のゾルバとカモメのヒナ・フォルトゥナータの心の交流を描きながら「殻を破り、勇気を持って一歩踏み出すこと」を伝えていきます。

新作ミュージカルが創作されるのは、ファミリーミュージカルとしては1993年の『歌は友だち』以来26年ぶり、オリジナルミュージカルとしては2004年の『ミュージカル南十字星』以来15年ぶり。オーディションには、劇団が総力を挙げて取り組むこのプロジェクトに参加したいと、多くの俳優が集まりました。

少し荒っぽいところはあるけれど仲間思いの猫・ゾルバ、純粋なカモメのヒナ・フォルトゥナータ、酔っぱらいのチンパンジー・マチアス、猫のまとめ役の大佐、そして彼の世話を焼く秘書など個性豊かなキャラクターたちと、アンサンブルの審査が行われました。
数日間のオーディションを終え、ついに動き出した本作。今後も開幕までの過程を随時レポートしていきます。どうぞお楽しみに!


テーマ:ミュージカル - ジャンル:学問・文化・芸術

劇団四季【SONG & DANCE 65】福岡公演を観る!
2018年11月28日(水)


キャナルシティ博多のキャナルシティ劇場で公演中の
劇団四季【SONG & DANCE 65】福岡公演 を観にきました。
18:30開演。

201811282115017ec.jpg

数日前のメールニュースで、今日の公演の前に
『リハーサル見学会』と云うイベントがあります、と・・・
16:00前に劇場に到着して、16:20からのイベントに参加。

何と、たまたま順番に成った座席はホールの ど真ん中!

入場すると既にフラメンコダンス部分を入念にチェックされていました。

続いて、ライオンキングの一部を音楽歌付きで場当たり。

イベントの最後に、質問コーナーがあり、
劇団員4人が緞帳前で応対。
福岡出身の平田愛咲さんも出てました。
随分顔立ちも女優らしく成ってました!

20181128211500b64.jpg
リハーサル見学会の前にはキャスト表も空の状態。
リハーサルの状況によってはキャストチェンジも有り得ることを
示唆しているものと思われます。

・・・・・・・・

18:30から本公演。

昨日のこちらの投稿で紹介した数多くの楽曲が次々に披露されます。

私たちの期待の星・平田愛咲さんは、次世代を担うエンターテイナー
として位置付けられているようで、本役では未だ演じていない
ヒロインの楽曲を次々とソロで歌っていました。

既に本役をこなした事のあるナンバーでは、
『美女と野獣』からヒロイン・ベルの登場ナンバー「変りものベル」
未経験のナンバーでは、
『リトルマーメイド』からアリエルが歌う「海の上の世界」ほか
『アラジン』よりヒロイン・ジャスミンの歌う「行こうよどこまでも」
『ウィキッド』よりエルファバが歌う『自由を求めて』三重唱。
『ウエストサイド物語』より「アメリカ」プエルトリコ人役。
『アンデルセン』より「マリンバ・パフォーマンス」一員として。
などなど登場シーンがすごく多い役柄でした。

20181128213517b9a.jpg

ヴォーカル・ソロ部分は、ほとんど松本奈緒さん、平田愛咲さん、谷原志音さん
の3人でやっていたようです。 みんな上手い!

ダンサーはメインは6人のようでした!
女性11人、、男性11人の全部で22人で公演していました!

Song Dance 65_Fukuoka-IMG_IMG_1808
  センター左の上下とも白い衣装が平田愛咲さん(地元で特別扱い?笑!)
   (画像は初日を伝える メールニュースのリンクからコピペ)

舞台装置は人力で動かしているようでしたが
幾つもに分割された階段の動かし方などは絶妙でした。
(上の写真で後方舞台幅いっぱいにある6段ほどの階段が
 2mほどの幅で多数に分割して様々なフォーメーションに!)

その他に、多分割されたハーフミラー(1.5m x 3mほどか)を
さまざまに構成しての演出もありました。

2018112821150274d.jpg
    ロビーには クリスマス飾り付けも。

面会の申し入れを事前にしていなかったので、
平田愛咲さんとの面会は叶いませんでした (-_-;)

『ソング&ダンス 65 福岡』 (キャナルシティ劇場)
 2018年11月28日(水) キャスト表

【男性】
瀧山久志,一和洋輔,芝 清道,笠松哲朗,
厂原時也,二橋 純,岩崎晋也,櫻木数馬,
分部惇平,佐々木玲旺,河津修一

【女性】
平田愛咲,松本菜緒,谷原志音,
多田毬奈,相原 萌,金 友美,
小島光葉,伊藤瑛里子,坂本すみれ,
宮澤聖礼,相馬杏奈






テーマ:ミュージカル - ジャンル:学問・文化・芸術

劇団四季【SONG & DANCE 65】福岡公演 11月23日より上演中!
2018年11月27日(火)

キャナルシティ博多のキャナルシティ劇場で
劇団四季の【SONG & DANCE 65】福岡公演が11月23日
初日を迎えたとのこと。

以下、劇団四季のメールニュースのリンクから引用
 

 『ソング&ダンス 65』福岡公演が開幕しました!

11月23日(金・祝)、キャナルシティ劇場(福岡・博多)にて、『ソング&ダンス 65』福岡公演が開幕しました。

今年4月から全国各地の皆様へ熱い感動をお届けしてきたこの作品。いよいよ西日本ラストとなる福岡公演の初日、劇場は期待に満ちた大勢のお客様で賑わいました。
幕が上がると、お馴染みの演目から九州では上演したことのない演目、最新作まで、数々のナンバー、そして迫力のダンスシーンに、会場中が熱気と興奮で溢れます。迎えたカーテンコールでは、パフォーマンスを繰り広げた出演者へ大きな拍手が送られました。

『ソング&ダンス 65』福岡公演は、12月9日(日)までの2週間限定。
本作を西日本でご観劇いただける最後のチャンスです!
期間中には、「リハーサル見学会」や「出演者トークイベント」なども実施予定。
劇団四季65年の足跡と未来への道を描く、感動と興奮のステージをどうぞお見逃しなく!

<『ソング&ダンス 65』福岡公演 イベント概要>

★リハーサル見学会
対象公演
【一般】11月28日(水)、12月4日(火) 18:30公演

★出演者トークイベント
対象公演
【会員】11月29日(木) 13:30公演
【一般】12月7日(金) 13:30公演



Song Dance 65_Fukuoka-IMG_1794
   (画像はメールニュースのリンクからコピペ)

私は、明日観に行く予定です。


劇団四季【SONG & DANCE 65】

以下の楽曲が次々と歌われ踊られる予定です。

ミュージックナンバー

ACT1

「サムホエア」

『ウェストサイド物語』
作詞/スティーヴン・ソンドハイム 作曲/レナード・バーンスタイン 日本語歌詞/岩谷時子

「ヴァリエーション23」

『ソング・アンド・ダンス』
原曲/ニッコロ・パガニーニ 編曲/アンドリュー・ロイド=ウェバー
振付/永野亮比己

「精たちの登場」

『青い鳥』
作詞/岩谷時子 作曲/鈴木邦彦 編曲/宮崎 誠

「愛した日々に悔いはない」

『コーラスライン』
作曲/マーヴィン・ハムリッシュ 編曲/宮崎 誠

「グリーン・ゲイブルズのアン」

『赤毛のアン』
作曲/ノーマン・キャンベル

「彼はお前のなかに生きている」

『ライオンキング』
作詞・作曲/マーク・マンチナ、ジェイ・リフキン、レボ・M 日本語歌詞/浅利慶太
振付/松島勇気

「何かがやってくる」

『ウェストサイド物語』
作詞/スティーヴン・ソンドハイム 作曲/レナード・バーンスタイン 日本語歌詞/岩谷時子

「アメリカ」

『ウェストサイド物語』
作詞/スティーヴン・ソンドハイム 作曲/レナード・バーンスタイン 日本語歌詞/岩谷時子

「パリのアメリカ人」

『パリのアメリカ人』
作曲/ジョージ・ガーシュウィン 編曲/中川幸太郎
振付/松島勇気

「パリ野郎」

作曲/レオ・フェレ 日本語歌詞/岩谷時子 編曲/横内章次
振付/松島勇気

「口笛バレエ」

『壁抜け男』
音楽/ミシェル・ルグラン

「イザベルのソロ」

『壁抜け男』
作詞/ディディエ・ヴァン・コーヴェレール 音楽/ミシェル・ルグラン 日本語歌詞/荻野アンナ
振付/松島勇気

「恋するデュティユル」

『壁抜け男』
作詞/ディディエ・ヴァン・コーヴェレール 音楽/ミシェル・ルグラン 日本語歌詞/荻野アンナ
振付/松島勇気

「ラブ・チェンジズ・エブリシング」

『アスペクツ オブ ラブ』
作詞/ドン・ブラック、チャールズ・ハート 作曲/アンドリュー・ロイド=ウェバー 日本語歌詞/浅利慶太

「自由を求めて」

『ウィキッド』
作詞・作曲/スティーヴン・シュワルツ 日本語歌詞/劇団四季文芸部

「フラメンコ」

カホン編曲/容昌ーようすけー

「オーヴァーチュア」

『アンデルセン』
作曲/フランク・レッサー マリンバ・シロフォン編曲/平松浩一郎

「僕はハンス・クリスチャン・アンデルセン」

『アンデルセン』
作詞・作曲/フランク・レッサー 日本語歌詞/岩谷時子
振付/松島勇気

「みにくいアヒルの子」

『アンデルセン』
作詞・作曲/フランク・レッサー 日本語歌詞/岩谷時子
振付/松島勇気

「海の上の世界」

『リトルマーメイド』
作詞/グレン・スレイター 作曲/アラン・メンケン 日本語歌詞/藤川和彦

「深海の秘密」

『リトルマーメイド』
作詞/ハワード・アッシュマン 作曲/アラン・メンケン 日本語歌詞/藤川和彦

「パート・オブ・ユア・ワールド(リプライズ)」

『リトルマーメイド』
作詞/ハワード・アッシュマン 作曲/アラン・メンケン 日本語歌詞/藤川和彦 編曲/宮崎 誠

「『クレイジー・フォー・ユー』メドレー(I Got Rhythm / Girls Enter Nevada / I Can't Be Bothered Now / What Causes That? / Naughty Baby / Stiff Upper Lip)」

『クレイジー・フォー・ユー』
作詞・作曲/ジョージ・ガーシュウィン、アイラ・ガーシュウィン
CRAZY FOR YOU Music and Lyrics by George Gershwin and Ira Gershwin
日本語歌詞/和田 誠 日本語歌詞(Girls Enter Nevada)/高橋由美子
振付/松島勇気


Song Dance 65_Fukuoka-IMG_IMG_1776
   (画像はメールニュースのリンクからコピペ)

ACT2

「星に願いを」

『ピノキオ』
作曲/レイ・ハーライン 編曲/中川幸太郎

「理想の相棒― フレンド ライク ミー」

『アラジン』
作詞/ハワード・アッシュマン 作曲/アラン・メンケン 日本語歌詞/高橋知伽江
振付/脇坂真人 バトン協力/河津修一

「行こうよ どこまでも」

『アラジン』
作詞/チャド・ベグリン 作曲/アラン・メンケン 日本語歌詞/高橋知伽江
振付/脇坂真人

「リフレクション」

『ムーラン』
作詞/デイヴィッド・ジッペル 作曲/マシュー・ワイルダー 日本語歌詞/松澤 薫 編曲/宮崎 誠
振付/脇坂真人

「誰にでも夢はある」

『塔の上のラプンツェル』
作詞/グレン・スレイター 作曲/アラン・メンケン 日本語歌詞/高橋知伽江 編曲/宮崎 誠
振付/脇坂真人

「変わりものベル」

『美女と野獣』
作詞/ハワード・アッシュマン 作曲/アラン・メンケン 日本語歌詞/浅利慶太
振付/脇坂真人

「オーリム(いつか)/ノートルダムの鐘」

『ノートルダムの鐘』
作詞/スティーヴン・シュワルツ 作曲/アラン・メンケン 日本語歌詞/高橋知伽江

「陽ざしの中へ」

『ノートルダムの鐘』
作詞/スティーヴン・シュワルツ 作曲/アラン・メンケン 日本語歌詞/高橋知伽江

「いつか」

『ノートルダムの鐘』
作詞/スティーヴン・シュワルツ 作曲/アラン・メンケン 日本語歌詞/高橋知伽江

「レクイエム/こいつはサーカス」

『エビータ』
作詞/ティム・ライス 作曲/アンドリュー・ロイド=ウェバー 日本語歌詞/浅利慶太
振付(こいつはサーカス)/脇坂真人

「星降る今宵に」

『エビータ』
作詞/ティム・ライス 作曲/アンドリュー・ロイド=ウェバー 日本語歌詞/浅利慶太 編曲/三宅一徳

「エビータとチェのワルツ」

『エビータ』
作詞/ティム・ライス 作曲/アンドリュー・ロイド=ウェバー 編曲/宮崎 誠

「『キャッツ』メドレー」 (ジェリクルソング/メモリー/マンゴジェリーとランペルティーザ~小泥棒/マキャヴィティ~犯罪王/ミストフェリーズ~マジック猫)

『キャッツ』
詞/ T .S .エリオット 作曲/アンドリュー・ロイド=ウェバー 追補詞(メモリー)/トレバー・ナン 日本語歌詞/浅利慶太 編曲(ジェリクルソング)/三宅一徳 編曲(マンゴジェリーとランペルティーザ~小泥棒/マキャヴィティ~犯罪王)/宮崎 誠
振付(マキャヴィティ~犯罪王)/永野亮比己

「オペラ座の怪人」

『オペラ座の怪人』
作詞/チャールズ・ハート 作曲/アンドリュー・ロイド=ウェバー 日本語歌詞/浅利慶太

「サークル・オブ・ライフ」

『ライオンキング』
作詞/ティム・ライス 作曲/エルトン・ジョン コーラスアレンジ/レボ・M、ハンス・ジマー 日本語歌詞/浅利慶太


Song Dance 65_Fukuoka-IMG_IMG_1808
   (画像はメールニュースのリンクからコピペ)






テーマ:ミュージカル - ジャンル:学問・文化・芸術

劇団四季【魔法を捨てたマジョリン】篠栗公演を観ました!
2018年11月2日(金)


きょう11月2日の朝10時という早い時間帯に公演された
劇団四季の小学生向け『こころの劇場』
ファミリー・ミュージカル
【魔法を捨てたマジョリン】
福岡県糟屋郡・篠栗町の『クリエイト篠栗』で観ました!

Majorin-TopM.jpg

約600客席に8割くらいの入り。 この地域の対象年齢の小学生の
殆どが参加しているものと思われます。

福岡市民会館で公演された時より観客(小学6年生)の反応は良かったようです。

20181103202730915.jpg

劇団四季の無料自主公演『こころの劇場』とは・・・
201811032027291c0.jpg

本日の公演のキャスト表
20181103202728fdb.jpg

劇団四季の『こころの劇場』は
【魔法を捨てたマジョリン】 だけでも以下の地域で無料公演しています。
Majorin-Tour_2018M.jpg
      他にも【王様の耳はロバの耳】などが、
      別のカムパニーで全国を巡っています。



テーマ:ミュージカル - ジャンル:学問・文化・芸術

劇団四季こころの劇場【魔法を捨てたマジョリン】を観る!
2018年10月26日(金)

今日は劇団四季が小学生を対象に無料でミュージカルに招待する
『こころの劇場』の演目のひとつであるファミリー・ミュージカル
【魔法を捨てたマジョリン】を福岡市民会館で観ました!

20180724004650394.jpg
(上のポスターは広島公演の時のもの)

劇団四季係員の話では、狂言回し役のブツクサスを演じる木村ほのか
さんをはじめ、福岡出身者が3名、九州出身者が合わせて6名も
このカムパニーに居るとか。4人に1人くらいの割合。

会場の福岡市民会館(1700席超)に、ほぼ満席の盛況でした。

開演前30分くらいに到着してみたら、各小学校の団体が
貸切バスから次々と降りてきて団体で入場している処でした。

ミュージカルを初めて観る小学生が殆どでしょうから
笑うタイミングや拍手するキッカケが中々わからず、
前半は乗りがちょっと悪かったかも。

後半は、会場の観客と一緒に歌う場面があり、その後は
拍手も笑いも良く出るようになったようです。

【本日のキャスト表】

201810262038341a7.jpg



テーマ:ミュージカル - ジャンル:学問・文化・芸術

博多座 ミュージカル【マリー・アントワネット】を観る!
2018年9月30日(日)

博多座で再演ではあるが新演出だと言うミュージカル
【マリー・アントワネット】を観ました。

20180930163716413.jpg


数年前に帝劇で初演を観ましたが、その時のタイトルは
【MA】でした。 何と実は12年前だったとのこと!
主役がWヒロインで、フランス女王のマリー・アントワネットと
フランスの貧民で革命派に属するマルグリット・アルノーの
2人だからですが、集客の点からか、今回はタイトルを
誰もが知っている【マリー・アントワネット】にしたのかも。

この新演出での公演は博多座が最初で、その後東京や名古屋や大阪に
進出するとのこと。

この公演ではWヒロインが更にWキャストになっています。

私が観た公演の配役は、マリー・アントワネットに笹本玲奈さん
マルグリット・アルノーに昆夏美さんでした。(ポスター右側)

201809301648005e7.jpg


笹本玲奈さんは12年前の公演ではマルグリット・アルノーを演じたとのこと。
その時のマリー・アントワネットは、おそらく今回も同じ役で出ている
花總まりさんだったと思います。
さすがに東宝のシンデレラガールだけあって、うまい!

一方の昆夏美さんをヒロインとして聴くのは初めてですが、
凄みのある迫力満点の声である一方、高い声も良く通り、
笹本玲奈さんを超えている!と云う感じでした。

【キャスト表】
20180930162127d82.jpg


脚本はミヒャエル・クンツェ、作曲はシルベスター・リーヴァイと云う組合せ。
あの名作 【エリザベート】 や 【モーツァルト!】 を産み出した方々です!


ただ、フランス革命が、国王ルイの親戚筋であるオルレアン公による陰謀に
革命派が乗せられたと云う筋立てとして描き、ある意味ではフランス革命を
全否定するかのようなストーリーではありました。


メインキャストのサイン入り大ポスター
2018093016212945c.jpg
   ちょっと右端が切れていた (・_・;

************
【博多座公式サイトより】

#博多座MA #マリー・アントワネット 
千穐楽カーテンコール動画をUPいたしました!
この作品が発するメッセージ、その答えを探すのは今の時代を生きるわたしたち。
MAの生き様が皆さんの心に少しでも残っていたら幸せです…
23公演、本当にありがとうございました!



博多座9月公演『マリー・アントワネット』9/30カーテンコール
   視聴回数 5,900 回 (2018年10月1日9:50現在)
https://youtu.be/GSI74FpqUT0


...read more テーマ:ミュージカル - ジャンル:学問・文化・芸術

劇団四季創設者 浅利慶太さんのお別れの会が行われたとのこと
2018年9月20日(木)

劇団四季メール・ニュースによると
7月13日に85歳で亡くなられた劇団四季創設者の
浅利慶太さんを劇団員や関係者友人知人が参列して見送る
【浅利慶太 お別れの会】が9月18日に挙行されたと云う。

会場は東京新橋の帝国ホテルで。
201809211804005b6.jpg
(画像は四季ファンの前川さんの投稿より)

劇団員が、『ミュージカル・コーラスライン』から
「愛した日々に悔いはない」を涙で歌ってお別れをしたとのこと。

浅利慶太さんの妻の野村玲子さんや劇団四季の吉田社長
創設者の1人で舞台照明と演出の第一人者・吉井澄雄さんをはじめ
多くの方が献花されたとのこと。

(以下の画像は劇団四季のニュースより)

2018092118041196d.jpg
献花する劇団四季創立メンバー・吉井澄雄、
浅利玲子、劇団四季代表取締役・吉田智誉樹

20180921180409061.jpg
参列された皆さんに挨拶される野村玲子さん

「浅利慶太 お別れの会」が行われました
劇団四季 - 最新ニュース - 2018年9月19日
https://www.shiki.jp/navi/news/renewinfo/031157.html

9月18日(火)、去る7月13日に永眠いたしました、劇団四季創立者であり演出家の浅利慶太のお別れの会が東京都内で行われました。故人に縁のある関係者が参列するセレモニーののち、一般のお客様もたくさんご来場くださり、献花をいただきました。

浅利は慶應義塾大学文学部仏文科在学中の1953年に、故・日下武史ら10名で劇団四季を創立。以来、劇団代表・演出家として、ストレートプレイからオリジナルミュージカル、海外作品翻訳上演まで、ほぼ全作品のプロデュースや演出を手掛けました。オペラ演出など劇団外の活動も行い、国内外において数々の賞を受賞。その圧倒的な手腕で、日本の演劇文化を飛躍的に発展させてきました。
2014年に劇団代表職を退いてからは、活動の拠点を現在の浅利演出事務所へ移し、「浅利慶太プロデュース公演」として計12公演を演出。先週12日(水)、自由劇場にて千秋楽を迎えたストレートプレイ『アンドロマック』が、浅利が最後に企画・準備をした作品となりました。

お別れの会のセレモニーには、ともに四季を築きあげた盟友・吉井澄雄氏(照明家)をはじめ、劇団内外の関係者1300名が列席。
自由劇場の開幕を告げる銅鑼の音が、会場に厳かに鳴り響き、式の始まりを告げると、初めに浅利がこれまで残した数々の言葉を映像で紹介。そして、献歌としてミュージカル『コーラスライン』より、「愛した日々に悔いはない」を全劇団員で捧げました。
その後、一人ひとりが花を手向けながら、故人を想い、別れを偲びました。

劇団四季創立65周年の前日7月13日に、生涯の幕をおろした浅利慶太。心からの敬意と哀悼を込め、安らかな眠りをお祈り申し上げます。



テーマ:ミュージカル - ジャンル:学問・文化・芸術

博多座【マリー・アントワネット;MA】 プロモーション
2018年9月18日(火)

博多座【マリー・アントワネット;MA】

東京で数年前に見た時は題名が【MA】だった。

マリー・アントワネット(フランスの女王)と
マルグリット・アルノー(フランスの貧民)の
W・主役だから!

『首飾り事件』がテーマだとか。
来週半ばのソワレ鑑賞を予定!

今回の新演出は、東京などの公演に先行して博多座(9/14)が全国初日


以下は、博多座公式サイトより引用

<ミュージカル『マリー・アントワネット』 日程>
【福岡公演】2018年9月14日(金)~9月30日(日) 博多座


お待たせしました!舞台映像ダイジェストをお届けします。
次の時代よ、真実を伝えて……


博多座9月公演『マリー・アントワネット』舞台映像ダイジェスト

 9月14日には、Wキャストのマリー・アントワネット役の花總まりさん、マルグリット・アルノー役のソニンさん、フェルセン伯爵役の田代万里生さん、ルイ16世役の佐藤隆紀さんと、シングルキャストのオルレアン公役の吉原光夫さん、ジャック・エベール役の坂元健児さんらが初日を迎えました。

 9月15日には、マリー・アントワネット役の笹本玲奈さん、マルグリット・アルノー役の昆夏美さん、フェルセン伯爵役の古川雄大さん、ルイ16世役の原田優一さんらが初日を迎えました。

【アイデアニュース編集部 更新日: 2018年9月18日】
https://ideanews.jp/archives/65112

ミュージカル『マリー・アントワネット』が、9月14日(金)に福岡・博多座で開幕した。

 遠藤周作の原作をベースに、『エリザベート』『モーツァルト!』など数々の傑作ミュージカルを生み出したミヒャエル・クンツェ&シルヴェスター・リーヴァイが手がける本作は、2006年に日本で世界初演。世界各国での上演を経て、新演出版として日本に再上陸する。王妃マリー・アントワネットと、庶民の娘マルグリット・アルノー、同じイニシャルを持つ二人の“M.A”の運命がフランス革命の嵐の中で交錯する。

 出演は、マリー・アントワネット役(Wキャスト)に花總まりと笹本玲奈、マルグリット・アルノー役(Wキャスト)にソニンと昆夏美、フェルセン伯爵役(W キャスト)に田代万里生と古川雄大、オルレアン公役の吉原光夫のほか、佐藤隆紀、原田優一、駒田一、彩吹真央、坂元健児、彩乃かなみらが名を連ねる。

 新演出版の記念すべき日本初演となった14日の初日公演では特別カーテンコールが行われ、宝塚歌劇団時代を含めると、マリー・アントワネット役を演じるのは3度目となる花總まりが挨拶。「今日はミュージカル『マリー・アントワネット』本当の本当の初日にお越し下さりありがとうございます!不安もありましたが、皆様の温かい拍手のおかげで無事によいスタートをきることができました」と“新生・マリー・アントワネット”の船出に安堵の表情。

 ミュージカル『1789-バスティーユの恋人たち-』に引き続き、フランス革命を背景とした作品への出演となったソニンも、「今日までいろんな方の力があって幕が開いたと思うととても感慨深いです。最後まで役を生き抜きたい」と力強くコメント。新演出版を手がけたロバート・ヨハンソンや、音楽を手がけたシルヴェスター・リーヴァイも駆けつけ、客席はスタンディングオベーションに包まれた。

 翌日15日に初日を迎えたのはマリー・アントワネット役/笹本玲奈、マルグリット・アルノー役/昆夏美ら。2006 年の初演時にはマルグリット・アルノーを演じ、12 年の時を経てマリー・アントワネット役へ挑戦することとなった笹本玲奈は、カーテンコールで「無事に開幕してホッとした気持ちです。ご観劇の皆様にぜひ感想を広げて頂きたい」と、大役を無事に務めた充実の笑顔。

 昆夏美も「誰に感情移入するかによって、見方が変わってくる作品。生まれたてのこの作品を皆様に楽しんでほしいです」と挨拶。共に舞台を作り上げた笹本玲奈と微笑み合い、手を握り合うと、客席からは溢れんばかりの拍手と歓声が贈られた。

 公演は、9月30日まで博多座で上演ののち、10月8日~11月25日まで東京・帝国劇場、12月10日~21日まで愛知・御園座、翌2019年1月1日~15日まで大阪・梅田芸術劇場メインホールと全国各地での上演が予定されている。


 以下は、「博多座チャンネル」に掲載されている「博多座9月公演
 『マリー・アントワネット』9/14初日カーテンコール」の動画です。

テーマ:ミュージカル - ジャンル:学問・文化・芸術

週刊文春『劇団四季俳優パワハラ自殺?』の記事を見る!
2018年9月15日(土)

あちこち探し回って、ようやくコンビニで見つけた
週刊文春の関連記事を読んで見ました。

見開き2ページのそれほど長くない記事でした。

劇団四季の稽古や訓練の厳しさは演劇関係者の中では
有名な話です。

また一見単調に見える『母音法』の滑舌鍛錬や
バレエの基礎レッスンも毎日行われているらしく、
そう云う単調でもあり厳しくもある稽古に付いて
行けない方はドンドン脱落すると云う話です。

しかし、記事を読んだ限りでは、当該の I さんは、
真面目に取り組み自主鍛錬も怠らない優秀な方だった
ようです。

酒席の後だったこともあり、気分が落ち込んでいたのかも
知れません。

劇団四季創設者の浅利慶太さんが御逝去された翌日が
四季創立65周年であり、その記念日が明けたばかりの
9月15日に飛び降り自殺を計ったということが
少し気にはなる処です。

問題のスーパーヴァイザー K氏の言動が、これまでの
厳しい訓練と大きく異なっていたのかどうかは
この記事だけではよく判りません。

週刊文春の小見出しでは、K氏の『契約解除』が出ていますが、
記事本文を読むと、この情報は不確定なもののようです。


20180915175039637.jpg

201809151750438fd.jpg

2018091517504089b.jpg

【関連記事】

週刊文春による劇団四季関連記事について
観劇レビュー & 旅行記 ー 2018年9月7日
http://junsky07.blog89.fc2.com/blog-entry-5060.html



テーマ:演劇・劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術